注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

パンやケーキを包丁で切るときのコツやポイント

パンやケーキを包丁で切るときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?いつも使っている包丁でパンやケーキを切ろうとすると、潰れてしまいがちですよね。

そんなときにオススメなのが、専用の包丁です。パンやケーキを切るときには専用の包丁を使うとお店のように切ることも夢ではありません。

また、家の包丁でも一手間を加えることで切りやすくなります。ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お寿司のネタの美味しい切り方!初心者向けお寿司の作り方入門

お寿司は外で食べるものというイメージがありますよね。家族で行く回転寿司は、美味しいスイーツのメニ...

PTAを退会したいという家庭への対応とPTAに対する考え方

PTAの役員として日々奮闘している保護者の方も多いと思います。PTAは任意というニュースが話...

ベビー布団の防水シーツは必要です。用意する物と敷き方を説明

赤ちゃんを迎える準備は出来ていますか?ベビー布団も用意していることと思いますが、ベビー布団は...

ギターの練習場所に困った時におすすめの場所と自宅での防音対策

ギターの練習をしたいと思っても、近所への音漏れが迷惑にならないかと不安になって、なかなか練習できない...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは...

8ヶ月の赤ちゃん【モグモグ期】が離乳食食べない理由と対処法

生後7、8ヶ月の赤ちゃんは離乳食中期のモグモグ期に入ります。赤ちゃんも食べることに少し慣れて...

【住所を調べる方法】名前だけわかっている場合はどうするべきか

「夫が浮気しているかもしれない。」相手の名前はわかっているけど、そこから住所を突き止めたい…。そんな...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

生後1ヶ月の外出・車で外出はOK?リスクや注意点を理解しよう

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて、車で外出することはOKなのでしょうか。赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎると外...

子供を叱る。そして激しく自己嫌悪。この悪循環を感じないためには

子供を叱るのはどうしてでしょう?世間のルールや常識を教えるためですよね?子どもは言わ...

幼稚園の水筒の容量は少な過ぎず、大き過ぎずなオススメの水筒

子供向けの水筒は色んな種類があって、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますね。まだ小さいので...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

レポートと感想文の書き方の違いとは?ポイントやコツを紹介

レポートを書いているつもりが読み返してみると、なぜか感想文のようになってしまうことはありませんか? ...

スポンサーリンク

洋包丁だとパンやケーキを切りやすい

さまざまなレシピサイトや、料理上手な人のインスタグラムなどを見ていると、パンやケーキの断面がとてもキレイなのが印象的ですよね。とくに具材のたっぷり入ったカラフルなサンドイッチなどは、上手く切らないと中の具材がはみ出てしまったり、パンの断面がボロボロになってしまったりするものです。そのお悩み、実はパンを切る時に使う包丁を変えただけで解決するかもしれません。

専用の包丁を使うとよりキレイにカットできる

パン

切る時は、普段料理に使う普通の包丁ではなく、パン専用のパン切りナイフを使いましょう。

普通の包丁とパン切りナイフの違いは、見た目だけですぐにわかります。パン切りナイフの刃は比較的まっすぐで、刃の全体が波のようにガタガタになっています。どちらかというと、普通の包丁のように真っ直ぐな形状の刃の方が、キレイに切れやすいように感じるかもしれませんが、このギザギザの刃をパンにあてて手前の方に引きながら切ることで、パンのふんわり感を潰さずにキレイな断面のままで切ることができるのです。

ケーキ

切る際にはやはり専用のケーキナイフを使うのがベストです。パン切りナイフと同様に、刃の部分がまっすぐではなく、細かいギザギザになっているのが特徴です。ケーキナイフの刃は薄くて平たいため、ケーキを切る際にも潰さずにキレイに切ることができるのです。

パンを包丁で切るときのポイント

たしかに、パンを潰さずにキレイに切るには専用のパン切り包丁を使うのが一番ですが、必ずしもみなさんのご自宅にあるとは限りませんよね?

市販の食パンなどはすでに5枚切りや6枚切りにカットされて販売されています。そのように自宅のホームベーカリーなどで食パンを焼いた際にも、できるだけキレイにカットしたいですね。専用のパン切り包丁がない時の方法を紹介します。ちょっとした工夫次第で、普通の包丁でも上手に食パンをカットすることができます。

包丁を温めながら切る

パンの厚みを均一にするためには、なるべくパンを潰さないようにして切る必要があります。そのためにはまず、パンをまな板の上に置き、切り目を入れたい面を上にします。下の方まで包丁を入れていくうちに厚みが変わってしまわないように、パンの下の方に竹串などを刺しておき、それを切る目安にすると良いでしょう。

これは意外かもしれませんが、実際に切る直前に包丁の刃を数秒間ガスの火で温めてから切ることで、よりキレイにカットすることができます。適度に包丁が温まったら、パンをなるべく潰さないように注意しながら細かく刃を動かしながら、少しずつ下までカットしていきます。

いつ切っていますか?パンを包丁でカットするタイミング

朝食前の時間帯は、どのご家庭でも毎朝慌ただしいものですよね。朝食用の食パンをカットする場合も、まだ家族が起きてくる前に、とりあえず早い段階で切り分けておくという方も多いのではないでしょうか?しかし、本当に食パンを美味しく召し上がるためには、このパンを包丁でカットするタイミングが重要なのをご存知でしたか?

食パンは食べる直前にカットするべき

食パンを包丁でカットするベストなタイミングは、実は食べる直前なのです。市販の食パンの中には、汗をかいて袋の内側に水滴のようなものが付いているのを見かけることがありますが、これは食パンの切り口から徐々に水分が抜けているという証拠。なるべく水分を保ちつつ、ベストな状態で食べるためには、カットしてからすぐに食べるのが一番でしょう。

朝は忙しくて、できるうちに済ませてしまいたいという気持ちはよくわかりますが、せっかくなら一番美味しく食べられるタイミングを逃したくありませんよね。

焼き立ての食パンを食べる時

最低でも焼き上がってから3時間以上が経過して、しっかりと粗熱が取れた状態になってからカットすることで、包丁でもキレイに切ることができますよ。

ケーキを包丁で切るときのコツ

お店に並んでいるケーキを見るたびに、どうしたらあんなふうに包丁でキレイに切れるんだろう?と、思う方も少なくないと思います。手作りのケーキや、大きなホールケーキを買ってきて自宅で切り分ける際には、ちょっとしたコツでキレイに切り分けることができるようになりますよ。

ケーキは包丁を温めながら切る

ケーキをキレイに切る際には、とくに専用の道具は用意しなくてもOKです。使うものは包丁とタオル、それに包丁を温める際に使う熱めのお湯です。

まずは、包丁を直接お湯に数秒間つけます。包丁を温めることで、包丁の触れた部分のクリームが溶けて、キレイな断面になります。
いちごの乗ったホールケーキの場合は、いちごの重みでスポンジ部分が潰れないように、いちごに包丁の刃をあてたら、小刻みに刃を動かして切ります。その下のスポンジ部分は非常に柔らかいので、あとはまっすぐそのまま包丁を動かさずに下までおろすだけで大丈夫です。

ケーキをお皿に移す際には、ケーキの底に包丁を入れて、ケーキが倒れないように軽く手を添えて移動させましょう。

包丁でケーキをキレイに切るためのひと手間

ケーキをできるだけキレイに切り分けるためには、他にもいくつかのポイントがあります。

ケーキをしっかりと冷やしておく

ケーキをカットする際には、包丁を温めながら行う方法をご紹介しましたが、これはその前にケーキに付いているクリーム自体がしっかりと冷えていることが前提となります。あまり冷えていない状態のままでケーキを切ろうとすると、どうしても形が崩れやすくなってしまいますので、包丁で切る直前まで冷やしておくようにしましょう。

包丁の代わりに糸でカットする

包丁でケーキをキレイに切る自信のない方は、糸を使ってケーキを切る方法もオススメです。その際は、ケーキの直径よりも長めで清潔な糸を用意して、ケーキの上からまっすぐに下に向かって糸をおろしていきながら切ることで、包丁で切るよりもキレイに切ることができます。

パンやケーキの美味しさは、味だけでなく見た目にも影響されますので、ぜひキレイにカットできる包丁の使い方をマスターしてみてくださいね。