注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

うさぎのケージ掃除は3段階で考えよう!ケージ掃除のポイント

うさぎのケージはエサや排泄物で汚れやすいため、こまめに掃除することが大切です。
常に清潔なケージにすることがうさぎのためにもなるのです。
では、どのくらいの頻度でケージを掃除するべきなのでしょうか。ケージの掃除方法とは?
必要な道具や掃除のポイントをご紹介します。
うさぎのケージ掃除は、毎日、休みの日、大掃除と3段階に分けて考えるとより綺麗に保てるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園のコップ袋を手作りしよう!紐付きコップ袋の作り方

幼稚園に入園するお子さんがいるママたちの中には、幼稚園で使うコップ袋を手作りしてあげたいと考えている...

保育園の遠足のおやつで人気なものや手作りのポイント

保育園の遠足と言えば、子供達の楽しみのひとつと言えば「おやつ」ですよね。 では、保育園での遠足...

離乳食を冷凍して持ち運びする場合の注意点について解説します

夏休みやお盆など夏の暑い時に帰省などで長時間移動するとなると、離乳食の持ち運びをどうするか悩んでしま...

子育て疲れた。一歳の我が子が暴君にしか思えない。そんな時には

子育てって、しんどいしキツイんだよ! 疲れたと思ったら、休める状況を作りましょう。 一歳にな...

実母が迷惑!意見と時代が合わない子育て論に疲れたあなたへ

実母と意見が合わないから、ものすごく疲れるしイライラする。 娘が子供を産むと、自分が行ってきた...

子供の名前をキラキラネームにすると後悔する?デメリットとは

子供が生まれるとわかったら、どんな名前にしようかと画数などをいろいろ調べて考えますよね。 その...

保育園の迎えの前に買い物するのはダメなワケと現場の声とは

子供を保育園に預けて、毎日働いて疲れているママさんも多いですね。 仕事が終わって、子供を園まで...

魚を水槽で飼う時に感じるストレスは?ストレスの原因と対処法

水槽で魚を飼っていると魚にストレスがかかることがあります。ストレスと感じると、魚が健康に生活できなく...

大学に行ってまで勉強する意味とは?メリットはたくさんあります

高校2年生にもなると大学受験という文字が頭をよぎりますが、大学に行ってまで勉強する意味が本当にあるの...

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。 赤ちゃんの抱き...

親と縁を切る方法で見つからずに逃げるコツや相続を放棄するには

親と縁を切るためには、実際に法律的には親と絶縁する方法はありません。 しかし、自立して親元から...

嫁と離婚して後悔する人は多い!後悔しないための離活ポイント

「もう嫁さんとはやっていけない、離婚しよう」と考えて実際離婚した後、「やっぱり離婚すべきじゃなかった...

4ヶ月で体重が増えない赤ちゃん!成長曲線の範囲内か確認を

赤ちゃんが4ヶ月になって、それまでのように体重が増えないことに悩んでいるママもいますよね。赤ちゃんの...

手の大きさを比べるのはあなたに好意があるから?男性心理を解説

男性から手の大きさを比べるように促された経験がある女性もいますよね。もしも自分が好意のある男性からこ...

レストランのキャンセル料さえ無視する客への対策と予防法

レストランなど飲食店の予約キャンセルが問題となっています。 何十人という予約をしておきながら、当日...

スポンサーリンク

うさぎのケージは1ヶ月に1度は掃除しよう

うさぎを飼っている家族もいると思います。ドラマなどの影響からうさぎを飼うこともあると思いますが、一旦飼ってみると、ケージのお掃除もしなくてはいけません。

大体、1ヶ月に一度位の割合で、うさぎのケージの掃除をしていきましょう。

上記の掃除の頻度ですが、最低限の頻度とみて良いと思います。うさぎも毛が変わる時期があり、その時期は、汚れもいつも以上になります。そうなると、1ヶ月に1回では頻度としては少ない方になってきます。

最低限1ヶ月に1回掃除をして、「汚いな」と感じるのであれば、2週間に1回掃除をするなどして、状況に応じて掃除をする頻度を上げていきましょう。

また、掃除をしやすいケージを買うと、お掃除も楽になります。あまり複雑なものではなく、シンプルなものを購入して、お掃除も楽にしていきましょう。

うさぎのケージ掃除は、毎日、休みの日、大掃除と3段階に分けて考える

うさぎを飼っている皆さん。掃除ですが、どんな風に行っていますか?ケージのお掃除ですが、毎日、休みの日、大掃除と3段階に分けてお掃除していくと、清潔感が保たれます。

 

毎日やるうさぎのケージ掃除

うさぎも生き物なので、トイレ、食器、水、ケージ周囲の掃除は毎日やった方が良いと思います。慣れている人で、上記の掃除時間は15分位になります。これからうさぎを飼おうと思っている方は、このような作業が毎日必要になることも頭に入れておいた方が良いと思います。

休みの日の掃除

毎日やる掃除よりよりこまめなお掃除になってきます。掃除をする箇所は、トイレやお水いれなどを、専用の洗剤で洗っていくなど、もう少し踏み入ったお掃除をしていきます。
毎日やるお掃除よりもう少しこまめに掃除をしていくので、掃除にかける時間も30分位になります。

大掃除

頻度はそれほどでもありません。ケージを分解して、水洗いするなど、より大掛かりな掃除をします。うさぎも毛が抜けるので、その部分を掃除機で吸い取るなど、普段できてない所をお掃除していきます。

月に一度程度、いつもできないような大掛かりな掃除をしていって下さい。かかる時間は大体1時間が目処になります。

うさぎのケージ掃除に必要な道具

うさぎのケージの掃除となると、割と大掛かりになるような印象を受けませんか?お掃除には何か特別な掃除道具でも必要になるのかな?と思うかもしれません。ですが、うさぎのケージ掃除には、特別必要な道具はありません。

うさぎのケージ掃除の道具

新聞紙、ティッシュ、キッチンペーパー、ゴミを入れるゴミ袋、掃除をする時に手にはめる手袋、除菌スプレー、歯ブラシになります。

手袋について関していえば、うさぎのケージも汚れやすいので、手袋をはめてお掃除をした方が、手などに汚れや臭いが付くこともないと思います。また、歯ブラシはしつこい汚れがある時に使用します。それほど頑固な汚れがうさぎのケージに見当たらないのであれば、あまり必要ではないかもしれません。

キッチンペーパーを利用してケージを掃除をするという手もあります。ティッシュでも対応はできますが、掃除している間にちぎれてしまうこともあります。キッチンペーパーはその点、頑丈にできていますから、キッチンペーパーを利用して掃除してみれば、より効果的だと思います。

毎日行いたい、うさぎのケージの掃除方法

うさぎのケージの掃除ですが、毎日行いたい箇所があります。それは、餌を入れる所、お水を飲む給水ボトル、トイレ、これらの箇所は汚れも毎日つくので、できれば毎日掃除したい箇所になります。

 

餌を入れている所

残っている餌を捨てて、毎日洗います。洗った後は乾燥させます。

水を飲む給水ボトル

まず、水も取り替えてあげないと、鮮度が落ちます。ですので、水の取替は毎日行います。また、水を使用する箇所はどうしても水あかがつきやすくなります。気になるようであれば、歯ブラシなどで落としていきます。

トイレ

この箇所も毎日使用するので、お掃除が必要になります。トイレ砂は毎日取り替えてあげます。その際ですが、臭いがあるものを選んで下さい。臭いつきの方がうさぎが「ここがトイレ」だとわかりやすいです。

うさぎのケージを掃除する際のポイント

さぁ、これからうさぎのケージを掃除をしよう。はい、その前に、掃除をするポイントを確認してからにしませんか?

うさぎのケージを水洗いをする時は「すすぎ」を丁寧に

洗うものが、金属でできているのか、陶器でできているのかにもよると思いますが、洗えるものであれば、すすぎは徹底的にして、汚れを最後まで落としていきます。

お勧めの作業になるのは、水でよくすすいだ後に、熱いお湯の中に入れることです。この作業をすることにより、うさぎが使用する容器が衛生的になります。

ただし、木製のものには洗剤は使えませんし、プラスチックも熱には弱い素材になります。使用しているものが洗剤が使用できるのか、熱にも強いのか、よく確かめてみてから上記のお掃除方法を試していて下さい。

また時間も短時間にして下さい。長時間だと、うさぎに負担をかけてしまいます。パッパと済ませて、うさぎが心地よく感じる環境を作ってあげましょう。

うさぎを飼うとケージのお掃除をしなくてはいけません。その頻度や、どういった部分を頻繁に掃除しなくてはいけないのか、上記の記事で説明してきました。勉強になった、参考になったと思う部分はありましたか?なるべく掃除をしやすいケージを飼って、掃除があなたの負担にならないようにして下さいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686