注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。
ブレーキパットの交換については、推奨されている目安があるようですが、実際はどうなのでしょうか。交換するタイミングとは?
ブレーキパットは摩耗しますので、交換をしないととても危険です。
また、自分でDIYできるという話もありますが、知識がない人が費用を抑えようと自分で交換するは避けた方が無難です。プロにお任せしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか?逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

子供は幽霊が見える?子供が幽霊を見やすい理由と霊感の有無

子供からある日「幽霊が見える」と言われたらビックリしますよね。まさか…と半信半疑でも、まさか本当...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

年少児が幼稚園でストレスを感じてしまう原因と対処法

子供が毎日幼稚園に楽しく通ってくれると親は安心するものです。でも、年少さんはちょっと違います。...

赤ちゃんでも男の子と女の子には匂いの違いがある!臭い対策

赤ちゃんの匂いと言うと、「ミルクのような甘い香り」とか「お日さまの匂い」や「石けんの匂い」などと例え...

断乳【2日目】で痛い!どうしたら楽になる?断乳時の過ごし方

断乳の2日目は、ママは胸がカチカチで痛いし子どもはおっぱいを欲しがるしでてんやわんやですよね。...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

離乳食用の麦茶はいつまで保存できる?赤ちゃんのことを考えよう

離乳食が始まる頃から麦茶をあげるママも多いと思いますが、どのくらいの量をあげればいいのか、そして残っ...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

旦那が不機嫌だと無視をしてくる!そんなときの対処方法

旦那が不機嫌になると無視をしだす・・。何が原因なのかわかれば、話を聞くなり放っておくなり対処できます...

意地とプライドの違いとは?プライドの高い人との付き合い方

意地とプライドにはどのような違いがあるのでしょうか?自分では自覚がなくとも維持を張っていたり、プライ...

スポンサーリンク

車のブレーキパッドを交換するタイミング

車を点検に出した時や車検の時などに、ブレーキパッドの交換を勧められることがあります。点検費用には含まれていないため別料金になる上に、部品と交換をする作業料がかかるため意外と高額にもなります。ですがブレーキパッドは車のブレーキに関わる部分なので、交換しないと走行の安全性に問題が出てしまいます。

ブレーキパッドは新品で10ミリ前後の厚みがありますが、これはメーカーによって違いはあります。

ブレーキパッドはブレーキをかける度に摩耗していく消耗品

ある程度の薄さになったら交換をする必要があります。ブレーキパッドの厚みが1ミリ以下になってしまうとブレーキが正常に効かなくなる可能性が高くなり、安全ではなくなってしまいます。ブレーキパッドの交換の目安としては、厚さが3~4ミリ程度と考えると良いです。

整備工場などでもブレーキパッドの厚みが3~4ミリ程度になった時点で交換を勧めてくることが多いです。中には5ミリくらいで交換を勧められる場合もありますが、それは次の点検や車検まで持たないかもしれないと考えられるからです。

運転する頻度が多い場合や走行距離が多いほどブレーキパッドが減るペースも早くなる

ブレーキパッドは私たちが目で確認できるものではないので、車検などに出した時でしか残量を知ることができません。あまりに少なくなると異音がしてきますので、その場合はすぐに交換が必要です。

車のブレーキパッドの厚さと交換しないリスク

ブレーキパッドは新品の状態で10ミリ程度の厚みがあり、運転をする度にどんどん減っていきます。ブレーキパッドの厚みが1ミリ以下になってしまうと、ブレーキの効きが悪くなってしまいます。

ブレーキパッドの交換は2~3万キロを目安にすると良い

残りが3~4ミリ程度になった時点で交換することをおすすめします。

ブレーキパッドは一般的な走行で1万キロで1ミリ消耗すると考えられています。もちろん運転の仕方によって違いはあり、ブレーキを踏む回数が多い場合ほどブレーキパッドの減るペースも早くなります。同じ1万キロでも信号の多い街中を運転する場合と高速道路を走る場合とでは、減り具合も変わってくるでしょう。

ブレーキパッドの正確な残量はわからないので、点検の時などにブレーキパッドの残量を確認しておくと、交換時期の目安になります

ブレーキパッドの厚みが2ミリ程度になったところで、タイヤのあたりから金属音が聞こえてきます。これはブレーキパッドが薄くなっていることを知らせるために、あえて音が出るようになっています。キーとかゴーといった金属音が聞こえた場合は、すぐに交換するようにしましょう。車の種類によっては金属音ではなく、警告灯で知らせるタイプもあります。

ブレーキパッドが薄くなっていても交換をしないと、他の部品まで損傷させてしまい、ブレーキパッドの交換だけでは済まなくなってしまいます。他の部品の交換まで昼用になってしまうと費用も余計にかかってしまいます。ブレーキパッドの交換を勧められたタイミングで交換するようにしましょう。

車のブレーキパッドの交換方法と費用の目安

ブレーキパッドはディーラーや整備工場、カー用品店で交換することができます。費用は交換を依頼するところによって違いはありますが、ブレーキパッド代と工賃を合わせて2万円前後が多いようです。ブレーキパッドの交換をお願いする前に、見積もりをとって比較すると良いでしょう。

ブレーキパッドの交換にかかる費用をできるだけ抑えたいのなら、ディーラーよりもカー用品店の方が安い場合が多いようです。ディーラーでは純正品のブレーキパッドを使うことが多いようですが、カー用品店なら純正品以外のものを選ぶこともできます。ブレーキパッドの価格はメーカーなどによって違いがあり、中には純正品の半額以下のものもあります。

ブレーキパッドの交換するときは、ブレーキパッドを自分で選ぶことで費用を抑えることも可能になります

ブレーキパッドの交換だけを考えるとディーラーは少し割高なので避けたくなってしまいますが、ディーラーだとブレーキパッドの交換だけでなく、ブレーキフルードの補充やブレーキパッドの面取りといった、交換以外の整備もしっかりと行ってくれるようです。工賃が安いところは、ブレーキパッドの交換のみにして費用を抑えていると場合もあります。

車検でブレーキパッドの交換を勧められたら素直に応じた方が安心安全

車検の時にブレーキパッドの交換を勧められることがあります。車検ではブレーキパッドに関しての決まりなどはありませんが、ブレーキの効き具合はしっかりと検査をします。ブレーキパッドが少なくてブレーキが効きにくくなっている場合は、車検を通らない可能性も出てきます。

車検の時にブレーキパッドの交換を勧めらるのは、ブレーキパッドの厚みから考えて次の車検や点検まで持たないと考えられる場合です。ブレーキパッドはブレーキに関係する部分なので、車の安全性においてもとても重要です。ギリギリのところまで交換をしないと頑張るよりは、まだ少し余裕があるうちに交換をするようにしましょう。

ブレーキパッドが残量が5ミリ以下になったところで交換を勧められる場合もあります。5ミリなんでまだ半分しか減っていないと考えてしまいますが、次の車検の時までブレーキパッドが持たないと考えられた時に勧めてくることが多いです。どうしても納得ができない場合や、交換を先延ばししたいと考えているのなら、整備士に相談してみると良いです。
ブレーキパッドの交換だけをする場合は、車検時に交換するよりも工賃が高くなってしまうことが多いです。少しでも費用を抑えようと考えるのなら、車検時に交換した方が良いでしょう。

ブレーキパッドの交換はDIYでも可能だが避けた方が無難

ブレーキパッドの交換は自分でも行うことができますが、それなりの知識と工具の準備が必要です。ブレーキパッドの交換は、タイヤとホイールを外してからブレーキキャリパーの奥にあるブレーキパッドを取り替えます。これだけ聞くと簡単なように感じますし、自分で交換した方が費用も安く済ませることができますが、できるだけ整備工場などで行ってもらうようにしてください。

ブレーキパッドは安全性に関わるものなので自分で交換するのは避けるようにしましょう

実際に、ブレーキパッドの交換に挑戦してみたけれど、後から不具合が起きて結局は整備工場に依頼するということも多いようです。

ブレーキパッドの交換は車検や点検で勧められたタイミングで行うようにしましょう。ブレーキパッドの残量が少なくなると異音がしたり警告灯がつくので、その場合は直ぐに交換をするようにしてください。安全な走行のためにもブレーキパッドの交換はとても大切です。