注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

【男性のくせ毛の直し方】一度試して欲しい方法とそのコツ

男性であっても女性であっても、くせ毛は遺伝によるものだと言われていますが、直せるものなら直したいと考える人も多いでしょう。

そこで今回は、男性のくせ毛の直し方について説明します。一時的に治すことしかできないものもありますが、まずは試してみて下さい。

ただし、くせ毛を100%直すことは今の時代では無理です。それなら、かえってくせ毛を活かしたヘアスタイルにしてみませんか。

ちなみに私もくせ毛ですが、担当の美容師さんに言わせるとくせ毛の人の方が歳をとってからは若く見えるのだとか。直毛の人はぺたっとなってしまいますが、くせ毛の人はそうはならないそうです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋ので焼肉を快適に!煙やニオイの対策で美味しい焼き肉を

焼肉が好きで、部屋での焼肉を頻繁に楽しんでいる一人暮らしの人もいるのではないでしょうか。部屋で焼肉を...

1ヶ月の生活費の内訳一人暮らしでは?費用の目安と節約ポイント

社会人1年目でこれから一人暮らしを始める時、1ヶ月の生活費の内訳やどのくらい費用がかかるのか不安にな...

一人暮らしで辛い・帰りたい時の対処法。寂しさの乗り越え方

一人暮らしを始めたばかりの頃は、自由な生活に羽根を伸ばし、実家暮らしではできなかったことも自由にでき...

ゴミ箱のビニール袋を隠す裏技!安い材料を使って生活感を消そう

ゴミ箱にビニール袋を入れると、ゴミ箱から袋が見えて生活感たっぷりな印象になってしまいます。上手に袋を...

ユニットバスの入り方で悩む女性必見!基本の入り方とポイント

ユニットバスの入り方で悩んでいる女性は、意外と多いのではないでしょうか。お湯にゆっくり浸かりたい...

タッパーの収納アイデア!引き出しの活用でスッキリ使いやすく

食材の保存に使うタッパーの収納に頭を悩ませている人もいるでしょう。タッパーの収納アイデアには、使...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

お茶のペットボトルの賞味期限とは?賞味期限について

お茶のペットボトルの賞味期限はいったいどのくらいなのでしょうか?全部飲みきれずについついカバンに入れ...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

大人数が遊べるゲーム!屋外で楽しめるものは

会社のレクリエーションなどを企画する時に、大人数で遊べるゲームは必須ですよね。それを行うのが外で...

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はあり...

電波を遮断できる素材と使い方についてご紹介

電波を遮断できる身近な素材として注目されているアルミ箔!アルミ箔で携帯を包むと電波を通さず圏外に!...

スポンサーリンク

男性のくせ毛の直し方は「洗髪」にアリ

地毛がくせ毛の場合には、毎日ヘアセットをするというのも大変で、なんとか大変な思いをすることなく毎日ヘアセットが出来るようにならないものかと考えてしまうものです。
くせ毛を直したり、くせ毛を抑える方法というのはいろいろありますが、中でも日々の生活の中で意識することによってくせ毛を抑えることが出来る方法というのがあるのでお伝えしていきます。

毎日行うシャンプーでくせ毛を抑える方法

これまで特に気にすることなく髪を洗っていたという人は、髪の洗い方を意識して行ってくせ毛を抑えてみませんか?

髪の洗い方でくせ毛を抑えるときには、一見関係のないように思えるかもしれませんが頭皮の状態を良いコンディションで整えておくということも大切なポイントのひとつです。
若い頃は髪がストレートだったのにも関わらず、年齢が上になるにつれてくせ毛になってきたと話している人を見かけたことはありませんか?
なぜ年齢が上になるにつれてくせ毛が現れるようになってしまったのか?

頭皮の状態が若い頃とは違う

頭皮の水分や油分などのバランスが変わってきてしまったことが原因です。
頭皮の状態を良いコンディションで整えておくことによって、くせ毛を抑えることが出来るというわけなのです。

シャンプーをするときにゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、優しく揉み解すように洗っていくというのが大切です。

また、シャンプーのあとにはしっかりとトリートメントをするというのもくせ毛を抑えるためには大切なので、面倒でこれまでトリートメントをしていなかったという人は意識的にトリートメントを使うようにしましょう。

ドライヤーを使った一時的なくせ毛の直し方

髪の洗い方によってくせ毛を抑えることが出来るようになります。

くせ毛は髪の乾かし方も重要

くせ毛を抑えるためには髪の乾かし方についても知っておく必要があります。

  1. まずは、洗い終わった髪をいつものようにタオルを使って髪から水分をとっていくようにします。このときに重要となるのは力を入れすぎないということで、ゴシゴシ力を入れて髪の水分をタオルでとろうとするのではなく、優しくトントンと叩くようなイメージで髪の水分をタオルでとっていくことです。
  2. 十分にタオルで髪の水分をとることが出来たら、ドライヤーを使って髪を乾かします。

ドライヤーを髪から十分に離した状態で乾かすのが大切

というのも、ドライヤーと髪が近い状態だと、ドライヤーから出る温風によって髪にダメージを与えてしまう原因になります。そのため、早く髪を乾かしたいという気持ちも分かりますが、ドライヤーと髪が近くなりすぎないように注意しましょう。

  1. クシやブラシを使わずに手を使って髪を伸ばすようにしながら髪をとかしていきましょう。
  2. 髪が乾いたらドライヤーを冷風に変えて髪を冷やすことが出来れば完了です。

このように髪を乾かしていくことによって、くせ毛で傷みやすくなっている髪をなるべく傷つけることなく髪を乾かすことが出来ますし、くせを抑えながら髪を乾かすことができます。
しかし、くせ毛を抑える洗髪方法にこだわる方法も、くせ毛を抑える髪を乾かす方法も、くせ毛を一時的に抑えることが出来る方法であってくせ毛をずっと真っ直ぐな状態にしておけるというわけではありません。

どうしてもくせ毛が気になる男性は「縮毛矯正」をかけるという方法も

どうしてもくせ毛が気になり髪の毛をずっと真っ直ぐな状態にしておきたいという人の場合には、美容院などで縮毛矯正をしてもらうという方法があります。

くせ毛は縮毛矯正がおすすめ

髪を洗ったとしてもくせ毛を真っ直ぐな状態に保つことが出来るようになります。
そのためくせ毛を気にすることが無くなるので、日常生活が非常に楽に過ごせるようになります。
しかし、美容院などで縮毛矯正をしてもらうとなると1回の施術で1万円を超えるお店もありますし、1回の施術で2時間程度は美容院にいなければいけなくなります。

また、縮毛矯正をした部分はくせ毛も無く真っ直ぐな状態を保つことが出来ますが、髪が伸びてくるとくせ毛が現れてくるようになるので、髪の毛を真っ直ぐな状態を保ち続けるためには3ヶ月から半年に1回程度、縮毛矯正をかける必要が出てきます。

アイロンを使って男性のくせ毛を直す場合のコツ

縮毛矯正を行えばくせ毛を気にすることなく生活をすることが出来るので非常に楽ではありますが、金額や施術時間のことが気になってなかなか手を出すことが出来ないという人もいるでしょう。

縮毛矯正よりも簡単な直し方

自分で行うこが出来て、尚且つくせ毛を真っ直ぐにすることが出来るヘアアイロンを使うという方法もあります。
ヘアアイロンは電気屋などで購入することが出来ますし、金額も2000円程度で購入することが出来るものもあるので見てみましょう。

ヘアアイロンを使ってくせ毛を真っ直ぐにするとき

高温を髪に当ててしまうと髪を傷めてしまう原因になってしまうので、130~160度程度のヘアアイロンを使うようにすると良いでしょう。

ヘアアイロンを使う前に髪に洗い流さないトリートメントを塗っておくことによって、髪が傷んでしまうのを防ぐことが出来ます。

いろいろな直し方を試してもダメなら、くせ毛を活かしたヘアスタイルにしましょう

くせ毛であることをコンプレックスに思う人もいますが、反対にくせ毛を活かして素敵なヘアスタイルを楽しんでいるという人もいます。
くせ毛を活かすことによって、まるでパーマをかけているかのような素敵なヘアスタイルを作り出すのです。

くせ毛を格好良く仕上げるコツ

髪の毛にツヤを与えることによって叶えることが出来ます。
パサつきのあるくせ毛の場合には、スタイリング剤などを使ってツヤを出すようにしてからヘアスタイルを整えてみましょう。