注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

シルバーの指輪をしている時の水仕事や手洗いについてと手入れ

シルバーの指輪をしている時の心配事に、水に濡れても大丈夫なのか、付けたまま水仕事をしてもいいのか?という不安があるでしょう。

普段の生活で水を使うことが多いなら、いちいち外すのが面倒という方もいるでしょう。
シルバーの指輪をしている時の手洗いや、お風呂などの取り扱いについて紹介します。

シルバーは変色してしまいます。その理由もご覧ください。

またシルバーリングにはメリットもデメリットもありますので確認しておきましょう。

実はブライダルリングにはシルバーが使われることはあまりありません。多くの方がプラチナを選んでいますがその理由も紹介します。

最後にシルバーリングのお手入れ方法をお届けします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?  伝えるほうがい...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

【男性のくせ毛の直し方】一度試して欲しい方法とそのコツ

男性であっても女性であっても、くせ毛は遺伝によるものだと言われていますが、直せるものなら直したいと考...

水筒のお茶の賞味期限は?保冷・保温のお茶を美味しく飲むには

節約のために水筒に冷たいお茶を入れて持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。ですが、お茶を全て飲...

伊達メガネのレンズに傷が入ってしまったので、対処方法を知りたい

おしゃれアイテムや、なんらかの事情で伊達メガネをかけるという人がいますが、ちょっとしたアクシデントで...

洗濯機を引っ越しで運ぶときには横倒しはNG!運び方について

引っ越しをするときに洗濯機も持っていきたいけれど横倒しにしないと車に積めない…こんなときには横倒しで...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

お茶のペットボトルの賞味期限とは?賞味期限について

お茶のペットボトルの賞味期限はいったいどのくらいなのでしょうか?全部飲みきれずについついカバンに入れ...

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

スピーチで緊張して声が震える!原因やすぐにできる対処法を紹介

人前でのスピーチなど緊張すると声が震えるとお悩みの人もいるでしょう。大切なスピーチなのに声が震え...

一人暮らしで辛い・帰りたい時の対処法。寂しさの乗り越え方

一人暮らしを始めたばかりの頃は、自由な生活に羽根を伸ばし、実家暮らしではできなかったことも自由にでき...

目が茶色の日本人が多い理由とおすすめアイメイクや紫外線対策

目が茶色なのは日本人の実は半分以上になるのを知っていますか?自分の目の色が茶色いと気になる人もいるで...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このよう...

スポンサーリンク

シルバーの指輪を付けている時の水仕事や手洗いについて

シルバーの指輪を身に着けていると、使っているうちに指輪の黒ずみが気になるという方や、水仕事などの際にいちいち指輪を外すべきなのかどうか、悩みつつも身につけたままにしているという方も多いかと思います。

私も結婚する以前は、シルバーの指輪をよく身に着けていましたが、普段からよく使う指輪はマメに磨いたりはするものの、久々に使おうとして取り出してみると、いつのまにか黒く変色していることもよくありました。

水に触れる時は外すのが「理想」

シルバーの指輪は、結婚指輪に使われることが多いプラチナと比べると、常に身に着けているタイプの指輪ではありません。お風呂に入る時や茶碗洗いなどの水仕事をする時だけでなく、ただ手を洗う際だけでも、本来であれば指輪を外したほうが良いとされています。

ですが、外出先などでトイレのたびに指輪を着けたり外したりしていると、大切な指輪を失くしてしまう原因にもなり得ますので、実際にはそこまで厳密に水に触れないようにするのは、よほど注意していなければ難しいことだと言えるでしょう。

シルバーの指輪は水に弱いだけでなく、気をつけていてもすぐに傷がついてしまいがちですので、やはりそういった面から見ても、茶碗洗いなどの水仕事の前には指輪を外しておいたほうが無難だと言えますね。

シルバーの指輪が水に濡れたりすると変色する理由

たとえば、同じシルバーの指輪でも、自分のために買ったものと、彼氏とのペアリングなどでは、その大切さがだいぶ違ってきますよね。そんな大切な指輪が変色してくると、指輪の材質自体が劣化してしまったのではないかと勘違いされる方もいるかもしれませんが、実際にはあの黒ずみ自体はさほど問題ではありません。

シルバーの指輪の輝きはお手入れ次第

指輪に限らずシルバー製のアクセサリーの多くは、使っているうちに黒っぽく変色してくるものです

シルバー自体が変色しているわけではなく、表面を硫化膜で覆われてしまうことが原因です。シルバーが空気に触れると、空気中に含まれる硫化水素などの影響で、シルバーの表面が硫化してしまうのは、どうしても避けようがないのです。

シルバーの指輪を買うと、一緒に付いてくる小さな布がありますよね。あれは、シルバーの指輪を磨く専用のものなので、これで磨くことで指輪の黒ずみもキレイに落とし、元のような輝きを取り戻すことができるのですが、あまり力を入れすぎると表面に細かい傷を付けてしまう恐れがありますので、力加減にはご注意ください。

水に濡らしたくない?シルバーの指輪のメリット・デメリット

たしかに、プラチナなどと比べるとシルバーの指輪は安く買えますが、その耐久性などを考慮すると、長年に渡って常に身につけておくという使い方には向いていません。とは言え、それがペアリングなどであればこそ、こまめに着け外しをしながら、大切に使うことが出来なくもないですが、やはり値段なりのものだと思っておいたほうが良いでしょう。
指輪を普段遣いとして常に身に着けることを想定すると、シルバー製を選ぶメリットもある反面、やはりそこには当然デメリットもあります。

シルバーの指輪を選ぶメリット

  • 安い
  • 多くのデザインから選べる
  • あえて黒ずみを楽しむ

シルバーの指輪を選ぶデメリット

  • 変色や傷が気になる
  • サイズ変更がしにくい

これらの点からも、結婚指輪として長年使う場合は、やはりシルバー製以外を選ぶ方が圧倒的に多いのにも納得できますよね。

結婚指輪はシルバーよりもプラチナが多いワケ

いざ結婚指輪を探してみると、そもそもシルバー製の結婚指輪自体を取り扱っているお店がほとんどないということがわかるかと思います。結婚指輪として購入される指輪はプラチナやゴールド製が主流ですが、もちろん経済的な事情や職業柄、結婚式のあとに指輪を身に着ける予定がないという方であれば、高価なプラチナなどではなく、あえてシルバー製の結婚指輪を購入される方もいらっしゃることでしょう。

シルバー製品は水に濡れたり空気に触れることで黒ずんだり、ちょっとしたことで傷つきやすいため、耐久性やお手入れのしやすさからも、プラチナの結婚指輪を選ぶ方が多いようです。そのように、買う側のニーズによってプラチナ製の結婚指輪が大半を占めているわけですが、実はそればかりではないようです。

高い指輪を売りたいのが本音?

売り手が買い手のニーズに応えるのはもちろんですが、そこは商売ですから、お店側としてもできるだけ高い商品を買ってもらえるに越したことはありませんよね。結婚指輪向けとして店頭にシルバーの指輪も置いてしまうと、その値段の違いからやはりプラチナは諦めて、シルバーを選んでしまうというお客さんが増えてしまう可能性もでてくるでしょう。そうなると、売上にも大きく影響してくることになりかねないのです。

シルバーの結婚指輪が店頭にない理由は、そういった事情もあるようです。

シルバーの指輪の取り扱い方の注意点と手入れについて

普段遣いしながらシルバーの指輪をよりキレイな状態で保てるかどうかは、やはり扱い方次第です。

指輪が水に触れないように、こまめに指輪の着け外しができて、マメに指輪を磨くことが苦にならないのでしたら、さまざまなデザインや価格の中から、自分に合ったものを探す楽しみのあるシルバーの指輪を、ペアリングや結婚指輪として選ぶことも可能でしょう。

いくら高いものでも、きちんとお手入れをしないと本来の良さは発揮できないものです。それは、シルバーの指輪に関しても同じこと。プラチナより多少の手間はかかりますが、お手入れ次第で値段以上の輝きを与えることができますので、デメリットばかりを気にせず、大切に使っていきたいものですね。