注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

字が綺麗な女性に持つイメージと美文字が支持される理由

字が綺麗な女性にはどんなイメージがありますか?

最近は文字を書く機会も減っているでしょうが、書類やメモ書きなどに書かれた字が綺麗な場合、好印象であること間違いないでしょう。

ではどんなイメージが持たれるのか具体的にみていきましょう。

また字が綺麗なだけでその女性のイメージがアップするという意見もあります。

料理や掃除が出来るといったことの他に、男性が結婚を考える女性に共通するスキルの中には「字が綺麗」という項目もありました。

字が綺麗ですと読みやすいということの他に、女性としてのイメージも上がるようです。
綺麗な字を書くポイントを紹介しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋ので焼肉を快適に!煙やニオイの対策で美味しい焼き肉を

焼肉が好きで、部屋での焼肉を頻繁に楽しんでいる一人暮らしの人もいるのではないでしょうか。部屋で焼肉を...

グラスとコップの違いを比較。入れる飲み物や色々な種類と特徴

飲み物を飲む時に使うコップ。グラスとも言いますね。皆さんはどちらをよくつかいますか?またグラスと...

シンクに蓋して止水したい!排水口の蓋の選び方とメリット

シンクの排水口に蓋をすれば、止水をすることができます。そうすれば、シンク内に水を溜めて漬け置き洗いを...

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さん...

書類の整理にはボックスとフォルダーを利用して見やすく保存

書類の整理どうしていますか?ちょっと横に避けておこう。そんな書類が気がつくと山のように場所を占領して...

電波を遮断できる素材と使い方についてご紹介

電波を遮断できる身近な素材として注目されているアルミ箔!アルミ箔で携帯を包むと電波を通さず圏外に!...

切手の貼り方で最もベーシックなのは水です

技術が進んだ現在は、メールやファックスなどで情報の伝達が出来ますので、手紙による文書の受け渡しの機会...

【米の保存法】虫対策には唐辛子が効果的?長期保存の注意点

子供が食べ盛りだと、お米を安い時に買いだめ!また農家の知り合いから沢山いただくこともあります。しかし...

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験した...

一人暮らしで辛い・帰りたい時の対処法。寂しさの乗り越え方

一人暮らしを始めたばかりの頃は、自由な生活に羽根を伸ばし、実家暮らしではできなかったことも自由にでき...

新聞紙でゴミ袋は大きいものも作れる!簡単便利でエコにも

新聞紙でゴミ袋の大きいサイズの物も作ることができます。最近ではエコバッグを買い物のときに利用すること...

【男性のくせ毛の直し方】一度試して欲しい方法とそのコツ

男性であっても女性であっても、くせ毛は遺伝によるものだと言われていますが、直せるものなら直したいと考...

水筒のお茶の賞味期限は?保冷・保温のお茶を美味しく飲むには

節約のために水筒に冷たいお茶を入れて持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。ですが、お茶を全て飲...

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

ストッキングにまた穴が!親指だけ穴が開いてしまう理由とは

ストッキングをよく履く人にとってよくあるトラブルのひとつに「穴が開いてしまう」ということがあります。...

スポンサーリンク

字が綺麗な女性にはどんなイメージがあるのでしょう

パソコンやスマホの普及とともに、字を書く機会は少なくなっているように感じます。
友人がどのような字を書くのか見たことがない、という方も少なくはないはずです。

字を見る機会は少なくなっていますが、ふとしたときに見た女性の字が綺麗だった場合、どんな印象を持つでしょうか。

字が綺麗な女性の印象

字は人柄や性格を表す、と聞いたことはありませんか。
必ずしも当てはまるわけではないかもしれませんが、大らかな性格の人は大きく伸び伸びとした字を書くイメージがあり、気弱で内向的な人は字が小さく筆圧も薄いイメージがあります。

字で全てが分かるわけではありませんが、大まかな内面は見えると思います。

字が綺麗な女性を見て不快感を抱く、という人はまずいないはずです。

字が綺麗な女性は全体的にきちんとしていそう、というイメージが湧きます。

真面目で誠実な性格、部屋の整理もきちんとされていて、なんとなく家庭的な性格もイメージ出来ます。
女性らしさをしっかり持っているという印象を持ちます。

字が綺麗だと、品の良さや知性も感じます。

字が綺麗なだけで女性の価値があがるかもしれません

先ほども説明したように、字が綺麗な女性に対して悪い印象を持つことはほとんどないはずです。
というより、良い印象を持つことの方が断然多いです。

私も幼少期から字は人柄を表す、と母から常に教えられていたこともあり、字を書くときにはいつも気を付けてきました。
そのおかげか、字を褒められることも多く、履歴書の字を見て面接に合格したこともあります。

今まではなんとなく字が綺麗な方なのかな、という程度の気持ちでしたが、仕事という人生の転機にまで字が関係したことには驚きました。

そして私自身が母となった今、母に教えられてきたように我が子に字の大切さを教えています。

採用後に面接官に言われた言葉ですが、
「履歴書の写真を見たときはキツそうに見えて採用にする気ではなかった。
しかし、まだ若いのにこんな字が書けるなら内面は絶対に大丈夫だと思ったよ。」
なんとなく褒められているのかどうなのか…という言葉ではありますが、字が綺麗というだけで見た目から受けるイメージを払拭したのです。

偏見ではありますが、確かに派手な女性は綺麗な字というより、丸文字のような字を書く人が多いというイメージがあります。
そのイメージを覆すような綺麗な字を書かれたら、想像していたイメージとのギャップもあり、その女性へのイメージはガラッと変わります。

見直すような気持ちです。

結婚を考える女性のスキル。字が綺麗なことも大事なポイント

女性の字の綺麗さは、男性に結婚を意識させる要素にもなります。

結婚を意識する女性のイメージと言えば、料理ややりくり上手という家庭的な性格や、いつも笑顔で男性を立てる女性というものばかりを考えていました。字の綺麗さも結婚に大切とは思ったこともありませんでした。

やはり字から受ける印象は大きく、字が綺麗なら家庭のことを任せても大丈夫な女性だと男性は感じるようです。
綺麗な字を書く女性にだらしない人を見たことがない、という意見が多く、家事や育児をきちんとしてくれそうなので安心して家庭を任せられるという結論に至るそうです。

結婚して子供が生まれたら、幼稚園や学校に提出する書類や、持ち物の名前付けはお母さんが担うことが多いですよね。
そのとき、字の綺麗なお母さんだと子供も喜んでくれるでしょう。

字が綺麗な女性が素敵だと感じる理由

字の綺麗な女性には、男女問わず素敵だという印象を持つことを紹介してきました。
性別だけではなく、子供からも字の綺麗なお母さんは尊敬の眼差しです。

字の綺麗さから人は自然と内面の誠実さ、品の良さ、知性を感じ取ります。

きちんとした字を書く女性は、字の綺麗さももちろん素敵ですが、字から感じる内面の素敵さも同時に感じているのでしょう。

私も字を意識するように育てられたせいか、人の字がとても気になります。
綺麗な字を書く女性はやはりいい意味で気になる存在になりますし、字が汚いと読む気にもなれません。字が汚いと誠意が伝わらないというか、一生懸命さを感じられないという気持ちになってしまうのです。

改めて考えてみると、心を許せる誠実な女性の友人はみんな字が綺麗です。
絶対に関係しているとは限らないと思っていましたが、やはり字の綺麗さと内面の誠実さは比例しているのかもしれません。

字が綺麗に書けるようになる技を紹介します

中には自分の字にコンプレックスを抱いている方もいるでしょう。

もう何十年も今の字を書いているから、今更字が綺麗になんてならないと諦めてはいけません。
大人になってからでも、字を綺麗に書ける技があるのです。
技といっても字を書くための基本的なことばかりなので、すぐに実践することが出来ます。

まずはペンの持ち方と姿勢です。
字が綺麗に書けない人は、ペンの持ち方が独自の持ち方になっていたり、体が曲がっている、机との距離が近すぎる姿勢になっていることがほとんどです。

正しくペンを持ち姿勢を正すようになるだけでも、字のクオリティは変化してきます。

ペンを持つときは強く握るのではなく、親指と人差指でペンを挟むようにして、他の三本の指は支えるように軽く添えます。
持ち方を変えると慣れるまでは書きにくく感じますが、徐々に書きやすくなりますし、ペンを持つ姿もとても美しくなります。

ペンの持ち方と正しい姿勢に慣れたら、字のバランスを意識します。
止め、はらい、はねを意識することはもちろん、余白や線と線の距離を均一にすることにも注意しましょう。

意識的にバランスを整えようとすると、必然的に今までよりも綺麗な字に仕上がります。