注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。
しかし、感動させる手紙はそれだけではありません。
卒業や引っ越しなどで、友達と別れる際に書いたり、別れたい彼女に後腐れなく別れるために書く場合もあります。
とはいえ、内容に気を付けないと感動もさせられませんし、返って相手を怒らせてしまう可能性もあります。
そんな別れの時にふさわしい手紙の書き方などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法を解説

ボールペンを使おうとした時に、空気が入ってインクが出ないことがありませんか。 その場合他のボー...

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?    伝えるほうがい...

自炊で節約をしたい!男の一人暮らしでも続けられるコツ

生活費をきちんと切り詰めようと思った時に、真っ先に見直すのが食費です。 節約をするのなら、断然自炊...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

家の爪切りの切れ味が悪い…。復活させる方法は

日々生活を送るうえであまり重要でなさそうで意外と重要なのが爪切りです。 あまりに長いと邪魔になりま...

笑顔の練習方法!月目で笑うトレーニングで自然な笑顔になる方法

笑顔が素敵な人はとても印象が良いものですが、笑顔がぎこちない・目の奥が笑っていないと言われた経験があ...

字が綺麗な女性に持つイメージと美文字が支持される理由

字が綺麗な女性にはどんなイメージがありますか? 最近は文字を書く機会も減っているでしょうが、書...

トイレの詰まりの直し方・自分でトイレの詰まりを解消する方法

自宅のトイレが詰まってしまうと、用を足すことができずに本当に困ってしまうものです。そんなときは、自分...

洗濯機を引っ越しで運ぶときには横倒しはNG!運び方について

引っ越しをするときに洗濯機も持っていきたいけれど横倒しにしないと車に積めない…こんなときには横倒しで...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。 これがないと、メガネ...

パパママよりもお父さんお母さんが良い?両親の呼び方について

子供ができたらお父さん、お母さん。それともパパ、ママか呼び方をどうするか悩みませんか? 呼び方...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

笑顔の作り方と練習方法・モテる素敵な男になる笑顔の効果を解説

女性にモテる男になるには、素敵な笑顔で過ごすことが大切です。ですが、いつも笑顔で過ごすことはなかなか...

スポンサーリンク

友達との別れの時に相手を感動させる手紙を書くポイント

別れの時は、人生の時に度々訪れます。そんな時、友達や知り合いに別れの手紙を渡す時もあります。

どうせ手紙を書くのなら、相手を感動させる手紙を書きたいですよね。でも、どうやったら、相手を感動させる文章を書く事ができるのか、そこにはちょっとしたテクニックが必要です。

まず、書く内容ですが、相手を感動させるには、あなたと相手の過去の印象に残るエピソードを書く事です。

こんな事でお互い感動した、これは二人にとって良い思い出になっている、そんな具体的なエピソードを書いて、「あの思い出をまだ覚えてくれているんだ」と、涙を誘う事もできます。

きっと、一緒にした楽しい思い出が沢山あると思います。その中でも、特にあなたの体の中に染み込んでいる物を一つ選んで書いてみましょう。あなたの友達も手紙の中のその文章を読んで、感動して泣いてくれると思います。そして、最後にはこんな良い思い出をありがとうで締めましょう。

別れる友達を感動させる手紙を書く時に避けたいこと

これまで長い間一緒にいた友達と別れる事になりました。それを良い機会にして、相手にこれまで一緒に頑張ってくれた事に対して感謝の気持ちを示す手紙を書きたいと思っています。

その際、気をつけたいのは、あなたの中に相手の友達に対して何か否定的なイメージがあるとしても、それを文字にして表さない事です。

例えば、本当はあの時こうして欲しかった、もしくは、実は私、僕はあの時、傷ついたからそんな風にはして欲しくなかったなど、相手に「本当はこんな風にして欲しかった」の様な事は書かない方が良いと思います。

また、相手の良い点は書いても良いのですが、悪い点は書かない方が良いです。誰も自分の悪い点を指摘されても、良い気持ちにはなりません。ですので、相手を感動させる文章を書くのなら、只管、感謝する事、もしくは、相手の良さを褒める手紙の方が、良い関係を築く事ができます。

否定的な表現、相手を中傷する様な表現は絶対に避けましょう。

別れる彼女に感動させる手紙を書くポイント

別れる相手に対して、なかなか文章は書きづらいとは思います。どんな文章を手紙に書いたら、相手の方は、感動してくれると思いますか?

別れる彼女に感謝を表す手紙を書く事

たとえ別れる相手だったとしても、手紙の中で書く文章はこれまであなたに良くしてくださった事など、感謝する事をメインに書くべきです。

手紙は相手が捨てない限り、残ります。変に否定的な事を書くと、全て嫌な思い出になってしまいます。

別れる彼女と嫌な事もあったと思いますが、良いこともあったと思います。嫌な思い出もこれからプラスになると考えて、なるべく、読み手も、「あなたとお付き合いをしていて本当に良かった」と思える内容の手紙にしましょう。

手紙を書く時に、否定的には考えずに、肯定的に考えて相手からの感謝の気持ちを述べましょう。

別れる彼女に手紙を書く際に気を付けたいこと

男性でも、別れた彼女の手紙をいつまでも持っている人もいます。それと同様にして、女性もあなたからの別れ際の手紙をずっと一生涯、持ち続けていることもあります。

まるで宝物の様にして、あなたからの手紙をずっと持ち続ける事もあります。他の人に見せる事もできます。その為、書く内容には十分に気をつけた方が良いと思います。

特に女性に頼りたい男性の事は、事細かく色んな事を文章にして、女性からすると、「妙にこの文章、重いかも」と懸念される可能性もあります。そうならない様に、軽い感じで文章を書いた方が良いと思います。

どんな文章が重いと女性が解釈してしまうかと言うと、あまりにも長すぎて、読む気にも慣れない文章、また、「詩」もなんだかあなたの世界にどっぷりと入り込んでいて、女性からすると、「こんな事わざわざ詩にして表現しなくても良い」ととらわれがちです。

短い文章で、「こんな時助けてくれてありがとう」でも、良いのではないでしょうか。

手紙を渡す相手がどんな人でも気を付けたいこと

手紙は友達や付き合っている相手だけではなく、家族や同僚、上司など、職場も含めて様々な機会で使われます。

その際、相手がどんな方でも、テレビでも公開されても良いくらい、綺麗で素敵な文字で書くと読んでいる側にもあなたの人柄が伝わります。

また、使う便箋もあなたが「この便箋良いかも」と思える物を選んで下さい。便箋の柄でもあなたの性格が読み取れます。夏らしいものなど、季節に応じた便箋を選んで、あなたの品格を表すとより感動的な手紙になると思います。

後は、誰に書くにしろ、悪口などは書かない事です。基本的には、感謝を中心に書くこと、そして、誰に読まれても良い文章を書く事です。でも、色んな事に感謝していると、あなた自身も変わってきます。

別れ際に、あなたと仲の良い方を、感動させるような文章を手紙にして書くのに、どんな点に注意して書くべきなのか、説明しました。上記の点、あなたの参考にはなりましたか?基本的に、あなたが誰に書くにしろ、「感謝」を中心にした文章を書くと誰でも感動させることができます。相手が会社の上司であろうと、本当は心の中で「この人嫌だな」と思っていても、手紙を書かなくてはいけないのなら、感謝を中心にして手紙を書き終えましょう。また、できるだけ綺麗な字で書きましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686