注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レッドビーシュリンプ繁殖のコツ!管理のポイントとコツを解説

レッドビーシュリンプを飼育している人の中には、繁殖させて数を増やしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。繁殖させるコツについて知りたい人もいることだと思います。

レッドビーシュリンプは、初心者でも繁殖させるのが比較的簡単です。繁殖させるコツを知って、うまく繁殖できるようにしましょう。

ここでは、レッドビーシュリンプ繁殖のコツについてお伝えします。水温や水槽の状態など、知識を得ることで繁殖を成功させてください。

また、レッドビーシュリンプに繁殖が成功しない原因についてもご紹介しますので、上手に管理をしてたくさん数を増やしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電車の割り込みに注意するべきか否か、注意する時にもコツがある

電車でちゃんと列に並んでいるのに、電車が到着する寸前にサッと割り込みする人たち。腹が立って注意したく...

夜中の過食に後悔!翌日からできるダエイット中のリセット方法

ダイエットをしているのに、夜中に過食してしまうこともありますよね。後悔してもその時に時間を戻すことは...

腕時計が重い疲れる!重さの感じ方とビジネスマンの腕時計マナー

腕時計をつけていると重いと感じて腕が疲れるという人もいますよね。腕時計を選ぶ時、重く感じる物を選ぶと...

彼氏がなんと金持ちだった!実家が金持ちの彼との結婚とは

彼氏が金持ちっていうか、彼氏の実家がお金持ちだった!育ってきた環境が違いすぎて、結婚生活に不...

ダンスの苦手を克服するコツやうまくなるための練習方法とは

ダンスの苦手を克服したい人はどうしたらダンスが上手になれるのかと考えますよね。そもそもダンス...

【傷メイクのやり方】簡単初心者向けから本格的な傷の作り方

ハロウィンの時期を中心に、最近は傷メイクというメイク法があります。簡単にペンで書くものもあれば、...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

彼氏と元彼、どっちが好きなの?両方好き?揺れる気持を見つめて

新しい恋を始めたのに元彼のことが気になる。忘れられない。思い出しちゃう!揺れ動く今カレと元カ...

彼氏が体調不良の時のお見舞いは迷惑?迷惑にならないお見舞い

大好きな彼氏が体調を崩していたら、お見舞いに行ってあげたいと思う人もいますよね。でも、迷惑をかけてし...

彼女が料理を頑張ってる姿に胸キュンする男性は多いと判明

彼女の料理が美味しいと、それだけで男性は嬉しいものですが、料理が苦手でも頑張ってる姿に可愛いと感じて...

チューリップの球根の掘り上げ・保存方法と植え付けの方法を解説

チューリップの花が終わった後は、球根を掘り上げて保存しておくことで、次のシーズンも綺麗な花を咲かせる...

唇周辺の筋肉の鍛え方!口輪筋を鍛えて印象の良い表情を作ろう

唇の周辺の筋肉には「口輪筋」というものがあります。この筋肉を鍛えることで、女性には嬉しい効果を与える...

彼女が悩みを話さないのはナゼ?頼って欲しいのに頼られない時は

彼女が自分に対して悩みを話さないことが気になる…。彼女が悩み事を相談しないのは、あなたにだけ...

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなるのは、〇〇レベルで惹かれてるから!

彼氏の匂いを嗅ぐと眠くなる…。これには、きちんとした生物学的根拠があるんです!赤ちゃ...

アロマキャンドルの作り方!簡単好きな香りで贅沢時間を

自分のお気に入りの精油を使ったアロマキャンドルで、のんびりと癒やされてみませんか?アロマの香りで...

スポンサーリンク

レッドビーシュリンプ繁殖のコツは水温に注意を

生き物には繁殖に必要な条件がそれぞれありますね。小さな生き物であるレッドビーシュリンプも条件が揃わなければ、繁殖させる事はできません。

繁殖が比較的簡単だと言われていたけれど、一向に数が増えないなんて事はありませんか?繁殖に必要な条件の1つが「適した水温」です。人間にも過ごしやすい適温があるのと同じ様に、レッドビーシュリンプにも過ごしやすい適温がもちろんあるのです。

繁殖を望むのなら、水温は20℃前後を保つこと

レッドビーシュリンプが繁殖する気になれるのは、やはり安定した環境です。水温が低くなったり高くなったりと不安定な状態では行動は起こせません。

一年中繁殖を望むのならば、水温にムラがなく20℃前後を一定に保てるように冬場はオートヒーターを、逆に夏場は水温が上がり過ぎてしまうため、水槽用クーラーを使うなどの工夫をして温度管理を行いましょう。

いつでも変化のない水温の中であれば、レッドビーシュリンプも安心して繁殖する事が出来るでしょう。

レッドビーシュリンプの繁殖は水槽の状態にもコツがある

レッドビーシュリンプも安心して繁殖を行うには、やはり安定した環境を好むものです。そのためレッドビーシュリンプは水質にも敏感な部分があります。

うまく繁殖させたい時には、水槽内の環境を見直して見ましょう。

水槽内の環境をシンプルに、水質を汚さないことが繁殖のコツ

かっこいい水槽を目指して、水槽内に流木や石、オブジェなどをレイアウトしていませんか?そういった環境は、見た目にはオシャレで良いのですが、繁殖を考えた場合にはできれば見直した方が良い部分とも言えます。

なぜなら、そういった装飾品は少なからず水質に影響をもたらしてしまうからです。
装飾品も入れたままにしておくと苔やヌメリなどで汚れてしまい水質が悪くなる要因となってしまうことも考えられるからです。

必ずしもダメだと言うわけではありませんが、なかなか繁殖がうまくいかない場合には、試して見ると良いと思います。

また苔を防ぐ目的などで苔の抑制剤や水質を良くするための調整剤なども販売されていますが、こういったものも入れず、換水の回数を増やし水質を維持していく事が自然な環境であるため、お勧めしたいと思います。

レッドビーシュリンプ繁殖のコツを知れば繁殖は難しくない

レッドビーシュリンプの繁殖には水温と水質が関係している事をお話してきました。
条件が揃っていても繁殖しない場合、もっと根本的な事が原因かもしれません。
本来繁殖は難しくないとされていますが、繁殖しない時に考えられる要因を紹介します。

レッドビーシュリンプがまだ繁殖適齢期ではない

まだ繁殖に適した体に成熟しきれていない可能性もあります。立ち上げたばかりの水槽で、購入してきたばかりのレッドビーシュリンプの場合、その個体はまだ若いのかもしれません。数ヶ月様子を見てみると良いでしょう。

レッドビーシュリンプの性別が同じ可能性

水槽内で多数のレッドビーシュリンプを飼育していれば、男女共にいるでしょう。しかし、少ない数で飼育しており、繁殖条件が揃っているのに増えない場合はすべてがオス、又は全てがメスである可能性も否定できません。我が家のレッドビーシュリンプは少し減ってしまい現在3匹です。
ずっと繁殖しませんので、どちらかの性別に偏っている可能性は十分考えられます。

この様に水温や水質以外にも繁殖しない原因は少なからずあります。
ですがこれらの条件がすべて満たされればレッドビーシュリンプの繁殖は難しくはありませんので、繁殖させる事は出来ると思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

レッドビーシュリンプが抱卵した時の繁殖のコツ

レッドビーシュリンプの繁殖には様々な条件が合わさる事が必要だとお話しましたが、さらに大切な事があります。

それは繁殖させるレッドビーシュリンプがとても健康な個体であることです。
人間も同じですが、出産や育児はとても体力を使うものです。

レッドビーシュリンプも卵を生んだ後、孵化するまでの間は卵をお腹に抱えながら必死に育児をします。そのお母さんエビの健康状態が良くないと無事孵化までたどりつけなくなってしまう事も考えられます。

健康なレッドビーシュリンプは動きが活発(手足もよく動く)、あまり太っておらずひげにもハリがある状態が元気な証拠と言われています。

この点に注意して観察して見て下さい。

レッドビーシュリンプが抱卵した時の注意点

抱卵とは、お母さんエビがお腹に卵を抱えている状態を現します。お母さんエビはこの卵たちに手足で懸命に新鮮な水と酸素を送り育児をします。

無事に稚エビとして誕生するまで、25日前後は卵を守り抜かなくてはなりません。
抱えたままの生活はとても重労働ですね。

そのためお母さんエビが安心して身を隠し休むことができる様に、水草があると良いでしょう。
シンプルにしていた水槽内に、少し隠れ家を用意してあげましょう。

レッドビーシュリンプの繁殖が成功しない原因

抱卵する姿を見ることができれば、それはとても嬉しいですが、条件が揃っていてもやはりうまく繁殖しない場合もあります。

我が家でも後尾は目撃したけれど、その後一向に抱卵しないということもありました。
また稚エビは生まれたけれど、生き残れないといった事もあるでしょう。

その原因はやはりレッドビーシュリンプの健康状態が悪かったり、水槽の環境が合わなかったのかもしれません。
また、稚エビが生き残れないのには栄養分が足りていない事や、孵化して数が増えた分だけ水が汚れてしまったなどの原因も考えられます。

このように何が失敗だったのか、決定的な要因を見つけられないかもしれません。

繁殖は簡単と言われるレッドビーシュリンプでも、やはり人間が生き物の命をコントロールすることは難しいのでしょう。

繁殖が待ち遠しいですが、環境を整えつつ焦らずゆっくりとその時を待つことも大切なのではないでしょうか。