注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はありませんか?

曲がった本やシワシワになってしまった本は元に戻すことは出来るのでしょうか。
ここでは、そのような本を元の状態に近づける方法を紹介します。

湿気を含んだ本は乾かすと良い気がしますが、意外な方法で本をまっすぐな状態にすることが出来ます。

本のしまい方やしまう環境によっては本が曲がる原因になってしまいます。

漫画や雑誌や大事な本の保管の仕方についても紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。 ...

水筒のお茶の賞味期限は?保冷・保温のお茶を美味しく飲むには

節約のために水筒に冷たいお茶を入れて持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。ですが、お茶を全て飲...

忙しいと顔も緊張?自然な笑顔の練習!割り箸を使った方法とは

自然な笑顔には練習は必要ない!そう思っていませんか?しかし鏡に写った顔や、笑顔が不自然で、自分の顔に...

シンクに蓋して止水したい!排水口の蓋の選び方とメリット

シンクの排水口に蓋をすれば、止水をすることができます。そうすれば、シンク内に水を溜めて漬け置き洗いを...

ペンのインクを出す方法!インクが残るボールペンの書き味を復活

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出なくなってしまったら、なんとかして書けるようにならな...

トイレの詰まりの直し方・自分でトイレの詰まりを解消する方法

自宅のトイレが詰まってしまうと、用を足すことができずに本当に困ってしまうものです。そんなときは、自分...

新聞紙でゴミ袋は大きいものも作れる!簡単便利でエコにも

新聞紙でゴミ袋の大きいサイズの物も作ることができます。最近ではエコバッグを買い物のときに利用すること...

服の匂いをドライヤーで飛ばす方法。すぐに消臭できる便利ワザ

服には飲食店の匂いやタバコの匂いなど、いろいろな匂いが付きます。洗濯できる洋服は洗濯することで匂いも...

スピーチで緊張して声が震える!原因やすぐにできる対処法を紹介

人前でのスピーチなど緊張すると声が震えるとお悩みの人もいるでしょう。 大切なスピーチなのに声が震え...

伊達メガネのレンズに傷が入ってしまったので、対処方法を知りたい

おしゃれアイテムや、なんらかの事情で伊達メガネをかけるという人がいますが、ちょっとしたアクシデントで...

ワインのコルクがボロボロに!抜けずに困った時の対処方法

ワインのコルクが抜けずにボロボロになってしまうことありますよね。こうなると再度挑戦しても、さらにコル...

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このよう...

ボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法を解説

ボールペンを使おうとした時に、空気が入ってインクが出ないことがありませんか。 その場合他のボー...

小指にはどんな意味が?恋人を連想させる小指のアレコレ

人の手の指は、時にはいろいろな意味をもちます。そして単に指に意味を持つだけでなく、親指を立てると日本...

スポンサーリンク

本が湿気で曲がる。元に戻す方法はある

濡れた本は”冷凍”させて元に戻す

読書好きの方にとって、本を読む時間は至福の時でしょう。

仕事をしている人にとっては読書にあてる時間が限られるため、通勤時間やお風呂の中で読んでいるという人も多いと思います。

私もお風呂に入浴する時間は、1日のうちで一番リラックス出来る時間なので、お気に入りの本を風呂場に持ち込んで読書に熱中するのが日課です。ただ、本を湯船に落としてしまったり、浴室に本を置きっぱなしにしてしまうという失敗もたまにしてしまいます。

本は紙なので、お湯に浸かってしまえばもちろんふやけてシワシワ状態になってしまい、見た目も格好悪く、読みづらい本になってしまいますよね。

このような状態になってしまったら、ほとんどの人は諦めてしまうでしょうが、実は元の状態に戻す裏ワザがあるんです。

それが、本を冷凍させる方法です。

凍らせると余計シワシワになるんじゃないかと思いますが、本をフリーザーバッグに入れた状態で、冷凍庫に立てて1日置いてみましょう。
すると、ドライヤーを使って乾かしたり、自然に乾燥させるよりもシワシワ状態がなくなり、綺麗に戻ります。

シワシワ状態がひどい時には、上に重りを置くことで、まっすぐな状態に戻りやすいですよ。

コミック本など湿気で曲がる時の直し方

湿気で本が曲がったときは本を温めて、上から重しをする方法も

本棚にしっかり収納した本は、左右から適度な圧力がかかり、まっすぐな状態で取り出すことが出来ますが、適当にその辺に置いたり、折れ曲がった状態で本棚に入れてしまうと、本に折れや曲がりなどの癖が付いてしまうこともあります。

特に、コミックのような薄い本では癖が付きやすいという特徴もあります。

大切にコレクションしていたコミックが不注意から折れ曲がると悲しいですよね。

でも、これも修復出来る方法があります。

寝癖を直す時にドライヤーを髪に当てることがありますよね。

折れや曲がりの状態にもよりますが、この理論で本自体に熱をかけることで紙を柔らかくして癖を直すことが出来ます。

熱を加えるためには、ドライヤーやアイロンなどもありますが、電子レンジを使うことで、より簡単にコミック全体を温めることが出来ますよ。

コミックに付いているカバーはあらかじめ外しておき、カバーを外したコミックをジップ袋に入れて袋の口は開けた状態で電子レンジで加熱します。

加熱時間の目安は500Wで1分~1分30秒程度です。

温まった本を電子レンジから取り出し、温かいうちにコミックの上に適度な重量がある重しを乗せます。こうすることで、重しがコミックに付いた癖を直してまっすぐにしてくれます。

本が湿気で曲がるのを防ぐ保管や対策

本にカバーをして表面につく汚れを防止する

本は、収納に気を付けていても、湿度の高い梅雨時期などに部屋に置いていただけで紙が水分を吸水してシワシワになることも。

結露している窓のそばや、洗濯物を干している近くも湿気が高い状態なので、本を放置しないように注意する必要があります。

本は、専用の本棚に入れることが、本をまっすぐ保たせるためにはベストの収納法です。

室内の中でも、出来るだけ湿気が少ない部屋に本棚を設置するようにしましょう。

本の劣化は、湿気ばかりが原因ではありません。

本に直接当たる日光も、本の表面を日焼けさせて劣化させますし、部屋に舞う埃も、本に付いて汚してしまいます。

本屋に並んでいる本は、ビニールでコーティングされていて、汚れを防止していますが、自宅の本を綺麗に保つために、本の表面をビニールカバーで覆ったり蓋付きのケースに本をしまうということもおすすめの方法です。

漫画や雑誌の収納方法について

本のカテゴリー別に収納方法を分ける

本好きの人にとっては、いかにたくさんの本を綺麗な状態で保管するかということは重要なことではないでしょうか。

本の量によっては、部屋のスペースを多く使うことも少なくないため、効率よく本を収納することも考える必要があります。

まず、本を綺麗に収納するためには、大きさごとに収納スペースを変えることは収納の大きなポイントです。

漫画本や雑誌では、本の高さや厚みが違いますよね。

漫画本なら漫画本、雑誌なら雑誌で分けて本棚に並べることで、分けずに並べるよりも見た目が統一されてスッキリします。

また、続き物の漫画本は、シリーズの終わりまで揃えると収納する冊数が多くなりがちです。

漫画本専用の本棚は、大量に漫画本を収納できる他、本棚によっては省スペースで場所を取らずに収納出来る物も多いのでおすすめです。

定期的に手に取る雑誌などは、本棚をあえて使わず、読む雑誌をマガジンラックに収納し、見せる収納にするという方法も。

本のカテゴリー別に収納方法を変えることで、よりオシャレにスッキリと本を収納出来ます。

本の正しい管理方法と種類や特徴

本を好きな虫もいる

本は、ご存知の通り「紙」で作られています。

本は、本棚にさえしっかり入れて置けば手入れする必要もないと思いがちですが、実はそれは間違いです。

室内には外から虫が入りこみますが、虫の中には本の紙を好んで食べる虫もいるのです。
何年も本棚に放置した本を広げてみたら、本食い虫にかじられて穴だらけということも。

特に、古本屋で買った古書などには虫が好んで住むことがあるので、注意が必要です。

本は、正しい保管方法で管理しても紙は年数が経てば劣化は避けられないものです。適切な収納方法で、本をなるべく劣化させないように大切に保管したいですね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686