注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができません。

いざ使いたいときにボールペンを使うことができないと、困ってしまうこともあります。
ボールペンに空気が入ってしまうのは一体どんなことが原因になるのでしょうか。空気が入って分離したボールペンをもう一度使うことはできないのか、知りたい人もいることでしょう。

ここでは、ボールペンに空気が入って使えないときの対処法と、空気が入ってしまう原因についてお伝えします。

空気が入ったボールペンを復活させる方法を知って、もう一度書けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目が茶色の日本人が多い理由とおすすめアイメイクや紫外線対策

目が茶色なのは日本人の実は半分以上になるのを知っていますか?自分の目の色が茶色いと気になる人もいるで...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

笑顔の練習方法!月目で笑うトレーニングで自然な笑顔になる方法

笑顔が素敵な人はとても印象が良いものですが、笑顔がぎこちない・目の奥が笑っていないと言われた経験があ...

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験した...

書類の整理にはボックスとフォルダーを利用して見やすく保存

書類の整理どうしていますか?ちょっと横に避けておこう。そんな書類が気がつくと山のように場所を占領して...

タッパーの収納アイデア!引き出しの活用でスッキリ使いやすく

食材の保存に使うタッパーの収納に頭を悩ませている人もいるでしょう。タッパーの収納アイデアには、使...

ゴミの収納【キッチン編】オシャレに使いやすいアイデアと選び方

ゴミ箱を収納するならキッチンだとどこに置くのがベストなのか悩みます。キッチンのゴミ箱は臭いも気に...

【米の保存法】虫対策には唐辛子が効果的?長期保存の注意点

子供が食べ盛りだと、お米を安い時に買いだめ!また農家の知り合いから沢山いただくこともあります。しかし...

マグカップの収納アイデア!便利な活用術とおしゃれのコツを紹介

マグカップの収納アイデアに悩んでいる人は意外と多いかもしれません。できれば見た目もおしゃれに、そ...

ボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法を解説

ボールペンを使おうとした時に、空気が入ってインクが出ないことがありませんか。その場合他のボー...

手帳の日曜始まりのメリットは?生活スタイルに合わせて選ぼう

手帳には日曜始まりと月曜始まりがあります。月曜日は仕事が始まる週の始めといった印象がありますが、日曜...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

字が綺麗な女性に持つイメージと美文字が支持される理由

字が綺麗な女性にはどんなイメージがありますか?最近は文字を書く機会も減っているでしょうが、書...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。...

スポンサーリンク

ボールペンのインクが分離!空気が入ってしまう原因

ボールペンのインクが分離する原因とは

ボールペンは、本体の中に細長い芯が入っています。この細長い真の中にはインクが入っており、先の部分には小さなボールが付いています。芯に入っているインクが、この小さなボールにフタをされている状態になっています。

インクのついた小さなボールが転がることによって紙にインクが付き、筆記できるのです。芯の中のインクは、ストローに水が入ったような状態で、先にある小さなボールのフタが付いていると、逆さにしてもインクは反対側から流れ出すことはなく、ペン先側についています。しかし、フタである小さなボールとインクの間に空気が入ると、フタがなくなった状態になり、ペン先を上にすると中のインクが下に下がってしまいます。

では、何故ペン先のフタになっている小さなボールとインクの間に空気が入ってしまうのか。

それは、ボールペンの芯が水平よりもペン先が上の状態で、ペン先の小さなボールが転がった時に起こります。ボールペンの芯の中のインクは、インク自体の重みでペン先側についているので、ペンが水平よりも上になった状態で筆記すると、ペン先の小さなボールが転がるときに空気が入り込んでしまいます。ペン先の小さなボールとインクの間に少しでも空気が入ると、ペン先側を上にしたときにインク自体の重みでどんどん下に下がって、空気が沢山入ってしまうのです。

ペン先を上にした状態で筆記してしまう状況には、どのようなものがあるのでしょうか。例えば、壁に貼った暦にスケジュールを書き込む時や、ノートや新聞を片手に持った上体で書き込んだりすると、筆記する時にペン先がボールペンの水平よりも上になってしまう場合があります。

また、ボールペンのキャップをしていない状態や、ノックしらさってペン先が出た状態でポケットなどに入っていて、ペン先が水平よりも上になって周囲に接触してペン先の小さなボールが転がってしまう場合もあります。

ボールペンを使用する際は、常にペン先が水平よりも下を向いた状態になるように心掛けるとよいでしょう。持ち運びをする際は、必ずキャップを閉めたり、ノックされてペン先が出た状態になっていないかを確認しましょう。

ボールペンのインク部分が空気で分離したときは遠心力で対処を

芯に空気が入って分離してしまったボールペンのインクを元に戻す方法をご紹介します。

ヘアゴムを使用する方法

髪を縛るときに使う、輪になったヘアゴムを一本用意します。太さは直径3mmくらいです。ここでは、ノック式でノック部付近にポケットなどに入れた時に挟むクリップのついたボールペンで説明します。

  1. ヘアゴムをボールペンのクリップに挟みます。
  2. ヘアゴムに両手の薬指を引っ掛けて軽く引っ張ります。
  3. ボールペンを上下を逆さにする要領で回転させてゴムを10回程度巻き上げます。
  4. ヘアゴムのかかっている両方の薬指を引っ張ります。すると、ヘアゴムが戻る力でボールペンが回転します。この回転により、インクがペン先側に戻ります。

インク漏れが心配な場合は、セロテープを3cmくらい切って剥がしやすいように端を少し折り曲げてからボールペンの先を包むように貼ります。
ヘアゴムが無い場合は、輪ゴムを2~3本重ねて代用することができます。

紐を使用する方法

  1. ボールペンのペン先とは反対側の先に紐を引っ掛けます。引っ掛ける部分の無いボールペンは、紐を数回巻きつけてセロテープでしっかりと貼り付けます。勢いよく振り回すのでボールペンが取れないようにセロテープを巻きつけてしっかりと固定して下さい。
  2. ボールペンが付いていない方の紐の端を持って、ボールペンを振り回します。
  3. インクがペン先に移動するように勢いよく回して下さい。

ボールペンに空気が入ってインクと分離!インクが固まってしまったときは

前述の方法でインクの分離が直らない場合は、分離したインクが固まっている可能性があります。固まってしまったインクを次の方法で温めてから、再度前述の遠心力を利用した方法を試してみて下さい。

固まったボールペンのインクを温める方法

ぬるま湯に浸ける。

  1. ボールペンの芯をポリ袋などに入れて直接お湯がつかないようにします。
  2. 洗面器などにぬるま湯を入れて、ポリ袋に入れたボールペンを入れて温めます。

ドライヤーを使う。

ボールペンの芯にドライヤーの熱風をあてて温めます。芯が溶けたり火傷をしないように気をつけましょう。

遠心力を利用してボールペンインクの分離を直すときの注意点

遠心力を利用してボールペンのインクの分離を直す方法を行うときには、次のことに注意しましょう。

インク漏れの予防。

インクが漏れて周囲を汚してしまう可能性があるので、ボールペンのフタがある場合は、フタをしましょう。その際、フタが飛ぶと危険なので、フタの周囲をセロテープ貼って本体から外れないようにしましょう。フタのないボールペンの場合は、紙を小さく切ってペン先に巻きつけてセロテープを貼り、インクの飛散を防ぎましょう。フタのあるボールペンでも、フタ内を汚したくない場合は紙を巻きつけると良いでしょう。

ボールペンが破損していないか確認する。

ボールペンに割れやひびがある場合は、破損して飛んでいくなどの危険性があります。また、破損した部分からインクが漏れて飛散する場合もあるので、ボールペンが破損していないかよく確認してから行いましょう。

丈夫な輪ゴムを使用する。

切れ目の入った輪ゴムや、古い輪ゴムは切れてしまうことがあります。新しくて丈夫な輪ゴムを使用しましょう。

ボールペンを保管するときは正しい方法で保管を

ボールペンのインクがかすれたり、出なくなったりしないように、次のことに気をつけてボールペンを保管しましょう。

  • ボールペンをペン立てに入れる時は、必ずペン先を下にして入れる。
  • ボールペンにフタが付属している場合は、必ずフタをする。
  • エアコンの吹き出し口など乾燥する場所に、ペン先を出したまま放置しない。
  • ペン先のボールが傷つくとインクが出なくなったりします。ペン先でフタをこじ開けるなど、「尖ったもの」として代用しない。