注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

新聞紙でゴミ袋は大きいものも作れる!簡単便利でエコにも

新聞紙でゴミ袋の大きいサイズの物も作ることができます。最近ではエコバッグを買い物のときに利用することも多くなりました。それによってレジ袋がたまらなくなったという家庭も多いでしょう。新聞紙で作ったゴミ袋なら生ゴミなどの水分も取ってくれるし臭いも抑えてくれるのでエコな上に便利なんです。

そこで、新聞紙で大きいゴミ袋を作ることについて、新聞紙を使った便利な大きいゴミ袋の作り方や新聞紙で作るゴミ袋は小さいサイズも作れること、持ち手を作ればゴミバッグにもなることや新聞紙で作ったゴミ箱もオススメなことなどお伝えしていきましょう。

これで、新聞紙を使ったゴミ袋の作り方やメリットがわかります。ぜひ早速作って試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

伊達メガネのレンズに傷が入ってしまったので、対処方法を知りたい

おしゃれアイテムや、なんらかの事情で伊達メガネをかけるという人がいますが、ちょっとしたアクシデントで...

部屋ので焼肉を快適に!煙やニオイの対策で美味しい焼き肉を

焼肉が好きで、部屋での焼肉を頻繁に楽しんでいる一人暮らしの人もいるのではないでしょうか。部屋で焼肉を...

メガネの鼻パットの交換に関する事柄を知りたい

メガネを構成するパーツの中で、地味な存在でありながら重要なのが鼻パットです。これがないと、メガネ...

水筒のお茶がまずくなる原因と対策!美味しいお茶を持ち歩く方法

日頃から水筒に入れてお茶を持ち歩いている人もいるのではないでしょうか。節約やエコを意識して、このよう...

【男性のくせ毛の直し方】一度試して欲しい方法とそのコツ

男性であっても女性であっても、くせ毛は遺伝によるものだと言われていますが、直せるものなら直したいと考...

シンクに蓋して止水したい!排水口の蓋の選び方とメリット

シンクの排水口に蓋をすれば、止水をすることができます。そうすれば、シンク内に水を溜めて漬け置き洗いを...

ペンのインクを出す方法!インクが残るボールペンの書き味を復活

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出なくなってしまったら、なんとかして書けるようにならな...

ボールペンのインクに空気が入って出ない場合の対処法を解説

ボールペンを使おうとした時に、空気が入ってインクが出ないことがありませんか。その場合他のボー...

1ヶ月の生活費の内訳一人暮らしでは?費用の目安と節約ポイント

社会人1年目でこれから一人暮らしを始める時、1ヶ月の生活費の内訳やどのくらい費用がかかるのか不安にな...

牛乳の効果だけで身長は伸びない!伸ばすための食事のポイント

牛乳の効果だけで身長が伸びると思っていませんか?身長を伸ばすためには牛乳の栄養素を効率良くエネル...

ボールペンのインクが出ない!インクを復活させる方法を解説

まだインクが残っているのにボールペンのインクが出ないと困ってしまうものです。みなさんも一度は経験した...

大人数が遊べるゲーム!屋外で楽しめるものは

会社のレクリエーションなどを企画する時に、大人数で遊べるゲームは必須ですよね。それを行うのが外で...

牛革の財布の傷を修復する方法と長持させるための使い方とは

牛革の財布の傷を目立たなくさせるのは意外と簡単にできます。牛革の財布も使い続けているうちに傷ができて...

ボールペンのインクに空気が入って分離する原因と対処法を解説

ボールペンを使おうと思ったとき、インク部分に空気が入って分離していると、ボールペンを使うことができま...

男性へのプレゼント。1000円以内で喜ばれる実用的なアイテム

会社のお世話になっている男性へ、ちょっとしたプレゼントを贈りたいということもありますよね。相手の負担...

スポンサーリンク

新聞紙で大きいゴミ袋を作るのは簡単で便利

1週間に結構な頻度で配達される新聞は使っても学校で子供が図工の時に絵の具を使うときや書道の時に持っていく位であまり活用されることなく処分してしまいます。何か生活に使うことが出来ないか紹介していきます。
  1. 新聞紙を見開きで1枚使います。
  2. 新聞紙を縦に長く置きます。新聞紙の短い部分を2枚それぞれ2回おり、袋の開口部になるため強度を出していきます。
  3. 新聞紙の折れている真ん中の部分を袋の底の部分にするため、両脇を数回折り袋にします。折っただけだと開いてきてしまうため下の部分を少しねじります。
  4. ごみ袋に使うときは底の部分を織り込んでマチをつけると使いやすいです。

軽いものに使うときは1枚でも大丈夫ですが、湿気を含んでいるものや、重たいものを入れるときは数枚重ねて使うと便利です。

新聞紙を使った便利な大きいゴミ袋の作り方

●用意する物

  • 新聞紙1日分
  • マスキングテープ
  1. 新聞紙を1日分見開きの状態で重ねて用意します。
  2. 開口部になる短い部分を重ねた状態で3センチの幅で1回折ります。
  3. 両脇を2センチの幅で2回折りマスキングテープで止めます。底になる部分にマチをつけて大きめの袋の形が出来上がりました。
  4. 底の大きさに合わせて見開き1枚分を折ります。袋を開き底の部分にいれ強度をつけます。
紙製のマスキングテープを使ったことで、ごみの収集の際の分別にはそのまま捨てることが出来るでしょう。お住まいの地域によっては分別の方法が変わってきますので確認しましょう。

新聞紙で作るゴミ袋は小さいものから大きいものまで

新聞紙で作る袋のサイズを変えるとキッチンでも使える。

新聞紙を使って生ごみを入れる袋にすると生ごみから出る水分や油分を吸収してくれるためしっかり水を切った状態でビニール袋に移すことが出来ます。

小さなものを沢山作って、冷蔵庫の中の野菜を収納。
そのまま入れておくと皮がめくれて冷蔵庫の中が散乱してしまう玉ねぎや、土の付いた芋やにんじんを新聞紙で作った袋の中に入れて野菜室に入れると整理整頓にもなりますし、ビニールに入れた状態よりも野菜が呼吸でき安心です。
また葉野菜も新聞紙で作った袋に入れることで、立てて保存することが出来ます。

小さなお子さんがいるご家庭では使い終わった紙おむつなどを入れるサイズに数枚作っておくと便利でしょう。

袋としての使い方ではないですが、揚げ油の処理にも使えます。
新聞紙以外にも使い終わった牛乳パックの用意が必要です。使い終わった1リットルの牛乳パックの上の部分を開きその中に新聞紙をふんわり入れます。そして使い終わって冷めた揚げ油を新聞紙の入った牛乳パックに入れ処分します。新聞紙をギュウギュウに入れてしまうと油が浸透しずらくなるため注意しましょう。

持ち手を作ればゴミバッグとして引っ掛けもできる

  1. 見開きの新聞紙を4枚用意します。
  2. 見開き2枚を半分に折った状態で折り目が左側に来るようにおきます。また残った2枚の新聞紙を見開き半分に折った状態で折りめが右側に来るようにおきます。
  3. それぞれの折った新聞紙の状態で一枚ずつ重ねます。重ね終わったら筒状になっています。
  4. 両脇をガムテープで止めます。底の部分を3センチで2回おりガムテープで止めます。袋の部分の出来上がりです。
  5. 持ち手の部分を作ります。新聞紙を見開きの状態で2枚重ねます。新聞紙の角からコロコロ転がしながら丸めていきます。きつめに巻いていくと強度のある持ち手が出来ます。最後まで巻き終わったらガムテープで止めます。この方法で我が家では戦いごっこや紐を作っているので結構な強度があります。
  6. 先に作った袋の開口部の部分を2センチ幅で2回外側に折ります。その時に作った持ち手の部分も一緒に入れて折ると持ち歩く時やかけて使うときに取れずらいです。折り終わったら持ち手の部分も一緒にガムテープでとめて出来上がりです。
作り方を知っていると、アウトドアの時のものの移動のときや、使い終わった焼き網を収納するときに便利ですね。

新聞紙で作ったゴミ箱をストックしておくのもオススメ

新聞紙を使ってゴミ袋を作るとある程度の大きさになり、キッチン周りのちょっとしたゴミを入れることができます。

またテーブルの上に常備しておく事で、ゴミをまとめて捨てに行く事ができ便利です。
新聞紙以外にもチラシのサイズで作ったところ小さく場所を取らないためとても便利です。また1枚でも強度があるため、湿気があるゴミを入れても破ける事はありません。使い終わったら小さくそのまま捨てる事が出来るためゴミの中も見えず安心です。

強度が欲しくて2枚重ねて作ってみましたが厚みが出てしまい、折りづらい箇所がありました。底に当たる部分は何枚も重なった状態になっているため安定感が無くなってしまい使いずらくなってしまったので、チラシをかさねて作る方法はおすすめしません。