注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

シールの剥がし跡の取り方!試してみたい手軽で簡単な方法を紹介

子供が家で遊ぶ時に困ることといえば、テーブルやタンスなどの家具、床や壁などにシールを貼ることではないでしょうか。
「これも思い出のひとつ」と思って放置できれば良いのですが、かなり高価な家具だったり、賃貸のお部屋だったりした場合は、そのように簡単にはいきません。
また、新しい食器などを買ったときにも、値札シールが上手く剥がせなかった上に跡が残ってイライラした経験はないでしょうか?
シールを剥がした後に出来る剥がし跡を綺麗に取る取り方やシールを綺麗に剥がせる方法についてご紹介します。
他にも子供がよくする落書きのお掃除方法などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

前髪を作りたいけど分かれる人必見!ブローのやり方を見直そう

ちゃんとした前髪を作りたい、ななめ前髪を作りたい…そう思っても分かれるからうまくできない、そんな悩み...

内巻きふんわりブローのやり方!ドライヤーを使った簡単テク

髪の毛を内巻きにする時には、ヘアアイロンを使う方も多いと思いますが、ドライヤーでもコツをつかめば、簡...

黒い服に付いたほこりの取り方!すぐにできる方法と外出先の対処

黒い服はいろいろなアイテムとも合わせやすく、誰もが1枚は持っていると思います。しかし、黒い服は他...

熱帯魚のヒーターが故障したときの緊急対策や備えと注意点

熱帯魚のヒーターの故障は熱帯魚を飼育する上でありえることです。しかし、はじめて熱帯魚を飼育し...

鎖骨をマッサージして小顔を目指そう!効果的なやり方とは

鎖骨をマッサージすると小顔になれる!?鎖骨をマッサージするときにはどんなことに気をつけたらいいのでし...

金持ちの息子の特徴【性格・見た目・恋愛】育つ環境の違いとは

金持ちの家庭に育った息子には、性格だけではなく、見た目や恋愛の傾向にも特徴があるそうです。で...

ベタの塩浴方法を解説!塩分濃度や塩浴方法・塩浴期間と注意点

飼育しているベタの体調が悪いときや元気がないときは、塩浴という方法で体調を回復させられることがありま...

地震の液状化現象を再現する実験。自由研究のまとめ方

夏休みや冬休みの自由研究に地震を題材にした自由研究をしたいという方はいませんか?日本は地震大国とも言...

ヘアカラーがプリンになった!セルフカラーでプリンを防ぐ方法

カラーリングした髪の毛が、時間が経ってプリンになってしまったとき、セルフカラーでプリンを防ぐ時はどの...

眉毛は切り方と長さを整えるコツを掴んで愛され美人眉になれる

眉毛の長さを整えるときには、眉毛の正しい切り方やそのコツを抑えておけば、誰でも愛され美人眉になれちゃ...

彼女が化粧テクでビフォーアフターの差が激しい時の彼氏の反応

「詐欺メイク」という言葉が流行るくらい、女性は化粧1つでビフォーアフターが全然違う時もあります。女性...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

ネット情報の正確性とメリット・デメリット!正確な情報の探し方

ネットには色々な情報が溢れています。果たしてその情報はすべて信用できるもので、正確な情報なのか気にな...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

スポンサーリンク

シールの剥がし跡を取るなら、こんな取り方があります

壁や家具に貼ったシールや食器の値札など、シールを剥がしても粘着剤のベタベタが残ってしまうことがあります。このシールの剥がし跡はなかなか取ることができず、イライラしてしまいます。

身近にあるもので剥がし跡を綺麗にすることが出来る

ハンドクリーム

ハンドクリームの油分がベタベタを剥がしやすくします。シールを剥がした後のベタベタした部分にハンドクリームをよく塗り込んでください。しばらく放置しておくと、ハンドクリームの油分で粘着剤が浮いてきますので、円を描くように擦って落とします。

消しゴム

消しゴムで擦ることでベタベタを取り除くことができます。根気よく少しずつ擦ってください。メラミンスポンジで擦っても同じように取ることができます。

ガムテープ

シールを剥がした後のベタベタしているところをガムテープでペタペタと叩いていきます。こうすることで、ガムテープの強い粘着力で剥がし跡を取り除くことができます。ガムテープの面を変えながら、根気よく続けてみてください。ハンドクリームも油分が気になったり水を使えないような家具には安心して取り除く方法です。

中性洗剤

台所用の中性洗剤を水で薄めたら、ベタベタの部分に染み込ませて取り除いてください。ベタベタが頑固な場合はラップを被せてしばらく放置してから取ります。ベタベタが取れたら、最後に水拭きをしてください。

シール剥がし液

市販のシール剥がし液を使うと簡単に取ることができます。ただし、シールを貼っている材質によっては使えない場合がありますので気をつけてください。

シールの剥がし跡の取り方には、こんなところに注意です

食器やキッチン用の道具などに貼ってあった値札も、きれいに剥がれずにベタベタが残ってしまうことがありますよね。

シール剥がし液の注意点

キッチン用品にはプラスチック製のものが多いですが、プラスチックにはシール剥がし液は使わないようにしましょう。シール剥がし液に含まれている成分がプラスチックを変色させたり、変質させることもあります。プラスチックの中でもスチレン系のものは変質の可能性が高くなります。購入したばかりなのにシール剥がし液を使ったばかりに変質させてしまい、使えなくなるのは残念です。プラスチック製にはシール剥がし液は使わないで、別の方法で取るようにしてください。

シールの剥がし跡を取る時にはついついカッターを使ってしまいがちですが、カッターの刃で壁や家具などを傷つけてしまいかねません。カッターを使う代わりにスクレーパーを使ってみてください。スクレーパーならカッターほど壁や家具を傷つける心配がなく、刃先もそれなりに鋭くできているので剥がし跡を削り取ることができます。スクレーパーを使うときも刃先で怪我をしないように気をつけてください。

シールの剥がし跡を残さないようにする取り方には、こんな方法もあります

シールを剥がすときに粘着剤が残らないように上手に剥がすことができれば、剥がし跡を取り除く手間も必要ありません。きれいに簡単にシールを剥がす方法をご紹介します。

ドライヤーを使った剥がし跡の解消法

シールの粘着剤にドライヤーで熱を加えることで、粘着成分がゆるんで剥がしやすくなります。方法はとても簡単です。剥がしたいシールにドライヤーの温風をあてます。30~60秒ほど温風をあてたところで、シールの端から剥がしてみてください。まだしっかりくっついているようなら、更に温風をあてて熱を加えます。剥がれ具合を見ながら行うようにしてください。温め過ぎても粘着成分がゆるみすぎて剥がしにくくなってしまいます。
シールを剥がすときは端からつまんで、ゆっくりとめくっていきます。粘着力が強く残っていたら、その部分に温風をあてて剥がしやすくしてください。
シールを貼っていた家具や壁などが熱に弱い材質の場合は使えない方法ですので、確かめた上で行うようにしましょう。

シール以外でも家具や床がベタベタするなら、こんな方法を

シールを剥がした後以外でも、家具や床などがベタベタしていることがありますよね。ダイニングテーブルはきれいに拭いているはずなので、気がつくとベタベタしていることがあります。拭いても拭いてもスッキリとはしない、何度も水拭きをしてもきれいに拭き取れない感じがして気になりますよね。

家具のベタベタの原因は油汚れ

ダイニングテーブルの上で直接油を使うようなことはなくても、料理をしているときの油を含んだ空気によって汚れてしまうのです。油による汚れなので、水拭きをしただけではスッキリと落とすことができないのです。

家具や床についた油汚れを落とすには重曹とクエン酸を使ってみてください

普段の掃除で重曹やクエン酸を使っている人ならすぐに試してみることができますよね。特に小さいお子さんやペットがいる家でも安心して使うことができますのでオススメの方法です。またテーブルに洗剤を使うことが不安な場合でも重曹とクエン酸なら心配ありません。

重曹水とクエン酸はそれぞれスプレーボトルに作っておくと便利です。ベタベタが気になった時にすぐに使うことができますし、テーブルを拭く度に使うとベタベタの予防にもなります。

重曹水の作り方
スプレーボトルに水を200mlと重曹を小さじ2杯入れて混ぜます。スプレーボトルを振って、重曹をしっかりと溶かしてください。

クエン酸水の作り方
スプレーボトルに水を200mlと重曹を小さじ1杯入れて混ぜてください。クエン酸は水に溶けやすいです。

ベタベタしているところに重曹水をスプレーしたら、布で拭き取ってください。重曹で油汚れを落とすことができます。拭き取ってもまだベタベタしている場合は、今度はクエン酸水をスプレーして拭き取ります。重曹は油汚れを落とすことができますが、重曹によってもベタベタすることがあります。この重曹によるベタベタをクエン酸で取り除きます。

子供に落書きされた壁や家具のお掃除方法をご紹介します

マジックやクレヨンなどによる落書きは、どうやって落としたらいいのか困りますよね。油性マジックは簡単に落とすことができないのに、子供は容赦なく家具や壁にも使います。

落書きの取り方

油性マジック

油性マジックは水拭きをしても取れませんよね。油性のものは油を使って落とすことができます。油は食品油を使うことができます。油性マジックの落書きの上にサラダ油を塗ってインクと馴染ませたら、ティッシュが乾いた布で拭き取ります。きれいに落ちるまで繰り返してください。
食品油の他に、クレンジングオイルを使うこともできます。ティッシュや布にクレンジングオイルを染み込ませたら、落書きの上からトントンと叩いてインクを落としていきます。

油の他にエタノールを使うこともできます。エタノールは消毒用のもので十分です。ティッシュや布にエタノールを染み込ませて、落書きの上からおさえてみてください。何度か繰り返していくうちに落とすことができます。

クレヨン

クレヨンは水拭きや消しゴムを使っても落とすことができません。クレヨンにも油が含まれているため、油性マジックを落とすときと同様に油を使って落とします。クレンジングオイルや食用油を使ってみてください。

水性ペン

水性ペンの場合は、インクが乾ききっていないうちなら水拭きで落とすことができます。落書きしているのを見つけたら、すぐに落とすようにしましょう。汚れが残ってしまう場合は、歯ブラシに歯磨き粉をつけてこするときれいになります。

鉛筆

鉛筆なら消しゴムで消すことができます。消しゴムを使うことが難しいところや、汚れが残ってしまう場合は重曹で擦ってみてください。鉛筆は簡単に落とすことができます。

シールの剥がし跡や家具のべたつき、子供の落書きなど、身近にあるもので簡単に落とすことができます。ポイントは汚れに合わせた落とし方をすることです。ここで紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。