注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても楽ですよね。

そんな自然のような状態にするには?水槽の環境を整えるにはどのような方法があるのでしょうか?

循環のサイクルを成功させるには、水槽の大きさや魚の数、バクテリアの環境、光などさまざまなものが一定であることが必要となります。そんな水槽や作り方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グッピーの稚魚の成長過程!グッピーは成長速度が早い熱帯魚

グッピーの稚魚の繁殖に挑戦しようと思っている人の中には、グッピーの成長過程が知りたい人もいるのではな...

鼻を小さく見せるメイク方法!すっきりとした鼻筋で美人顔

あなたは自分の顔の、どの部分を直したいと思いますか?自分の鼻にコンプレックスを持っている人も少な...

うさぎが毛づくろいの時に鳴く理由とうさぎの鳴き声について

ペットとしても人気のうさぎですが、周りにうさぎを飼っている人はいますか?飼い始めた頃の場合は...

医者の彼が彼女に求めるものとは?本命彼女になるための指南書

お医者さんの男性は、女性にとてもモテる職業です。女性の中には、外見はタイプじゃないけど、お医者さんと...

カナヘビのエサは生きたバッタが一番?おすすめのエサをご紹介

飼っているうちにかわいいと感じる人が多いカナヘビ。つぶらな瞳に子供だけではなく女でも好きになってしま...

車のレザーシートが車内で暑い時は要注意!予防法と対策について

車のシートが高級なレザーシートになっている場合、暑い日は火傷に注意が必要です。ちょっとぐらいの熱...

レオパは脱皮前後に食欲がなくなる?レオパの脱皮と注意点

脱皮前後のレオパは食欲がなくなるって知っていますか?レオパの食欲がいつもよりないと飼い主とし...

洗濯物の干し方とは?靴下の正しい干し方を紹介します

洗濯物の干し方はそれぞれの家庭のやり方がありますよね。とくに靴下は干し方に違いが出るもののひとつでは...

嫁の風呂が長い!入浴時間が長い女性がお風呂でしていることとは

男性の中には自分の嫁の風呂の時間が長いことに疑問を抱いている人もいますよね。男性で長風呂をする人はあ...

デートの帰り際に手を振る男性心理につてい

デートの帰り際に手を振るのって好意のあらわれでしょうか?帰り際ということは、デートの余韻を残...

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

誕生日前日に喧嘩した後でも仲直りして一緒に誕生日を過ごす方法

誕生日前日になって喧嘩をしてしまうカップルは意外と多いようです。あなたも経験があるのでは?彼...

髪の毛のお団子ヘアは短い髪でもできるコツで可愛くアレンジ

お団子ヘアの髪の毛ってとても可愛いくてオシャレですが、短い髪の毛でもできるのでしょうか?では...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

陶器の人形を処分する方法は?感謝の気持ちを持つことが一番大切

押し入れに眠っている陶器の人形を処分したいけど、人形をそのままゴミに出すのは良くないのでは…と悩んで...

スポンサーリンク

熱帯魚の水槽に掃除が必要な理由

熱帯魚を飼育している時に、もっとも面倒なのは水槽の掃除ですね?
「掃除不要に出来ないのかな?」と思われることでしょう。

熱帯魚を飼育している時に水槽の掃除が必要になる時

水質の維持のために使っている機器類の清掃が必要なためではないでしょうか。
また、それらを使っても熱帯魚の健康を脅かすほど水質が汚れる場合にも、水槽の掃除は必要になります。

水槽の中では、水中の物理的なゴミを集めるためのろ過フィルターがあります。
また、熱帯魚が必要とする酸素供給のために、エアレーション等を設置していることでしょう。
酸素は、生体ろ過の為のバクテリアを活性化させるためにも役立っています。

こういった機器類を使って水質を維持している上は、水槽の掃除は必要になってきます。

ろ過機器を使わずに水質維持が出来れば、掃除不要になると言うこと

水質浄化で重要な役割をするのは生体ろ過に必要なバクテリアです。
以下の3つの環境を整えることで、生体ろ過のバランスをとり水質維持が可能になるでしょう。

  • 有酸素環境…糞などを分解するバクテリアに必要な環境
  • 無酸素環境…有酸素環境だけだと生態系のバランスが崩れるので、生態系の平衡の為に必要な環境
  • 太陽光…微生物のバランスを取るために熱帯魚に影響を与えないけれど微生物には影響する光が必要

掃除不要の熱帯魚の水槽の作り方

熱帯魚の水槽の掃除が不要だったら、こんな嬉しいことはありませんね。

掃除不要の水槽を作るためには、自然界をお手本にするのがわかりやすいです。
自然界には掃除なんてありません。

熱帯魚の自然界の循環サイクル

生体が餌を食べて排泄物を出すと、それをバクテリアが分解してくれます。分解された栄養分を水草が吸収して、光合成を行いながら成長します。
光合成によって発生する酸素によって生体が活動できる。

この様な自然界のサイクルが水槽の中で確立出来ればよいのです。

先程の有酸素環境は、水草が担う役割になります。そして無酸素環境は、底砂が担います。
太陽光は置き場所によって不足するなら、ライトなどを設置しましょう。

ここで重要になるのが、添加するものです。生体も水草も育っていくので、不足する栄養素が出てきます。
生体の栄養の為に餌は必要になりますし、水草の成長のためには肥料と光合成のために二酸化炭素も必要になるでしょう。

自然界とは違って水槽という限られた環境ですから、これらが不足している時には添加が必要になります。
また、硝酸塩を窒素まで還元して空気中の放出する作用のある底床材なども売られていますから、検討してみると良いでしょう。

足し水とバランスが肝心!熱帯魚の水槽で掃除不要にするとき

熱帯魚の水槽を掃除不要の環境に整えたとしても、完全に手を離れるわけではありません。

水槽の中で自然に近いサイクルを再現したとしても、あくまでも水槽です。
時間の経過とともに水槽内の水は蒸発してしまいますから、かならず足し水は必要になります。
掃除に比べると大した手間ではありませんが、必ず必要になります。

掃除不要の水槽では水草がとても重要な役割を果たします

熱帯魚の排泄物や食べ残した餌をバクテリアが分解して硝酸やリンにしてくれます。
水草はそれらを栄養分として吸収してくれますが、それだけでは足りないのです。
植物には、他にカリウムなどの栄養が必要になります。状況によってはリンや窒素も不足するかもしれません。

水草の状態から栄養バランスを見極めて、必要な肥料を添加することは、掃除不要の水槽を維持するためには重要なポイントになります。

掃除不要な飼育方法や水槽について

熱帯魚の掃除不要な水槽の考え方として、重要になるのが「バランスドシステム」とよばれる運用システムです。
これは、まさに掃除不要の水槽を手に入れたい方が目指すべき水槽システムで、アクアリウムの究極目標といえるかもしれませんね。
しかし究極と呼ぶにふさわしいほど、難易度も高く維持するのは偶然に近いほどの可能性と言われるのです。

バランスドシステムは、その名の通り生態系の循環バランスがポイントになります。

水槽の掃除は不要になりますが、それ以外の手間は必要

維持が難しいバランスドシステムですが、手軽に実現できる方法が無いわけではありません。
セルフクリーニングシステムを搭載している小型水槽などもありますから、興味のある方は調べてみると良いでしょう。

また専用の底床材とフィルター、バクテリアを使って掃除不要の水槽を実現するという商品もあります。

水換え頻度を減らすには?水質を安定させる方法

熱帯魚の水槽の掃除を出来るだけ、楽にしたいなら水質を安定させることが重要です。
水質安定にはこれまでご紹介してきたように、生態系の循環バランスがポイントになります。

水槽の中で自然の循環サイクルに近い形を再現することが出来れば、水質を安定させることが出来ます。

水槽の掃除の中の「水換え」だけにポイント絞るなら、比較的簡単に実現できるでしょう。

水槽にろ過フィルターを使い、バクテリアを繁殖させ、水草を育成させることがポイント

また、底床材にもこだわるのがおすすめです。
先程ご紹介したように、硝酸塩を窒素へ還元してくれるような機能や、大量の濾過バクテリアを住まわせたものなども販売されています。
こういった商品を使うことによって、より簡単に水質維持できる環境を作ることが出来るでしょう。

水質安定で最も重要なポイント

水槽という限られた空間であることを意識することです。水を汚す原因となる熱帯魚の種類や数はとても重要です。
また、水草も種類によって必要とする栄養分などが異なりますが、環境に合わせて選ぶのがおすすめです。