注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

購入して時間が経っていないのにインクが出ないと、何が原因で書けなくなってしまったのかわからないこともあります。

ここでは、ボールペンのインクが出ない原因と正しい管理・使用方法、インクが出ないときの対処法についてお伝えします。

まだ使えるはずのボールペンは、これからご紹介する内容を参考に復活させてみてください。

簡単な方法で対処できますので、是非試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小指にはどんな意味が?恋人を連想させる小指のアレコレ

人の手の指は、時にはいろいろな意味をもちます。そして単に指に意味を持つだけでなく、親指を立てると日本...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

ゴミの収納【キッチン編】オシャレに使いやすいアイデアと選び方

ゴミ箱を収納するならキッチンだとどこに置くのがベストなのか悩みます。キッチンのゴミ箱は臭いも気に...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。...

水性ボールペンと油性ボールペンの見分け方と特徴

ボールペンを使っていると水性か?油性なのか?わからなくなってしまうことありますよね。そこで簡単にどち...

妊娠報告を友達にする時期や反応について。独身の友達との距離

 妊娠報告を友達にする時、独身の友人への伝え方に気を使ってしまいますよね?  伝えるほうがい...

部屋ので焼肉を快適に!煙やニオイの対策で美味しい焼き肉を

焼肉が好きで、部屋での焼肉を頻繁に楽しんでいる一人暮らしの人もいるのではないでしょうか。部屋で焼肉を...

パスポートの顔写真を変えたい!顔写真だけの変更はNGです

何らかの理由でパスポートの顔写真を変えたいと思った時、顔写真だけを変更することはできるのでしょうか。...

お茶のペットボトルの賞味期限とは?賞味期限について

お茶のペットボトルの賞味期限はいったいどのくらいなのでしょうか?全部飲みきれずについついカバンに入れ...

トイレの詰まりの直し方・自分でトイレの詰まりを解消する方法

自宅のトイレが詰まってしまうと、用を足すことができずに本当に困ってしまうものです。そんなときは、自分...

本が湿気で曲がる。曲がってしまった本の直し方や保管方法

雨で濡れてしまった本や、湿気の多い部屋においてあった本が曲がったりシワシワになってしまった経験はあり...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

【余興の種類】結婚式で感動と盛り上がるためのアイデア

仲の良い友達の結婚が決まり、結婚式での余興を頼まれたら、どのような内容の余興が良いのでしょうか?せっ...

笑顔の練習方法!月目で笑うトレーニングで自然な笑顔になる方法

笑顔が素敵な人はとても印象が良いものですが、笑顔がぎこちない・目の奥が笑っていないと言われた経験があ...

感動する手紙を別れる友達や彼女に書くテクニック

感動する手紙の定番と言えば、結婚式の花嫁の手紙を思い出すという人も多いのではないでしょうか。しか...

スポンサーリンク

インクが残っているのにボールペンのインクが出なくなる理由

日々、文房具を使用している方、学生、主婦、社会人の方、急にボールペンのインクがでなくなったら、苛立ちますよね。どうして急にインクが出なくなるのか。

可能性として考えられるのは、インクが下に降りて来ていないのだと思います。もしかしたら、あなたはそのボールペンを長時間、上にした状態にしていたのかもしれません。そうすると、インクがペンの先まで届かないので、文字が書けません。

また、インクが温度が低い為に固まってしまい、出ない事も考えられます。地域によっては、温度が低い地域では、ペンも「温度が低いので、インクが固まってしまい、書けない」という状態は実際ある様です。

いずれにせよ、ボールペンの先にインクが届かないには理由があります。インクが中々ペンの先まで降りて来ない、インクが固まっているなど、他にも原因は考えられます。

ボールペンのインクが出なくなるのを予防する使用方法

社会人であっても、学生であっても、持っているボールペンが急にインクが出なくなって、書きたい事が書けない状態はならべく避けたいですよね?ボールペンのインクも理由があって、出なくなります。でも、原因が理解っているのなら、その予防策もあります。

ボールペンを使用しない時は、ペンの先が下に来る様にして保存する

上記でも説明しましたが、逆の方向のまま、長時間ボールペンを置いたままにすると、インクが中々ペンの先まで降りて来ません。対処方法としては、正しい方向でボールペンを保存する事です。

下向きでボールペンを保存して下さい。その為にも、ボールペンを長細い缶などに入れて置いた方が良いと思います。下にインクが行くので、お勧めです。

ボールペンのペン先の乾燥を避ける

もう一つ注意しなくては行けないのは、ボールペンの先を乾燥させない様にする事です。ボールペンにはキャップが付いていると思います。それを、使用後は必ず付けて、乾燥を避けて行きましょう。

ボールペンのインクが出ないときはティッシュに書いて解決

愛着のあるボールペンのインクが出なくなってしまった。ショックですよね。今すぐに、このボールペンで文字を書きたい。

ボールペンからインクが出なくなったら、とりあえず、ティッシュを数枚用意して、それに文字を適当に書いて、ボールペンを復活させます。

あなたの家にもティッシュはリビングなどにありますよね?急にボールペンからインクが出なくなったら、すぐにティッシュを数枚用意して、それに少し文字を書いてみます。

ボールペンからインクが出ない原因が、ボールペンの先にあるのであれば、ティッシュがその部分の動きを円滑にしてくれ、インクが出てくるようにしてくれます。

ボールペンからインクが出ない理由はいろいろな原因が考えられます。

ですので、別の原因であれば、ティッシュに文字を書いても問題は解決されません。

ただ、一番手っ取り早い方法なので、とりあえずはティッシュに文字を書いて、インクが出ないボールペンを復活させて行きましょう。

家にあるアイテムでインクが出ないボールペンを復活させるには、とりあえずは手っ取り早い方法になります。

ボールペンを温めることで出ないインクを復活させる

温度が原因でボールペンのインクが出ない事があります。それが原因なら、ボールペンの温度を少し上げる、何か温かい温度に触れさせて、インクを復活させます。

温度が原因でボールペンのインクが出ないときは、あなたの手で温める

もしかしたら、あなたのペンは寒い場所に置かれていて、ボールペンの中のインクが固まってしまい、ボールペンからインクが出ない状態なのかも知れません。心当たりはありますか?

だとしたら、温度を上げる事でインクは出てきます。対処法としては、インクが出ないボールペンをあなたの手で温めます。

ここで注意なのは、ボールペンのインクを出すのに、特別に火に近づけるなど、そこまでの高温は必要ではないという事です。別に熱いお湯の中に入れる必要などもありません。あなたの手の温度で十分です。「固まっているインクを溶かすのに、高温が必要なんだ」と別の手段を考える必要はありません。ただ単純に、出ないボールペンをあなたの手の中で温めれば、自然とインクが出てきて、また文字を書く事が出来ます。

空気が原因でボールペンのインクが出ない時の対処法

いつものようにボールペンを使っていたら文字が書けません。あら、どうして急に文字が書けなくなったのでしょうか?
ボールペンの先からインクが出てこない原因は、使っている方も予想ができない、「空気」がボールペンの中に入ってしまったからなんです。そんなものがいつのまにかボールペンに入って、インクが出なくなる邪魔者になるんです。その為、インクが出なくなり、あなたはイライラします。ですが、早い話、その空気をボールペンを「え~い!」と出してしまえば、ボールペンからインクは出ます。

ボールペンを使う角度が違うから?とか別の要因を考えてしまいそうですが、そうでもありません。そして、空気を出す方法は、意外と簡単で、袋にボールペンを入れて、回せばいいだけです。こんな思いがけない方法でボールペンから空気が出ます。そうであれば、家にある袋にボールペンを入れて、回してさっさと空気を抜いてしまいましょう。そうすると、あら不思議。またボールペンからインクが出てきて、文字が書けます。こんな単純な方法で解決できるのですから、袋を用意して、早くボールペンからインクを出すべきです。書き留めたいことをすぐに書ける状態にすべきです。

使用しているボールペンからインクが出なくなるには、どういった理由が考えられ、どう対応して行ったら良いのか、上記の記事で説明しました。「やっぱりこれが原因だったか」と思う物も「え?そんな状態だったの?」と感じられるものが、中にはあると思います。でも、解決方法もあります。冷たい事が原因であれば、手の中の熱さでその固まっているインクを解凍していくなど、方法はあります。お店で何かを買った時に商品を入れる袋、その袋を使って、ペンを中に入れて振り回す方法で空気も抜けます。何気ない方法ではありますが、実際、また書けます。