注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?
タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。
パンクした時など、緊急時でホイールカバーを外さなくてはならない時がいつ訪れるかわかりません。
車に乗るのであれば、ホイールカバーの外し方は知識として身に付けておきましょう。
では、ホイールカバーの外し方、硬くてなかなか取れない時の対処法など詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

長男と次男の性格を徹底比較!性格からみる結婚や恋愛傾向

長男と次男という生まれ順によって性格が異なる、これって本当なのでしょうか。一概には言えません...

姑との同居で無視しているという人はいます。姑への対処法とは

義父母と同居している人は昔と比べて減少しているといいますが、その割合はどのくらいだと思いますか。...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

夜道を歩く時は注意!光る洋服やグッズを活用して発見率アップ

夜道を歩く時に何か対策はしていますか?路地に入ると街灯が少ない通りもありますね。そんな時は運...

冷凍コロッケは油で揚げない、レンジを使ってサクサクにする方法

冷凍コロッケを揚げると、油がとてもはねますね。また揚げ油の温度を失敗すると、グチャグチャにな...

浪人生が夏休みで失敗しないための勉強方法と過ごし方

受験に失敗してしまう浪人生。共通点の1つに夏休みの過ごし方があります。夏休みという浮かれた気...

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいい...

1ヶ月の赤ちゃんのお風呂の入れ方のポイントとぐずり対策

赤ちゃんも1ヶ月検診で先生から「もう大人のお風呂と一緒で大丈夫ですよ」と許可が下りれば、大人と一緒に...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

音楽の才能の見極め方や子供の才能を伸ばすポイントとは

子供に音楽の才能があるかどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?子供に小さいうちから...

赤ちゃんのオムツ替えで足の持ち方や困ったときの対処法とは

赤ちゃんのオムツ替えをするとき、足を突っ張ねたり、バタバタさせるときはどうしたらいいのでしょうか?...

宿題をやらない!一年生が宿題をサクッとやっちゃう魔法の言葉とは

宿題をやらない子どもを見ているとイライラしちゃいますよね?『宿題やりなさい』ってついつい命令して...

保育園目的で勤務証明書の虚偽を行うリスクと虚偽が横行する現実

認可保育園に入るには、勤務証明書を作成して提出しなくてはなりません。ただ問題なのが、保育園入園に...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

スポンサーリンク

ホイールカバーの基本の外し方

車のタイヤのホイールカバーの基本的な外し方について説明をしていきます。

ホイールカバーを外すときには、固い工具などの道具を使用して外していきます。

タイヤとホイールカバーの間の溝部分に、固い工具などの道具を差し込みます。
そして、テコの原理で固い工具などの道具を上から押すようにして外します。
このときにホイールカバーが外れないからといって力を入れすぎてしまうと、ホイールカバーにヒビが入ってしまったり、割れてしまう可能性があります。
ケガをしてしまう可能性もあるので、ホイールカバーを外すときには、あまり力を入れすぎないように注意してください。
以上が、車のタイヤのホイールカバーの基本的な外し方です。
この方法で簡単にホイールカバーが外れることもあれば、なかなかホイールカバーが外れないこともあります。
そこで次に、ホイールカバーの外し方のコツについて説明していきます。

ホイールカバーの外し方にはコツがある

なかなかホイールカバーが外れないという場合には、無理をして外すのはやめましょう。
ホイールカバーを外すコツをおさえて、再チャレンジしてみてください。

ホイールカバーを外すコツは、ホイールカバーについているツメの部分を均等に外していくことです。

ホイールカバーは、このツメの部分でホイールカバーをタイヤに固定することによって取り付けられるようになっています。
タイヤとホイールカバーを固定しているツメの部分を均等に外していくことによって、ホイールカバーが外れやすくなるので試してみてください。
このホイールカバーのツメは、ホイールカバーの種類によっても異なりますが、ツメが多いタイプのホイールカバーもあります。
ホイールカバーを外すときには、ホイールカバーのツメを折ってしまわないように注意しましょう。

ホイールカバーの外し方を間違うと…

ホイールカバーの外し方を間違えてしまったり、むやみやたらに外そうとすることによってホイールカバーを破損してしまったり、ケガをしてしまうことがあります。
そのためホイールカバーを外すときには、ここで紹介した方法をぜひ試してみてください。
ホイールカバーが外れ難いときには、無理をして外さないようにしましょう。
力を入れすぎることによってホイールカバーの破損の原因になります。
そして、ホイールカバーを外すときには、素手で行うのはやめましょう。
ホイールカバーを外すときには軍手などの手を保護する物をしようして、取り外すようにしてください。
手を保護することによって、ケガを防ぐことが出来ます。
また、軍手などを使用すると力が入れやすくなります。
手のひら部分にゴムがついているものがあるので、力を入れても滑り難くしっかりと力を加えることが出来るのです。
参考にしてみて下さい。

ホイールカバーが硬くてどうしても外れない時の対処法

車のタイヤのホイールカバーが硬くて、どうしても外れない場合の対処方法について説明をしていきます。
ホイールカバーのツメ部分を均等に外そうとしても外れない場合もあります。
外そうとするときに力を入れすぎるとホイールカバーを破損してしまう可能性があります。
そんなときには、別の方法でホイールカバーを外してみましょう。
用意するものは、不要になった古いタオルです。
このタオルをホイールカバーの間を縫って通すように差し込んでいきましょう。
タオルをホイールカバーの間に差し込むことが出来たら引っ張ります。
そうすると、ホイールカバーを簡単に外すことが出来ます。
タオルなどの柔らかい素材であれば、ホイールカバーやタイヤを傷つけてしまう心配もいりません。
もしも、ホイールカバーが硬くてどうしても外れない場合には試してみてください。

ホイールカバーの取付け方も確認しておこう

ホイールカバーの外し方がわかったら、ホイールカバーの取り付け方についても確認をしておきましょう。

ホイールカバーの取り付け方がしっかりと出来ていないと、車を走らせている最中に飛んでいってしまうことがあります。
道端などにホイールカバーが転がっていることがありますが、あれはホイールカバーの取り付け方がしっかりと出来ていなかったために、走行中にタイヤから外れてしまったものです。
ホイールカバーが無くなってしまったときには、再度ホイールカバーを購入して取り付けなければなりませんし、車の走行中に突然ホイールカバーが外れたときには、他の走行者や歩行者などに当たってしまうなどして危険です。
ホイールカバーを外せるようになったら、しっかりとホイールカバーの取り付けも出来るように確認しておきましょう。
ホイールカバーの取り付け方は、ホイールカバーについたツメの部分をタイヤのくぼんだ部分に合わせて引っ掛けるだけです。
浮いている部分があれば少し叩くようにして、ツメの部分をはめていきましょう。
ホイールカバーをタイヤに固定することが出来たら、しっかりと固定されているか確認をしましょう。
これでホイールカバーの取り付けが完了です。