注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

水性ボールペンと油性ボールペンの見分け方と特徴

ボールペンを使っていると水性か?油性なのか?わからなくなってしまうことありますよね。そこで簡単にどちらかが分かる見分け方についてご紹介をいたします。

また使っていると書き心地によっても、どちらかが分かるようになりますよ。

水性ボールペンと油性ボールペン、またゲルインクの特徴についてもご紹介をいたします。使用する際のポイントとして参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

ペンのインクを出す方法!インクが残るボールペンの書き味を復活

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出なくなってしまったら、なんとかして書けるようにならな...

一人暮らしが寂しいと感じる大学生の寂しさへの対処法を解説

一人暮らしが寂しいと感じる大学生はたくさんいます。周りを見渡すと、みんなが楽しそうに生活をしていて、...

電波を遮断できる素材と使い方についてご紹介

電波を遮断できる身近な素材として注目されているアルミ箔!アルミ箔で携帯を包むと電波を通さず圏外に! ...

パパママよりもお父さんお母さんが良い?両親の呼び方について

子供ができたらお父さん、お母さん。それともパパ、ママか呼び方をどうするか悩みませんか? 呼び方...

小指にはどんな意味が?恋人を連想させる小指のアレコレ

人の手の指は、時にはいろいろな意味をもちます。そして単に指に意味を持つだけでなく、親指を立てると日本...

字が綺麗な女性に持つイメージと美文字が支持される理由

字が綺麗な女性にはどんなイメージがありますか? 最近は文字を書く機会も減っているでしょうが、書...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

一人暮らしで辛い・帰りたい時の対処法。寂しさの乗り越え方

一人暮らしを始めたばかりの頃は、自由な生活に羽根を伸ばし、実家暮らしではできなかったことも自由にでき...

【米の保存法】虫対策には唐辛子が効果的?長期保存の注意点

子供が食べ盛りだと、お米を安い時に買いだめ!また農家の知り合いから沢山いただくこともあります。しかし...

忙しいと顔も緊張?自然な笑顔の練習!割り箸を使った方法とは

自然な笑顔には練習は必要ない!そう思っていませんか?しかし鏡に写った顔や、笑顔が不自然で、自分の顔に...

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はあり...

ボールペンのインク消し方法!紙に書いたボールペンを消す方法

紙にボールペンで記入しているとき、うっかりミスをして書き間違えをしてしまうこともあります。 修...

スポンサーリンク

水性ボールペンと油性ボールペンの見分け方

まず、ビニールや下敷きなどの表面がつるつるしたものを用意します。そのつるつるした面に筆記してみて下さい。そしてインクが乾く前にティッシュなどで擦ってみましょう。インクがとれるのは水性で、油性はティッシュで擦ってもインクはとれません。

油性ボールペンのインクは、長期間保管しておいても変色しづらく、光による変色もすくないので、長く保管しておきたい書類に適しています。ただ、インクの粘性が高く筆記に力が必要なので、長時間筆記し続けると疲れるという難点があります。また、色の種類も少なく、主に流通しているのは黒、赤、青、緑しかありません。

水性ボールペンのインクは時間の経過や光によって変色しやすいので、長期間保管したい書類には適していません。しかし、インクの粘度が低くさらさらと軽い力で筆記できるので、学習のノートなど、長時間筆記する場合には便利です。また、色の種類も、基本の色に加えて中間色やパールの入った色など、多くの種類があります。

ボールペンの書き味でわかる!水性か油性かの見分け方について

次に、白い紙を用意してください。

白い紙に、水性ボールペンと油性ボールペンそれぞれで線などを書いて見分ける方法

  • 水性ボールペン
    水性ボールペンは、書き味が非常に滑らかです。力を入れなくても紙面をすべるようにさらさらと筆記できます。
  • 油性ボールペン
    油性ボールペンは、文字などを書くときに、少し力を入れてペン先を押し付けるようにしないとインクがでません。書き味が、さらさらというよりはぎゅぎゅっという具合になります。

何本か実際に筆記して試してみると、違いがわかるでしょう。

水性?それとも油性か、ゲルインクの特徴と見分け方

店頭で、ゲルインクのボールペンが多く販売されています。
ゲルインクのボールペンの特徴がわかるように、油性ボールペンと水性ボールペンの特性もまとめて比較してみましょう。

ゲルインクのボールペン

  • インクの特性:水性
  • インクの原料:顔料、水、添加剤
  • 粘度:中程度
  • 書き味:軽い
  • 耐水性・光などによって変色しないかの耐性:強い
  • 色の種類:基本の色に加え中間色やパステルカラーなど種類が多い。

油性ボールペン

  • インクの性質:油性
  • インクの原料:染料、アルコール系溶剤、樹脂、添加剤
  • 粘度:高い
  • 書き味:重い
  • 耐水性・光などによって変色しないかの耐性:強い
  • 色の種類:黒、赤、青、緑くらいしかない。

水性ボールペン

  • インクの特性:水性
  • インクの原料:顔料または染料、水、添加剤
  • 粘度:低い
  • 書き味:軽い
  • 耐水性・光などによって変色しないかの耐性:顔料タイプは強い。染料タイプは弱い。
  • 色の種類:基本の色に加え中間色やパステルカラーなど種類が多い。
これらの特徴から、ゲルインクのボールペンは、油性ボールペン同様に耐水性・光などによって変色しないかの耐性に優れ、書き味は水性ボールペンなみに滑らかです。長期保管する書類にも使用することができます。

耐水性は染料にも関係します!程よい耐水性のある水性ボールペン

水性ボールペンのインクには、染料インクと顔料インクの2種類があります。

  • 染料インク
    染料インクは、溶液自体を色で染めたインクなので、紙に書くとインクが染み込み、紙の裏側まで色が染みやすいです。水への耐性が弱く、光などによって変色もしやすいです。しかし、インクはさらさらとしていて非常に詰まりづらく、書き味は大変滑らかです。
  • 顔料インク
    顔料インクは、溶液自体に色がついているのではなく、溶液に色の粒子が混ざった状態のインクです。紙に書くと、色の粒子が染み込むのではなく紙の表面に乗った状態になるので、紙の裏側へ色が出づらいです。水への耐性が強く、光による変色もしづらいです。ただし、顔料が微粒子なので、染料インクよりも滑らかさは劣り、詰まってしまうこともあります。

水性と油性のどちらを使うか迷った時のポイント

水性ボールペンと油性ボールペンの特徴により、どのように使い分けたらよいのかを考えてみましょう。

油性ボールペンは耐水性がよく光などによる変色も少ないのでので、手紙の宛名書きや、長期間経過しても利用する可能性のある書類へ記入するのに使うと良いでしょう。また、布やビニール、プラスチックなどの素材のものに名前を記入するのにも適しています。
水性ボールペンは、耐水性や光などによる変色に弱いけれど書き味が滑らかで長時間の筆記に適しています。その特性を生かして、とにかくたくさん筆記する学習のノート書きや、子供のおえかきなどに適しています。
また、水性ボールペンやゲルボールペンでも、顔料タイプのものは油性ボールペンに近い耐水性があって書き味はよいので、長期保管したいけれど、かなりの文字量を筆記したい場合などによいでしょう。

授業のノートなど大量に筆記する場合は、水性ボールペンかゲルインクのボールペンを使用すると、書き味が軽くて疲れづらいです。長期保管したい公的書類などは、耐水性や光などによって変色しづらい油性ボールペンを選ぶと安心です。ゲルインクボールペン、水性ボールペンでも顔料タイプを選ぶと、長期保管可能です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686