注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

シールの剥がし跡の取り方!試してみたい手軽で簡単な方法を紹介

子供が家で遊ぶ時に困ることといえば、テーブルやタンスなどの家具、床や壁などにシールを貼ることではないでしょうか。
「これも思い出のひとつ」と思って放置できれば良いのですが、かなり高価な家具だったり、賃貸のお部屋だったりした場合は、そのように簡単にはいきません。
また、新しい食器などを買ったときにも、値札シールが上手く剥がせなかった上に跡が残ってイライラした経験はないでしょうか?
シールを剥がした後に出来る剥がし跡を綺麗に取る取り方やシールを綺麗に剥がせる方法についてご紹介します。
他にも子供がよくする落書きのお掃除方法などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地震の液状化現象を再現する実験。自由研究のまとめ方

夏休みや冬休みの自由研究に地震を題材にした自由研究をしたいという方はいませんか?日本は地震大国とも言...

眉毛の長さや整え方!基本の美眉でナチュラル美人

メイクをするようになると、眉毛のお手入れもしっかりとしないと顔の印象がどうしても野暮ったく見えてしま...

アメリカの就労ビザを面接で合格して取得するためのコツとは

アメリカで働くには就労ビザを取得しなければなりませんが、そのためにはアメリカ大使館で面接に合格しなけ...

人間は睡眠に人生の3分の1の時間を費やしている

人間は睡眠を取らないと生きてはいけません。人間は人生の3分の1の時間を睡眠に費やしています。...

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

車を購入した場合の頭金などの入金の時期について徹底解説!

車を購入する場合、ローンを組む人もいれば全額現金で支払う人もいるでしょう。そこで気になるのが...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

陶器の人形を処分する方法は?感謝の気持ちを持つことが一番大切

押し入れに眠っている陶器の人形を処分したいけど、人形をそのままゴミに出すのは良くないのでは…と悩んで...

食べる罪悪感をなくすには?食べることに罪悪感を抱かない方法

食べることへの罪悪感をなくす方法ってありますか?どうして食べるのでしょうか?人間、食べ物...

メガネにマスクは曇るのが定番!曇らせない方法があります!

メガネをかけている人がマスクをするとあっという間に曇ることってよくありますね。メガネが無いと...

韓国人男性はメイクや美容に意識が高い!メンズメイクの基本

韓国人男性の歌手を見て感じることは、「バッチリメイクしているなぁ」そう感じる人も多いのではないでしょ...

化粧下地の正しいやり方を知って輝く肌を長持ち!塗り方や色選び

化粧下地は使っていますか?朝は時間がない、そもそも必要あるの?という方必見です!化粧下地...

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。でも毎日コテを使うとな...

都内で博物館デート!カップルにオススメな写真も撮れるスポット

デートがマンネリになってきた?何か新しいデートスポットはない?と思っていませんか?都内でデー...

髪の毛のお団子ヘアは短い髪でもできるコツで可愛くアレンジ

お団子ヘアの髪の毛ってとても可愛いくてオシャレですが、短い髪の毛でもできるのでしょうか?では...

スポンサーリンク

シールの剥がし跡を取るなら、こんな取り方があります

壁や家具に貼ったシールや食器の値札など、シールを剥がしても粘着剤のベタベタが残ってしまうことがあります。このシールの剥がし跡はなかなか取ることができず、イライラしてしまいます。

身近にあるもので剥がし跡を綺麗にすることが出来る

ハンドクリーム

ハンドクリームの油分がベタベタを剥がしやすくします。シールを剥がした後のベタベタした部分にハンドクリームをよく塗り込んでください。しばらく放置しておくと、ハンドクリームの油分で粘着剤が浮いてきますので、円を描くように擦って落とします。

消しゴム

消しゴムで擦ることでベタベタを取り除くことができます。根気よく少しずつ擦ってください。メラミンスポンジで擦っても同じように取ることができます。

ガムテープ

シールを剥がした後のベタベタしているところをガムテープでペタペタと叩いていきます。こうすることで、ガムテープの強い粘着力で剥がし跡を取り除くことができます。ガムテープの面を変えながら、根気よく続けてみてください。ハンドクリームも油分が気になったり水を使えないような家具には安心して取り除く方法です。

中性洗剤

台所用の中性洗剤を水で薄めたら、ベタベタの部分に染み込ませて取り除いてください。ベタベタが頑固な場合はラップを被せてしばらく放置してから取ります。ベタベタが取れたら、最後に水拭きをしてください。

シール剥がし液

市販のシール剥がし液を使うと簡単に取ることができます。ただし、シールを貼っている材質によっては使えない場合がありますので気をつけてください。

シールの剥がし跡の取り方には、こんなところに注意です

食器やキッチン用の道具などに貼ってあった値札も、きれいに剥がれずにベタベタが残ってしまうことがありますよね。

シール剥がし液の注意点

キッチン用品にはプラスチック製のものが多いですが、プラスチックにはシール剥がし液は使わないようにしましょう。シール剥がし液に含まれている成分がプラスチックを変色させたり、変質させることもあります。プラスチックの中でもスチレン系のものは変質の可能性が高くなります。購入したばかりなのにシール剥がし液を使ったばかりに変質させてしまい、使えなくなるのは残念です。プラスチック製にはシール剥がし液は使わないで、別の方法で取るようにしてください。

シールの剥がし跡を取る時にはついついカッターを使ってしまいがちですが、カッターの刃で壁や家具などを傷つけてしまいかねません。カッターを使う代わりにスクレーパーを使ってみてください。スクレーパーならカッターほど壁や家具を傷つける心配がなく、刃先もそれなりに鋭くできているので剥がし跡を削り取ることができます。スクレーパーを使うときも刃先で怪我をしないように気をつけてください。

シールの剥がし跡を残さないようにする取り方には、こんな方法もあります

シールを剥がすときに粘着剤が残らないように上手に剥がすことができれば、剥がし跡を取り除く手間も必要ありません。きれいに簡単にシールを剥がす方法をご紹介します。

ドライヤーを使った剥がし跡の解消法

シールの粘着剤にドライヤーで熱を加えることで、粘着成分がゆるんで剥がしやすくなります。方法はとても簡単です。剥がしたいシールにドライヤーの温風をあてます。30~60秒ほど温風をあてたところで、シールの端から剥がしてみてください。まだしっかりくっついているようなら、更に温風をあてて熱を加えます。剥がれ具合を見ながら行うようにしてください。温め過ぎても粘着成分がゆるみすぎて剥がしにくくなってしまいます。
シールを剥がすときは端からつまんで、ゆっくりとめくっていきます。粘着力が強く残っていたら、その部分に温風をあてて剥がしやすくしてください。
シールを貼っていた家具や壁などが熱に弱い材質の場合は使えない方法ですので、確かめた上で行うようにしましょう。

シール以外でも家具や床がベタベタするなら、こんな方法を

シールを剥がした後以外でも、家具や床などがベタベタしていることがありますよね。ダイニングテーブルはきれいに拭いているはずなので、気がつくとベタベタしていることがあります。拭いても拭いてもスッキリとはしない、何度も水拭きをしてもきれいに拭き取れない感じがして気になりますよね。

家具のベタベタの原因は油汚れ

ダイニングテーブルの上で直接油を使うようなことはなくても、料理をしているときの油を含んだ空気によって汚れてしまうのです。油による汚れなので、水拭きをしただけではスッキリと落とすことができないのです。

家具や床についた油汚れを落とすには重曹とクエン酸を使ってみてください

普段の掃除で重曹やクエン酸を使っている人ならすぐに試してみることができますよね。特に小さいお子さんやペットがいる家でも安心して使うことができますのでオススメの方法です。またテーブルに洗剤を使うことが不安な場合でも重曹とクエン酸なら心配ありません。

重曹水とクエン酸はそれぞれスプレーボトルに作っておくと便利です。ベタベタが気になった時にすぐに使うことができますし、テーブルを拭く度に使うとベタベタの予防にもなります。

重曹水の作り方
スプレーボトルに水を200mlと重曹を小さじ2杯入れて混ぜます。スプレーボトルを振って、重曹をしっかりと溶かしてください。

クエン酸水の作り方
スプレーボトルに水を200mlと重曹を小さじ1杯入れて混ぜてください。クエン酸は水に溶けやすいです。

ベタベタしているところに重曹水をスプレーしたら、布で拭き取ってください。重曹で油汚れを落とすことができます。拭き取ってもまだベタベタしている場合は、今度はクエン酸水をスプレーして拭き取ります。重曹は油汚れを落とすことができますが、重曹によってもベタベタすることがあります。この重曹によるベタベタをクエン酸で取り除きます。

子供に落書きされた壁や家具のお掃除方法をご紹介します

マジックやクレヨンなどによる落書きは、どうやって落としたらいいのか困りますよね。油性マジックは簡単に落とすことができないのに、子供は容赦なく家具や壁にも使います。

落書きの取り方

油性マジック

油性マジックは水拭きをしても取れませんよね。油性のものは油を使って落とすことができます。油は食品油を使うことができます。油性マジックの落書きの上にサラダ油を塗ってインクと馴染ませたら、ティッシュが乾いた布で拭き取ります。きれいに落ちるまで繰り返してください。
食品油の他に、クレンジングオイルを使うこともできます。ティッシュや布にクレンジングオイルを染み込ませたら、落書きの上からトントンと叩いてインクを落としていきます。

油の他にエタノールを使うこともできます。エタノールは消毒用のもので十分です。ティッシュや布にエタノールを染み込ませて、落書きの上からおさえてみてください。何度か繰り返していくうちに落とすことができます。

クレヨン

クレヨンは水拭きや消しゴムを使っても落とすことができません。クレヨンにも油が含まれているため、油性マジックを落とすときと同様に油を使って落とします。クレンジングオイルや食用油を使ってみてください。

水性ペン

水性ペンの場合は、インクが乾ききっていないうちなら水拭きで落とすことができます。落書きしているのを見つけたら、すぐに落とすようにしましょう。汚れが残ってしまう場合は、歯ブラシに歯磨き粉をつけてこするときれいになります。

鉛筆

鉛筆なら消しゴムで消すことができます。消しゴムを使うことが難しいところや、汚れが残ってしまう場合は重曹で擦ってみてください。鉛筆は簡単に落とすことができます。

シールの剥がし跡や家具のべたつき、子供の落書きなど、身近にあるもので簡単に落とすことができます。ポイントは汚れに合わせた落とし方をすることです。ここで紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。