注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

伊達メガネのレンズに傷が入ってしまったので、対処方法を知りたい

おしゃれアイテムや、なんらかの事情で伊達メガネをかけるという人がいますが、ちょっとしたアクシデントでレンズに傷がついてしまうこともあります。
その際にするとよい対処の方法や、伊達メガネのレンズやフレームに傷をつけないようにする扱い方などについてご紹介いたします。
これを読んで、綺麗な状態でメガネを保つようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

【余興の種類】結婚式で感動と盛り上がるためのアイデア

仲の良い友達の結婚が決まり、結婚式での余興を頼まれたら、どのような内容の余興が良いのでしょうか?せっ...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さん...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。 ...

お茶のペットボトルの賞味期限とは?賞味期限について

お茶のペットボトルの賞味期限はいったいどのくらいなのでしょうか?全部飲みきれずについついカバンに入れ...

トイレの詰まりの直し方・自分でトイレの詰まりを解消する方法

自宅のトイレが詰まってしまうと、用を足すことができずに本当に困ってしまうものです。そんなときは、自分...

1ヶ月の生活費の内訳一人暮らしでは?費用の目安と節約ポイント

社会人1年目でこれから一人暮らしを始める時、1ヶ月の生活費の内訳やどのくらい費用がかかるのか不安にな...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

シルバーの指輪をしている時の水仕事や手洗いについてと手入れ

シルバーの指輪をしている時の心配事に、水に濡れても大丈夫なのか、付けたまま水仕事をしてもいいのか?と...

目が茶色の日本人が多い理由とおすすめアイメイクや紫外線対策

目が茶色なのは日本人の実は半分以上になるのを知っていますか?自分の目の色が茶色いと気になる人もいるで...

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このよう...

大学の卒業証書を紛失・再発行は不可!卒業証明書は再発行が可能

大学の卒業証書や卒業証明書が必要になり、どこにあるのか探した時、見つからずに紛失してしまった事に気が...

スポンサーリンク

伊達メガネのレンズに傷が入った時、研磨するという方法があります

視力矯正をするためにメガネをかけているという人は多いですが、オシャレのひとつのアイテムとして伊達メガネを愛用しているという人も多いでしょう。
そのため世の中にはメガネを持っているという人が多くいますが、メガネを使っているとフレームやレンズに傷がついてしまうことがあります。

メガネのレンズの傷

メガネをかけているときに視界が妨げられてしまったり、傷によって見難い部分が出来てしまうので、メガネのレンズに傷がついてしまったときには、何らかの対処をしなければいけなくなります。

レンズの交換

メガネ店に持って行きレンズの傷の状態を確認してもらいレンズを交換するなりの対処をすることも出来ますが、持っているメガネが伊達メガネで、雑貨店などで購入したものであれば、傷がついてしまったレンズにどういった対処をしたらいいのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

伊達メガネのレンズについてしまった傷を自分で対処する方法もありますが、メガネのレンズによっては自分で対処しないほうが良いものもあるので注意しましょう。

伊達メガネに入っているレンズというのは、プラスチックで出来ている場合が多いので、プラスチックを磨くことが出来る道具を使うことによって傷を目立たなくすることが出来ます。

しかし、メガネのレンズにUVカットやブルーライトカットなどの加工がされているときには、レンズを磨くことによって加工を剥がしてしまうことになるので自分で対処をすることは出来ません。
もしも、自分が持っている伊達メガネのレンズに加工がされているのか・されていないのか分からないという場合には、自分で対処することなく他の方法を考えるようにしてみましょう。

レンズにコーティングをしている伊達メガネに傷が入った場合

加工のされていないプラスチックで出来たメガネのレンズであれば自分で磨くということも出来ますが、自分で対処することが出来ないメガネのレンズの場合にはどのように対処したらいいのか悩む人は多いのではないでしょうか。

インターネットを使ってレンズ交換先を調べる

メガネ店にメガネのレンズを交換を頼むことが出来るので一度確認してみましょう。
メガネ店によって異なりますが、交換するレンズの素材、形、厚み、加工などによってレンズを交換する値段は変わってくるので、それぞれのお店のサイトを見比べたりしながらレンズを交換してもらうところを見つけましょう。

近くのメガネ店に持ち込む

そのメガネ店で購入した伊達メガネでは無かったとしても、相談をすればレンズの交換をしてくれるメガネ店はあります。
伊達メガネのレンズの状態を見せながらお店の人に対面で相談することも出来ますし、お店にレンズの在庫があればすぐに交換を済ませてくれるという場合もあります。

伊達メガネのレンズに傷が入ったら、外すをいう選択も

伊達メガネのレンズに傷が入ってしまったときには、レンズを外してしまってフレームだけを使用するという方法もあります。
レンズのUVカット機能やブルーライトカット機能が必要なく、レンズの手入れが面倒だという人におすすめの方法です。
伊達メガネのレンズの傷を自分で直すにしても、お店に頼むにしてもレンズをキレイにするためにはお金がかかります。
そして、伊達メガネにレンズが入っている限り、レンズの汚れを拭き取ったり傷がつかないようにと手入れすることは必須になります。

レンズのUVカット機能やブルーライトカット機能が目的

レンズが入っていることが重要なのでレンズの手入れとは付き合っていかなくてはいけませんが、伊達メガネをオシャレとして楽しみたいという人の場合には、フレームが重要なのであってレンズはあっても無くても問題が無いのではないでしょうか。
むしろ、レンズが無いことによってレンズを手入れする手間を減らすことが出来ますし、レンズの傷を気にする必要も無くなるので快適に伊達メガネを楽しむことが出来るようになるので試してみましょう。

伊達メガネを長持ちさせる拭き方

伊達メガネにレンズを入れているひとも、レンズを入れずにフレームのみを使っているという人も、持っているお気に入りの伊達メガネを長持ちさせたいときには、自宅で出来る手入れ方法を試してみましょう。

伊達メガネは手入れしてキレイにしておく

汚れや傷から守ることが出来るので、長く愛用することが出来るようになります。

  1. まずは、伊達メガネについているホコリやゴミなどの汚れを落とすために、伊達メガネを流動水にさらしましょう。
  2. 次に、中性洗剤を伊達メガネにたらし、レンズやフレームを指を使って軽く洗っていきます。
  3. 洗剤で十分に伊達メガネを洗うことができたら、再び流動水で洗剤や汚れを流していきます。
  4. 洗い終えたら、ティッシュやガーゼ、タオルなどを使って伊達メガネについている水分を拭き取れば手入れ終了です。

「え?これダメなの?」実はNGなメガネの扱い方

多くの人がやってしまっている、実はダメな伊達メガネの扱い方についても確認しておきましょう。

メガネのレンズに汚れがついて気になるときに、洋服の裾などを使ってレンズを拭いたりしていませんか?
これはレンズに傷をつけてしまう原因になるので、メガネのレンズを拭くときには柔らかな布を使ったりメガネを拭く専用の布を使うようにしましょう。

レンズの扱いを意識することによって、レンズの痛みを軽減することが出来て、長く伊達メガネを使うことが出来るようになるのでおすすめです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686