注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

自炊で節約をしたい!男の一人暮らしでも続けられるコツ

生活費をきちんと切り詰めようと思った時に、真っ先に見直すのが食費です。
節約をするのなら、断然自炊がおすすめですが、多くの男性は料理を得意としていないため、一人暮らしでもしっかり自炊出来る人は少数派と言えます。
しかし、だからといって何もしないのでは、いつまで経っても生活を見直すことが出来ません。
とはいえ、「毎日しっかり自炊するぞ!」と気合を入れすぎても、返って続かないものになってしまいます。
そうならないようにするための、自炊のコツや、初心者におすすめのメニュー等についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

家の爪切りの切れ味が悪い…。復活させる方法は

日々生活を送るうえであまり重要でなさそうで意外と重要なのが爪切りです。あまりに長いと邪魔になりま...

大学の卒業証書を紛失・再発行は不可!卒業証明書は再発行が可能

大学の卒業証書や卒業証明書が必要になり、どこにあるのか探した時、見つからずに紛失してしまった事に気が...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

クローゼットの収納棚に布団を置くコツやアイデアと注意点

クローゼットの収納棚に布団を片付けようとうまくいかず苦労することもあるでしょう。そんなときは、布...

ストッキングにまた穴が!親指だけ穴が開いてしまう理由とは

ストッキングをよく履く人にとってよくあるトラブルのひとつに「穴が開いてしまう」ということがあります。...

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このよう...

水性ボールペンと油性ボールペンの見分け方と特徴

ボールペンを使っていると水性か?油性なのか?わからなくなってしまうことありますよね。そこで簡単にどち...

ペンのインクを出す方法!インクが残るボールペンの書き味を復活

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出なくなってしまったら、なんとかして書けるようにならな...

No Image

お母さんへの手紙!卒業式に贈る手紙の内容に困ったら

卒業式にお母さんへ贈る手紙。何を書いたら良いか困っていませんか?つい友達の文章を真似させてもらったり...

シンクに蓋して止水したい!排水口の蓋の選び方とメリット

シンクの排水口に蓋をすれば、止水をすることができます。そうすれば、シンク内に水を溜めて漬け置き洗いを...

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。しか...

水筒のお茶の賞味期限は?保冷・保温のお茶を美味しく飲むには

節約のために水筒に冷たいお茶を入れて持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。ですが、お茶を全て飲...

忙しいと顔も緊張?自然な笑顔の練習!割り箸を使った方法とは

自然な笑顔には練習は必要ない!そう思っていませんか?しかし鏡に写った顔や、笑顔が不自然で、自分の顔に...

スポンサーリンク

男の一人暮らしが自炊を長く続けるための心得

一人暮らしの男で自炊を続けられている人はどのくらいいるでしょう。
自炊をしようと思っているだけの人や、自炊したことがあるという男性は多いでしょうが、自炊を継続できている人となると数はかなり減るでしょう。

便利なコンビニ弁当や外食に頼って生活している人が多いでしょうが、自炊の手間がなく便利な分、食費がかかってしまいます。
そして、油分や塩分が多いコンビニ弁当や外食では健康にもあまりよくありません。

一人暮らしは食費にかかる出費が多いと生活に余裕がなくなる

健康による悪影響は体調不良、集中力の欠落、目覚めや寝付きの悪さなど様々な影響を与えてしまいます。

大学生なら就きたい仕事のために勉学にも励まないといけない時期でもあります。

金銭的や健康面で余裕ある暮らしをするためにはやはり自炊が大切

「自炊をしよう」とあれもこれもと食材や物珍しい調味料を集めてしまうような張り切りタイプの人は三日坊主という先が見えてしまいます。
その逆タイプで「自炊をしよう」とただ思っているだけの人がいますが、思っているだけでは誰でもできますし、なんのプラスにもなりません。

男の一人暮らしが自炊を長く続ける心得は「手抜き」

いわゆる男飯といわれる料理をすることです。

簡単な材料、簡単な味付け、簡単な盛り付け、全てに手抜きをすることが自炊を続けられるコツになります。

一人暮らしの男性が、最低限しておきたい自炊

一人暮らしの男性が自炊を継続するためには「手抜き」をすることと述べてきました。
手抜きをするためには最低限しておくことがあります。

自炊で「ご飯を炊いておくこと」

いくら料理ができても面倒くさいと思ってしまえばコンビニ弁当や外食に走ってしまいます。
帰宅が遅い時、自炊する気分になれない時、疲れている時面倒くさいと思ってしまうことは多々あるでしょう。
自炊が当たり前のようになっている家族がいる主婦でさえもそんな時が多々あるのに、一人暮らしの男ならもっとあるでしょう。

そうならないために、ご飯を常にある状態にしておけばいつでもご飯にありつけれます。それと同じく、ご飯が進むようにご飯のお共になる付け合せ(納豆、海苔の佃煮、缶詰類など)も常備しておくと良いでしょう。

一人暮らしなので、ご飯の消費にも限界があります。一回に炊くお米の量を多めに炊きます。そして一食分づつ小分けにして冷凍保存しておくと、いつでも温めて食べることができます。

「いかに簡単に自炊をするか」を考えながら自炊をしていくのも自炊を継続するポイントとなります。

男性が一人暮らしで自炊をする時、一番面倒なのは洗い物

一人暮らしの男性が自炊で一番面倒に感じるものといえば、最後の洗い物です。
料理ができても最後の洗い物をすることを考えると自炊自体が面倒に感じてしまうのでしょう。

自炊で最後の洗い物を簡単に済ませるための方法があります。

ワンプレートに盛り付ける

本来、ご飯、おかず、サラダ、などお皿を分けて使いますが、ワンプレートに盛り付けすることでお皿の数が一枚で済みます。
洗い物の数も随分と減らすことができます。自炊をしない男の一人暮らしではワンプレートのお皿を持っていない人がほとんどでしょう。
まずは大きめのワンプレート皿を購入することからはじめてみましょう。

洗い物をためない、うるかしておく

料理している間も洗い物がいくつかでてきます。

料理に夢中で最後まで洗い物を放置してしまうことが面倒に感じる原因でもあります。

お湯を沸騰するまでの間、食材が茹で上がるまでの間、火が通るまでの間、などちょっとした時間があると思います。
その間に洗えるものは洗っておくと最後まで残ることがありません。また、食材のこびりつきなどにより汚れとれないものは、使ったらすぐにうるかしておきましょう。
そうすることで最後の洗い物の手間も楽になります。

毎日の自炊を楽にする多くの主婦の知恵でもある

私は大きいもの鍋類やお皿はその都度洗うようにして、なるべくシンクのスペースを空けるようにしています。
そうすると最後に食器を洗うスペースに余裕ができ洗い物をしやすくなるのです。

自炊を継続するためにはあらゆる知恵があります。
自炊をしているうちに、自分なりの効率良いやり方を発見すると思います。

様々なことを調べることは簡単ですが、実践しながら自分で気づくことが最も自炊を継続できるポイントなのではないかと思います。

ちゃんと美味しい料理を作りたいなら、これを守ろう

上記で男性の一人暮らしの自炊のコツは「手抜き」をすることと述べています。食材や味付け、盛り付けにこだわってしまうと、自炊に疲れてしまうのも早いです。

しかし、せっかく自炊するなら男飯であっても美味しいものを食べたくありませんか。味付けが薄すぎ、濃すぎ、まとまりがない、など偏ってしまうと食も進みません。

簡単な味付けであっても、ある程度の分量を守って調味料を使っていきましょう。
調味料の分量を守ることも自炊を継続するコツでしょう。

無難な味なら、自炊の手間も無駄と感じることはありませんよね。これも経験をしていくうちに、だいたいの目安がわかってきます。

わからなければ最初のうちはレシピを見ながら作ってみると失敗もないですね。

料理初心者の人は、こんな料理から始めよう

一人暮らしの男性で自炊に挑戦しようと思っているなら、まずは失敗の少ない料理からはじめてみましょう。

最初の自炊を張り切って手間のかかる料理や味付けが難しいものを選んでしまう人がいますが、それは自炊が続けられない原因の1つでもあります。
そこで失敗してしまうと自炊のモチベーションが一気に下がってしまいます。

一度マイナスに下がってしまったモチベーションをゼロに戻すことは難しいです。
「料理=難しい」このような固定概念となってしまうのです。

このようなことを避けるためにも最初は、野菜炒め、チャーハン、お鍋、生姜焼きなど焼くだけ、茹でるだけ、和えるだけ、といった料理で経験を積んでいきましょう。徐々にレパートリーを増やしていく自炊の楽しさや便利さに気がついたりすることでしょう。

自炊に慣れてしまえば金銭的に負担となるコンビニ弁当や外食の方が買いに行く手間や出費などにより面倒に感じてきますよ。