注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

発泡スチロールの切り方と簡単に切る便利な道具の使い方や特徴

発泡スチロールを切る時にカッターを使って切ろうろすると、ひっかいたような嫌な音がしますし、断面がボロボロになったりカスが出て掃除が大変ですね。

そこで発泡スチロールをスムーズに簡単に切る方法を紹介します。

まずは自宅にある物を使って簡単にカットする切り方やコツをご覧ください。

また発泡スチロールを簡単にカットする専用の道具があります。
価格は様々で100円ショップにある物や、電源を必要とする物、本格的な物など色々あります。

用途によって使い分けると便利でしょう。様々な道具とその特徴や使い方を紹介します。使用する際は十分に注意して取り扱いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グッピーの水槽掃除の頻度は?水換えや掃除のコツ・汚れる原因

グッピーの飼育をはじめたばかりの人は、水槽の掃除をどのくらいの頻度で行えば良いか、掃除のコツにはどん...

ご飯とお菓子どっちが太るか問題!〇〇だけでは生きていけない

ご飯とお菓子、どっちが太る?この疑問は万人に共通する答えってないですね。ごめんなさい…。...

1歳7ヶ月の子供の体重が重い!平均体重と肥満体重・対処法

子育て中のママの中には、赤ちゃんの体重増加について頭を悩ませている人もいますよね。同じ年齢の子供...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

ボウリングの練習は自宅でも簡単に出来る!方法と上達のコツとは

ボウリングは子供から大人まで楽しめる娯楽でもあり、スポーツでもありますね。ボウリングが上手く...

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?...

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

大学のグループに入れない。グループに入るきっかけとは

大学のグループに入れないときには、どんな「きっかけ」が必要なのでしょうか?なかなか自分から話...

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

連絡先を聞く時の敬語の使い方!失礼にならない敬語のマナー

ビジネスシーンなどで相手に連絡先を聞くとき、きちんとした敬語を使うことができているか心配になることも...

庭を遊び場にDIYする時に参考にしてほしいアイデア特集

殺風景な家の庭を、子供が喜ぶような遊び場にDIYで変身させたい!そんな方も多いのではないでしょうか。...

テレビを見ない子供は良い子に育つ?メリット・デメリット

テレビを見ない子供のほうが頭が良くなる?落ち着きのある子供になりやすい?テレビやゲームなどは...

夫が怖い。怒鳴ると萎縮してしまうあなたは〇〇被害者

夫のことが怖いと感じる。怒鳴ると萎縮してしまうし、夫を怒鳴らせる自分はものすごく悪いのだと自分を...

赤ちゃんをママ一人でお風呂に入れるコツ【生後6ヶ月】

生後6ヶ月の赤ちゃんは首もしっかりとしてきて、新生児の頃のフニャフニャ感がなくなり、お風呂に入れやす...

【住所を調べる方法】名前だけわかっている場合はどうするべきか

「夫が浮気しているかもしれない。」相手の名前はわかっているけど、そこから住所を突き止めたい…。そんな...

スポンサーリンク

自宅にある物で簡単に。発泡スチロールの切り方とコツ

発泡スチロールは、自宅にあるものを使って簡単に切ることが出来ます。

それは「包丁」です。

包丁を使うことによって、実は簡単に発泡スチロールを切ることが出来るんです。

カッターと同じように、包丁をそのまま発泡スチロールに当ててしまうと発泡スチロールがぼろぼろになったりカスが出てしまいます。
では、どうしたらいいかと言うと、包丁を「温めて」から使うんです。

包丁を少し温めてから発泡スチロールを切ることによって、発泡スチロールがぼろぼろになってしまったりカスが出てしまうことがありません。

しかし、この方法には注意点もあります。
発泡スチロールを切る際に使用する包丁は、熱を加えても大丈夫な金属製のものを使用するようにしましょう。
包丁によってはプラスチックなどの熱に弱い素材で出来ているものもあります。
包丁の素材を確認をしてから熱を加えるようにしてください。
そして、包丁を温めるときにはやけどに気をつけてください。

自宅にあるもので簡単に発泡スチロールを切れるのは良いですが、いつもの料理で使っている包丁を発泡スチロールを切るのに抵抗がある人もいるでしょう。
どうしてカッターで発泡スチロールを切ってはいけないのでしょうか?
その理由についても説明していきます。

発泡スチロールの切り方。カッターはNGな理由

普通のカッターを使用して発泡スチロールを切ろうとすると、カスが飛び散ってしまったり、断面がボロボロになってしまいます。
そして、カッターで発泡スチロールを切っていると嫌な音も出るので、発泡スチロールを切りたくないという人も多いでしょう。
しかし、カッターはカッターでも、発泡スチロールカッターを使用すればこれらの悩みを解決することが出来るんです。
発泡スチロールカッターは、発泡スチロールを切る専用のカッターです。
発泡スチロールカッターの特徴としては、糸状のヒーターが発熱することによって発泡スチロールを切りやすくしてくれる特徴があります。
発泡スチロールカッターを使用すれば切った断面がボロボロすることもなく嫌な音が出ることもないので、発泡スチロールを切るときにはおすすめです。

そして、発泡スチロールカッターを購入するのであれば、こんなところに注意をして選んでみてください。

発泡スチロールカッターの大きさ

発泡スチロールカッターの大きさは小さいものや大きめのものまで様々なものがあります。
そのため、どの大きさの発泡スチロールカッターを選んだらいいか悩む人は多いのです。
そんなときにどのようなサイズの発泡スチロールカッターを選べばいいかと言うと、使用用途によって決めるのが一番です。
小さい発泡スチロールを切るために使いたいのであれば、小さめの発泡スチロールカッターを選んだほうが使いやすいでしょう。
大きい発泡スチロールを切りたい場合には、幅が大き目の発泡スチロールカッターを使うとスムーズに切ることが出来ます。

熱タイプの発泡スチロールカッターの電源

熱線に電気が通ることによって熱くなる発泡スチロールカッターは、電気が必要になります。
発泡スチロールカッターによって、この電源は異なります。
主に電池式のものと、コンセント式のものになります。
電池式のものであれば、どんな場所でも発泡スチロールを切ることが出来ます。
コンセント式のものであれば、パワーがありますしコンセントに繋げば電気が切れることはありませんので長い時間使うことが出来ます。
使いやすい方を選んでみてください。

発泡スチロールが簡単に切れるのは専用カッター。切り方を比較

発泡スチロールカッターは、実は100円ショップで購入することが出来ます。
100円であれば、気軽に試すことも出来るので一度見てみてください。
100円ショップには普通のカッターも売っていますが、やはり普通のカッターで発泡スチロールを切ろうとするとキレイに切ることは出来ません。
100円ショップに売っている発泡スチロールカッターなら、キレイに発泡スチロールを切ることが出来ます。
発泡スチロールをキレイに切りたいときには、専用のカッターを選ぶようにしましょう。

カッターに特徴があるので、切り方が簡単な道具

発泡スチロールカッターには、熱が出ることによってキレイに切ることの出来るカッターもありますが、熱を出すことなくキレイに発泡スチロールを切ることのできる発泡スチロールカッターもあります。
熱を使用しない発泡スチロールカッターであれば熱でやけどをする心配が無いですし、発泡スチロールに当てたときに出る臭いも気になりません。
ホームセンターなどを見てみると、熱が出ない発泡スチロールカッターを売っている場合があるので見てみてください。

スチロールカッターを使うと簡単。使い方や切り方

発泡スチロールカッターは、実際に電気を通すと約200℃くらいにまで温度が上がります。
熱せられた細い熱線で発泡スチロールを焼き切ることによって、キレイに発泡スチロールが切れる仕組みになっています。
もしも、発泡スチロールを好きな形に切りたいときには、発泡スチロールにうすく線を引いたりしておくと、発泡スチロールカッターで好きな形を作りやすくなります。
発泡スチロールを使った工作などにも使えますので、試してみてください。