注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

チューリップの球根の掘り上げ・保存方法と植え付けの方法を解説

チューリップの花が終わった後は、球根を掘り上げて保存しておくことで、次のシーズンも綺麗な花を咲かせることができます。

ですが、チューリップの栽培初心者の人は、正しい掘り上げや保存方法の知識がないことが多いです。

ここでは、チューリップの球根を掘り上げて正しく保存する方法についてお伝えします。
球根の管理方法を知って保存することで、次のシーズンも綺麗なチューリップが咲くように管理を行いましょう。

暖かくなったころにチューリップが咲くことを楽しみにしながら、うまく管理してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターの巣箱は100均アイテムでも代用可能!巣箱の選び方

ハムスターの巣箱をペットショップで購入する前に、まずは100均を覗いてみませんか? ハムスター...

不安な気持ちを解消させるなら、音楽を聴いてみよう

日々の生活を送っていると、仕事や勉強、家事や育児、人間関係などさまざまな要因が重なって強いストレスを...

鎖骨をマッサージして小顔を目指そう!効果的なやり方とは

鎖骨をマッサージすると小顔になれる!?鎖骨をマッサージするときにはどんなことに気をつけたらいいのでし...

黒い服に付いたほこりの取り方!すぐにできる方法と外出先の対処

黒い服はいろいろなアイテムとも合わせやすく、誰もが1枚は持っていると思います。 しかし、黒い服は他...

ホットとアイスどっちを飲む?感じる気温で飲むコーヒーも変わる

ホットコーヒーを飲むかアイスコーヒーを飲むか決める時、人間は気温を目安にしてどちらを飲むか自然と決め...

雪道をスタッドレスなし走行するテクニックと走行時の注意点

ノーマルタイヤで出かけ、次の日雪が降っていた!ということもよくあります。 雪道をなんとかスタッ...

好きな人が留学!告白した方がいい?遠距離片思いを実らせる方法

好きな人が留学することになったら、告白した方が良いのか考えてしまいますよね。自分の気持ちを伝えたいけ...

潜在意識で恋愛成就!願いが叶った引き寄せの法則とは

潜在意識で恋愛成就! 願いが叶った! そうです。 アファメーションで、潜在意識にしっか...

韓国人男性はメイクや美容に意識が高い!メンズメイクの基本

韓国人男性の歌手を見て感じることは、「バッチリメイクしているなぁ」そう感じる人も多いのではないでしょ...

彼氏がカラオケに行きたくない理由とそんな彼への対処法

彼氏とのデートでカラオケに行く方も多いと思います。 あなたも彼氏もカラオケが大好きならば、お互...

ネット情報の正確性とメリット・デメリット!正確な情報の探し方

ネットには色々な情報が溢れています。果たしてその情報はすべて信用できるもので、正確な情報なのか気にな...

平安時代の貴族女性の生活の様子!服装・結婚・美しい女性の特徴

平安時代の貴族の女性が一体どんな生活をしていたのか気になる人もいますよね。毎日どんな風に1日を過ごし...

食べ過ぎで増えた体重はいつ戻る?体重よりも脂肪蓄積に注意

食べ放題やクリスマス、年末年始などは、どうしても食べ過ぎてしまって翌日体重を測って後悔してしまいます...

バーベキューの焼きそばは使い捨てのアルミ製品で片付け簡単

バーベキューに欠かせないメニューの一つに焼きそばがありますよね。 大人も子供も大好きで、家で食べる...

歌が下手に感じる原因ともっと上手く歌うための練習方法

あなたは歌が好きですか? 「大好きです!」と即答できる方も多いと思いますが、「歌はちょっと下手なの...

スポンサーリンク

チューリップの球根の保存方法・掘り上げのタイミング

一面のチューリップ畑の花がまだきれいに咲いているのに、花を摘み取られた形跡を見たことはありませんか?

咲いているのに摘み取ることには意味があります。それは栄養を蓄えた球根を採取するための作業で、花を摘み取ることで花が咲くために使われる栄養を球根に溜め込むのです。

しかし、一般的に園芸を楽しむ場合にはきれいに咲いた花が終わり、葉が枯れた頃を見計らって球根の掘り上げを行うのがおすすめです。

花が終わってからの球根の掘り上げと保存方法

  1. 花が終わったら葉は残して茎は切って取り除きます。
  2. 葉だけの状態になってからも週1回程度は液体肥料を与え、水やりも十分に行います。
  3. 葉が枯れてきたら球根を土から掘り出し、茎は球根のすぐ上で切っておきます。
  4. 土はきれいに落として風通しの良い状態で保管しましょう。ネットがお勧めです
  5. 植え付け時期までは、風通しがよく陰干しの状態で保管して下さい。

チューリップの球根正しい保存方法・掘り上げの方法について

チューリップの球根を掘り上げると、2~3個の球根に分かれいると思います。この球根をバラバラにすることを「分球(ぶんきゅう)」と言います。

あまり小さい球根は、植え付けても花を咲かせることができない可能性が高いため、大きい球根だけを残しましょう。

土を落とす場合は軍手などで優しく払い落とすようにします。水洗いをするという意見もありますが、球根が腐る原因になる可能性があるのであまりおすすめしません。もし水洗いした場合は、しっかりと水気を拭き取って余分な水分を残さないよう気をつけます。

複数の品種のチューリップや色違いのチューリップを育てている場合の保存方法

同品種・同色などでまとめておくと植え付けの時期にレイアウトを考えるのに便利です。

球根を入れたネットや袋に色や品種が分かりやすいようにタグなどをつけて管理するといいですね。

チューリップの球根を保存する時の正しい保存方法

チューリップの球根を保管している間に起こるトラブルとしては、湿度管理に失敗してカビたり腐ったりすることです。

きちんと保存したつもりでも、芽は出たものの花を咲かせることができない場合もあるのです。

チューリップの球根は、ネットなど通気性の高い物で保管

直射日光が当たらない涼しい日陰で乾燥させた状態を保ちましょう

ネットに入れて吊り下げておくのもいいのですが、落下には注意してください。球根は傷つくと発芽できなくなってしまうので、掘り上げ後の球根は優しく扱うのが鉄則です。

もともとチューリップの球根が保存できるのは2年程度と言われていますが、適切に保存を行い管理ができれば4年程度まで持たせることができ、植え付けて花を楽しむことができます。

保存していたチューリップの球根を植え付ける方法

チューリップの球根を植えるのは秋、10月の中頃から11月の初旬です。

球根は消毒してから植えるようにしましょう

植え付け直前に15分から20分ほど消毒液に浸けることで、サビダニが予防できます。

植える時は球根の大きさを目安にします。距離は球根1つ分ほど空けて、深さは球根2つ分程度です。

鉢やプランターを使用する場合

球根の上部が土の表面から2cm程度になるよう植えます。

前年も植えている場合は、土の使い回しはせずに新しい園芸用土を使いましょう。庭に植えている場合は、場所を変えるといいでしょう。その時に効果の持続期間が長い元肥肥料を土に混ぜ込んでください。

チューリップの球根は、寒い時期を過ごすことも必要

気温が高い状態が続くと発芽出来ない場合があります。

鉢植えであれば、屋外で直接日光が当たらない場所に置いておきます。

植え付けた後は、土の乾燥には要注意です。乾燥させないようこまめに水を与えることが必要です。

寒い時期にチューリップの芽が出てしまったら

チューリップは春の花ですが寒さにはとても強い一面があります。

天候不順などで本来はまだ発芽する時期ではないのに芽を出してしまった場合も、その後気温が上がってくれば順調に成長して花を咲かせてくれることがほとんどです。

それでも心配だという人や、寒冷地で低い気温が続くようなら軽く土で覆ってあげましょう。

チューリップは日光を好む花

日当たりの良い場所に植えると美しい花を咲かせてくれます。

鉢で管理している場合も、日中はよく日が当たる場所に置いてあげてください。

2月頃には発芽し始め、3月から4月に春の訪れとともに鮮やかな花を咲かせます。

背筋を伸ばして大振りな花を咲かせるチューリップは、多くの人が子供の頃から親しんでいる花。

子供の頃に使った文房具や雑貨などにデザインされていた記憶もあるのではないでしょうか。

そんな身近なチューリップは、比較的咲かせやすい花だと思います。環境がよければ一度植えて放っておいたら、翌年・翌々年も咲いたという話も聞きます。

品種改良で色や形のバリエーションも豊富になっているので、庭のレイアウトを考えるのも楽しいのではないでしょうか。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686