注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

パパママよりもお父さんお母さんが良い?両親の呼び方について

子供ができたらお父さん、お母さん。それともパパ、ママか呼び方をどうするか悩みませんか?

呼び方については家庭によって様々です。そして大人になってもパパママだと困らない?そんな悩みについても、子供が自分で呼び名を変える。外とお家での使い分けというように、様々な方法があるようです。

ここではいろいろな呼び方や、考え方について紹介をいたします。自分たちが呼んでほしい呼び方について、考え方についての参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

書類の整理にはボックスとフォルダーを利用して見やすく保存

書類の整理どうしていますか?ちょっと横に避けておこう。そんな書類が気がつくと山のように場所を占領して...

マグカップの収納アイデア!便利な活用術とおしゃれのコツを紹介

マグカップの収納アイデアに悩んでいる人は意外と多いかもしれません。できれば見た目もおしゃれに、そ...

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さん...

タッパーの収納アイデア!引き出しの活用でスッキリ使いやすく

食材の保存に使うタッパーの収納に頭を悩ませている人もいるでしょう。タッパーの収納アイデアには、使...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はあり...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

No Image

お母さんへの手紙!卒業式に贈る手紙の内容に困ったら

卒業式にお母さんへ贈る手紙。何を書いたら良いか困っていませんか?つい友達の文章を真似させてもらったり...

トイレの詰まりの直し方・自分でトイレの詰まりを解消する方法

自宅のトイレが詰まってしまうと、用を足すことができずに本当に困ってしまうものです。そんなときは、自分...

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験した...

クローゼットの収納棚に布団を置くコツやアイデアと注意点

クローゼットの収納棚に布団を片付けようとうまくいかず苦労することもあるでしょう。そんなときは、布...

服の匂いをドライヤーで飛ばす方法。すぐに消臭できる便利ワザ

服には飲食店の匂いやタバコの匂いなど、いろいろな匂いが付きます。洗濯できる洋服は洗濯することで匂いも...

1ヶ月の生活費の内訳一人暮らしでは?費用の目安と節約ポイント

社会人1年目でこれから一人暮らしを始める時、1ヶ月の生活費の内訳やどのくらい費用がかかるのか不安にな...

ユニットバスの入り方で悩む女性必見!基本の入り方とポイント

ユニットバスの入り方で悩んでいる女性は、意外と多いのではないでしょうか。お湯にゆっくり浸かりたい...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

スポンサーリンク

お父さんお母さん?それともパパママ?呼び方は様々

子どもができたときに、自分たちのことをお父さんお母さんと呼ばせるか、パパママと呼ばせるか、または違った呼び名で…と悩む人は多いでしょう。

呼び方は自由

子どもだった自分たちがどのように両親のことを呼んでいたのか参考にするという方法もあるので、自分たちの両親に子どもだった頃の話を聞くのも良いでしょう。
そして、子どもをもつ周りの家庭では、どのように呼ばせることが多いのかを参考にするという方法もあります。

子どもが両親のことをどのように呼んでいるのか、一番多い呼び方だと言われているのはお父さん・お母さんという呼び方です。
しかし、それと同じくらいの割合でパパ・ママと呼ばせている人たちも多いので、お父さん・お母さん、パパ・ママのどちらも人気の呼び方となっています。

そのため、どちらの呼び方を選んだとしても、多くの家庭で使われている呼び方であるので、子どもに呼ばれたい・呼ばせたいと思う呼び方を選ぶのがいいでしょう。

子どものうちにはしっかりとお父さん・お母さん、パパ・ママと言えないこともありますが、それも子どもならではの可愛さのひとつです。
だんだんとはっきりと言えるようになることが、お子さんの成長を感じる瞬間でもあります。

成長によって変化!お父さんお母さんと自分で呼び方を変える子供

小さい頃にはパパ・ママと呼んでいたお子さんも、成長をするにつれてお父さん・お母さんと自分自身で呼び方を変えるお子さんも多いです。

呼び方が変わることもある

幼稚園に通っているくらいのお子さんであれば、幼稚園の中でもパパ・ママと話している子どもたちが多いですが、小学校に通うようになると周りの同級生たちがお父さん・お母さんと呼ぶ子どもたちが増え始めるので、自分もパパ・ママという呼び方変えた方がいいのではないかと考え始めるきっかけがあるようです。

お子さんがこれまで両親のことをパパ・ママと呼んでいたのに、突然にお父さん・お母さんと呼び始めたときにはお子さんが大人への階段をまたひとつ上った証拠です。

突然にこれまでの呼び名と変わってしまうことに対して、両親からすると寂しさを感じてしまう瞬間ではありますが、お子さんが大人になろうとして一歩ずつ成長しているという実感を得る瞬間でもありますので、お子さんをぜひ応援をしてあげましょう。

家と外でお父さんお母さんと呼び方を使い分けタイプ

お父さん・お母さん、パパ・ママという呼び方を固定しているお子さんたちも多いですが、場所によって両親の呼び方をあえて変えているというお子さんも多いのでご紹介させていただきます。

例えばどのように呼び方を変化させているかというと、お家の中では両親のことをパパ・ママと呼びながらも、外出先では両親のことをお父さん・お母さんと呼ぶようにしているのです。

呼びなれているパパ・ママを使い続けたい子どもの気持ちと、大人になり始めている子どもの気持が交差した結果です。
子どもが考えて選んだ両親の呼び方の選択であるので、家での呼び方と外の呼び方が変わったとしても子どもの成長として受け入れてあげましょう。

お父さんお母さんの呼び方を徹底させる場合も

パパ・ママと呼ばせている家庭も多いですが、お父さん・お母さんという呼び方を徹底している家庭もあります。
というのも、幼稚園受験や小学校受験などを考えている家庭では、早いうちからお父さん・お母さんという呼び方を定着させるために、最初からお父さん・お母さんという呼び方を徹底させている家庭があるのです。

受験の面接試験のときに、子どもが両親のことをパパ・ママと呼んでしまうことによって、結果が不利に働いてしまうことがあるようです。

そのため、子どもが受験の面接場面でもすんなりと両親のことをお父さん・お母さんと呼ぶことが出来るようにするために、家庭内でもお父さん・お母さんと呼ばせることを徹底させているようです。

お父さんお母さんを名前で呼ぶのはあり?それぞれの考え方

これまでご紹介した呼び方以外の両親の呼び方というのもあるのでお伝えしていきます。
この他の呼び方とは例えばどのような呼び方をしているかと言うと、両親のことは両親の名前を呼んでいるという子どもたちもいるのです。

名前での呼び方

両親のことを名前を呼ぶことによって、より信頼関係が築けるようになるようです。
しかし、両親のことを名前で呼ぶということに対して「親と子の関係性ではなくなる。」など反対の意見もあります。
子どもにお父さん・お母さんと呼ばせようか、パパ・ママと呼ばせようが、両親の下の名前で呼ばせようとも、家庭での両親の呼び方は自由です。

人によっていろいろな考え方や意見があるので、その家庭での考え方を他の家庭に強要することはありません。
子どもがどのように育って欲しいと思っているのか、どのような価値観をもった大人になってほしいと思っているのか、自分の子どもを教育し育てていくのはその子供の両親が行うことです。

周りの家庭での両親の呼び方や意見については参考程度にとどめ、自分たちの子どもに対する教育方針に基づき、両親の呼び方など決めていくというのが一番でしょう。