注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。

 自分が楽しいことを相手も同じ温度感で楽しいと感じてくれるというのは幻想で、自分勝手な物事の捉え方です。

 お酒を飲むことや、ちょっと酔いが回ってふんわりする感じ、普段は打ち解けにくい人とも楽しくおしゃべりできる飲み会が大好き!という人もいれば、なぜ、酒を飲み騒がしくおしゃべりをせねばならないのか、という価値観の人もいます。

 それぞれの立場に立って、相手に寄り添いながら人間関係を構築できれば、素晴らしいと思いませんか?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

目が茶色の日本人が多い理由とおすすめアイメイクや紫外線対策

目が茶色なのは日本人の実は半分以上になるのを知っていますか?自分の目の色が茶色いと気になる人もいるで...

ユニットバスの入り方で悩む女性必見!基本の入り方とポイント

ユニットバスの入り方で悩んでいる女性は、意外と多いのではないでしょうか。お湯にゆっくり浸かりたい...

グラスとコップの違いを比較。入れる飲み物や色々な種類と特徴

飲み物を飲む時に使うコップ。グラスとも言いますね。皆さんはどちらをよくつかいますか?またグラスと...

新聞紙でゴミ袋は大きいものも作れる!簡単便利でエコにも

新聞紙でゴミ袋の大きいサイズの物も作ることができます。最近ではエコバッグを買い物のときに利用すること...

ボールペンのインク消し方法!紙に書いたボールペンを消す方法

紙にボールペンで記入しているとき、うっかりミスをして書き間違えをしてしまうこともあります。修...

パスポートの顔写真を変えたい!顔写真だけの変更はNGです

何らかの理由でパスポートの顔写真を変えたいと思った時、顔写真だけを変更することはできるのでしょうか。...

自炊で節約をしたい!男の一人暮らしでも続けられるコツ

生活費をきちんと切り詰めようと思った時に、真っ先に見直すのが食費です。節約をするのなら、断然自炊...

クローゼットの収納棚に布団を置くコツやアイデアと注意点

クローゼットの収納棚に布団を片付けようとうまくいかず苦労することもあるでしょう。そんなときは、布...

パパママよりもお父さんお母さんが良い?両親の呼び方について

子供ができたらお父さん、お母さん。それともパパ、ママか呼び方をどうするか悩みませんか?呼び方...

家の爪切りの切れ味が悪い…。復活させる方法は

日々生活を送るうえであまり重要でなさそうで意外と重要なのが爪切りです。あまりに長いと邪魔になりま...

大人数が遊べるゲーム!屋外で楽しめるものは

会社のレクリエーションなどを企画する時に、大人数で遊べるゲームは必須ですよね。それを行うのが外で...

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

1ヶ月の生活費の内訳一人暮らしでは?費用の目安と節約ポイント

社会人1年目でこれから一人暮らしを始める時、1ヶ月の生活費の内訳やどのくらい費用がかかるのか不安にな...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

スポンサーリンク

飲み会に行きたくないと感じる人の心理とは

たびたび開催される職場での飲み会。毎回楽しみにしている人もいる反面、中には飲み会に参加するのが苦痛だと感じる人もいるものです。飲み会自体を、お酒を飲みながら交流を深める場だと考える人にとっては、あまり積極的に飲み会に参加しない人や、飲み会に行きたくないと感じる人の心理は理解しがたいものがあるかと思います。

飲み会の必要性がわからないという人が増えている

若い世代の中にも、そもそもお酒を飲むこと自体が大好きで、職場の飲み会にも毎回積極的に参加するといった人はいます。ですが中には、仕事以外の時間帯にまで職場の人と顔を合わせて気を使いたくない、といったところが本音ではあるものの、今後の人間関係を考えると、そう簡単には行きたくないとは言えず、飲み会にも渋々参加しているという人がいるのも事実です。

このように、飲み会を通じて交流を図りたいという意図がある人にとっては有意義な時間であっても、仕事とプライベートはきっちりと分けて考えたいというタイプの人にとっては、飲み会の時間はムダな時間だと感じるのかもしれませんね。

これはもう、どっちがいいとか悪いとかの問題ではなく、純粋に価値観の違いとしか言いようがないかと思います。

飲み会ってなに?行きたくないと感じる心理について

仲の良い友達同士の飲み会とは違って、職場がらみの飲み会は、上司のご機嫌次第で時には楽しい雰囲気のまま終われないこともあるものです。たとえ上司から「今夜は無礼講で」と言われたところで、若い人たちだとさすがにそんなわけにはいかないですよね。

普段はそこまで頻繁に飲み会がなくても、歓送迎会だけは定期的に開催されるという職場は多いものです。新しく入ってきた仲間を歓迎したり、去っていく仲間を感謝をこめて送り出すためにも、この時期の飲み会だけは参加するという人も少なくないでしょう。
ですが、そもそも職場の人と仲良くなる必要性を感じていない人にとっては、歓送迎会代わりの飲み会ですら行きたくないという心理もあることでしょう。

以前、私が勤めていた職場には、歓送迎会や忘年会などのすべての飲み会で、不参加を貫く女性がいました。彼女は飲み会などで酔っぱらいの相手をするのを苦痛だと感じるタイプの人でしたので、飲み会に行きたくないという気持ちもよくわかりましたが、周囲からも「あの人は飲み会に来ない人」という位置づけをされており、不参加の理由をいちいち尋ねられることもなく、それはそれでちょっとうらやましくもありました。

誰との飲み会に行きたくない?会社?友達?それとも…

飲み会のように大人数で集まって飲むこと自体があまり好きではない人にとっては、たとえそれが職場絡みの飲み会ではなくても、なんとなく行きたくないと感じる誘いもあるものです。たとえばそれが、久々に会う同級生たちとの飲み会でも、昔からあまり良く思っていなかった相手がメンバーにいたりすると、それだけでなんとなく気後れしてしまって、とくに予定はなくても断ってしまったりする気持ちもわからなくはないですよね。

同じように、お酒が入るといつも以上に説教くさくなったり、くどくどと何回も同じ質問を繰り返したりするような上司や同僚がいるとわかっている職場の飲み会には、やはりできれば行きたくないと感じてしまうのでしょう。

どうせ時間とお金を使うのなら、もっと楽しいことに使いたいと思うのは自然なことです。これから始まる憂鬱な時間を考えると、積極的に交流を深めたいという思いよりも、飲み会に行きたくないという心理が優先してしまうのは、人として当然のことかもしれませんね。

お酒が飲めないから飲み会に行きたくない

普段からお酒を飲むことが好きな人であれば、気乗りしなかった飲み会も結果的に楽しめる場合も多いでしょうが、体質的にお酒を飲めない人もいますよね。

実際、私の父もお酒が全く飲めない体質なため、若い頃からお酒の席が苦手な人でした。お酒を飲めない人の中には、自分は飲まないけれど飲み会の雰囲気は好きだという人もいますが、父はその真逆。元々人付き合いの上手いタイプではなく、気を許したごくごく親しい人以外とは、会話のきっかけを見つけることすらできない人なので、飲み会で周囲が盛り上がれば盛り上がるほど、早くその場を離れたいと感じるという、まさに飲み会に行きたくない派の代表のような人です。当然、職場の飲み会に行く前はいつも、「あぁ~行きたくない行きたくない」と、駄々っ子のように文句を言っていたものでした。

私自身、以前はお酒を飲むこともたびたびありましたし、お酒を飲む場の雰囲気自体は好きでしたので、全くお酒を飲まなくなった今でも、機会さえあれば飲み会にも積極的に参加するタイプです。ですが、お酒を飲めない人の中には、私の父のように飲み会の雰囲気を一緒に楽しむことができない人も多いものです。

このように、飲み会に行きたくないと感じるのは、お酒を飲めるか飲めないかだけの問題ではないようですね。

飲み会に行きたくないという人の心理を理解して付き合おう

飲み会が大好きだと言う人にとっては、飲み会に行きたくないという人の心理を理解するのはなかなか難しいかもしれませんね。私自身、飲み会の雰囲気自体は好きですが、酔って理性を失ったり、くどくどと同じ話を何回もしながら絡んでくるような人がいる飲み会には、できれば行きたくないと感じてしまうものです。

お酒を飲んで楽しい気分になっている人は、自分はいくら楽しくても、中にはその雰囲気を楽しめないどころか、苦痛だと感じる人っがいることも、少しは理解してあげるべきだと思います。

近年では、お酒にまつわる迷惑行為である、アルコールハラスメントという言葉も使われるようになりましたが、飲酒の強要や飲み会へも強制参加もアルコールハラスメントの
一種だと捉え、飲み会に行きたくないのに無理やり参加させたり、なるべく飲み会を楽しめない人を作らないような心配りを忘れないようにしたいものですね。