注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カナヘビのエサにダンゴムシが良い?適しているエサについて

カナヘビはペットとして人気がありますが、エサはどのようなものを好むのでしょうか?基本的には生きている虫が主食となります。

そこで家の庭でも捕まえることのできる、比較的手軽なダンゴムシはどうなのか?カナヘビは好んで口にするのでしょうか?

また気になるカナヘビのエサは、生きているエサという他にもサイズ感が重要となります。カナヘビが好むエサを用意して、元気なカナヘビを育てましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏と元彼、どっちが好きなの?両方好き?揺れる気持を見つめて

新しい恋を始めたのに元彼のことが気になる。忘れられない。思い出しちゃう!揺れ動く今カレと元カ...

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えて...

結婚式が中止になるのはどんなとき?天候で中止となることは

強風や大雨、大雪など台風のような天候が荒れているときに結婚式の中止となることはあるのでしょうか? ...

韓国人男性はメイクや美容に意識が高い!メンズメイクの基本

韓国人男性の歌手を見て感じることは、「バッチリメイクしているなぁ」そう感じる人も多いのではないでしょ...

陸上自衛隊の彼氏とは音信不通になっても信じて待つことが大切

日本という国と国民を守るために働いている陸上自衛隊。しかし、彼氏が陸上自衛隊だと音信不通になってしま...

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

寝起きに体重が重いのは女性ならではの原因や出来る事を紹介

ダイエットの基本、一日の夜と朝に体重計に乗るのは大事なことです。朝体重計に乗ったら、昨晩より...

爪の白いところが多い原因は何?健康な爪を保つ爪のお手入れ方法

自分の爪の白いところが多いのではないかと気になっている女性もいますよね。どうして白い部分が多くなって...

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできる?水槽の作り方

熱帯魚の水槽を掃除不要にすることはできるのでしょうか?掃除をしないでキレイなままの水槽であればとても...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

電車内で隣の人の肘が当たるのが不快!対処法を紹介します

電車の中でも迷惑だと感じる行為は色々あります。中には隣の人の肘が当たってイヤな思いをしている人も...

ホログラムネイルの落とし方のオススメのコツや注意点とケア方法

ホログラムのネイルって普通のネイルの落とし方では、簡単に落ちないですよね。では、そんな頑固な...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。それから改定されたりしながら、今中学生は...

雰囲気が変わったと言われた!変化が現れた新しい自分

雰囲気が変わったと言われた!これって褒め言葉なの?そうです!褒め言葉です!素直に「ありがとう...

眉毛の長さや整え方!基本の美眉でナチュラル美人

メイクをするようになると、眉毛のお手入れもしっかりとしないと顔の印象がどうしても野暮ったく見えてしま...

スポンサーリンク

カナヘビのエサはダンゴムシでも大丈夫?口にするエサについて

ペットとして人気があるカナヘビですが、飼育で大変なのがエサなのかもしれません。

カナヘビのエサは一般的にコオロギ

自然界で生きるカナヘビはコオロギ、バッタ、ダンゴムシ、クモなど自分の口に入るサイズで動いているものなら何でも食べて栄養を補っています。

飼育下では生きているコオロギをカナヘビのエサにするのはコストもかかります。
庭先にいる生きたダンゴムシでもいいならとても楽に飼育できるのにと思っていまいませんか。

結論から言いますと、庭先にいる生きたダンゴムシをカナヘビのエサにすることはできます。
むしろ、自然界で生きているカナヘビが食べるようなエサを与えたほうがカナヘビのためにもなります。
外のどこかで採ってきたカナヘビなら尚更です。

だたし、家の庭先ということもあり、除草剤を撒いている場合には気を付けてください。
除草剤がついたダンゴムシを、カナヘビが食べてしまいますので体に不調を起こしかねません。

カナヘビはダンゴムシもエサとして認識をします!しかしサイズには注意が必要です

自然界に生きるカナヘビは、生きているもので口に入るサイズならなんでもエサと認識します。

なのでダンゴムシもエサとして食べます。
しかし、ダンゴムシをエサと認識するカナヘビでもダンゴムシを食べないことがあります。

ダンゴムシのサイズが大きいとエサとして興味を示さなくなる

カナヘビは噛みちぎりながら食べることはしないので、口の中にすっぽりと入る大きさのみエサとして認識します。

なのでダンゴムシも大人のものはほとんど食べないといっても良いくらいです。
ダンゴムシをあげる時は大人にならないうちの、小さいサイズのものを選ぶと良いでしょう。

カナヘビは基本的に生きている昆虫をエサとしますので、エサのコスパ的には最高ですね。
飼う場合にはそのようなことも頭に入れて飼いましょう。

夏なら、口に入るサイズのダンゴムシ、バッタ、クモなどを草原や庭先で採取してコストを抑えることもできますね。

カナヘビのエサにダンゴムシが良い理由

カナヘビのエサにダンゴムシが良い理由を紹介します。

ダンゴムシのメリット

動きが静か

バッタやコオロギに比べ動きが静かですのでカナヘビが攻撃しながら食べることもありません。
カナヘビにとって最も食べやすい昆虫かもしれません。

掃除をしてくれる

カナヘビが食べ残したエサや糞を食べて綺麗にしてくれます。
掃除をしてくれると言ってもダンゴムシの動きの範囲ですので期待はしずぎないように。

保管しやすさ

他の動き生き物をエサをする時は動きが激しくなるので保管も蓋をしっかり閉めたり、容器にもある程度の大きさが必要だったりなどしますがダンゴムシの場合はプリンカップで十分です。
またダンゴムシは臭いを放つ生き物ではないので、気にせず保管できます。

栄養が豊富

ダンゴムシは昆虫と思われがちですが、実は甲殻類の仲間です。
昆虫はカルシウムに欠けますが、甲殻類はカルシウムが豊富なのでカナヘビの栄養のなります。

ダンゴムシは庭先などによくいる生き物なので、自然に採取できたらカナヘビの飼育が楽になりますね。

一般的なカナヘビのエサはダンゴムシ?いえコウロギが主流です

上記ではカナヘビのエサについてダンゴムシを述べてきましたが、カナヘビのエサで主流なのはコオロギです。

ダンゴムシはあくまでもコオロギの他に食べさせるなら、栄養を補うならという目的で食べさせます。

ペットショプの昆虫コーナーにはカナヘビ用の固形のエサに注意

これは外国産の草食用のカナヘビのエサになりますので、肉食であるニホンカナヘビは食べませんので注意してください。

ニホンカナヘビは基本的に生きたものしか食べません

飼育下ですとエサが大変なのではないでしょうか。

栄養補給としてダンゴムシが良いのですが、冬の間はダンゴムシはいません。
なので、栄養パウダーをコウロギにかけておくと、カナヘビが食べた時に栄養補給ができます。

またコオロギが手に入らない場合には代わりにミルワームを与えるとよいですが、栄養はほとんどありませんので栄養パウダーをかけると良いでしょう。

カナヘビのエサに野菜は不向きです!飼育をする際には注意をしましょう

ハムスターなどの生き物は野菜を与えるとヘルシーで良いとされていますが、カナヘビにとって野菜は良いものではないのです。

肉食動物とされるカナヘビは、野菜を主食とすることにより体の機能が鈍り健康を保つことが難しくなります。

カナヘビはカナヘビなりの食生活で健康を維持しているのです。

肉食のカナヘビに安易に野菜を与えないように注意

カナヘビの主食はコオロギであること、そして栄養補給やサイドメニューとしてダンゴムシを与えることもいいと覚えておきましょう。

他にバッタ、カタツムリ、クモなど口に入る大きさで生きているものです。

飼育下で大変なのは生きているものしかエサと認識しないというところでしょうか。

カナヘビは茂みなどで採れる生き物であり飼いやすく身近な生き物でありますが、飼育する場合は注意しなければいけないことや、エサについてなど調べた上で飼うようにしましょう。