注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さんにいってもどのように注文をしたら良いのか、戸惑ってしまいます。

また値段についても気になるところで、1000円だと予算が少なすぎる?など、花束を作るのに最適な価格について不安になってしまいます。

しかし1000円の花束でもシーンによっては丁度良い場合もあり、予算不足ということはありません。1000円の花束はどんな時に最適なのか、もちろん注文の仕方についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法を解説

ボールペンを使おうとした時に、空気が入ってインクが出ないことがありませんか。その場合他のボー...

ワインのコルクがボロボロに!抜けずに困った時の対処方法

ワインのコルクが抜けずにボロボロになってしまうことありますよね。こうなると再度挑戦しても、さらにコル...

伊達メガネのレンズに傷が入ってしまったので、対処方法を知りたい

おしゃれアイテムや、なんらかの事情で伊達メガネをかけるという人がいますが、ちょっとしたアクシデントで...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

水筒のお茶の賞味期限は?保冷・保温のお茶を美味しく飲むには

節約のために水筒に冷たいお茶を入れて持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。ですが、お茶を全て飲...

ストッキングにまた穴が!親指だけ穴が開いてしまう理由とは

ストッキングをよく履く人にとってよくあるトラブルのひとつに「穴が開いてしまう」ということがあります。...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

切手の貼り方で最もベーシックなのは水です

技術が進んだ現在は、メールやファックスなどで情報の伝達が出来ますので、手紙による文書の受け渡しの機会...

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

ゴミ箱のビニール袋を隠す裏技!安い材料を使って生活感を消そう

ゴミ箱にビニール袋を入れると、ゴミ箱から袋が見えて生活感たっぷりな印象になってしまいます。上手に袋を...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。...

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

スポンサーリンク

発表会の花束にもピッタリ!値段1000円のボリューム

1000円の予算でちょっとした贈り物をしたいと考えたとき、何を選んだら良いのか悩みますよね。発表会の贈り物なら花束が定番です。

花束には予算が低すぎて無理だと諦めてはいませんか?

価格が低めの花や、1輪でもボリュームのある花もあります。また、花束にして販売しているお手頃価格のものもあります。

1000円の予算におすすめの花

1000円の予算でも、花を上手に選ぶことで十分なボリュームの花束を作ることができます。花の中にはバラのような1輪だけのものもあれば、かすみ草のような1本でもボリュームがある花もあります。トルコキキョウやスイートピーは花が大きめなので1本でも十分なボリュームのがありますし、バラでもスプレーバラにすると花の部分は小さいですが枝分かれになっているので華やかさも十分です。花の種類を選ぶことで、ボリュームがある花束を作ることができます。

初めて花を買う人ならどんな花を選んだら良いのかがわからないことでしょう。花屋さんに相談すると、希望にかなった花束を作ってもらうことができます。予算が1000円であることと一緒にどのようなシチュエーションで渡したいのかも伝えて相談にのってもらいましょう。友人の発表会でさりげなく花を渡したいという場合でも、丁度よい花束を作ることができますよ。

子供が贈る母の日花束にも値段1000円が丁度よい

母の日の贈るカーネションも、花屋さんを見ると様々な種類があり、価格もピンからキリまでありますよね。小学生の子どもの場合はお小遣いを使って花束を買うわけですから、それほどお金もかけられないことと思います。

母の日に贈るカーネションも1000円位が丁度よい花束になるので安心してください。大きな花束は格好良く見えますが、大きすぎる花束だと花の手入れが面倒になって困る人もいます。また、子どもが持ち運ぶにも大きいすぎて、不釣り合いな印象も受けます。

1000円の花束だと子どもの手に丁度よい大きさ

受け取ったらそのまま花瓶に入れられるボリュームなので、気軽に飾ることもできます。

母の日の時期はカーネションの価格が高くなることもあります。その場合はカーネションにこだわらず、他の花も混ぜて花束にすると良いでしょう。花束は花だけでなくグリーンも必要なので、葉ものも組み合わせると格好良くなりますよ。

値段1000円の花束が良い理由

1000円の花束だと淋しい気がして心配になるかもしれませんが、1000円の花束の方が喜ばれる場合も多くあります。大きくて豪華な花束だと相手の負担になってしまうこともありますし、渡す場面によっては大げさになる場合もあります。ちょっとした気持ちで贈りたいときは1000円の花束の方が似合うことも多いのです。

例えば食事に招かれたときです。飲み物やデザート、フルーツなどは既に用意されていたり、一緒に招かれた人が持っていくのなら、1000円の花束を選んでみてください。そのまま花瓶に飾ることができるボリュームなので、すぐに食事のテーブルに飾ることができます。テーブルが華やかになり、喜ばれることと思いますよ。

お誕生日のプレゼントと一緒に渡したり、卒業祝いや入学祝いのようなお祝いごとにも丁度よいサイズです。1000円の花束なら小さめなので持ち運びやすさもありますので、発表会やデートのような外出先で渡すのにも丁度よいサイズです。

ちょっとしたお祝いごとにあまり大きな花束を贈っては相手の負担になることもあります。小さめの花束の方が受け取りやすく、また、飾るときや手入れも面倒になりません。

お花屋さんに花束を注文するときのポイント

お花屋さんに花束をお願いするときは、1000円の予算と一緒にどのような時に渡すのかも伝えるようにしてください。お花屋さんは予算内で渡すシチュエーションに合った花を選んでくれます。

花束を贈る相手の年代や好みも伝える

それを参考に花束を作ってくれます。10代の女の子ならかわいい感じの花束を、母親に贈る場合ならリビングなどに飾って楽しむことができるインテリアに合った花束を作ってくれるでしょう。

花束の形や色もオーダーする

1000円の花束なら、ブーケのように丸い形の花束をつくるか、長い花をまとめて細長い形のどちらかになる場合が多いです。どのような形の花束にしたいのかも希望を伝えてください。
また、花束の色も選ぶことも可能です。黄色っぽい花束、ピンク系の花束、またはブルーでクールな感じなど、理想のイメージを伝えることもできます。使う花によって花束の色を変えることができます。

花束ではないけれど1000円でブリザードフラワーも購入ができます

生花の花束は素敵ですが、いずれ枯れてしまうため、あまり長く楽しむことはできません。また、花瓶を用意したり毎日の水替えなど、普段花を飾ることがない人にとっては面倒に感じられるかもしれません。

1000円のプリザーブドフラワーは可愛らしい

花束ではありませんが、プリザーブドフラワーも素敵な贈り物です。1000円の予算でもコンパクトなサイズのプリザーブドフラワーを買うことはできます。小さなサイズですが花の美しさはしっかりと感じられますよ。シンプルなので、いろいろな花がたくさん入っているタイプよりも花が際立って見えます。

コンパクトサイズだと飾る場所を選ばずにどこにでも飾ってもらえるのではないでしょうか。リビングや寝室、玄関にトイレなど、気分によって飾る場所を移動できるのも良い点でしょう。小さなボトルに入ったものやプチカップに飾られたものなど、入れ物もかわいらしく、ちょっとした贈り物に最適です。

1000円の予算でも喜んでもらえる贈り方があります。コンパクトな花束だからこそ気軽に飾ってもらえるはずです。プリザーブドフラワーにして長く楽しんでもらうのもひとつの方法です。ぜひ、贈り物には花を選んでみてくださいね。