注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

忙しいと顔も緊張?自然な笑顔の練習!割り箸を使った方法とは

自然な笑顔には練習は必要ない!そう思っていませんか?しかし鏡に写った顔や、笑顔が不自然で、自分の顔に驚いてしまうことも。

そんな時を割り箸を使って練習をしてみましょう。いつもは使っていない顔の筋肉を動かすことができますよ。

また割り箸を使ってコツを掴んだら、割り箸を使用しなくても練習をすることが可能です。合わせて笑顔のポイントとなる目元についても紹介をいたします。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パパママよりもお父さんお母さんが良い?両親の呼び方について

子供ができたらお父さん、お母さん。それともパパ、ママか呼び方をどうするか悩みませんか?呼び方...

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このよう...

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さん...

タッパーの収納アイデア!引き出しの活用でスッキリ使いやすく

食材の保存に使うタッパーの収納に頭を悩ませている人もいるでしょう。タッパーの収納アイデアには、使...

書類の整理にはボックスとフォルダーを利用して見やすく保存

書類の整理どうしていますか?ちょっと横に避けておこう。そんな書類が気がつくと山のように場所を占領して...

笑顔の練習方法!月目で笑うトレーニングで自然な笑顔になる方法

笑顔が素敵な人はとても印象が良いものですが、笑顔がぎこちない・目の奥が笑っていないと言われた経験があ...

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?  伝えるほうがい...

服の匂いをドライヤーで飛ばす方法。すぐに消臭できる便利ワザ

服には飲食店の匂いやタバコの匂いなど、いろいろな匂いが付きます。洗濯できる洋服は洗濯することで匂いも...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。しか...

大学の卒業証書を紛失・再発行は不可!卒業証明書は再発行が可能

大学の卒業証書や卒業証明書が必要になり、どこにあるのか探した時、見つからずに紛失してしまった事に気が...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

目が茶色の日本人が多い理由とおすすめアイメイクや紫外線対策

目が茶色なのは日本人の実は半分以上になるのを知っていますか?自分の目の色が茶色いと気になる人もいるで...

スポンサーリンク

割り箸を使った笑顔の練習!使う筋肉を再認識

笑顔に必要な筋肉

大頬骨筋

笑っている時の口は上に上がっています、真横や下に向いている状態では笑顔に見えません。その状態からは心から笑っている状態には見えないです。笑っている口元は大頬骨筋という唇の横から頬骨に沿った筋肉の動きが上がる事によって作られています。

頬筋

頬筋は唇の両端から耳に向かっている筋肉で笑った時の口元を外側に向ける筋肉です。唇を横だけに向かって動かすと筋肉を感じる事が出来ます。

口輪筋

口の周りの筋肉で話をする時や物を噛む時に動く筋肉です。あまり動かしていないと唇が硬く感じたり動きずらい状態に感じる事があります。

自然な笑顔が作れる?割り箸を使った練習方法

割り箸で素敵な笑顔にしましょう。
使う割り箸は割らずにそのままの状態でも、割って細くしても良いです。ささくれが気になる場合は目が細かい紙やすりをつかいささくれを取り滑らかな表面にしましょう。

  1. 用意した割り箸を口にくわえます。先のほうでくわえず前歯より2本ほど奥の部分で左右対称になるようにくわえます。くわえたまま口の上下も整えましょう。
  2. 割り箸をくわえた状態で50音の「い行」の口にします。その時の筋肉の使い方は笑顔を作るように口角を上に上げる事を意識しましょう。無理にせず軽く口の筋トレをしましょう。
  3. この状態で60秒数え1日に3回行いましょう。無理はせずできるときに決めて行うと定番化してやりやすくなるでしょう。

使った割り箸を再度使う場合は、洗ってしっかり乾かしましょう。回数を重ね割り箸が弱く感じたら本数を増やし練習してみましょう。

割り箸で笑顔が作れたら、割り箸なしでも練習を

割り箸が無い場合は手を使って練習しましょう。

  1. 手を綺麗に洗い両手の人差し指で両方の唇を引っ張ります。
  2. 痛くない程度の負荷をかけて指の力に反して「う行」の口にしましょう。
  3. 指が引っ張られそうになったら痛くない程度にそのままの位置を保ちましょう。

爪が長い場合は口の中が傷つかないように、コットンを当てたり、ゴム手袋を装着して練習を行いましょう。

また唇が乾燥している季節はリップクリームやオイルを使用して唇と口周りの皮膚を柔らかくして行うと肌に安心です。

自然な笑顔は口元だけではなく目元も大事

口元の笑顔の練習が終わったら目元の笑顔を練習しましょう。目が笑っていないと口が笑っていても笑顔が半減してしまいます。心から笑っていないようで、怖い印象を受ける事があります。

目元笑顔の練習

  1. 目元が乾燥している場合はオイルを塗って潤いを与えましょう。その時目の周りの骨に沿って手の中指の第一関節付近を使ってマッサージしてほぐすと日ごろの目の疲れが取れ目の筋肉も動きやすくなります。
  2. 目の下のまぶたの筋肉もほぐしましょう。手の中指の甲側を使って少し押し上げるように行うと、力が加わりすぎずマッサージする事が出来ます。
  3. 目元が柔らかくなったら、したい笑顔の時の目元を作ってみましょう。下瞼の筋肉を上に上げるようにすると自然と目じりも下がり笑っている目元を作る事が出来ます。

顔が緊張していると感じたら顔体操をしよう

安定した場所に座り行います。

顔全体の笑顔練習

  • 顔の鼻に向かって目や口を集合させるように動かします。そのままの状態で5数えます。その後口や目の力を緩め解散させます。この動きを数回行いましょう。
  • 手を使って頬骨の周りの筋肉をほぐします。指の背の部分を使って少し痛く気持ちい位の力で押し上げます。摩擦を起おこさないよう押し上げた後は少し緩めるを繰り返しましょう。
  • フェイスラインをつまむ。手の親指と人差し指を使ってあごから耳の下までのフェイスラインをつまみましょう。これも痛すぎず気持ち良いくらいの力の入れ具合にして軽く滑らせながら往復しましょう。

口元の笑顔練習

  • 歯を軽く食いしばった状態にして、口を横に開いたり、すぼめたりしましょう。周りの筋肉を意識しながら行うと効果的です。
  • 口の筋肉を意識しながら大きな口で「あいうえお」を言いましょう。口だけで言おうとせず頬の筋肉や顔全体を使うように大きな口で言いましょう。
  • 手を綺麗に洗い手の人差し指を曲げます第二関節の曲がっている状態で口の中に入れ、上の唇の裏や頬の裏の筋肉を伸ばしていきます。

爪や尖っているもので行うと口の中に傷が付いてしまうので指先で行う時は爪が伸びていない時に行いましょう。口の中の筋肉をほぐすことでとても軽くなり動かしやすくなります。

目の笑顔練習

  • 目の周りの骨の付近を手をグーにした状態の第二関節を使ってマッサージします。押し付けすぎず自身の気持ちが良いくらいの力でマッサージしましょう。小鼻の横から目頭に向かって点でマッサージしていくと笑顔を作る時の筋肉が柔らかくなるため取り入れてみましょう。
  • 眼球をぐるりと動かしましょう。自身の周りを顔を動かさないで目の動きだけでみて見ましょう。あまり無理をすると目が痛くなるためゆっくり負担をかけない程度に動かしましょう。