注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

クローゼットの収納棚に布団を置くコツやアイデアと注意点

クローゼットの収納棚に布団を片付けようとうまくいかず苦労することもあるでしょう。
そんなときは、布団を収納しやすくする工夫をするのがオススメです。

そこで、ここではクローゼットへの布団収納のコツやアイデアについてお伝えしていきましょう。
クローゼットに収納棚がないときや収納スペースが少ない場合でも、便利なアイテムを活用することで収納もしやすくなります。

ぜひ、こちらを参考にクローゼットへ布団を収納してみてください。
布団をクローゼットの収納棚に置くときはしっかりとカビ対策も忘れずにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボールペンのインク消し方法!紙に書いたボールペンを消す方法

紙にボールペンで記入しているとき、うっかりミスをして書き間違えをしてしまうこともあります。修...

自炊で節約をしたい!男の一人暮らしでも続けられるコツ

生活費をきちんと切り詰めようと思った時に、真っ先に見直すのが食費です。節約をするのなら、断然自炊...

シルバーの指輪をしている時の水仕事や手洗いについてと手入れ

シルバーの指輪をしている時の心配事に、水に濡れても大丈夫なのか、付けたまま水仕事をしてもいいのか?と...

一人暮らしで辛い・帰りたい時の対処法。寂しさの乗り越え方

一人暮らしを始めたばかりの頃は、自由な生活に羽根を伸ばし、実家暮らしではできなかったことも自由にでき...

【余興の種類】結婚式で感動と盛り上がるためのアイデア

仲の良い友達の結婚が決まり、結婚式での余興を頼まれたら、どのような内容の余興が良いのでしょうか?せっ...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はあり...

1ヶ月の生活費の内訳一人暮らしでは?費用の目安と節約ポイント

社会人1年目でこれから一人暮らしを始める時、1ヶ月の生活費の内訳やどのくらい費用がかかるのか不安にな...

スピーチで緊張して声が震える!原因やすぐにできる対処法を紹介

人前でのスピーチなど緊張すると声が震えるとお悩みの人もいるでしょう。大切なスピーチなのに声が震え...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

【米の保存法】虫対策には唐辛子が効果的?長期保存の注意点

子供が食べ盛りだと、お米を安い時に買いだめ!また農家の知り合いから沢山いただくこともあります。しかし...

グラスとコップの違いを比較。入れる飲み物や色々な種類と特徴

飲み物を飲む時に使うコップ。グラスとも言いますね。皆さんはどちらをよくつかいますか?またグラスと...

電波を遮断できる素材と使い方についてご紹介

電波を遮断できる身近な素材として注目されているアルミ箔!アルミ箔で携帯を包むと電波を通さず圏外に!...

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?  伝えるほうがい...

ゴミ箱のビニール袋を隠す裏技!安い材料を使って生活感を消そう

ゴミ箱にビニール袋を入れると、ゴミ箱から袋が見えて生活感たっぷりな印象になってしまいます。上手に袋を...

スポンサーリンク

クローゼットの収納棚に布団を片付けるなら収納しやすく工夫すること

一人暮らしをしている人に多い悩み。それは部屋の狭さではないでしょうか。実際、私自身も部屋の狭さに悩んだことのある一人です。

実家で使っていたベッドや、購入したベッドを部屋に置いてしまうと、思っていた以上に部屋が狭くることに、置いてから気づいたという人もいるかもしれません。

もちろん、それを分かっていて、布団を使用している人も少なくありません。

布団は畳むことが出来るメリットが有る

部屋をそれだけ広く使うことが出来るのです。

一人暮らしの部屋の収納が思ったほどないという人もいるでしょう。洋服用のクローゼットはあっても、押し入れがない。布団を収納したくても出来ずに、そのまま部屋の隅に置いているという人もいるかも知れません。

折角、部屋を広く使用するために、布団にしたのに、この状態では、生活感が丸出しです。

そんなときこそ、柔軟に考えてみてはどうでしょうか?

布団はクローゼットへ

クローゼットはもちろん洋服収納のためのもの、ですが布団をしまってはダメという決まりはどこにもないのです。

しかし、クローゼットと押入れが大きく異なる点は、まさに奥行きの違いです。クローゼットは奥行きがありません。布団をしまうのに適しているとは決して言えませんが、工夫次第で、布団収納が可能になります。

まずは、クローゼットの幅に布団を折りたたむこと

布団は3つ折りと決めつけている人もいるかも知れませんが、4つ折りをして幅を細くすると、クローゼットに収まります。
ちょっと、クローゼットの中を確認して見ましょう。そのクローゼットに収納棚はついていますか。ついているのであれば、上手に利用することが賢明です。

冬に使っていた掛け布団は、圧縮袋にいれて薄くする

収納しやすくなりまます。

圧縮袋を使う利点は、薄くなることだけではありません。圧縮すると、その分、硬くなります。硬くなると、立てることができます。クローゼットに上手に収納することが出来るでしょう。クローゼットの隙間を有効利用しましょう。

クローゼットに収納棚がないなら整理棚やすのこを使うと布団が置ける

クローゼットには基本的に、収納棚がないことも多くあります。それは、洋服をハンガーでひっかけるために、作られていることが多いからとも言えます。

上部に収納棚があることもありますが布団収納となると、その部分を上手に利用することができな場合が多いでしょう。

クローゼット専用の整理棚やすのこを利用

上下に分ける棚を作ってあげると、随分クローゼットは使いやすくなります。
上に掛け布団、下に敷布団という方法でもよいですし、上を布団、下にシーズンオフの洋服をしまうスペースとして使用するのもよいでしょう。

下に敷布団を置く場合は、通気性の面も考え、必ず、すのこを敷くなどの対策が必要になります。

クローゼットの収納棚に布団を置くならカビ対策をしましょう

寝ている間に大抵の人は、多くの汗をかきます。

しかし、その布団を使用後すぐにクローゼットにしまうと、湿気をクローゼットの中に閉じ込めてしまうことになります。扉の閉まったクローゼットは空気の循環も良くありません。

クローゼットに布団をしまうとき

必ず下にスノコなど、風通しのよくなる物を敷く、そして、誰も家にいないときなど、扉を開けておく、除湿剤や除湿機などで湿気を取るという事を行うべきです。カビを発生させないためには、このような方法が有効になります。

家に友達が来るとき

流石にクローゼットの扉を開けっ放しというわけにはいかないでしょう。

また、自分しかいなくても、クローゼットの扉を開けっ放しにして部屋で過ごすのは、なんだか落ち着かないものです。そんなときは、もちろん扉を閉めても構いません。

しかし、部屋に誰もいない、自分も出かけるというような時にこそ、ぜひクローゼットの扉を開いて、空気を循環させてあげると良いでしょう。

収納スペースを増やしたいなら便利なツールの活用がおすすめ

収納スペースを増やしたいのであれば、クローゼットの中を上手に利用するのが賢明です。100円ショップのなどで購入できるものを上手に利用するのも、手です。

布団をそのまま畳んでクローゼットの中に収納するアイテム

どうしても布団が大きすぎるという場合は、巻くだけでピタッと止まるラップストラップを使用してみてはいかがでしょうか。

ラップストラップはループ

面は柔らかく、フック面には固い凹凸があるので、巻きつけるだけでどの大きさでもピタッとくっついてくれます。マジックテープをイメージしてもらうと良くわかると思います。

ラップストラップで布団をギュッときつく固定すれば、立てて布団を収納することも可能です。ラップストラップは100円ショップなどでも購入することができます。

毛布やタオルケットなど、それほどかさばらないというもの

通気性の良い不織布の収納袋に入れておくと良いでしょう。これも。100円ショップで扱っています。

収納棚がないというとき

スノコや突っ張り棒、メッシュパネルなどを上手に利用して、棚自体を作ってしまうというのも良いでしょう。

100円ショップには、様々な収納ツールが売っています。正規の用途以外でも、上手に利用すれば、布団収納に便利であることもあります。ぜひ、工夫して、クローゼットの収納力をUPさせてしまいましょう。

クローゼットへの布団収納はアイデア次第で可能になる

クローゼットに布団を収納するという考えがなかった人もいるでしょうが、工夫次第では、クローゼットは洋服だけでなく、様々な物を収納できる、素晴らしいスペースであるいうことは間違いありません。

オフシーズンの布団は圧縮袋、また日頃使う布団は、整理棚やキャスター付きのスノコや台に、乗せることで、湿気やカビを防ぎながら、上手に布団を収納することが可能です。

クローゼットの湿気やカビ対策はとても大事

その事を気にしないで収納してしまうと、一緒にクローゼットに収納している洋服にまで、悪影響を与えてしまいます。

布団は毎日使うもの

寝ている間に多くの汗を吸収します。せめて、起きてすぐに布団をクローゼットにしまうのではなく、数時間広げて汗を蒸発させてから収納すると良いでしょう。

布団には、敷きパッドを敷いてこまめに洗濯をする、布団を部屋に敷く際、またはしまう際、除湿シートをつかうなどの工夫も必要です。

布団を干してあげること

これは特に大切なことです。布団乾燥機を使っても良いでしょう。

布団をコンパクトにして、クローゼットにしまうというのは、狭い部屋には有効的な収納方法ですが、しまうことで湿気やカビを発生させてしまっては元も子もありません。

ぜひ、湿気対策、カビ対策も一緒に行うという事を意識して、布団を収納するようにしましょう。