注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新聞紙でゴミ袋は大きいものも作れる!簡単便利でエコにも

新聞紙でゴミ袋の大きいサイズの物も作ることができます。最近ではエコバッグを買い物のときに利用することも多くなりました。それによってレジ袋がたまらなくなったという家庭も多いでしょう。新聞紙で作ったゴミ袋なら生ゴミなどの水分も取ってくれるし臭いも抑えてくれるのでエコな上に便利なんです。

そこで、新聞紙で大きいゴミ袋を作ることについて、新聞紙を使った便利な大きいゴミ袋の作り方や新聞紙で作るゴミ袋は小さいサイズも作れること、持ち手を作ればゴミバッグにもなることや新聞紙で作ったゴミ箱もオススメなことなどお伝えしていきましょう。

これで、新聞紙を使ったゴミ袋の作り方やメリットがわかります。ぜひ早速作って試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お茶のペットボトルの賞味期限とは?賞味期限について

お茶のペットボトルの賞味期限はいったいどのくらいなのでしょうか?全部飲みきれずについついカバンに入れ...

トイレの詰まりの直し方・自分でトイレの詰まりを解消する方法

自宅のトイレが詰まってしまうと、用を足すことができずに本当に困ってしまうものです。そんなときは、自分...

スピーチで緊張して声が震える!原因やすぐにできる対処法を紹介

人前でのスピーチなど緊張すると声が震えるとお悩みの人もいるでしょう。大切なスピーチなのに声が震え...

大人数が遊べるゲーム!屋外で楽しめるものは

会社のレクリエーションなどを企画する時に、大人数で遊べるゲームは必須ですよね。それを行うのが外で...

目が茶色の日本人が多い理由とおすすめアイメイクや紫外線対策

目が茶色なのは日本人の実は半分以上になるのを知っていますか?自分の目の色が茶色いと気になる人もいるで...

水筒のお茶の賞味期限は?保冷・保温のお茶を美味しく飲むには

節約のために水筒に冷たいお茶を入れて持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。ですが、お茶を全て飲...

飲み会に行きたくない心理を知ろう。相手に寄り添う気持ちが大事

 飲み会に行きたくない心理を知ることは、人間関係を円滑に回すためにはとっても重要なこととなります。...

ストッキングが破れたときはこんな使い道がおすすめです

破れたストッキングにはどのような使い道があるのでしょうか?今まで、捨てていた人は、ぜひこの再利用方法...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

笑顔の練習方法!月目で笑うトレーニングで自然な笑顔になる方法

笑顔が素敵な人はとても印象が良いものですが、笑顔がぎこちない・目の奥が笑っていないと言われた経験があ...

ゴミの収納【キッチン編】オシャレに使いやすいアイデアと選び方

ゴミ箱を収納するならキッチンだとどこに置くのがベストなのか悩みます。キッチンのゴミ箱は臭いも気に...

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験した...

コンビニコピー機にデータ残る?セキュリティと情報漏洩について

免許証や大切な書類をコピーしたいと思った時、自分がコピー機を使える環境にいない場合はコンビニのコピー...

ゴミ箱のビニール袋を隠す裏技!安い材料を使って生活感を消そう

ゴミ箱にビニール袋を入れると、ゴミ箱から袋が見えて生活感たっぷりな印象になってしまいます。上手に袋を...

忙しいと顔も緊張?自然な笑顔の練習!割り箸を使った方法とは

自然な笑顔には練習は必要ない!そう思っていませんか?しかし鏡に写った顔や、笑顔が不自然で、自分の顔に...

スポンサーリンク

新聞紙で大きいゴミ袋を作るのは簡単で便利

1週間に結構な頻度で配達される新聞は使っても学校で子供が図工の時に絵の具を使うときや書道の時に持っていく位であまり活用されることなく処分してしまいます。何か生活に使うことが出来ないか紹介していきます。
  1. 新聞紙を見開きで1枚使います。
  2. 新聞紙を縦に長く置きます。新聞紙の短い部分を2枚それぞれ2回おり、袋の開口部になるため強度を出していきます。
  3. 新聞紙の折れている真ん中の部分を袋の底の部分にするため、両脇を数回折り袋にします。折っただけだと開いてきてしまうため下の部分を少しねじります。
  4. ごみ袋に使うときは底の部分を織り込んでマチをつけると使いやすいです。

軽いものに使うときは1枚でも大丈夫ですが、湿気を含んでいるものや、重たいものを入れるときは数枚重ねて使うと便利です。

新聞紙を使った便利な大きいゴミ袋の作り方

●用意する物

  • 新聞紙1日分
  • マスキングテープ
  1. 新聞紙を1日分見開きの状態で重ねて用意します。
  2. 開口部になる短い部分を重ねた状態で3センチの幅で1回折ります。
  3. 両脇を2センチの幅で2回折りマスキングテープで止めます。底になる部分にマチをつけて大きめの袋の形が出来上がりました。
  4. 底の大きさに合わせて見開き1枚分を折ります。袋を開き底の部分にいれ強度をつけます。
紙製のマスキングテープを使ったことで、ごみの収集の際の分別にはそのまま捨てることが出来るでしょう。お住まいの地域によっては分別の方法が変わってきますので確認しましょう。

新聞紙で作るゴミ袋は小さいものから大きいものまで

新聞紙で作る袋のサイズを変えるとキッチンでも使える。

新聞紙を使って生ごみを入れる袋にすると生ごみから出る水分や油分を吸収してくれるためしっかり水を切った状態でビニール袋に移すことが出来ます。

小さなものを沢山作って、冷蔵庫の中の野菜を収納。
そのまま入れておくと皮がめくれて冷蔵庫の中が散乱してしまう玉ねぎや、土の付いた芋やにんじんを新聞紙で作った袋の中に入れて野菜室に入れると整理整頓にもなりますし、ビニールに入れた状態よりも野菜が呼吸でき安心です。
また葉野菜も新聞紙で作った袋に入れることで、立てて保存することが出来ます。

小さなお子さんがいるご家庭では使い終わった紙おむつなどを入れるサイズに数枚作っておくと便利でしょう。

袋としての使い方ではないですが、揚げ油の処理にも使えます。
新聞紙以外にも使い終わった牛乳パックの用意が必要です。使い終わった1リットルの牛乳パックの上の部分を開きその中に新聞紙をふんわり入れます。そして使い終わって冷めた揚げ油を新聞紙の入った牛乳パックに入れ処分します。新聞紙をギュウギュウに入れてしまうと油が浸透しずらくなるため注意しましょう。

持ち手を作ればゴミバッグとして引っ掛けもできる

  1. 見開きの新聞紙を4枚用意します。
  2. 見開き2枚を半分に折った状態で折り目が左側に来るようにおきます。また残った2枚の新聞紙を見開き半分に折った状態で折りめが右側に来るようにおきます。
  3. それぞれの折った新聞紙の状態で一枚ずつ重ねます。重ね終わったら筒状になっています。
  4. 両脇をガムテープで止めます。底の部分を3センチで2回おりガムテープで止めます。袋の部分の出来上がりです。
  5. 持ち手の部分を作ります。新聞紙を見開きの状態で2枚重ねます。新聞紙の角からコロコロ転がしながら丸めていきます。きつめに巻いていくと強度のある持ち手が出来ます。最後まで巻き終わったらガムテープで止めます。この方法で我が家では戦いごっこや紐を作っているので結構な強度があります。
  6. 先に作った袋の開口部の部分を2センチ幅で2回外側に折ります。その時に作った持ち手の部分も一緒に入れて折ると持ち歩く時やかけて使うときに取れずらいです。折り終わったら持ち手の部分も一緒にガムテープでとめて出来上がりです。
作り方を知っていると、アウトドアの時のものの移動のときや、使い終わった焼き網を収納するときに便利ですね。

新聞紙で作ったゴミ箱をストックしておくのもオススメ

新聞紙を使ってゴミ袋を作るとある程度の大きさになり、キッチン周りのちょっとしたゴミを入れることができます。

またテーブルの上に常備しておく事で、ゴミをまとめて捨てに行く事ができ便利です。
新聞紙以外にもチラシのサイズで作ったところ小さく場所を取らないためとても便利です。また1枚でも強度があるため、湿気があるゴミを入れても破ける事はありません。使い終わったら小さくそのまま捨てる事が出来るためゴミの中も見えず安心です。

強度が欲しくて2枚重ねて作ってみましたが厚みが出てしまい、折りづらい箇所がありました。底に当たる部分は何枚も重なった状態になっているため安定感が無くなってしまい使いずらくなってしまったので、チラシをかさねて作る方法はおすすめしません。