注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このような方法を取っている人もいることだと思います。

でも、水筒に入れて持ち歩いたお茶は、時間が経過するとまずくなることもあります。実際に水筒のお茶を飲んで、いつもまずいと感じる人もいることでしょう。

ここでは、水筒のお茶がまずくなる原因と対策についてお伝えします。美味しいお茶を飲むためにも、是非参考にしてみてください。

お茶の入れ方を工夫すると、美味しいお茶を飲むことができるようになります。節約やエコを意識しながら、美味しいお茶が飲めるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シンクに蓋して止水したい!排水口の蓋の選び方とメリット

シンクの排水口に蓋をすれば、止水をすることができます。そうすれば、シンク内に水を溜めて漬け置き洗いを...

大人数が遊べるゲーム!屋外で楽しめるものは

会社のレクリエーションなどを企画する時に、大人数で遊べるゲームは必須ですよね。それを行うのが外で...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

クローゼットの収納棚に布団を置くコツやアイデアと注意点

クローゼットの収納棚に布団を片付けようとうまくいかず苦労することもあるでしょう。そんなときは、布...

ゴミの収納【キッチン編】オシャレに使いやすいアイデアと選び方

ゴミ箱を収納するならキッチンだとどこに置くのがベストなのか悩みます。キッチンのゴミ箱は臭いも気に...

ストッキングにまた穴が!親指だけ穴が開いてしまう理由とは

ストッキングをよく履く人にとってよくあるトラブルのひとつに「穴が開いてしまう」ということがあります。...

ワインのコルクがボロボロに!抜けずに困った時の対処方法

ワインのコルクが抜けずにボロボロになってしまうことありますよね。こうなると再度挑戦しても、さらにコル...

笑顔の練習方法!月目で笑うトレーニングで自然な笑顔になる方法

笑顔が素敵な人はとても印象が良いものですが、笑顔がぎこちない・目の奥が笑っていないと言われた経験があ...

家の爪切りの切れ味が悪い…。復活させる方法は

日々生活を送るうえであまり重要でなさそうで意外と重要なのが爪切りです。あまりに長いと邪魔になりま...

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。しか...

一人暮らしで辛い・帰りたい時の対処法。寂しさの乗り越え方

一人暮らしを始めたばかりの頃は、自由な生活に羽根を伸ばし、実家暮らしではできなかったことも自由にでき...

【米の保存法】虫対策には唐辛子が効果的?長期保存の注意点

子供が食べ盛りだと、お米を安い時に買いだめ!また農家の知り合いから沢山いただくこともあります。しかし...

小指にはどんな意味が?恋人を連想させる小指のアレコレ

人の手の指は、時にはいろいろな意味をもちます。そして単に指に意味を持つだけでなく、親指を立てると日本...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

スポンサーリンク

水筒に入れて持ち歩くお茶がまずくなる原因

出先でお茶を飲もうと用意したら、入れたてのときは風味もありおいしかったのに、時間が経って飲んだら入れたての味とは違う時があります。何が原因で味に違いが出てしまうのでしょう。今は保温、保冷機能が優れたステンレスのボトルがあり、外気の気温や飲みたい気分に合わせてお茶を持ち歩くことがありますが、適温の状態なのにお茶の味が…と残念に思うことがあります。

水筒のお茶がまずくなるその原因はタンニン

お茶の成分には抗酸力を持つタンニンという成分が含まれています。タンニンは紅茶やコーヒー、緑茶などがありお茶に含まれています。他の物質が酸化してしまう代わりにタンニンが酸化してしまうことが原因です。

保温機能が酸化を活性化

ステンレスボトル内の保温機能が長く続くとタンニンが活発になり酸化してしまいます。

水筒のお茶がまずくなる酸化を防ぐ入れ方・急速冷却をして対処する

冷たい状態のお茶はどうでしょうか?
保温機能でタンニンが酸化し、いれたてのおいしさがなくなってしまうのであれば保冷機能の場合はおいしくなるのでしょうか?

お茶が酸化することで、渋みや苦味が出てしまうので、酸化の時間を与えないようすることで酸化の状態を軽減できるでしょう。

水筒に入れた冷たいお茶がまずくなるのをふせぐ場合

早く冷やす。

お茶を大き目の湯のみや耐熱容器に入れ、ボウルに氷たっぷりの氷水を用意しましょう。お茶が入っている入れ物に氷水が入らないように、ボウルにつけます。外側から急速に冷やす作戦です。

濃い目のお茶を入れる

急須に濃い目にお茶を出します。コーヒーの場合も紅茶の場合も通常の二分の一くらいのお湯でわり濃い目に出し、たっぷりの氷で割って急速に冷やしましょう。

水筒にお茶を入れてまずくなるのが嫌な人はティーバッグとお湯を持参

保温している時間が長いと酸化してしまい味が損なわれることから、時間を置かず飲む直前に入れておいしく飲みましょう。

温かいお茶の場合

  • 冷たい場合と反対に濃いお茶を出し、保温ボトルに入れていきます。そして飲む直前に熱いお茶で割ると酸化せず風味を楽しめます。
  • 保温機能のあるボトルに熱いお湯を入れ別にティーバックを持っていき飲む直前にティーバックを入れると入れたてに近い味を楽しめます。
  • 保温ボトルに熱いお湯を入れ、粉茶を用意し飲む直前に入れ物に入れたりボトルに入れたりして酸化のする隙を与えず飲むと入れたてのようなおいしさがあります。

保温ボトルの熱いお湯をたくさん入れると、横にした時に出てくる場合があるので量に気をつけて持ち歩きましょう。

水筒のお茶がまずくなるのが嫌なときはレモン汁や焙煎度の高いお茶を利用すると良い

水筒に入れたお茶をおいしく持ち歩くには

  • 保温、保冷ボトルにお湯や水を入れ、ティーバッグや粉末のお茶を入れるとおいしく飲むことができます。紅茶やコーヒーもティーバッグのものや、粉状のものがありお湯を沸かせる状況であれば色々と用意しおいしい時間をすごせますね。
  • 紅茶にレモンを入れて持ち歩くと酸化の進みを遅らせることが出来ます。日本茶にでも効果はありますが、レモンを多く入れても味の変化を楽しめることが出来る紅茶で楽しんでみましょう。
  • 元々茶色いお茶のほうが酸化せずおいしく感じるので、ほうじ茶や番茶、ウーロン茶などを持ち歩くことが多いです。酸化はしているのかも知れませんが、味が変わるのが遅い感じがします。

水筒の金属臭が原因でお茶がまずいと感じることも

保冷、保温ボトルは内部がステンレスになっている場合が多く、なんとなく鉄臭い感じがするときがあります。漂白するわけにもいかずどの様ににおいを消すといいのか紹介していきます。

水筒のにおいが気になるときは

卵の殻を使う。

卵料理などででた卵の殻を程よく砕き、ボトルに入れます。その中に水を少量入れて密封しシェイクしましょう。茶渋がとれて金属のにおいも取れます。

角砂糖でにおいを吸収

砂糖にはにおいを吸収する性質があるので一晩角砂糖をステンレスボトルの中に入れておきましょう。

練り重曹を使う。

重曹と練った状態になるほどの水をいれ、菜ばしでメラミンスポンジをつかみ中を洗いましょう。練った重曹が研磨剤の役目を持ち茶渋も取ることができます。

重曹につける。

ステンレスボトルの中におおさじ30グラムほどの重曹をいれ、人肌くらいのお湯をいれ一晩そのままつけおきします。一晩置いてからしっかりゆすぎ使って見ましょう。

熱いお湯を入れる

金属臭とは違いますが、熱いお湯をいれ消毒し雑菌を除去することできれいを保つことができ、付いていた飲み物のにおいも取れます。

パッキンを洗ってみる

ステンレスボトルのパッキンが数個付いていますがそれをひとつずつとって洗ってみましょう。パッキンの付いている方向を覚えておくと、洗い終わって元に戻す時簡単にできるでしょう。間違ってつけると中身がもれ出てしまうので気をつけましょう。パッキンだけではなく口の部分もはずせるタイプもあるのでパーツを洗ってみるとお茶を飲む時少し味が変わった気がします。パッキンはゴム製ですので熱いお湯を長い時間つけると劣化が早くなってしまいますので注意しましょう。