注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レッドビーシュリンプ繁殖のコツ!管理のポイントとコツを解説

レッドビーシュリンプを飼育している人の中には、繁殖させて数を増やしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。繁殖させるコツについて知りたい人もいることだと思います。

レッドビーシュリンプは、初心者でも繁殖させるのが比較的簡単です。繁殖させるコツを知って、うまく繁殖できるようにしましょう。

ここでは、レッドビーシュリンプ繁殖のコツについてお伝えします。水温や水槽の状態など、知識を得ることで繁殖を成功させてください。

また、レッドビーシュリンプに繁殖が成功しない原因についてもご紹介しますので、上手に管理をしてたくさん数を増やしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワイシャツの腕まくりがヤバい!女子がときめく着こなしとマナー

男性がワイシャツを腕まくりして少し着崩している姿がかっこよくてヤバい!という女性もいます。腕まくりし...

ネット情報の正確性とメリット・デメリット!正確な情報の探し方

ネットには色々な情報が溢れています。果たしてその情報はすべて信用できるもので、正確な情報なのか気にな...

【カーテンの選び方】遮光カーテンの特徴と等級の違いについて

朝日の入る寝室や、大きな通りに面して明かりが室内に入りやすい部屋などは、カーテンからの光が気になるも...

指のサイズの調べ方!彼女に内緒でサイズ調べる方法もご紹介

彼女に指輪をプレゼントする場合、どうしても必要なのが指のサイズです。サイズの調べ方は色々あります...

男性が結婚にメリットなしと感じる点と結婚で得られるメリット

男性の中には結婚すると自由も減るし、メリットどころかデメリットしかないと考える方もいると思います。...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても...

グッピーの稚魚の成長過程!グッピーは成長速度が早い熱帯魚

グッピーの稚魚の繁殖に挑戦しようと思っている人の中には、グッピーの成長過程が知りたい人もいるのではな...

平安時代の貴族女性の生活の様子!服装・結婚・美しい女性の特徴

平安時代の貴族の女性が一体どんな生活をしていたのか気になる人もいますよね。毎日どんな風に1日を過ごし...

鏡とカメラの自分の顔が違うのはどうして?本当の自分の顔とは

「鏡に写った自分の顔と、カメラで写した自分の顔が違う」と違和感を感じている人もいますよね。鏡の中の自...

ピアスホールがが安定しない期間が半年!安定までにかかる期間

半年たってもピアスホールが安定しないことに頭を悩ませている人もいますよね。せっかくピアスを開けたので...

趣味を貯金にする女性が楽しみながら節約を習慣にするコツとは

趣味を貯金にする女性はどんなことをして節約しているのでしょうか?どうせなら生活を楽しみながら節約...

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

チューリップの球根の掘り上げ・保存方法と植え付けの方法を解説

チューリップの花が終わった後は、球根を掘り上げて保存しておくことで、次のシーズンも綺麗な花を咲かせる...

顔の輪郭のニキビの原因と改善のためのスキンケアや予防習慣

顔の輪郭にニキビができてしまうととても気になってしまいます。嫌な大人ニキビを改善するためには、どうし...

スポンサーリンク

レッドビーシュリンプ繁殖のコツは水温に注意を

生き物には繁殖に必要な条件がそれぞれありますね。小さな生き物であるレッドビーシュリンプも条件が揃わなければ、繁殖させる事はできません。

繁殖が比較的簡単だと言われていたけれど、一向に数が増えないなんて事はありませんか?繁殖に必要な条件の1つが「適した水温」です。人間にも過ごしやすい適温があるのと同じ様に、レッドビーシュリンプにも過ごしやすい適温がもちろんあるのです。

繁殖を望むのなら、水温は20℃前後を保つこと

レッドビーシュリンプが繁殖する気になれるのは、やはり安定した環境です。水温が低くなったり高くなったりと不安定な状態では行動は起こせません。

一年中繁殖を望むのならば、水温にムラがなく20℃前後を一定に保てるように冬場はオートヒーターを、逆に夏場は水温が上がり過ぎてしまうため、水槽用クーラーを使うなどの工夫をして温度管理を行いましょう。

いつでも変化のない水温の中であれば、レッドビーシュリンプも安心して繁殖する事が出来るでしょう。

レッドビーシュリンプの繁殖は水槽の状態にもコツがある

レッドビーシュリンプも安心して繁殖を行うには、やはり安定した環境を好むものです。そのためレッドビーシュリンプは水質にも敏感な部分があります。

うまく繁殖させたい時には、水槽内の環境を見直して見ましょう。

水槽内の環境をシンプルに、水質を汚さないことが繁殖のコツ

かっこいい水槽を目指して、水槽内に流木や石、オブジェなどをレイアウトしていませんか?そういった環境は、見た目にはオシャレで良いのですが、繁殖を考えた場合にはできれば見直した方が良い部分とも言えます。

なぜなら、そういった装飾品は少なからず水質に影響をもたらしてしまうからです。
装飾品も入れたままにしておくと苔やヌメリなどで汚れてしまい水質が悪くなる要因となってしまうことも考えられるからです。

必ずしもダメだと言うわけではありませんが、なかなか繁殖がうまくいかない場合には、試して見ると良いと思います。

また苔を防ぐ目的などで苔の抑制剤や水質を良くするための調整剤なども販売されていますが、こういったものも入れず、換水の回数を増やし水質を維持していく事が自然な環境であるため、お勧めしたいと思います。

レッドビーシュリンプ繁殖のコツを知れば繁殖は難しくない

レッドビーシュリンプの繁殖には水温と水質が関係している事をお話してきました。
条件が揃っていても繁殖しない場合、もっと根本的な事が原因かもしれません。
本来繁殖は難しくないとされていますが、繁殖しない時に考えられる要因を紹介します。

レッドビーシュリンプがまだ繁殖適齢期ではない

まだ繁殖に適した体に成熟しきれていない可能性もあります。立ち上げたばかりの水槽で、購入してきたばかりのレッドビーシュリンプの場合、その個体はまだ若いのかもしれません。数ヶ月様子を見てみると良いでしょう。

レッドビーシュリンプの性別が同じ可能性

水槽内で多数のレッドビーシュリンプを飼育していれば、男女共にいるでしょう。しかし、少ない数で飼育しており、繁殖条件が揃っているのに増えない場合はすべてがオス、又は全てがメスである可能性も否定できません。我が家のレッドビーシュリンプは少し減ってしまい現在3匹です。
ずっと繁殖しませんので、どちらかの性別に偏っている可能性は十分考えられます。

この様に水温や水質以外にも繁殖しない原因は少なからずあります。
ですがこれらの条件がすべて満たされればレッドビーシュリンプの繁殖は難しくはありませんので、繁殖させる事は出来ると思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

レッドビーシュリンプが抱卵した時の繁殖のコツ

レッドビーシュリンプの繁殖には様々な条件が合わさる事が必要だとお話しましたが、さらに大切な事があります。

それは繁殖させるレッドビーシュリンプがとても健康な個体であることです。
人間も同じですが、出産や育児はとても体力を使うものです。

レッドビーシュリンプも卵を生んだ後、孵化するまでの間は卵をお腹に抱えながら必死に育児をします。そのお母さんエビの健康状態が良くないと無事孵化までたどりつけなくなってしまう事も考えられます。

健康なレッドビーシュリンプは動きが活発(手足もよく動く)、あまり太っておらずひげにもハリがある状態が元気な証拠と言われています。

この点に注意して観察して見て下さい。

レッドビーシュリンプが抱卵した時の注意点

抱卵とは、お母さんエビがお腹に卵を抱えている状態を現します。お母さんエビはこの卵たちに手足で懸命に新鮮な水と酸素を送り育児をします。

無事に稚エビとして誕生するまで、25日前後は卵を守り抜かなくてはなりません。
抱えたままの生活はとても重労働ですね。

そのためお母さんエビが安心して身を隠し休むことができる様に、水草があると良いでしょう。
シンプルにしていた水槽内に、少し隠れ家を用意してあげましょう。

レッドビーシュリンプの繁殖が成功しない原因

抱卵する姿を見ることができれば、それはとても嬉しいですが、条件が揃っていてもやはりうまく繁殖しない場合もあります。

我が家でも後尾は目撃したけれど、その後一向に抱卵しないということもありました。
また稚エビは生まれたけれど、生き残れないといった事もあるでしょう。

その原因はやはりレッドビーシュリンプの健康状態が悪かったり、水槽の環境が合わなかったのかもしれません。
また、稚エビが生き残れないのには栄養分が足りていない事や、孵化して数が増えた分だけ水が汚れてしまったなどの原因も考えられます。

このように何が失敗だったのか、決定的な要因を見つけられないかもしれません。

繁殖は簡単と言われるレッドビーシュリンプでも、やはり人間が生き物の命をコントロールすることは難しいのでしょう。

繁殖が待ち遠しいですが、環境を整えつつ焦らずゆっくりとその時を待つことも大切なのではないでしょうか。