注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ボールペンのインク消し方法!紙に書いたボールペンを消す方法

紙にボールペンで記入しているとき、うっかりミスをして書き間違えをしてしまうこともあります。

修正液や修正テープで消せない書類のときは、一体どうやってボールペンのインク消しをすればいいのか、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

ここでは、紙に書いたボールペンの間違いを消す方法についてお伝えします。紙に書いた間違いを消して、どうにかトラブルを回避しましょう。

間違いや失敗は誰にでもあるものです。対処法を知っておくことで、ミスをなかった事に消し去りましょう。

でも、今後は気をつけて書くようにしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家の爪切りの切れ味が悪い…。復活させる方法は

日々生活を送るうえであまり重要でなさそうで意外と重要なのが爪切りです。あまりに長いと邪魔になりま...

服の匂いをドライヤーで飛ばす方法。すぐに消臭できる便利ワザ

服には飲食店の匂いやタバコの匂いなど、いろいろな匂いが付きます。洗濯できる洋服は洗濯することで匂いも...

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験した...

ゴミの収納【キッチン編】オシャレに使いやすいアイデアと選び方

ゴミ箱を収納するならキッチンだとどこに置くのがベストなのか悩みます。キッチンのゴミ箱は臭いも気に...

シルバーの指輪をしている時の水仕事や手洗いについてと手入れ

シルバーの指輪をしている時の心配事に、水に濡れても大丈夫なのか、付けたまま水仕事をしてもいいのか?と...

一人暮らしが寂しいと感じる大学生の寂しさへの対処法を解説

一人暮らしが寂しいと感じる大学生はたくさんいます。周りを見渡すと、みんなが楽しそうに生活をしていて、...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。...

ユニットバスの入り方で悩む女性必見!基本の入り方とポイント

ユニットバスの入り方で悩んでいる女性は、意外と多いのではないでしょうか。お湯にゆっくり浸かりたい...

洗濯機を引っ越しで運ぶときには横倒しはNG!運び方について

引っ越しをするときに洗濯機も持っていきたいけれど横倒しにしないと車に積めない…こんなときには横倒しで...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

書類の整理にはボックスとフォルダーを利用して見やすく保存

書類の整理どうしていますか?ちょっと横に避けておこう。そんな書類が気がつくと山のように場所を占領して...

部屋が寒い!窓と床にできる防寒対策で寒さをシャットアウト

住んでいる部屋が寒い事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。窓にできる簡単な防寒対策を知り...

小指にはどんな意味が?恋人を連想させる小指のアレコレ

人の手の指は、時にはいろいろな意味をもちます。そして単に指に意味を持つだけでなく、親指を立てると日本...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

スポンサーリンク

紙にボールペンで書いたインク消しの方法!先端が鋭いもので削る

大切な書類に記入をしているときに、うっかり間違えてしまうことはよくあります。この大切な書類に限って替えがなかったり、消すことができないボールペンで記入しなければなからなったりもしますよね。

ボールペンでうっかり書き間違えたときの対処方法をご紹介します。

ひとつめはカッターを使う方法です。

カッターの刃でボールペンのインクを削るという、ちょっと荒い方法です。紙自体は薄いので、削り過ぎると紙に穴を開けたり、削った部分の紙をかなり薄くさせてしまいますので、慎重に行ってください。刃の先を使って、丁寧に削っていきます。力を入れすぎても紙に穴を開けてしまいますので、少しずつコツコツとやってください。削った跡は多少残ってしまいますが、上から字を書いてしまうと目立たなくなります。

もしも紙が薄くて、裏までボールペンのインクがしみている場合は、カッターで削る方法は使うことができません。この場合は違う方法を試してみてください。

紙に書いたボールペンのインク消しは砂消しゴムでもできる

ボールペンでも消すことができる消しゴムがあります。

鉛筆用のプラスチックの消しゴムではなく、砂消しと言われる消しゴムです。砂消しにはザラザラとした部分があり、この部分には研磨作用があります。紙を削ることで文字を消します。普通の消しゴムでは消すことができないようなボールペンのインクでも、紙を削り取るようにして消します。カッターを使うよりも力加減も難しくなく、安心して使うことができますよね。
ただし、紙ごと削るので、削り過ぎてしまうと紙を薄くしたり穴をあけてしまいますので、様子をみながら慎重に行ってください。普通の消しゴムのようにゴシゴシ擦ってしまうと、すぐに紙に穴を開けてしまいます。力を入れすぎずに少しずつ擦るようにしましょう。

砂消しは文房具を扱っているお店で販売されています。ひとつ用意しておくと便利です。

市販のボールペンのインク消しを使えば紙に書いたボールペンも綺麗に消える

紙に書いたボールペンのインクを消す専用の市販品があります。

砂消しよりは高価になりますが、インク消し専用なのでカッターのように紙に穴をあける心配はなく、安心して使うことができます。

使い方は簡単です。小さめのボトルに入った液が2種類あり、まずは透明の液から使います。ボールペンで書いて消したい文字の上から、透明の液をガラス棒で取り、インクの上をなぞります。このとき、液をつけ過ぎると紙にシワがよってしまいますので、液は少なめにとってください。ボールペンのインクの上をなぞったら、インクは完全には消えずに薄っすらと見える状態になります。余分な液は吸い取り用の紙か又はティッシュなどでおさえて取っておいてください。

次にもう一方の液を使って、先程と同じようにインクの上からなぞります。この液は白い液で、修正液のようにも見えると思います。こちらも液を多く取り過ぎると紙にシワができてしまいますんので、様子をみながら少しずつつけてください。余分につけ過ぎた液は取リ除いておきましょう。白い液をつけてすぐのうちはインクになぞった跡が目立ちますが、乾いてくるとほとんど気にならなくなります。この上から正しい文字を書き入れるのなら、ほぼ気にならないでしょう。

一度で完全に消えない場合は繰り返し行ってみてください。また、ボールペンのインクによっては、この専用のインク消しでも消えないことがあります。油性インクなら消しやすいですが、水性インクのような顔料が含まれるインクだと完全に消すことは難しくなります。ボールペンの種類を確かめた上で使うようにしてください。

紙に書いて間違えたボールペンのインク消しは二重線と訂正印で訂正を

紙が薄いためカッターや砂消しを使うことができい場合などは無理にインクを消すことは考えずに、間違えた部分を訂正したほうが良い場合があります。書き直したりインクを消すよりも簡単なので、時間がない場合も訂正する方法が良いです。

記入した文字を訂正する場合は、間違えた文字の上から二重線をひきます。

この二重線の上に印鑑を押します。これを訂正印と言います。そして二重線をひいた上に正しい文字を書き入れてください。

ここで使う訂正印は、書類の中で使った印鑑と同じものを使用します。その書類の中で印鑑を押すことがない場合は、訂正印に指定はありません。訂正印としてとても小さな印鑑がありますが、書類によってはこの小さな訂正印が使えない場合もありますので気をつけてください。

また、書類によっては訂正の仕方に決まりがあるものもありますので、訂正する前に事前に調べておきましょう。

ボールペンのインクが綺麗に消えないときは紙を用意して書き直すと良い

ボールペンのインクをうまく消すことができない場合や、消してみても跡が残って目立ってしまうことがあります。その場合は無理にインクを消そうとはしないで、改めて書き直すようにしましょう。面倒ではありますが、大事な書類なら尚更書き直した方が安心です。時間がなかったり、記入箇所がたくさんあって面倒という場合なら、下記間違えたところを修正液で消してからコピーを取る方法もあります。コピーした紙に間違えた部分を正しく書き入れると良いです。

用紙によってはコピーして使うことができないものもありますので、その場合は新しい用紙を用意して書き直すようにしてください。書き間違えることも考え、用紙は事前に少し多めに用意しておくと良いです。書き入れる前にコピーしておくのも大切です。

大事な書類に記入をしているときに、書き間違えてしまうことは誰にでもよくあることです。間違えてもインクを消す方法がありますし、訂正することもできます。訂正することもできないような場合を考えて、用紙の予備を用意しておくことも大切です。