注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

電波を遮断できる素材と使い方についてご紹介

電波を遮断できる身近な素材として注目されているアルミ箔!アルミ箔で携帯を包むと電波を通さず圏外に!

ではその他の素材やアルミを使った製品でも、電波を遮断することは可能なのか?最も確実に電波を遮断する方法は何か?についてもご紹介をいたします。

電波を通さない素材を利用しても、使い方次第では電波を通してしまう場合もあります。遮断できる素材を使っていることに過信をせず、使い方にも注意をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学の卒業証書を紛失・再発行は不可!卒業証明書は再発行が可能

大学の卒業証書や卒業証明書が必要になり、どこにあるのか探した時、見つからずに紛失してしまった事に気が...

笑顔の作り方と練習方法・モテる素敵な男になる笑顔の効果を解説

女性にモテる男になるには、素敵な笑顔で過ごすことが大切です。ですが、いつも笑顔で過ごすことはなかなか...

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さん...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

一人暮らしが寂しいと感じる大学生の寂しさへの対処法を解説

一人暮らしが寂しいと感じる大学生はたくさんいます。周りを見渡すと、みんなが楽しそうに生活をしていて、...

ボールペンのインク消し方法!紙に書いたボールペンを消す方法

紙にボールペンで記入しているとき、うっかりミスをして書き間違えをしてしまうこともあります。 修...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。 これがないと、メガネ...

部屋ので焼肉を快適に!煙やニオイの対策で美味しい焼き肉を

焼肉が好きで、部屋での焼肉を頻繁に楽しんでいる一人暮らしの人もいるのではないでしょうか。部屋で焼肉を...

【男性のくせ毛の直し方】一度試して欲しい方法とそのコツ

男性であっても女性であっても、くせ毛は遺伝によるものだと言われていますが、直せるものなら直したいと考...

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。 しか...

ペンのインクを出す方法!インクが残るボールペンの書き味を復活

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出なくなってしまったら、なんとかして書けるようにならな...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

No Image

お母さんへの手紙!卒業式に贈る手紙の内容に困ったら

卒業式にお母さんへ贈る手紙。何を書いたら良いか困っていませんか?つい友達の文章を真似させてもらったり...

シンクに蓋して止水したい!排水口の蓋の選び方とメリット

シンクの排水口に蓋をすれば、止水をすることができます。そうすれば、シンク内に水を溜めて漬け置き洗いを...

切手の貼り方で最もベーシックなのは水です

技術が進んだ現在は、メールやファックスなどで情報の伝達が出来ますので、手紙による文書の受け渡しの機会...

スポンサーリンク

電波を遮断できる身近な素材

スマートフォンやパソコンなどから出る電磁波でカードの磁気が壊れたり、カードの磁気を読み取るスキミングなどの犯罪があります。最近では車のキーから発せられる磁気を利用して車を盗難するリレーアタックも問題になっています。電磁波は非常に便利なものですが不正に利用されてしまうと大変心配です。

実は電磁波はアルミ箔で遮断する事ができます。

電磁波が遮断されているかどうかは簡単に調べることができます。

電磁波が遮断されているかを調べる方法

  1. スマートフォンや携帯電話をアルミ箔で包みます。
  2. アルミ箔で包まれた電話に電話をかけてみます。
  3. 電話がかかれば電磁波は遮断されていません。電話がかからなかったり圏外になれば電磁波が遮断されたことになります。

アルミ箔で電磁波を遮断するには、隙間が無いように包む必要があります。少しでも隙間があると電磁波が漏れてしまいます。

電波を遮断できるアルミ素材!アルミを使って製品の遮断について

アルミ箔で電磁波を遮断できるのなら、似た商品でも同様に遮断が出来るのか。

  • アルミが貼り付けられた保冷バッグ。
    保冷バッグの内側や外側が銀色に輝いているアルミバッグにスマートフォンを入れて試してみたところ、問題なく着信してしまいました。ただアルミの保冷バッグに入れただけだと隙間があるためかと思われましたが、食品を入れる大きなアルミバッグに入れてぐるぐる巻きにして折りたたんで完全に隙間をなくしても同様でした。アルミの保冷バッグでは電磁波を遮断することはできませんでした。
  • 携帯用灰皿。
    携帯用灰皿で内側がアルミになっている袋にスマートフォンを入れて、口をぴったりと閉じてみました。しかし、これも問題なく着信してしまいました。携帯用灰皿でも電磁波は遮断することはできませんでした。

電波を遮断する素材?缶を使った検証

アルミ箔で遮断できるのであれば、他の金属でも遮断できるのか。

  • おせんべいの入っていた四角い缶。
    おせんべいの入っていた銀色の缶。素材はスチール製です。おせんべいが湿気ないようにフタは被せてぴったりと隙間なく閉まります。この中にスマートフォンを入れて外部から電話をかけてみました。しかし、問題なく着信してしまいました。
  • のりの入っていた円筒状の缶。
    のりの入っていた円筒状でスチール製。フタはぴったりと閉じます。しかし、やはり中に入れたスマートフォンは着信しました。

アルミ箔よりもずっと厚みのあるスチールの缶では電磁波を遮断することはできませんでした。

電波を遮断する便利グッズも販売されています

最近では電磁波を遮断する袋やケースが販売されています。

カード類の磁気を守るカードケースや通帳ケースがあります。カードケースはカードが1枚ずつ入るように小さいサイズのものばかりなので、通帳用のケースで試してみます。通帳ケースはフタ部分を折ってマジックテープで開閉するタイプのものです。この中にスマートフォンを入れてフタを閉じます。中のスマートフォンに電話をかけてみると…かかりません。中に入れたスマートフォンの電磁波が遮断されています。

アルミ箔だといちいち包んだり出したりするのが手間で、何度も使用すると破けてしまってそこから電磁波が漏れるのも心配です。専用のポーチを使うと開閉が簡単で安心して使用することができます。

電波遮断が必要な場合について

電磁波は様々なところで使用されています。

電磁波による問題を解消するために、どのような場合に電磁波を遮断するとよいのかをあげてみます。

車の盗難防止。

リレーアタックは車の鍵から発せられる電磁波を増幅して車を操作して盗難するものです。これは車の鍵から出る電磁波を遮断しておくと防ぐ事ができます。特に車を外に止めている場合は電磁波遮断を利用すると良いでしょう。

磁気壊れ防止。

クレジットカードや通帳、駐車券などの磁気データの破損を防ぐために使用すると良いでしょう。これらの磁気データが入ったものとスマートフォンや携帯電話が近くにあり着信したりして強い電磁波が発せられると磁気データが壊れてしまう場合があります。磁気データが壊れるとカードや通帳が使用できなくなり、発行元へ持参しないと直す事ができません。大変手間と時間がかかってしまうので、磁気遮断ケースに入れることをお勧めします。今までは大丈夫だったのに、突然駐車券と通帳の磁気が破損していた事があります。出勤の忙しい時に駐車場に入れず駐車場の管理センターへ行って磁気を直してもらわなければなりませんでした。

スマートフォンを封印したい場合。

スマートフォンによるクレジットカードと通帳など複数の物の磁気破損を予防したい場合。全ての物を遮断袋に入れるのは手間です。そんな場合は原因となるスマートフォンの方を遮断袋に入れてしまうのも手です。ただし、その間スマートフォンは着信できないのでかかってくる電話に出たい場合には入れることができません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686