注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができてしまうことがあります。まずは自分の財布がどんな牛革の財布なのか素材を確認してみましょう。

そこで、牛革の財布の傷を目立たなくさせるために修復する方法について、オイルを含む牛革財布の傷を修復する方法やオイルを含まない牛革財布の場合の傷の修復方法、起毛系の牛革の財布の傷を目立たなくするコツや牛革の財布の傷に絶対にしてはいけないこと、傷をつけずに長持させるための使い方などお伝えしていきましょう。

これで、お気に入りの牛革財布の傷も目立たなくさせることができ、傷をつけないための使い方に気をつけることができます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家の爪切りの切れ味が悪い…。復活させる方法は

日々生活を送るうえであまり重要でなさそうで意外と重要なのが爪切りです。あまりに長いと邪魔になりま...

No Image

お母さんへの手紙!卒業式に贈る手紙の内容に困ったら

卒業式にお母さんへ贈る手紙。何を書いたら良いか困っていませんか?つい友達の文章を真似させてもらったり...

ゴミ箱のビニール袋を隠す裏技!安い材料を使って生活感を消そう

ゴミ箱にビニール袋を入れると、ゴミ箱から袋が見えて生活感たっぷりな印象になってしまいます。上手に袋を...

パパママよりもお父さんお母さんが良い?両親の呼び方について

子供ができたらお父さん、お母さん。それともパパ、ママか呼び方をどうするか悩みませんか?呼び方...

シルバーの指輪をしている時の水仕事や手洗いについてと手入れ

シルバーの指輪をしている時の心配事に、水に濡れても大丈夫なのか、付けたまま水仕事をしてもいいのか?と...

クローゼットの収納棚に布団を置くコツやアイデアと注意点

クローゼットの収納棚に布団を片付けようとうまくいかず苦労することもあるでしょう。そんなときは、布...

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

一人暮らしが寂しいと感じる大学生の寂しさへの対処法を解説

一人暮らしが寂しいと感じる大学生はたくさんいます。周りを見渡すと、みんなが楽しそうに生活をしていて、...

ペンのインクを出す方法!インクが残るボールペンの書き味を復活

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出なくなってしまったら、なんとかして書けるようにならな...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

笑顔の作り方と練習方法・モテる素敵な男になる笑顔の効果を解説

女性にモテる男になるには、素敵な笑顔で過ごすことが大切です。ですが、いつも笑顔で過ごすことはなかなか...

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?  伝えるほうがい...

小指にはどんな意味が?恋人を連想させる小指のアレコレ

人の手の指は、時にはいろいろな意味をもちます。そして単に指に意味を持つだけでなく、親指を立てると日本...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

マグカップの収納アイデア!便利な活用術とおしゃれのコツを紹介

マグカップの収納アイデアに悩んでいる人は意外と多いかもしれません。できれば見た目もおしゃれに、そ...

スポンサーリンク

オイルを含む牛革財布の傷を修復する方法

オイルを含む牛革とは、牛革をなめす時にオイルを含ませているので、表面がしっとりしていて手触りが良いのが特徴の革です。

オイルを含む牛革はしなやかなため、財布に傷がついても小さな傷であれば馴染んで目立たなくなるので、特別な修復を必要としないケースも多いです。オイルレザーは特に使い込むことで味を増すため、傷も味のひとつとなる事でしょう。それほど目立たない傷ならそのままにしておくのも一つの手です。

しかし、オイルレザーと言っても、新しい牛革に傷が付くと目についてしまうこともあります。

オイルを含む牛革の小さな傷は比較的簡単にお手入れすることが出来ます。

オイルを含む牛革の財布には、革の専用クリームを用意しましょう。

布に少しだけ付けて、財布の傷に馴染ませていくだけです。クリームを使うことでもともと含んでいるオイルと馴染んで傷が目立たなくなります。

それでも目立つ傷の場合は、革用のマニキュアを使います。自分の財布に合う色を探して塗ることで傷がカバーされます。

オイルを含まない牛革財布の場合の傷の修復方法

オイルを含む牛革はしっとりしているとご説明しましたが、オイルを含まない牛革はオイルを含む牛革よりも堅いため比較的傷が付きやすいのが特徴です。財布だと使用頻度も高く鞄の中で他の物とぶつかったりしやすいので細かい傷がよくついてしまうでしょう。

オイルを含まない牛革も小さな傷なら簡単にお手入れすることが出来ます。

小さな傷を修復するときに使う物は、自分の指です。指で傷を馴染ませるように擦ってください。ただし、馴染ませようと擦りすぎると一部分だけ光る可能性もあるので、少しずつ優しくする必要があります。柔らかい布を指に巻き付けて、傷を馴染ませるように擦っても良いでしょう。

牛革のお手入れグッズを持っている人なら、ブラシも持っているでしょう。ブラシがある場合は、指ではなくブラシで傷を馴染ませましょう。指を使うよりも光らせる心配がありません。指で軽くなじませた後ブラシを使うと馴染みやすいです。

それでも傷が馴染まない場合は、革専用のクリームを布に付けて馴染ませます。一か所だけに付けすぎないように気を付けて行ってください。

起毛系の牛革の財布の傷を目立たなくするコツ

スエードやヌバックなど表面が起毛したような牛革もあります。柔らかな手触りが特徴のこれらの牛革の財布は、表面が起毛しているため傷が付いても目立ちにくい上に、傷を隠しやすい素材です。

傷の周りを指で馴染ませましょう。オイルを含まない牛革財布のお手入れと同じで、一部分だけ強く擦りすぎると光る可能性もあるので、やりすぎないように注意してください。
ただ、起毛している牛革はブラシをかけることで、少し位光っても馴染ませて目立たなくすることが出来ます。

指で擦って馴染ませたあと、ブラシをかけて起毛を馴染ませましょう。ブラシもやりすぎると起毛の毛並みが変になって逆に目立つこともありますので、少しずつブラシを掛けましょう。

牛革の財布の傷に絶対にしてはいけないこと

牛革の財布に傷が付いたときに、直したくてもやってはいけない事があります。

牛革の財布の傷の修復には革用のクリームが良いとご紹介しましたが、「革靴用のクリームがあったらから牛革だし財布にも代用できるな」と思った人もいると思います。
しかし、靴用のクリームを財布に使うのは避けた方が良いでしょう。

靴は歩く時に革が動くので、柔軟性を与えるためにも靴用のクリームには油分が多く含まれています。財布には油分が多いので、靴用のクリームを使うと財布の牛革が変に光ってしまったり、シミになる事があります。

中には食品の油やハンドクリームなどで代用する人もいますが、これも油分が多すぎたり牛革には余計な成分が含まれるため、シミやべたつきの原因になってしまいます。大切にしたいのであれば、専用のクリームを使いましょう。

革に水は厳禁だという事はご存知だと思いますが、牛革の財布にも水を使うのはやめましょう。クリームを付けすぎたり、代用品で失敗したと思って洗い流そうするのは危険です。質感が変わってしまうこともあるので、水は絶対に使わないでください。

財布の傷の中には、ベロっと皮が剥けたような傷になってしまうこともあります。ボンドを使って剥がれた部分をくっつけようとするのはやめましょう。深い傷が付いてしまった時は、自分で直そうとせずにプロにお願いするのが賢明です。

傷をつけずに長持させるための使い方

牛革の財布を大切に扱っていても、財布はその用途から傷が付きやすいアイテムです。

それでもなるべく傷をつけないようにして使いたいですよね。

牛革はちゃんとした手入れをすることで、長く使うことが出来ます。使えば使う程味が出て、自分だけの財布に仕上がってくれます。

そのためには、定期的なお手入れは欠かせません。日々のお手入れは柔らかい布で拭いて、数ヶ月~半年に1度は革の専用クリームなどでお手入れしましょう。

扱い方も大切です。男性ならヒップポケットに財布を入れる人も多いですが、立ったり座ったりするたびに擦れたり、ポケットからはみ出ている部分だけダメージが多くなってしまうことがあります。

鞄の中に入れる場合は、鞄の中で堅い物と一緒にしたり、冷たいペットボトルと接せないようにしましょう。冷たいペットボトルと一緒にすると、水滴が牛革についてしまう可能性があります。

また、財布の中身を入れすぎないようにもしましょう。時々閉まらない位パンパンの財布を使っている人も見かけますが、無理をさせると革にも良くありませんし、カードポケットやファスナーにもダメージが与えられて牛革財布の寿命が短くなってしまいます。