注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

野良猫を保護したが自分では飼えない場合の対処法について

野良猫の保護について。

飼えないけど、野良猫を見過ごすことができない状況に陥ってしまった。

それでも保護してしまったのなら、責任があります。

まずは、動物病院へ連れていき、健康診断を受けさせましょう。

さらに、数日でも保護するのですから、トイレやキャットフード、寝床などを用意します。

動物保護団体へ連絡すればどうにかかると考える人が多くいますが、自分で飼い主を探すことができないのなら、保護するべきではないのです。

自分で飼うことができないのなら、自分で保護した野良猫の飼い主を探すのが当り前と考えましょう。

いくら野良猫と言っても、保護してしまったのですから、飼うことができなくとも最低限のお金と覚悟は必要になります。

知り合いを頼ったり、SNSを活用したり、張り紙を貼ったりと飼い主を探す方法はいくつかあります。

それでは、野良猫を保護したけれど、自分では飼い続けることができない時の対処法についてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目が細いイケメン男子が人気の理由とさらにモテる方法とは

目が細いイケメン男子はどこかミステリアスなイメージなのが魅力的ですよね。イケメンというと大き...

顔を左右対称に矯正するには?矯正方法と歪みの原因

人間の顔は左右対称にはなっていませんが、あまりにも左右非対称で歪んでいる場合は、矯正することで左右対...

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても...

口紅やメイクが濃い女性心理!好きな口紅の色でわかる女性の性格

真っ赤で濃い口紅を好んでつけている女性もいますよね。口紅だけでなくメイク全体が濃い女性もいますが、こ...

心拍数を下げる方法や緊張を和らげるコツとトレーニングとは

緊張すると人は呼吸が早くなったり、心拍数が上がりますが、その上がった心拍数を下げるにはどうしたらいい...

体重が減ったのに見た目が変わらない!筋肉とダイエットの関係

頑張ってダイエットをして体重は減ったのに見た目がほとんど変わらないという人もいるでしょう。体重計に乗...

アロマキャンドルの作り方!簡単好きな香りで贅沢時間を

自分のお気に入りの精油を使ったアロマキャンドルで、のんびりと癒やされてみませんか?アロマの香りで...

鼻を高く見せるためのメイク方法を習得して美人顔に変身しよう

キレイな人は皆鼻筋がすーっと通っていますよね。でも、団子鼻だと整形するしかないと諦めてしまう人も多い...

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

ピザとパスタならどっちが太る!?ピザVSパスタ

ピザとパスタではどっちが太るのでしょうか?ダイエット中に、ピザかパスタで迷ったときには食べたいほうを...

公務員の彼氏がいると勝ち組?彼氏が公務員のメリットと付合い方

公務員の彼氏がいる女性は勝ち組だと考える人もいますよね。彼氏が公務員であることに安心や安定を感じる女...

男性のセルフカットの方法!初心者でもできるカットのコツ

男性の皆さんは、普段髪を切る時には理容室や美容室で切っているという方が多いと思いますが、最近は男性で...

嫁の風呂が長い!入浴時間が長い女性がお風呂でしていることとは

男性の中には自分の嫁の風呂の時間が長いことに疑問を抱いている人もいますよね。男性で長風呂をする人はあ...

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。話題としては盛り上がるのですが、会うた...

スポンサーリンク

野良猫を保護してしまったけど飼えない。そんな時でも動物病院へは連れて行こう

外をのんびりと歩き回っている野良猫。
「お腹を空かせているだろう」「事故に遭ってしまうかもしれない」そんな親切心から飼えないのに保護をしてしまったという方も少なくないと思います。

飼えないのであれば保護はするべきではありません

もし保護をしたのであればそれはあなたの責任。
たとえ一時的な保護であったとしても、保護後はあなたは猫の「飼い主」となり、しっかりと面倒を見なければいけないのです。

飼い主としての責任には様々なものがありますが、まずは動物病院に連れて行くようにしましょう。
譲るにしても、飼い主は猫の健康状態を把握する必要があり、場合によっては適切な治療を受けさせなければいけません。

外で暮らしている野良猫はノミやダニなどの寄生虫、感染症などの病気にかかっている可能性があります。
今後のことは別として、保護している段階での飼い主はあなたなのですから、まずはしっかりと動物病院で処置を受けさせることが大切です。

子猫の野良猫を見つけた時には。飼えないけど保護したときにするべきこと

保護した野良猫が「子猫」の場合には、成猫よりも様々な処置が必要となります。

子猫を保護した場合

温かい環境を作る

生後1ヶ月未満で目を開いているかいないか程度の子猫は、自分で体温調節をすることができません。
特に、こうした子猫の時期は体温の変化に敏感で、体温の低下は命に関わるほど重要なこととなります。
カイロ等をタオルに包み、温かく過ごせる環境を整えてあげて下さいね。

子猫用のミルクを用意する

子猫を保護した場合は、基本的にミルクをシリンダーやスポイトで与えます。

ミルクは「子猫用」のものを与えるようにし、人間用の牛乳は絶対に与えないようにして下さい。
また、ミルクの量は月齢や体重等によって異なりますので、動物病院で診察を受けた際にだいたいの月齢や体重を確認しておきましょう。

排泄のお手伝いをする

子猫は本来母猫に排泄のお手伝いをして貰いますが、母猫がいない今は飼い主さんがお手伝いしてあげる必要があります。
濡らしたティッシュやタオル等でお尻を優しく叩いて排泄を促してあげて下さい。
排泄のお手伝いは1日に数回程度、ご飯を食べ終えたタイミングで行うようにしましょう。

また、野良猫は衛生環境の悪い外で暮らしていましたから体が泥や雨で汚れてしまっていると思いますが、体を洗うのは厳禁です。
子猫にとってシャワーや風呂は風邪を引く大きな原因となりますので、基本的には蒸しタオルなどで優しく拭いて、汚れを取ってあげるようにして下さいね。

野良猫を保護し、安全衛生を確保したら

野良猫を保護した後は安全に過ごせる環境と衛生面を確保する必要があります。
もしも、それらを確保できたのであれば、次は飼い主探しです。
もちろんご自分で飼える場合には必要ありませんが、飼えないという場合には以下を参考に飼い主探しを行いましょう。

野良猫をSNSで拡散する

里親募集の内容を投稿しましょう。
SNSは多くの人に一気に情報を知らせることができ、飼い主を見つけやすいメリットがあります。
しかし、その反面で相手の情報が分からないため、実際に譲渡するまでには様々な点を確認しておく必要があります。

動物病院に野良猫の貼り紙をして貰う

ペットを飼っている人が利用する動物病院に貼り紙をすると「もう一匹飼いたい」という方に出会う可能性があります。
全ての動物病院が協力してくれるということではありませんが、中には快く協力してくれる動物病院もありますので、ぜひ最寄の動物病院に確認してみて下さい。

保護猫譲渡専用のサイトを利用する

インターネットで猫の譲渡サイトについて検索すると譲渡専用のサイトが出てきますので、そちらに里親募集の投稿をして飼い主を探すのもひとつの方法です。
しかし、こちらもSNS同様に全ての人が安全というわけではありませんので、利用する場合には注意が必要です。

野良猫を保護して飼えないからといって愛護団体を頼らないこと

野良猫を保護しても「動物愛護団体に預ければ何とかしてくれるだろう」という考えは厳禁です。

動物愛護団体は保護した猫を預けるところではありません。
保護したのであればその責任を全うするのが飼い主の役目であり、飼えないのに保護するのは自分勝手な行動以外の何ものでもないのです。
また、動物愛護団体には既に多くの猫や犬が保護されている現実があり、既に手一杯になっているのも事実です。

前述したように里親を募集する方法はひとつではありません。
様々な方法を試して、猫の飼い主さんを見つけてあげて下さいね。

どのような経緯でも野良猫を保護したなら『飼えない』は通用しない

猫に限らず言えることですが動物を保護した後に「飼えない」は通用しません。

野良猫には人間と同じように命があります。
野良猫を保護するということは、その野良猫の人生をあなたが背負うということ。
飼えないのであれば飼ってもらうために努力をする必要があるのです。

また、もしも知人などに猫を引き取ってもらえることになった場合には、その後も協力してあげることが大切です。
不妊手術の費用を負担してあげたりキャットフードを届けてあげたりなど、「渡したから今後のことは知りません」というのは避けるようにしましょう。