注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法を解説

ボールペンを使おうとした時に、空気が入ってインクが出ないことがありませんか。

その場合他のボールペンを使う人も多いかもしれませんが、ある方法で復活させることもできるのです。

今回はボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法について説明します。まずは遠心力を使ってみましょう。たいだいの場合はこれで出るようになるでしょう。

しかし、それでも出なかった場合は、ボールペンの先端をきれいにし、温めるようにしましょう。

また、ボールペンには正しい保管方法があります。お気に入りのボールペンを長く使うためにも、正しい保管方法を理解するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

服の匂いをドライヤーで飛ばす方法。すぐに消臭できる便利ワザ

服には飲食店の匂いやタバコの匂いなど、いろいろな匂いが付きます。洗濯できる洋服は洗濯することで匂いも...

ワインのコルクがボロボロに!抜けずに困った時の対処方法

ワインのコルクが抜けずにボロボロになってしまうことありますよね。こうなると再度挑戦しても、さらにコル...

自炊で節約をしたい!男の一人暮らしでも続けられるコツ

生活費をきちんと切り詰めようと思った時に、真っ先に見直すのが食費です。節約をするのなら、断然自炊...

タッパーの収納アイデア!引き出しの活用でスッキリ使いやすく

食材の保存に使うタッパーの収納に頭を悩ませている人もいるでしょう。タッパーの収納アイデアには、使...

ユニットバスの入り方で悩む女性必見!基本の入り方とポイント

ユニットバスの入り方で悩んでいる女性は、意外と多いのではないでしょうか。お湯にゆっくり浸かりたい...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

No Image

お母さんへの手紙!卒業式に贈る手紙の内容に困ったら

卒業式にお母さんへ贈る手紙。何を書いたら良いか困っていませんか?つい友達の文章を真似させてもらったり...

ゴミの収納【キッチン編】オシャレに使いやすいアイデアと選び方

ゴミ箱を収納するならキッチンだとどこに置くのがベストなのか悩みます。キッチンのゴミ箱は臭いも気に...

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はあり...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

パスポートの顔写真を変えたい!顔写真だけの変更はNGです

何らかの理由でパスポートの顔写真を変えたいと思った時、顔写真だけを変更することはできるのでしょうか。...

シルバーの指輪をしている時の水仕事や手洗いについてと手入れ

シルバーの指輪をしている時の心配事に、水に濡れても大丈夫なのか、付けたまま水仕事をしてもいいのか?と...

【余興の種類】結婚式で感動と盛り上がるためのアイデア

仲の良い友達の結婚が決まり、結婚式での余興を頼まれたら、どのような内容の余興が良いのでしょうか?せっ...

ゴミ箱のビニール袋を隠す裏技!安い材料を使って生活感を消そう

ゴミ箱にビニール袋を入れると、ゴミ箱から袋が見えて生活感たっぷりな印象になってしまいます。上手に袋を...

スポンサーリンク

ボールペンに空気が入ってインクが出ない場合は遠心力を利用しましょう

ボールペンが出ないときは、先の部分をはずしてインクを取り出してみましょう。

ボールペンの形状によっては持つ部分を開いて出すタイプもあるので確認しながら行いましょう。数色入っているボールペンはインク色のボタンの部分に同じ色のインクを差し込んで使う仕組みになっていて一気に出してしまうと元に戻すときにわからなくなってしまうため部品の位置を覚えて置く事をおすすめします。出したインクが見える状態であれば、どの部分に空気が入っているかを確認しましょう。

空気が入っている場合はボールペンを下に向けて、軽く振動を与えてみましょう。

下に打ちつけるのではなく外側から少し指先で叩く程度の連続した振動を与えて見ましょう。インクが移動したかを確認しながら行うと良いでしょう。

インク内に空気が入っていて書けないと確認したら、ボールペンの先を下にしてうえの方をもって手首のスナップをきかせて振りましょう。ただ振るのではなく振るときに少し力が入るように振ってみましょう。インクが先のほうに押されていたら完了です。

空気を抜いたのにボールペンが書けない場合の対処法

ボールペンのインクの出る部分を確認する。

普通に使っているのにインクが出る部分には誇りやゴミが付いていて、書きづらい時があります。紙の上でボールペンの角度を変えながら書いてみましょう。多少のゴミは取れます。さらにティッシュペーパーや柔らかい布を使って直線や曲線を描いてボールペンの先のボール全体が拭ける感じで動かして見ましょう。

ボールペンの先に熱を当てる。

ボールペンのインクの種類によっては、書いているうちにインクの成分が玉になってしまうものがあります。そのインクが乾燥してしまったり詰まっている場合があるため温めて溶かしてみましょう。ボールペンを分解してインクの先にドライヤーを当てましょう。ドライヤーを当てすぎると変形してしまう恐れがあるため当てすぎずたまに離したりして様子を見ましょう。手が熱くなるので布で覆ったり、軍手を履く事をおすすめします。

熱いお湯につける。

ボールペンの先だけをボールペンの先につけましょう。全体つけるとプラスチックの部分が変形してしまいインクが漏れてしまう事があるため先だけにしましょう。

ボールペンのインクは気温や気圧によって書けなくなることがあります

上昇による気圧の変化によって書けないこともある。

飛行機で上昇により気圧が変化してボールペンがかけない状態になってしまうことがあります。

物や状況によってはボールペンのインクが膨らんでしまって出てくることもあります。どうしても書かなければならない場合はインクが使われていない、シャープペンや鉛筆で書くと安心でしょう。

気温による変化

気温が低い時や高い時にもボールペンが書けないときがあります。

低い時だとマイナス10度以下の場合には書けないインクの種類があります。温度がそれ以上になった時には復活します。またインクに種類によっては低い温度にも対応できるインクがあります。
60度以上の環境では同じく書く事が出来ないことがあります。その場合は外側にも影響しますので手に取るときは注意しそれ以下の気温になるのを待ち、使える事を確認しましょう。

ボールペンを長持ちさせるためにも正しく保管するようにしましょう

ボールペンの先の向きに注意しましょう。

ペンたてを使ってボールペンを保管している場合はペン先をペンたての底になるよう下に向けて保管しましょう。インクが下に行き空気が入るのを防いでくれます。また下に向けているとインクの濃度にムラができるため横に保管すると満遍なく色が出て使うことができます。

ペン先を守りましょう。

ペン先にほこりが付着しないよう、また保管の際に他にインクが付かないようにペン先にキャップをつけましょう。一緒についてきたキャップが無い場合はペンケースに入れたり、引き出しに収納するだけでも違います。ノック式のボールペンも必ずペン先をしまって収納しましょう。

衝撃に注意しましょう。

ペンを落としてしまうことはあってもそれ以上の強い衝撃をボールペンに加えてしまうとインク内に空気が入ったり、漏れでてしまうことがあります。

ボールペンのインクに空気が入らないようにするために

書くときに空気が入ってしまう。

ボールペンを使って書くときに紙に対して垂直にボールペンの先を当てているとそのままインクが下に下がってきますが、少し斜めにしてしまうとインクに隙間ができて空気が入ってしまいます。それが蓄積されて空気が入ってしまう事があります。正しい姿勢でボールペンを使って書く事をおすすめします。

ボールペンへの振動

手で振ったりの振動ではなく、何か物に連続的に当たったり打ち付けるような行動がボールペンに加わった時にインクの移動により空気が入ってしまいます。又ボールペンが横になっている時は入りやすく書くときに困る事があります。もって移動の時には柔らかいものの中や布に来るんで移動する事で多少軽減する事が出来ます。