注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

グラスとコップの違いを比較。入れる飲み物や色々な種類と特徴

飲み物を飲む時に使うコップ。グラスとも言いますね。皆さんはどちらをよくつかいますか?
またグラスとコップの違いとは何でしょうか。

今回はグラスとコップの違いについて紐解いていきましょう。
広く使われる「コップ」は、飲み物を飲む時に使う入れ物全般のことをさしています。

「グラス」は持ち手のついていない容器のことをいい、ガラスで出来たコップの事をいいます。

またコップやグラスにはどんな飲み物を入れて飲んでいるのでしょう。
最近はタンブラーの登場もありますね。

コップやグラスにはたくさんの種類があります。併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マグカップの収納アイデア!便利な活用術とおしゃれのコツを紹介

マグカップの収納アイデアに悩んでいる人は意外と多いかもしれません。できれば見た目もおしゃれに、そ...

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。しか...

ユニットバスの入り方で悩む女性必見!基本の入り方とポイント

ユニットバスの入り方で悩んでいる女性は、意外と多いのではないでしょうか。お湯にゆっくり浸かりたい...

服の匂いをドライヤーで飛ばす方法。すぐに消臭できる便利ワザ

服には飲食店の匂いやタバコの匂いなど、いろいろな匂いが付きます。洗濯できる洋服は洗濯することで匂いも...

大人数が遊べるゲーム!屋外で楽しめるものは

会社のレクリエーションなどを企画する時に、大人数で遊べるゲームは必須ですよね。それを行うのが外で...

気になる花束の頼み方!値段1000円の花束が最適なシーン

花束を買うことよくありますか?一般的には年に数回あるか、ないかというところですよね。そのため花屋さん...

書類の整理にはボックスとフォルダーを利用して見やすく保存

書類の整理どうしていますか?ちょっと横に避けておこう。そんな書類が気がつくと山のように場所を占領して...

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?  伝えるほうがい...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

ワインのコルクがボロボロに!抜けずに困った時の対処方法

ワインのコルクが抜けずにボロボロになってしまうことありますよね。こうなると再度挑戦しても、さらにコル...

パスポートの顔写真を変えたい!顔写真だけの変更はNGです

何らかの理由でパスポートの顔写真を変えたいと思った時、顔写真だけを変更することはできるのでしょうか。...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

【男性のくせ毛の直し方】一度試して欲しい方法とそのコツ

男性であっても女性であっても、くせ毛は遺伝によるものだと言われていますが、直せるものなら直したいと考...

水性ボールペンと油性ボールペンの見分け方と特徴

ボールペンを使っていると水性か?油性なのか?わからなくなってしまうことありますよね。そこで簡単にどち...

コンビニとスーパーの弁当の違いや選ぶポイントで賢く活用

コンビニとスーパーの弁当はどちらも手軽に利用することができます。最近ではコンビニもスーパーも弁当の種...

スポンサーリンク

グラスとコップの違いについて

飲み物を入れるコップですが、グラスという場合もよく耳にしますよね。コップとグラスは同じものと思っていませんか。

コップは飲み物を飲むときに使う入れ物全般を指し、素材や形は様々で、グラスもコップのひとつになります。

一方のグラスはというと、ガラスからできた取っ手がないコップを指します。ガラス製なので冷たい飲み物を飲むときに使う、取っ手のないコップがグラスです。カフェやレストランで冷たい飲み物を注文した時に使うコップがグラスです。他にもワイングラスやシャンパングラスというのもありますよね。

コップは飲み物を飲む時の容器全般を言いますので、コップと言って間違いはありません。グラスと言った方がなんとなくオシャレな響きに感じますよね。ガラス製で取っ手のないコップのときはグラスという言葉を使ってみてくださいね。

グラスやコップには何を入れて飲む?飲み物の違い

グラスやコップの他にカップというのもあります。カップもまたコップの中の一種で、取っ手がある容器を指します。よく使うマグカップが代表的です。コーヒーや紅茶を飲む時のカップアンドソーサーもカップと言いますよね。

カップにはいろいろな素材があり、マグカップに多い陶器製もあれば、ホーロー製、プラスチック製、木製のものまであります。取っ手があるのでコップの本体に直接手が触れることがないため、熱い飲み物によく使われています。もちろん冷たい飲み物にも使うことはできます。小さいお子さんなら冷たい飲み物でも取っ手があるカップの方がこぼすことなく使いやすいですよね。
グラスはガラス製のものを言い、冷たい飲み物を飲む時に使うものです。ガラス製のグラスに熱い飲み物を注いでしまうと割れてしまうことがあります。温かい飲み物にはカップを使い、グラスは冷たい飲み物だけに使うようにしましょう。

グラスやコップとタンブラーの違いとは

コップにはグラスとカップがありますが、更にタンブラーというものもありますよね。このタンブラー、冷たい飲み物にも熱い飲み物にも使うことがあります。便利なコップですが、タンブラーとはどういうものを指すのかがいまいちわからないのではないでしょうか。

タンブラーは取っ手がないコップのことを言います。筒状の形をしたコップで、素材はいろいろです。ガラス製のものもあれば、チタン製のもの、木製のものもあります。
カフェでお持ち帰りをする時に使われるプラスチック製の使い捨てコップも形はタンブラーです。飲食店で出されるお水に使われるコップもタンブラーになります。背の低いコロンとした形から、背が高いスリムな形まで様々です。
取っ手がないので冷たい飲み物によく使われる場合が多いです。熱い飲み物の場合がやけどをしないように気をつけてくださいね。

タンブラーの中にはガラスでできたものでタンブラーグラスと呼ばれるものもあります。ガラス製で取っ手がないのですから、グラスとタンブラーとの違いがあいまいですよね。このふたつはほとんど同じと考えて良さそうです。

紙コップやプラスチックコップの英語での言い方

コップには使い捨てができる紙やプラスチックでできたものもあります。カフェで持ち帰りした時に使われていたり、バーベキューや運動会用に用意することもありますよね。飲み終えた後は捨てるだけなので持ち帰ったり洗う手間も省け気軽に使うことができます。

日本でも日常的に使われている紙コップやプラスチックコップですが、もちろん外国でもよく使われているものです。ではこの紙コップやプラスチックコップを英語ではどのように言ったらいいのか、ふと疑問に思ったりもしますよね。和製英語も多いので、そのまま英語にしても通じるのかどうかが心配です。

グラスやカップは英語なので、そのままの発音で使うことができます。ですが、コップはオランダ語になります。コップは英語ではないので、紙コップをペーパーコップと言っても理解してもらえません。

紙コップを英語で言いたいときは、ペーパーカップと言います。コップは英語ではないので使わずに、コップを英語のカップにするといいだけです。
なので、プラスチックコップも同じように、プラスチックカップと発音します。
日本ではコップという単語が一般的でよく使わているのでちょっとややこしく感じますが、コップではなく英語ではカップと覚えておきましょう。

グラスやコップの種類と特徴

グラスやコップには実にたくさんの種類があります。

グラスには飲むものに合わせて形が違い、それに合わせて名前がついています。

ワイングラスやシャンパングラスのように、ウイスキーを飲む時はウイスキーグラスやオールドファショングラス、ブランデー用にはブランデーグラスがあります。それぞれ飲み物に適した形になっているのです。
ビアグラスやビアジョッキ、カクテルグラスなど、アルコール用のグラスは種類が豊富で、全て覚えるのが大変なくらいの種類があります。

コップは飲み物を入れる容器全般を言います。

紙コップやプラスチックコップのように使い捨てにするものもあれば、折りたたむことができるコップもあります。折りたたみ式のコップは冷水機のそばに置いてあるのを目にしたことがある人もいるかと思いますが、旅行などの時にも便利ですよね。私も外出時の歯磨き用にジャバラ式のものをひとつ持っています。

プラスチックコップには透明のクリアカップというのもあります。クリアカップはプラスチック製の中でも薄くて軽いため耐久性はお取りますが、使い捨てとしてよく使われているものです。プラスチックコップの中で、取っ手がついたプラスチック製のカバーの中に使い捨てのコップを入れて使うものがありますが、これはインサートカップと言います。中の飲み物を入れるコップだけを使い捨てにし、カバーの部分は何度も使うことができる便利なものです。これなら熱い飲み物も安心ですよね。

コップとグラス、カップ、タンブラーの違いがわかったところで、これからは飲み物と一緒に呼び方も使い分けてみてくださいね。