注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カナヘビのエサにダンゴムシが良い?適しているエサについて

カナヘビはペットとして人気がありますが、エサはどのようなものを好むのでしょうか?基本的には生きている虫が主食となります。

そこで家の庭でも捕まえることのできる、比較的手軽なダンゴムシはどうなのか?カナヘビは好んで口にするのでしょうか?

また気になるカナヘビのエサは、生きているエサという他にもサイズ感が重要となります。カナヘビが好むエサを用意して、元気なカナヘビを育てましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達からメールの返信ない時に考えられる理由と不安をなくす方法

友達にメールを送ったのにずっと返信ないときは、なぜ返信してくれないのか不安になりますよね。友達に何か...

彼女の男友達。二人でカラオケに行くって言うけど、コレって…

彼女が男友達とカラオケに行く。しかも二人きりで!いくら「友達」だと主張されても、二人...

高卒採用の流れについて担当者が知っておくべき注意点とポイント

高卒採用の流れについて、企業の採用担当者はしっかりと理解しておく必要があります。最近では、大卒採用の...

電車でスーツケースが転がる時の対処法・迷惑にならない乗車方法

電車でスーツケースが転がると周囲の乗客の方たちに迷惑をかけてしまいますよね。周りに迷惑をかけないよう...

髪がロングの人がカラーをした場合、ショートの人と違う点とは

髪がロングの人は美容室でカラーをする時に、ロング料金が設定されている場合がありますね。そこにはこ...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

医者が患者に恋愛感情を抱くことはある?医者と患者の恋愛事情

医者と患者がお互いに恋愛感情を抱くことはあるのでしょうか。実際、患者さんがお医者さんに恋愛感情を抱い...

唇周辺の筋肉の鍛え方!口輪筋を鍛えて印象の良い表情を作ろう

唇の周辺の筋肉には「口輪筋」というものがあります。この筋肉を鍛えることで、女性には嬉しい効果を与える...

眉毛を剃る男性の理由と正しい整え方のコツでなりたい自分に

眉毛を剃る男性が最近では増えていますが、どうして男性は眉毛を剃るのでしょうか?では、男性の正...

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

ショートヘアの切り方とは?女性がセルフで切る場合の注意点

美容室へ行きたいと思っても「お金もかかるし、ゆっくり行ける時間もないし…。」と前回行ってから期間が空...

オービスの光り方は赤い光って本当?種類によって光り方が違う

オービスの光り方は赤い光だという噂を聞いたことがある人もいますよね。高速道をなどを走行中、うっかりア...

浪人生経験者が思う友達問題…大学入学後の友人関係について

浪人をして大学に入った方の多くが心配することの一つに、「大学に行ってから友達ができるのだろうか…」と...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

眉毛の形を細くする・書き足す。男性の眉毛の手入れ方法とコツ

男性の皆さん、眉毛のお手入れはしていますか。眉毛で顔の印象は大きく変わってきます。太い眉毛の...

スポンサーリンク

カナヘビのエサはダンゴムシでも大丈夫?口にするエサについて

ペットとして人気があるカナヘビですが、飼育で大変なのがエサなのかもしれません。

カナヘビのエサは一般的にコオロギ

自然界で生きるカナヘビはコオロギ、バッタ、ダンゴムシ、クモなど自分の口に入るサイズで動いているものなら何でも食べて栄養を補っています。

飼育下では生きているコオロギをカナヘビのエサにするのはコストもかかります。
庭先にいる生きたダンゴムシでもいいならとても楽に飼育できるのにと思っていまいませんか。

結論から言いますと、庭先にいる生きたダンゴムシをカナヘビのエサにすることはできます。
むしろ、自然界で生きているカナヘビが食べるようなエサを与えたほうがカナヘビのためにもなります。
外のどこかで採ってきたカナヘビなら尚更です。

だたし、家の庭先ということもあり、除草剤を撒いている場合には気を付けてください。
除草剤がついたダンゴムシを、カナヘビが食べてしまいますので体に不調を起こしかねません。

カナヘビはダンゴムシもエサとして認識をします!しかしサイズには注意が必要です

自然界に生きるカナヘビは、生きているもので口に入るサイズならなんでもエサと認識します。

なのでダンゴムシもエサとして食べます。
しかし、ダンゴムシをエサと認識するカナヘビでもダンゴムシを食べないことがあります。

ダンゴムシのサイズが大きいとエサとして興味を示さなくなる

カナヘビは噛みちぎりながら食べることはしないので、口の中にすっぽりと入る大きさのみエサとして認識します。

なのでダンゴムシも大人のものはほとんど食べないといっても良いくらいです。
ダンゴムシをあげる時は大人にならないうちの、小さいサイズのものを選ぶと良いでしょう。

カナヘビは基本的に生きている昆虫をエサとしますので、エサのコスパ的には最高ですね。
飼う場合にはそのようなことも頭に入れて飼いましょう。

夏なら、口に入るサイズのダンゴムシ、バッタ、クモなどを草原や庭先で採取してコストを抑えることもできますね。

カナヘビのエサにダンゴムシが良い理由

カナヘビのエサにダンゴムシが良い理由を紹介します。

ダンゴムシのメリット

動きが静か

バッタやコオロギに比べ動きが静かですのでカナヘビが攻撃しながら食べることもありません。
カナヘビにとって最も食べやすい昆虫かもしれません。

掃除をしてくれる

カナヘビが食べ残したエサや糞を食べて綺麗にしてくれます。
掃除をしてくれると言ってもダンゴムシの動きの範囲ですので期待はしずぎないように。

保管しやすさ

他の動き生き物をエサをする時は動きが激しくなるので保管も蓋をしっかり閉めたり、容器にもある程度の大きさが必要だったりなどしますがダンゴムシの場合はプリンカップで十分です。
またダンゴムシは臭いを放つ生き物ではないので、気にせず保管できます。

栄養が豊富

ダンゴムシは昆虫と思われがちですが、実は甲殻類の仲間です。
昆虫はカルシウムに欠けますが、甲殻類はカルシウムが豊富なのでカナヘビの栄養のなります。

ダンゴムシは庭先などによくいる生き物なので、自然に採取できたらカナヘビの飼育が楽になりますね。

一般的なカナヘビのエサはダンゴムシ?いえコウロギが主流です

上記ではカナヘビのエサについてダンゴムシを述べてきましたが、カナヘビのエサで主流なのはコオロギです。

ダンゴムシはあくまでもコオロギの他に食べさせるなら、栄養を補うならという目的で食べさせます。

ペットショプの昆虫コーナーにはカナヘビ用の固形のエサに注意

これは外国産の草食用のカナヘビのエサになりますので、肉食であるニホンカナヘビは食べませんので注意してください。

ニホンカナヘビは基本的に生きたものしか食べません

飼育下ですとエサが大変なのではないでしょうか。

栄養補給としてダンゴムシが良いのですが、冬の間はダンゴムシはいません。
なので、栄養パウダーをコウロギにかけておくと、カナヘビが食べた時に栄養補給ができます。

またコオロギが手に入らない場合には代わりにミルワームを与えるとよいですが、栄養はほとんどありませんので栄養パウダーをかけると良いでしょう。

カナヘビのエサに野菜は不向きです!飼育をする際には注意をしましょう

ハムスターなどの生き物は野菜を与えるとヘルシーで良いとされていますが、カナヘビにとって野菜は良いものではないのです。

肉食動物とされるカナヘビは、野菜を主食とすることにより体の機能が鈍り健康を保つことが難しくなります。

カナヘビはカナヘビなりの食生活で健康を維持しているのです。

肉食のカナヘビに安易に野菜を与えないように注意

カナヘビの主食はコオロギであること、そして栄養補給やサイドメニューとしてダンゴムシを与えることもいいと覚えておきましょう。

他にバッタ、カタツムリ、クモなど口に入る大きさで生きているものです。

飼育下で大変なのは生きているものしかエサと認識しないというところでしょうか。

カナヘビは茂みなどで採れる生き物であり飼いやすく身近な生き物でありますが、飼育する場合は注意しなければいけないことや、エサについてなど調べた上で飼うようにしましょう。