注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロボロになったりカスが出て掃除が大変ですね。

そこで発泡スチロールをスムーズに簡単に切る方法を紹介します。

まずは自宅にある物を使って簡単にカットする切り方やコツをご覧ください。

また発泡スチロールを簡単にカットする専用の道具があります。
価格は様々で100円ショップにある物や、電源を必要とする物、本格的な物など色々あります。

用途によって使い分けると便利でしょう。様々な道具とその特徴や使い方を紹介します。使用する際は十分に注意して取り扱いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

保育園の服装について!1歳ならこんな洋服!着替えもチェック

1歳くらいになって歩きはじめる頃、保育園にはどんな服装で行ったらいいのか悩んでいませんか?た...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

離乳食用の麦茶はいつまで保存できる?赤ちゃんのことを考えよう

離乳食が始まる頃から麦茶をあげるママも多いと思いますが、どのくらいの量をあげればいいのか、そして残っ...

18週のエコーで赤ちゃんの性別がわかる?性別が決まる判断基準

赤ちゃんを妊娠中のママの中には、お腹の赤ちゃんの性別が気になる人もいますよね。妊娠18週前後になると...

幼稚園のクラス替えに不満!クラスの決め方とそれを乗り切る方法

幼稚園のクラス替えの後、自分の子供のクラスに不満が出てしまうこともありますよね。仲良しのお友達とクラ...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

父子家庭の子供の心理と特徴・性格は?父子家庭が抱える悩み

何らかの事情で妻と別れることになり、自分が子供を育てることになったという父親もいますよね。最近では、...

赤ちゃんはタオルが大好き!寝るときに役立つタオル活用方法

赤ちゃんが寝るときにはどんなものがあったら便利なのでしょうか?とくにおすすめなのがタオルです。寝かし...

4ヶ月で体重が少ない赤ちゃん!4ヶ月頃の赤ちゃんの成長の目安

赤ちゃんが生後4ヶ月くらいになり、平均と比べて体重が少ないのではないかと不安を感じているママもいます...

ロングスカートで自転車に乗る時に使える裏技をご紹介

女性に人気のロングスカート。通学や通勤で自転車を利用しているからといって、ロングスカートが履けないの...

保育園の迎えの前に買い物するのはダメなワケと現場の声とは

子供を保育園に預けて、毎日働いて疲れているママさんも多いですね。仕事が終わって、子供を園まで...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

家で出来る趣味は沢山。男性ならではのカッコいい趣味とは

趣味が欲しいと思っても、運動やアウトドアは好きじゃないという人もいるでしょう。そんな方には家...

音楽の才能の見極め方や子供の才能を伸ばすポイントとは

子供に音楽の才能があるかどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?子供に小さいうちから...

1歳半で絵本に興味ない子供!興味を持ってもらう方法と対処法

1歳半なのに絵本に全く興味ない様子の子供。他のお友達はきちんと座って集中できるのに、うちの子供だけ絵...

スポンサーリンク

自宅にある物で簡単に。発泡スチロールの切り方とコツ

発泡スチロールは、自宅にあるものを使って簡単に切ることが出来ます。

それは「包丁」です。

包丁を使うことによって、実は簡単に発泡スチロールを切ることが出来るんです。

カッターと同じように、包丁をそのまま発泡スチロールに当ててしまうと発泡スチロールがぼろぼろになったりカスが出てしまいます。
では、どうしたらいいかと言うと、包丁を「温めて」から使うんです。

包丁を少し温めてから発泡スチロールを切ることによって、発泡スチロールがぼろぼろになってしまったりカスが出てしまうことがありません。

しかし、この方法には注意点もあります。
発泡スチロールを切る際に使用する包丁は、熱を加えても大丈夫な金属製のものを使用するようにしましょう。
包丁によってはプラスチックなどの熱に弱い素材で出来ているものもあります。
包丁の素材を確認をしてから熱を加えるようにしてください。
そして、包丁を温めるときにはやけどに気をつけてください。

自宅にあるもので簡単に発泡スチロールを切れるのは良いですが、いつもの料理で使っている包丁を発泡スチロールを切るのに抵抗がある人もいるでしょう。
どうしてカッターで発泡スチロールを切ってはいけないのでしょうか?
その理由についても説明していきます。

発泡スチロールの切り方。カッターはNGな理由

普通のカッターを使用して発泡スチロールを切ろうとすると、カスが飛び散ってしまったり、断面がボロボロになってしまいます。
そして、カッターで発泡スチロールを切っていると嫌な音も出るので、発泡スチロールを切りたくないという人も多いでしょう。
しかし、カッターはカッターでも、発泡スチロールカッターを使用すればこれらの悩みを解決することが出来るんです。
発泡スチロールカッターは、発泡スチロールを切る専用のカッターです。
発泡スチロールカッターの特徴としては、糸状のヒーターが発熱することによって発泡スチロールを切りやすくしてくれる特徴があります。
発泡スチロールカッターを使用すれば切った断面がボロボロすることもなく嫌な音が出ることもないので、発泡スチロールを切るときにはおすすめです。

そして、発泡スチロールカッターを購入するのであれば、こんなところに注意をして選んでみてください。

発泡スチロールカッターの大きさ

発泡スチロールカッターの大きさは小さいものや大きめのものまで様々なものがあります。
そのため、どの大きさの発泡スチロールカッターを選んだらいいか悩む人は多いのです。
そんなときにどのようなサイズの発泡スチロールカッターを選べばいいかと言うと、使用用途によって決めるのが一番です。
小さい発泡スチロールを切るために使いたいのであれば、小さめの発泡スチロールカッターを選んだほうが使いやすいでしょう。
大きい発泡スチロールを切りたい場合には、幅が大き目の発泡スチロールカッターを使うとスムーズに切ることが出来ます。

熱タイプの発泡スチロールカッターの電源

熱線に電気が通ることによって熱くなる発泡スチロールカッターは、電気が必要になります。
発泡スチロールカッターによって、この電源は異なります。
主に電池式のものと、コンセント式のものになります。
電池式のものであれば、どんな場所でも発泡スチロールを切ることが出来ます。
コンセント式のものであれば、パワーがありますしコンセントに繋げば電気が切れることはありませんので長い時間使うことが出来ます。
使いやすい方を選んでみてください。

発泡スチロールが簡単に切れるのは専用カッター。切り方を比較

発泡スチロールカッターは、実は100円ショップで購入することが出来ます。
100円であれば、気軽に試すことも出来るので一度見てみてください。
100円ショップには普通のカッターも売っていますが、やはり普通のカッターで発泡スチロールを切ろうとするとキレイに切ることは出来ません。
100円ショップに売っている発泡スチロールカッターなら、キレイに発泡スチロールを切ることが出来ます。
発泡スチロールをキレイに切りたいときには、専用のカッターを選ぶようにしましょう。

カッターに特徴があるので、切り方が簡単な道具

発泡スチロールカッターには、熱が出ることによってキレイに切ることの出来るカッターもありますが、熱を出すことなくキレイに発泡スチロールを切ることのできる発泡スチロールカッターもあります。
熱を使用しない発泡スチロールカッターであれば熱でやけどをする心配が無いですし、発泡スチロールに当てたときに出る臭いも気になりません。
ホームセンターなどを見てみると、熱が出ない発泡スチロールカッターを売っている場合があるので見てみてください。

スチロールカッターを使うと簡単。使い方や切り方

発泡スチロールカッターは、実際に電気を通すと約200℃くらいにまで温度が上がります。
熱せられた細い熱線で発泡スチロールを焼き切ることによって、キレイに発泡スチロールが切れる仕組みになっています。
もしも、発泡スチロールを好きな形に切りたいときには、発泡スチロールにうすく線を引いたりしておくと、発泡スチロールカッターで好きな形を作りやすくなります。
発泡スチロールを使った工作などにも使えますので、試してみてください。