注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。
ブレーキパットの交換については、推奨されている目安があるようですが、実際はどうなのでしょうか。交換するタイミングとは?
ブレーキパットは摩耗しますので、交換をしないととても危険です。
また、自分でDIYできるという話もありますが、知識がない人が費用を抑えようと自分で交換するは避けた方が無難です。プロにお任せしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

食事中にテレビをつけまますか?子供に与える悪影響とは

食事中にテレビはつけっぱなし?それとも消す派?子供には、食事に集中して欲しいけど、テレビを見...

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由と寝かしつけのコツや注意点

赤ちゃんが寝る前に暴れるとお母さんはどうしたらいいのか不安になりますよね。では、赤ちゃんが寝...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

猫【生後1ヶ月】のトイレのしつけ方法とは?子猫の育て方

猫は1ヶ月くらいからトイレを覚えるようになります。スムーズにトイレを覚えさせるにはどうしたらいいので...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

メダカはどんな浮き草でも食べる?その種類とメリットとは

水槽のレイアウトに必要な水草や浮き草ですが、メダカの水槽に入れるとメダカが食べることがあると言われて...

パンやケーキを包丁で切るときのコツやポイント

パンやケーキを包丁で切るときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?いつも使っている包丁でパンやケー...

ブリッジができないのは〇〇が原因。できるようになるコツとは

ブリッジができない子どもにに教えるにはどんなコツがあるのでしょうか?口で説明をするのは難しいですよね...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

犬のお風呂嫌いを改善したい!改善方法と注意点・入浴方法を解説

飼っている犬がお風呂嫌いで、おとなしくお風呂に入ってくれないというお悩みを抱えている飼い主さんもいま...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

手先が不器用な子供のトレーニング方法!身近な遊びとお手伝い

お子様が器用なタイプか不器用なタイプか、気になっている方も多いと思います。親が不器用だから、...

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

スポンサーリンク

車のブレーキパッドを交換するタイミング

車を点検に出した時や車検の時などに、ブレーキパッドの交換を勧められることがあります。点検費用には含まれていないため別料金になる上に、部品と交換をする作業料がかかるため意外と高額にもなります。ですがブレーキパッドは車のブレーキに関わる部分なので、交換しないと走行の安全性に問題が出てしまいます。

ブレーキパッドは新品で10ミリ前後の厚みがありますが、これはメーカーによって違いはあります。

ブレーキパッドはブレーキをかける度に摩耗していく消耗品

ある程度の薄さになったら交換をする必要があります。ブレーキパッドの厚みが1ミリ以下になってしまうとブレーキが正常に効かなくなる可能性が高くなり、安全ではなくなってしまいます。ブレーキパッドの交換の目安としては、厚さが3~4ミリ程度と考えると良いです。

整備工場などでもブレーキパッドの厚みが3~4ミリ程度になった時点で交換を勧めてくることが多いです。中には5ミリくらいで交換を勧められる場合もありますが、それは次の点検や車検まで持たないかもしれないと考えられるからです。

運転する頻度が多い場合や走行距離が多いほどブレーキパッドが減るペースも早くなる

ブレーキパッドは私たちが目で確認できるものではないので、車検などに出した時でしか残量を知ることができません。あまりに少なくなると異音がしてきますので、その場合はすぐに交換が必要です。

車のブレーキパッドの厚さと交換しないリスク

ブレーキパッドは新品の状態で10ミリ程度の厚みがあり、運転をする度にどんどん減っていきます。ブレーキパッドの厚みが1ミリ以下になってしまうと、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。

ブレーキパッドの交換は2~3万キロを目安にすると良い

残りが3~4ミリ程度になった時点で交換することをおすすめします。

ブレーキパッドは一般的な走行で1万キロで1ミリ消耗すると考えられています。もちろん運転の仕方によって違いはあり、ブレーキを踏む回数が多い場合ほどブレーキパッドの減るペースも早くなります。同じ1万キロでも信号の多い街中を運転する場合と高速道路を走る場合とでは、減り具合も変わってくるでしょう。

ブレーキパッドの正確な残量はわからないので、点検の時などにブレーキパッドの残量を確認しておくと、交換時期の目安になります

ブレーキパッドの厚みが2ミリ程度になったところで、タイヤのあたりから金属音が聞こえてきます。これはブレーキパッドが薄くなっていることを知らせるために、あえて音が出るようになっています。キーとかゴーといった金属音が聞こえた場合は、すぐに交換するようにしましょう。車の種類によっては金属音ではなく、警告灯で知らせるタイプもあります。

ブレーキパッドが薄くなっていても交換をしないと、他の部品まで損傷させてしまい、ブレーキパッドの交換だけでは済まなくなってしまいます。他の部品の交換まで昼用になってしまうと費用も余計にかかってしまいます。ブレーキパッドの交換を勧められたタイミングで交換するようにしましょう。

車のブレーキパッドの交換方法と費用の目安

ブレーキパッドはディーラーや整備工場、カー用品店で交換することができます。費用は交換を依頼するところによって違いはありますが、ブレーキパッド代と工賃を合わせて2万円前後が多いようです。ブレーキパッドの交換をお願いする前に、見積もりをとって比較すると良いでしょう。

ブレーキパッドの交換にかかる費用をできるだけ抑えたいのなら、ディーラーよりもカー用品店の方が安い場合が多いようです。ディーラーでは純正品のブレーキパッドを使うことが多いようですが、カー用品店なら純正品以外のものを選ぶこともできます。ブレーキパッドの価格はメーカーなどによって違いがあり、中には純正品の半額以下のものもあります。

ブレーキパッドの交換するときは、ブレーキパッドを自分で選ぶことで費用を抑えることも可能になります

ブレーキパッドの交換だけを考えるとディーラーは少し割高なので避けたくなってしまいますが、ディーラーだとブレーキパッドの交換だけでなく、ブレーキフルードの補充やブレーキパッドの面取りといった、交換以外の整備もしっかりと行ってくれるようです。工賃が安いところは、ブレーキパッドの交換のみにして費用を抑えていると場合もあります。

車検でブレーキパッドの交換を勧められたら素直に応じた方が安心安全

車検の時にブレーキパッドの交換を勧められることがあります。車検ではブレーキパッドに関しての決まりなどはありませんが、ブレーキの効き具合はしっかりと検査をします。ブレーキパッドが少なくてブレーキが効きにくくなっている場合は、車検を通らない可能性も出てきます。

車検の時にブレーキパッドの交換を勧めらるのは、ブレーキパッドの厚みから考えて次の車検や点検まで持たないと考えられる場合です。ブレーキパッドはブレーキに関係する部分なので、車の安全性においてもとても重要です。ギリギリのところまで交換をしないと頑張るよりは、まだ少し余裕があるうちに交換をするようにしましょう。

ブレーキパッドが残量が5ミリ以下になったところで交換を勧められる場合もあります。5ミリなんでまだ半分しか減っていないと考えてしまいますが、次の車検の時までブレーキパッドが持たないと考えられた時に勧めてくることが多いです。どうしても納得ができない場合や、交換を先延ばししたいと考えているのなら、整備士に相談してみると良いです。
ブレーキパッドの交換だけをする場合は、車検時に交換するよりも工賃が高くなってしまうことが多いです。少しでも費用を抑えようと考えるのなら、車検時に交換した方が良いでしょう。

ブレーキパッドの交換はDIYでも可能だが避けた方が無難

ブレーキパッドの交換は自分でも行うことができますが、それなりの知識と工具の準備が必要です。ブレーキパッドの交換は、タイヤとホイールを外してからブレーキキャリパーの奥にあるブレーキパッドを取り替えます。これだけ聞くと簡単なように感じますし、自分で交換した方が費用も安く済ませることができますが、できるだけ整備工場などで行ってもらうようにしてください。

ブレーキパッドは安全性に関わるものなので自分で交換するのは避けるようにしましょう

実際に、ブレーキパッドの交換に挑戦してみたけれど、後から不具合が起きて結局は整備工場に依頼するということも多いようです。

ブレーキパッドの交換は車検や点検で勧められたタイミングで行うようにしましょう。ブレーキパッドの残量が少なくなると異音がしたり警告灯がつくので、その場合は直ぐに交換をするようにしてください。安全な走行のためにもブレーキパッドの交換はとても大切です。