注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、100均グッズを使えばサイズ調整が簡単にできるので安心して下さい。

今回は靴のサイズ調整におすすめの100均グッズやその使い方について説明します。まずは「つま先クッション」を使ってみましょう。見た目にも変わらないのでおすすめです。
また、次回靴を購入する時に失敗しないために、自分の足のサイズを測っておくようにしましょう。大きさだけではなく、足囲や足幅も測っておけば失敗しない買い物ができるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔のかさぶたを隠すメイク術、気になる部分は○○でカバー!

顔にかさぶたがあると、傷跡が気になって外出するのも嫌になってしまうもの。どうにか隠すことができれば嬉...

新生児一ヶ月で外出禁止とされている期間中の過ごし方と注意点

生まれてまだ日が浅い新生児一ヶ月頃までは外出禁止にした方がいいとされています。赤ちゃんが体調...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

外国語っぽい名前をつけたい!日本以外でも通用する名前とは

子供の名前を考える時、親として「将来世界で活躍するような子供になってほしい。」と外国人からも呼びやす...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。...

寝かしつけの方法は?9ヶ月の赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、夜泣きなどで夜に何度も目が冷めてしまったり、なかなかスムーズに寝てくれない...

離乳食を冷凍して持ち運びする場合の注意点について解説します

夏休みやお盆など夏の暑い時に帰省などで長時間移動するとなると、離乳食の持ち運びをどうするか悩んでしま...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

プラバンの作り方とは?オーブンを使ったプラバン作り

プラバンをオーブンで作る時はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。プラバンというと、トースターと...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

料理の盛り付けの資格、フードコーディネーターの資格や仕事

雑誌の写真や、テレビ番組などでキレイに盛り付けられた料理をみるとより美味しそうに感じますね。料理...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

お箸の持ち方が変な人の気持ちや変な人に思うことと正しい持ち方

あなたは正しくお箸を使うことができますか。なんと正しくお箸を使うことが出来るという人は、全体の○...

スポンサーリンク

靴のサイズ調整には、100均のつま先クッションを使ってみましょう

せっかく気に入って購入した靴のサイズが大きくて履けないというのはとても残念です。私も勢いで買った靴が大きくて困ってしまったことがあります。

  • 大きくかかとが脱げてしまう場合
  • つま先で対処法
    かかとが脱げてしまうのならかかとに何かを施したほうが良いのか、と思ってしまいますが、つま先の調整で対策できます。つま先に使う詰め物が100均で手軽に手に入れることができます。靴を脱ぐときもかかとの部分であれば見えず、中敷をつま先の状態に合わせて使うとさらに自然に見えるでしょう。
  • かかと対処法
    かかとにつける滑り止めシートというものも市販されていて多少の大きさならば対処できるという商品です。ただ靴を脱いだ時に見えてしまうということはありますが、はいている時は問題ありません。クッション部分もあるため私は子供の靴が大きい場合に靴擦れ防止にもつかっています。

100均の中敷きも靴のサイズ調整におすすめです

100均の中敷は種類が豊富で靴に合わせて使ってみましょう。

サイズ調整おすすめアイテム

100均の中敷きには色々な種類があり、靴の雰囲気に合わせられるほどの柄もあります。色も豊富で買った靴に合わせられるほどの種類があります。柄や色だけではなく、ジェルタイプで部分的に使えるタイプや、保温性を考えたもの、抗菌、防臭加工が施されているもの、足の裏の部分によって厚みを変えクッション性があるもの、包まれている感覚になるような外側が包むような作りになっているものなど機能が充実しているものも多くあります。

中敷には大きさも変えられるように足の大きさが書いてある紙が入っており、はさみで切って合わせることができます。自分の足に合わせて使えて安心価格のため、服やシーンに合わせて靴の中敷を変えるのもいいですね。

外出先などで急遽サイズ調整が必要になった場合の対処法

手軽に手に入りやすい、応急的に使える靴に詰めるアイテムを紹介します。

100均で手に入るアイテム

手芸用の綿

100均でも見かけますがもし家にあるようであれば手芸用の綿をつめてみましょう。つま先につめるだけで調整できます。また綿なので少しきついなと感じたら綿を減らし調整できます。脱いだ時に綿がついてしまう場合があるので脱ぐことがわかっている時は他の方法を考えましょう。

食器用スポンジ

綿がついてしまっては困るという場合はメイクスポンジで調整もできます。スポンジでもメイクの時細かい部分に使う三角のスポンジだと、大きさを変えるのには柔らかく使いやすいでしょう。

排水口ネット

排水口のストッキングタイプのネットは大きさも変えられ、ネットの成分がついてくる心配もあまりなく便利なアイテムになるでしょう。

サンダルのサイズ調整にも100均グッズが使えます

サンダルが大きいとつま先の方に負担がかかり靴擦れの原因にもなってしまいます。
サンダルの場合は中敷というわけにはいかないです。どんな方法で対処していくといいかお伝えします。

つま先用のサイズ調整アイテム

靴用とは違いつま先に敷く中敷があり、使うとつま先部分が滑りにくくあり歩きやすくなります。ジェルタイプで透明なものもあり目立たないので使いやすいです。かかと用のジェルパッドも市販されており滑りにくい作りのため、調整に使えるでしょう。

靴用調整バンド

大きな靴が脱げずらくなるようにシューズバンドというものもあります。透明なものや靴の色に合わせたもの、リボンがついているものなど色々なデザインのものがあります。靴下の厚さや素材をを替えたり、裏に滑り止めがついているものを履いて滑らないようにしてみたりその時の流行によりますが、靴下を履いて調整してみるのも寒い時期には暖かく、汗のかく時期には足のべたつき防止にも効果があります。

自分の足のサイズを理解して、靴を購入するようにしましょう

今は靴を購入する方法がいろいろありますが自分にあった靴を購入しであうのはなかなか難しいです。すこしでも満足いく靴に出会えるように購入の際に注意する点をまとめてみました。

  • 自分の足のサイズを知る
  • 足囲(そくい)を知る

日本では足囲を8つに分けられていて幅が細い方からAと表示され幅の一番広いものがEEEEと表示されています。この足囲は足の親指と小指の付け根の部分を一周した長さのもので測った後ワイズ表などで確認して購入することをお進めします。

靴のワイズ表には男性用、女性用、子供用とありますのでご注意ください。

靴選びのポイント

足幅を知る

足幅は親指付け根の骨が特に出ている部分と小指の付け根の骨が一番出ているところをメジャーでまっすぐ一周測ったサイズです。
この場合一番厚い部分が足幅とは限らず人によって違います。

足長を知る

かかとの一番出たところからつま先までの長さで靴のサイズと勘違いしがちなので注意しましょう。

足囲、足幅、足長を測っておくと購入する時に確認することができます。

  • 目安で買わず、必ず両足のためし履きをする。その場合は履いてそのままにせず店内を歩き回ってみましょう。
  • 足のむくみによる誇張は人によって違います、むくみで誇張していても歩くとむくみが取れる人、夕方むくんで来る人など色々です。自分の足を知り合わせてみましょう。
  • 素材によっては伸縮性のあるものや、履いていて序所になじんでいくものなどあるので使われている素材をみて購入しましょう。

購入の際ためし履きや素材を確認できない場合は特にしっかり計測し購入すると合うものが購入できるでしょう。