注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロボロになったりカスが出て掃除が大変ですね。

そこで発泡スチロールをスムーズに簡単に切る方法を紹介します。

まずは自宅にある物を使って簡単にカットする切り方やコツをご覧ください。

また発泡スチロールを簡単にカットする専用の道具があります。
価格は様々で100円ショップにある物や、電源を必要とする物、本格的な物など色々あります。

用途によって使い分けると便利でしょう。様々な道具とその特徴や使い方を紹介します。使用する際は十分に注意して取り扱いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

教育実習の服装〔女性編〕服装の選び方と注意点

教員免許を取る時に経験する教育実習ですが、女性は特にどんな服装にすべきか悩みます。スーツがベ...

尊敬と恋愛の違いについて。この気持をはっきりさせるには

尊敬と恋愛の違いについて考えてみました。「尊敬=恋愛感情」ではありません。相手に対し...

猫の餌付けを止めさせるための効果的な対策方法を教えます

猫はかわいいとは言え、野良猫に餌付けしている人が近所にいると迷惑に感じることもありますよね。...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

ピアノを子供が弾かない、練習しないときの対処方法やポイント

ピアノのレッスンがあるのに、子供がまったく練習しないとお母さんのほうがイライラしてしまいますよね。...

車のトラブルで喧嘩に発展しそうな時は車外に出てはいけない

車によるトラブルは喧嘩に発展しやすく、最近はあおり運転による逮捕者が出るほど深刻化しています。...

生後2週間の赤ちゃんが寝ない!原因は魔の3週目?新生児の育児

それまではよく眠っていたのに、生後2週間を過ぎた頃から赤ちゃんが寝なくなってしまう・ぐずるようになっ...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

カレーの具材を炒める理由と美味しく作るためのコツとは

カレーを作るときに具材を先に炒める理由についてご存知でしょうか?カレーを美味しく作るためには...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

女性がスカートを履く理由やスカートにまつわる歴史とは

女性がスカートを履くことには理由があるのか気になりますよね。女性のスカートには長さや形に違い...

ラーメンのスープを飲み干すのは危険!どうしても飲みたい時は

ラーメンのスープを飲み干す派ですか?それとも飲み干さない派ですか?最近、健康が気になるお年頃のあなた...

ストローの練習がしたい! 5ヶ月頃から始める時のコツがある!

ストローの練習はどのくらいの時期がいいのでしょう?多くの場合は6ヶ月と書かれていますが、5ヶ...

スポンサーリンク

自宅にある物で簡単に。発泡スチロールの切り方とコツ

発泡スチロールは、自宅にあるものを使って簡単に切ることが出来ます。

それは「包丁」です。

包丁を使うことによって、実は簡単に発泡スチロールを切ることが出来るんです。

カッターと同じように、包丁をそのまま発泡スチロールに当ててしまうと発泡スチロールがぼろぼろになったりカスが出てしまいます。
では、どうしたらいいかと言うと、包丁を「温めて」から使うんです。

包丁を少し温めてから発泡スチロールを切ることによって、発泡スチロールがぼろぼろになってしまったりカスが出てしまうことがありません。

しかし、この方法には注意点もあります。
発泡スチロールを切る際に使用する包丁は、熱を加えても大丈夫な金属製のものを使用するようにしましょう。
包丁によってはプラスチックなどの熱に弱い素材で出来ているものもあります。
包丁の素材を確認をしてから熱を加えるようにしてください。
そして、包丁を温めるときにはやけどに気をつけてください。

自宅にあるもので簡単に発泡スチロールを切れるのは良いですが、いつもの料理で使っている包丁を発泡スチロールを切るのに抵抗がある人もいるでしょう。
どうしてカッターで発泡スチロールを切ってはいけないのでしょうか?
その理由についても説明していきます。

発泡スチロールの切り方。カッターはNGな理由

普通のカッターを使用して発泡スチロールを切ろうとすると、カスが飛び散ってしまったり、断面がボロボロになってしまいます。
そして、カッターで発泡スチロールを切っていると嫌な音も出るので、発泡スチロールを切りたくないという人も多いでしょう。
しかし、カッターはカッターでも、発泡スチロールカッターを使用すればこれらの悩みを解決することが出来るんです。
発泡スチロールカッターは、発泡スチロールを切る専用のカッターです。
発泡スチロールカッターの特徴としては、糸状のヒーターが発熱することによって発泡スチロールを切りやすくしてくれる特徴があります。
発泡スチロールカッターを使用すれば切った断面がボロボロすることもなく嫌な音が出ることもないので、発泡スチロールを切るときにはおすすめです。

そして、発泡スチロールカッターを購入するのであれば、こんなところに注意をして選んでみてください。

発泡スチロールカッターの大きさ

発泡スチロールカッターの大きさは小さいものや大きめのものまで様々なものがあります。
そのため、どの大きさの発泡スチロールカッターを選んだらいいか悩む人は多いのです。
そんなときにどのようなサイズの発泡スチロールカッターを選べばいいかと言うと、使用用途によって決めるのが一番です。
小さい発泡スチロールを切るために使いたいのであれば、小さめの発泡スチロールカッターを選んだほうが使いやすいでしょう。
大きい発泡スチロールを切りたい場合には、幅が大き目の発泡スチロールカッターを使うとスムーズに切ることが出来ます。

熱タイプの発泡スチロールカッターの電源

熱線に電気が通ることによって熱くなる発泡スチロールカッターは、電気が必要になります。
発泡スチロールカッターによって、この電源は異なります。
主に電池式のものと、コンセント式のものになります。
電池式のものであれば、どんな場所でも発泡スチロールを切ることが出来ます。
コンセント式のものであれば、パワーがありますしコンセントに繋げば電気が切れることはありませんので長い時間使うことが出来ます。
使いやすい方を選んでみてください。

発泡スチロールが簡単に切れるのは専用カッター。切り方を比較

発泡スチロールカッターは、実は100円ショップで購入することが出来ます。
100円であれば、気軽に試すことも出来るので一度見てみてください。
100円ショップには普通のカッターも売っていますが、やはり普通のカッターで発泡スチロールを切ろうとするとキレイに切ることは出来ません。
100円ショップに売っている発泡スチロールカッターなら、キレイに発泡スチロールを切ることが出来ます。
発泡スチロールをキレイに切りたいときには、専用のカッターを選ぶようにしましょう。

カッターに特徴があるので、切り方が簡単な道具

発泡スチロールカッターには、熱が出ることによってキレイに切ることの出来るカッターもありますが、熱を出すことなくキレイに発泡スチロールを切ることのできる発泡スチロールカッターもあります。
熱を使用しない発泡スチロールカッターであれば熱でやけどをする心配が無いですし、発泡スチロールに当てたときに出る臭いも気になりません。
ホームセンターなどを見てみると、熱が出ない発泡スチロールカッターを売っている場合があるので見てみてください。

スチロールカッターを使うと簡単。使い方や切り方

発泡スチロールカッターは、実際に電気を通すと約200℃くらいにまで温度が上がります。
熱せられた細い熱線で発泡スチロールを焼き切ることによって、キレイに発泡スチロールが切れる仕組みになっています。
もしも、発泡スチロールを好きな形に切りたいときには、発泡スチロールにうすく線を引いたりしておくと、発泡スチロールカッターで好きな形を作りやすくなります。
発泡スチロールを使った工作などにも使えますので、試してみてください。