注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ホイールカバーの外し方と硬くてなかなか取れない時の対処法

ホイールカバーの外し方を知っていますか?
タイヤ交換は車屋さんに頼んでいるし…と思っているあなた。
パンクした時など、緊急時でホイールカバーを外さなくてはならない時がいつ訪れるかわかりません。
車に乗るのであれば、ホイールカバーの外し方は知識として身に付けておきましょう。
では、ホイールカバーの外し方、硬くてなかなか取れない時の対処法など詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

寝かしつけに音楽は効果的!音楽が幼児の成長に与える良い効果

寝かしつけの時に音楽をかけると、幼児の寝かしつけや成長に効果的だという話を聞いたことがある人もいます...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

離乳食の時椅子から立ち上がることをやめさせたい!

離乳食って、ストレスの塊。1,作るのが大変。手間がかかる2,食べる時にものすごく散らかる...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

靴のサイズ調整におすすめの100均グッズと使い方を解説します

インターネットでかわいい靴を買っても、実際に届いて履いてみるとサイズが大きかった経験がある人はたくさ...

離乳食を食べない時はミルクで対応や上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんが離乳食を食べない時はミルクで対応してもいいのでしょうか?もしかしたら、ミルクが原因で離乳食...

生後8ヶ月の寝かしつけ。暴れる原因や対処法について

生後8ヶ月の頃は、体力もついてきて、ハイハイも上手にできるようになってきますよね?夜の寝かし...

レポートの文字数があと少し足りない!そんなときの対処方法

レポートの文字数が足りないときには、どこを膨らませたらいいのでしょうか?文字数を増やすときのコツやポ...

仮面浪人で休学したい理由とは?休学するメリット・デメリット

希望する大学に受からなかったため、今の大学に通いながら、仮面浪人として受験勉強をする学生は意外と多く...

ワニの飼育を日本で行うには?手続きの流れと飼育の注意点

爬虫類が好きな方にとって憧れるのが、ワニの飼育ではないでしょうか。ペットショップにもワニコーナー...

夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増!離婚に至る前にすべき事

あなたの夫も趣味で物を集めていませんか?断捨離ブームもあってか、夫の趣味の物を捨てる断捨離妻が急増し...

アメリカの食べ物が大きい理由と日本とは違う食事の特徴とは

アメリカの映画やドラマを見ていると、どの食べ物も大きいので圧倒されてしまいますよね。でも、な...

幼稚園のプールは咳だけ出ている場合でも休ませるようにしよう

幼稚園のプールは子供たちにとっては楽しみな時間の一つ。しかし、風邪をひいて熱が出た場合は幼稚園もプー...

生後5ヶ月でミルクの量が減る原因と対策・離乳食と成長の目安

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、今までよりもミルクの量が減るということがあります。赤ちゃんは大きくなっ...

スポンサーリンク

ホイールカバーの基本の外し方

車のタイヤのホイールカバーの基本的な外し方について説明をしていきます。

ホイールカバーを外すときには、固い工具などの道具を使用して外していきます。

タイヤとホイールカバーの間の溝部分に、固い工具などの道具を差し込みます。
そして、テコの原理で固い工具などの道具を上から押すようにして外します。
このときにホイールカバーが外れないからといって力を入れすぎてしまうと、ホイールカバーにヒビが入ってしまったり、割れてしまう可能性があります。
ケガをしてしまう可能性もあるので、ホイールカバーを外すときには、あまり力を入れすぎないように注意してください。
以上が、車のタイヤのホイールカバーの基本的な外し方です。
この方法で簡単にホイールカバーが外れることもあれば、なかなかホイールカバーが外れないこともあります。
そこで次に、ホイールカバーの外し方のコツについて説明していきます。

ホイールカバーの外し方にはコツがある

なかなかホイールカバーが外れないという場合には、無理をして外すのはやめましょう。
ホイールカバーを外すコツをおさえて、再チャレンジしてみてください。

ホイールカバーを外すコツは、ホイールカバーについているツメの部分を均等に外していくことです。

ホイールカバーは、このツメの部分でホイールカバーをタイヤに固定することによって取り付けられるようになっています。
タイヤとホイールカバーを固定しているツメの部分を均等に外していくことによって、ホイールカバーが外れやすくなるので試してみてください。
このホイールカバーのツメは、ホイールカバーの種類によっても異なりますが、ツメが多いタイプのホイールカバーもあります。
ホイールカバーを外すときには、ホイールカバーのツメを折ってしまわないように注意しましょう。

ホイールカバーの外し方を間違うと…

ホイールカバーの外し方を間違えてしまったり、むやみやたらに外そうとすることによってホイールカバーを破損してしまったり、ケガをしてしまうことがあります。
そのためホイールカバーを外すときには、ここで紹介した方法をぜひ試してみてください。
ホイールカバーが外れ難いときには、無理をして外さないようにしましょう。
力を入れすぎることによってホイールカバーの破損の原因になります。
そして、ホイールカバーを外すときには、素手で行うのはやめましょう。
ホイールカバーを外すときには軍手などの手を保護する物をしようして、取り外すようにしてください。
手を保護することによって、ケガを防ぐことが出来ます。
また、軍手などを使用すると力が入れやすくなります。
手のひら部分にゴムがついているものがあるので、力を入れても滑り難くしっかりと力を加えることが出来るのです。
参考にしてみて下さい。

ホイールカバーが硬くてどうしても外れない時の対処法

車のタイヤのホイールカバーが硬くて、どうしても外れない場合の対処方法について説明をしていきます。
ホイールカバーのツメ部分を均等に外そうとしても外れない場合もあります。
外そうとするときに力を入れすぎるとホイールカバーを破損してしまう可能性があります。
そんなときには、別の方法でホイールカバーを外してみましょう。
用意するものは、不要になった古いタオルです。
このタオルをホイールカバーの間を縫って通すように差し込んでいきましょう。
タオルをホイールカバーの間に差し込むことが出来たら引っ張ります。
そうすると、ホイールカバーを簡単に外すことが出来ます。
タオルなどの柔らかい素材であれば、ホイールカバーやタイヤを傷つけてしまう心配もいりません。
もしも、ホイールカバーが硬くてどうしても外れない場合には試してみてください。

ホイールカバーの取付け方も確認しておこう

ホイールカバーの外し方がわかったら、ホイールカバーの取り付け方についても確認をしておきましょう。

ホイールカバーの取り付け方がしっかりと出来ていないと、車を走らせている最中に飛んでいってしまうことがあります。
道端などにホイールカバーが転がっていることがありますが、あれはホイールカバーの取り付け方がしっかりと出来ていなかったために、走行中にタイヤから外れてしまったものです。
ホイールカバーが無くなってしまったときには、再度ホイールカバーを購入して取り付けなければなりませんし、車の走行中に突然ホイールカバーが外れたときには、他の走行者や歩行者などに当たってしまうなどして危険です。
ホイールカバーを外せるようになったら、しっかりとホイールカバーの取り付けも出来るように確認しておきましょう。
ホイールカバーの取り付け方は、ホイールカバーについたツメの部分をタイヤのくぼんだ部分に合わせて引っ掛けるだけです。
浮いている部分があれば少し叩くようにして、ツメの部分をはめていきましょう。
ホイールカバーをタイヤに固定することが出来たら、しっかりと固定されているか確認をしましょう。
これでホイールカバーの取り付けが完了です。