注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

車のタイヤの空気入れすぎは危険?空気を入れすぎた時の抜き方

今まで自分で車のタイヤに空気を入れた経験がない人は、一体どのくらい空気をいれるのが適切な空気圧なのか分からないこともあります。空気を入れてから「空気入れすぎ?」と思うこともありますよね。

ここでは、車のタイヤに空気を入れすぎた時のタイヤの状態と車の乗り心地・適切な空気圧の調べ方についてお伝えします。

空気圧をチェックして、安全に車を走行させましょう。

また、空気を入れすぎてしまった時の抜き方についてもご紹介します。そちらも参考にして、タイヤの空気圧を調整しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

スピーチのネタの決め方!結婚式のスピーチのコツとマナーを解説

結婚式の友人代表のスピーチを頼まれた時、一体どんなネタでスピーチをすればいいのか悩むこともあります。...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

昼寝が長い時は起こすのが正解?寝続ける赤ちゃんの起こし方とは

昼寝が長いんだけど、起こしたほうがいいの?すやすや、気持ちよさそうに、まさに天使の寝顔で寝て...

日曜日が仕事でも保育園に預ける方法やダメなときの対処法とは

日曜日が仕事だと保育園に預けたいけど、なかなか難しい現状が多いですよね。基本的には保育園は日...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

旦那が怖い。動悸やめまいの症状は?改善策と対処法につてい

旦那が怖い。帰宅時間や週末になると、動悸や頭痛、めまいなどの体調不良が…旦那がキレて...

ピアノの練習しないからイライラ!自分から練習する魔法の言葉とは

ピアノの練習しないのは、本当にイライラしますよね?ピアノは週に1度、先生に見てもらうだけでは...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

焼肉の時に付く鉄板の焦げを簡単に落としたい!ポイントややり方

焼肉やバーベキューには欠かせない鉄板ですが、最後はどうしても焦げがついてしまいますね。楽しい...

お米5キロは一人暮らしだと何日もつか検証!安いのは断然自炊

一人暮らしで食費を節約したい!そんな時に思うのが、お米は何キロ買ったらいいの?5キロあったら何日...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

スポンサーリンク

車のタイヤに空気入れすぎ?入れすぎた時のタイヤの状態と車の乗り心地

車のタイヤに空気を入れすぎてしまった場合、タイヤや車の走りにどのような影響が及ぶのでしょうか。
ここでは、空気を入れすぎたタイヤの状態と、車の乗り心地がどのようなものになるのかを紹介したいと思います。

空気の入れすぎで良いことはありません

もしもこの記事を読んで、空気の入れすぎが疑われるような場合には、すぐに確認をして適正量に調整することをおすすめします。

空気を入れすぎたタイヤの状態

タイヤに空気が入りすぎてしまうと、タイヤがパンパンに膨らみ、地面に接するタイヤの面積が少なくなります。本来は、地面に真っ直ぐ接するべきタイヤが、タイヤの中央のみ地面に接するようになりので、タイヤの中央だけが摩耗し、劣化していきます。
タイヤの中央だけで車を支えることになるので、タイヤの寿命も短くなりますね。

空気を入れすぎた風船は、打ち合いをしていると割れてしまうことが多いと思います。
これは、手の衝撃をダイレクトに風船が吸収するためであり、タイヤにも同様のことが言えます。タイヤのクッション性が低くなり、走行中に受ける衝撃がタイヤにダイレクトに伝わるため、タイヤのバーストが起こりやすくなってしまうのです。

空気を入れすぎたタイヤの乗り心地について

パンパンに空気が入ったタイヤは、跳ねやすくなるので、走行中の乗り心地は良くありません。
跳ねるような走行をするだけではなく、地面に接する面積が低いことで滑りやすくなったり、ブレーキが効きにくくなったりすることもあります。
道路の状況や天候によっては、安全走行が出来ない場合もありますので注意が必要です。

車のタイヤの空気入れすぎに注意!適切な空気圧

タイヤに空気を入れすぎることが危険なことであることは、わかっていただけたと思います。

タイヤの空気圧は、適正空気圧を守るのが1番です

タイヤの空気は、走行距離や車の使用頻度に関わらず自然と抜けていくので、最低でも月に1回の点検は必要になります。
毎月の作業になりますので、自分でも空気圧をチェックできるように、知識を身に付けておくと良いでしょう。

タイヤの適正空気圧は、運転席のドアを開けた部分に貼られたラベルで確認することが出来ます。車のメーカーによっては、ラベルがなく取扱説明書に記載されている場合もありますので、まずは自分の車のどこに適正空気圧が表示されているのかを確認しましょう。
適正空気圧のメーカーや車の大きさによって様々です。
他人の車と自分の車の空気圧が同じだとは限らないので、注意してくださいね。

タイヤの空気を入れすぎたかチェックする方法

タイヤの空気圧を確かめる時に便利なのが、空気圧チェッカーです。
空気圧を入れるときには、ガソリンスタンドやカー用品店などを利用する方が多いと思います。その際のポイントを紹介します。

タイヤの空気圧の測定は「走行前の気温が低い時間」が最適

車を走らせてしまうと、タイヤ内の空気が膨張しますし、気温が高いことでも空気圧は自然と高くなります。
そのため、ガソリンスタンドまで車を走らせてしまうと、正しい空気圧が測れない可能性があるということなのです。

自宅に空気圧チェッカーがあれば、正しい空気圧を調べてから、ガソリンスタンドに向かうことができるので、適正量を補充することが可能です。
空気圧チェッカーの料金は、安いものから高いものまでいろいろありますが、壊れにくいものですし、中には緊急避難用のハンマー機能のあるものなど、様々です。車に1台積んでおけば安心ですので、お気に入りのものを探してみるとよいでしょう。

車のタイヤに空気入れすぎ?入れすぎた時の空気の抜き方

タイヤに空気が入りすぎてしまった場合には、抜きます。
入れてしまったらそれでおしまい、ではありませんので安心して下さい。

空気入れの種類によっては、プラスボタンで空気を入れて、マイナスボタンで空気を抜くなど、簡単に調整できるものもありますし、レバーの握る強さで出し入れができるものもあります。
メーターで空気圧を確認しながら調整できるので、正しく調整ができますよ。

空気入れを使わずにタイヤの空気を抜くことも可能

タイヤの空気を入れる、エアーバルブの中央には小さな突起がありますが、その部分を手で押すと空気が抜けます。
ただしこの方法は空気を抜くだけなので、抜きすぎてしまった場合には再度空気を入れに行かなくてはいけません。調整が難しいので、始めから空気入れを使って調整することをおすすめしたいと思います。

タイヤに空気を入れすぎないためのエアタンクの使い方

タイヤに空気を入れる際には、必ず車のエンジンを停止させてから行うようにしましょう。

ガソリンスタンドの場合には、スタッフにお願いすれば空気圧を無料で入れてくれる場合もありますが、基本的には自分で入れる必要があります。
空気入れをお借りして、自分の力で空気圧をチェックできるようにしておきましょう。

エアタンクは先程紹介したとおり、プラスボタンとマイナスボタン、またはレバーの握る強度によって空気を入れたり抜いたりして、適正空気圧に調整します。

中にはデジタル式やダイヤル式など、適正空気圧を機械に入れたら、機械が自動で空気入れを完了してくれるものもあります。
自分で空気を調整する必要がなく、適正空気圧だけ把握していれば簡単に作業ができるので、初心者でも安心して使うことができます。

自宅近くにあるガソリンスタンドや、カー用品店で空気入れを貸してくれるところがあるかどうか、事前に確認しておくともしもの時にも落ち着いて行動できます。
何度か行えば、作業手順にも慣れてきますので、積極的に挑戦してみてくださいね。