注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ヒョウモントカゲモドキの脱皮の頻度と脱皮・飼育の注意点

ヒョウモントカゲモドキの飼育初心者の人は、どのくらいの頻度で脱皮をするのか分からないものです。飼い始めたばかりの頃は、その生き物に関する知識があまりないことが多いです。

ヒョウモントカゲモドキは、一体どのくらいの頻度で脱皮をするのでしょうか。知識を得ることで、上手に飼育できるようにしましょう。

ここでは、ヒョウモントカゲモドキの脱皮の頻度やスムーズに脱皮を指せる方法・脱皮の時の飼い主さんのお手伝いについてお伝えします。脱皮に関する知識を知って、管理をしてあげてください。

脱皮の兆候や飼育の時の注意点についてもご紹介しますので、そちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

眉毛は剃ると濃くなるのは間違い!失敗しない眉毛の整え方とは

眉毛は剃ると濃くなると思い込んではいませんか?眉毛は剃ることで濃くなるように見えるだけです!...

絵が上手い人に共通する性格はないが、共通する特徴はあると判明

絵が上手い人は性格が関係すると思っていませんか?確かに絵が上手い人を思い浮かべると、ちょっと性格...

目を大きくする方法、自力整形なしで目を大きくする方法

目を大きくする方法の一つで整形という手もありますが、怖くていまいち一歩踏み出せないという方も多いので...

車の内装が劣化する原因と劣化を防止する方法について

車の内装は長く乗れば当然劣化しますが、出来ればなるべく劣化せずに、いつまでも綺麗に乗っていたいもので...

バーベキューの焼きそばは使い捨てのアルミ製品で片付け簡単

バーベキューに欠かせないメニューの一つに焼きそばがありますよね。大人も子供も大好きで、家で食べる...

彼氏が眠いと不機嫌になる。お子ちゃま彼氏への接し方について

彼氏が眠いと不機嫌になる。そんなお子ちゃま赤ちゃん彼氏を持つあなたへのアドバイス!不機嫌にな...

突然メールが来なくなるのはなぜ?理由についてをご紹介

突然メールが来なくなることは、よくあります。一番多い理由は単純に、あなたへの興味を失ったから。...

雪道をスタッドレスなし走行するテクニックと走行時の注意点

ノーマルタイヤで出かけ、次の日雪が降っていた!ということもよくあります。雪道をなんとかスタッ...

彼氏がカラオケに行きたくない理由とそんな彼への対処法

彼氏とのデートでカラオケに行く方も多いと思います。あなたも彼氏もカラオケが大好きならば、お互...

平安時代の貴族女性の生活の様子!服装・結婚・美しい女性の特徴

平安時代の貴族の女性が一体どんな生活をしていたのか気になる人もいますよね。毎日どんな風に1日を過ごし...

黒い服に付いたほこりの取り方!すぐにできる方法と外出先の対処

黒い服はいろいろなアイテムとも合わせやすく、誰もが1枚は持っていると思います。しかし、黒い服は他...

涙袋の作り方!簡単メイクや筋トレでできるポイント、効果とは

涙袋の作り方は簡単なマッサージやトレーニングによっても作れるそうです。まずは、手軽にアイシャ...

マジックテープの財布はダサい?女性ウケが悪いのはこんな財布

マジックテープの財布がダサいという話が巷でささやかれているようですが、女性たちは自分の彼氏がマジック...

彼女のプレゼント選びでアクセサリー以外で喜ばれる物を厳選

彼女へのプレゼントで真っ先に思い浮かべるのが「アクセサリー」ではないでしょうか。ただ、アクセサリーを...

韓国で今話題の食べ物!現地でぜひ食べておきたい人気韓国グルメ

韓国への旅行は、観光やショッピングも定番ですが、美味しい食べ物を食べに行くのが一番の目的という方も多...

スポンサーリンク

ヒョウモントカゲモドキの脱皮の頻度

ヒョウモントカゲモドキは、見た目の可愛らしさや美しさからペットとしての人気が高い爬虫類の一つです。
体の丈夫さと、おだやかな性質を兼ね備えているので、初心者でも飼育がしやすいという点も魅力の一つです。

そんなヒョウモントカゲモドキの特徴の一つに、定期的に脱皮をするという性質があります。

古い角質を剥がして脱皮を繰り返しながら、成長をしていきます

どのくらいの頻度で脱皮するのかというと、個体によっても差はありますが、子供の時期は成長が早いので10日に一度のペースで脱皮を繰り返します。
大人でも約2週間に一度のペースで脱皮をするので、脱皮の様子を目にする機会も非常に多くなると思います。

ヒョウモントカゲモドキは脱皮の頻度が多い!脱皮にかかる時間

大人のヒョウモントカゲモドキでも2週間に一度、だいたい1ヶ月に二度は脱皮をするということを説明しました。
脱皮の頻度はわかりましたが、脱皮にかかる時間はどのくらいなのでしょう。

平均すると、だいたい3日ほどで脱皮が終了します

  • 1日目に体が古い角質で覆われ、白く変化していきます。
  • 2日目に皮が剥がれていく様子がわかります。
  • 3日目には完全に皮が向けた状態となり、脱皮が終了したことが見られます。

通常はヒョウモントカゲモドキ自身で脱皮を行うのですが、稀に3日を経過しても脱皮が終わっていないことがあります。
これは脱皮不全が考えられ、古い皮膚が正常に剥がれ落ちていない状態です。

指や尾が脱皮不全になると炎症を起こしやすく、目の周りが脱皮不全になると目が開かなくなってしまうことがあります。

このような事態にならないために、3日を過ぎても脱皮が正常に終了していなければ、飼い主が脱皮のお手伝いをしてあげる必要があります。

30度くらいのぬるま湯にヒョウモントカゲモドキを漬けて、角質を柔らかくしてあげます。
指先や尾の場合は、体全体ではなくその部位だけを漬けてあげて下さい。

5~10分もするとふやけてくるので、柔らかい布や綿棒で優しく皮を剥がしてあげます。

ヒョウモントカゲモドキにスムーズに脱皮させるには

ヒョウモントカゲモドキは、脱皮の頻度が他の爬虫類よりも多いということがわかりましたが、その分脱皮不全にならないように注意をしてあげる必要があります。

脱皮不全になってしまうには、いくつかの理由が考えられます。

  • ストレスなどの外的な要因
  • 湿度の不足
  • 温度管理不足

この三つの要因が主な理由として考えられているので、脱皮の前兆が確認され始めたら、今まで以上に環境を整えてあげましょう。

ヒョウモントカゲモドキは寒い環境に弱い

冬の気温や湿度が低くなる時期には、特に管理に気を付けましょう。

快適だと感じる温度は25度~30度

18度以上の環境であれば問題なく餌を食べる行動が見られますが、快適と感じる温度はこの範囲です。

理想的な湿度は40%~60%の範囲なので、乾燥しているようならケージ壁面に霧吹きをするなどして、湿度を確保するようにしてあげて下さい。

ヒョウモントカゲモドキの脱皮の前兆

ヒョウモントカゲモドキが脱皮不全にならないために、脱皮の前兆をきちんと理解して、対応出来る知識を身に付けておくことも、飼い主としての大切な役割です。

脱皮を始める前に見られる前兆

体が白くなる

この前兆が一番わかりやすいでしょう。
脱皮する古い角質が浮き上がってきて、体全体が白い皮に覆われます。

体全体が白い皮に覆われるようになると、そこから2~3日かけて自分で脱皮していきます。

自分でどこかに皮を引っ掛けるようにして剥がすという脱皮の方法なので、問題がなければ飼い主はストレスを与えないように見守ってあげて下さい。

食欲がなくなる場合がある

ヒョウモントカゲモドキは、好奇心も食欲も旺盛な性格をしています。
普段はたくさん餌を食べているのに、突然食欲がなくなったとしたら、それは脱皮の前兆の可能性が高いです。

飼い主としては餌を食べなくなることは心配ですが、ヒョウモントカゲモドキは脱皮した後に自分の皮を食べることがあります。

そのため、餌を食べないからといって過剰に心配する必要はありません。

ただ脱皮が終わってから一週間以上も餌を食べない様子なら、拒食の可能性が考えられ、餌をいつもと変えてみるなど工夫して様子を観察してあげましょう。

脱皮の頻度が多いヒョウモントカゲモドキを飼育する時の注意点

ヒョウモントカゲモドキの脱皮について、いろいろ紹介してきました。

脱皮以外の注意点

ここで紹介していきます。

温度と湿度の管理

先ほども説明したように、温度や湿度が適切ではない環境が続くと、正常に脱皮をすることが出来ずに健康を害してしまう可能性があります。

反対に、きちんと管理をして適切な環境で過ごすことが出来れば、あまり体調に問題を起こすことはありません。

健康に過ごせるためにも、温度や湿度の管理は不可欠です。

カルシウム不足には注意

ヒョウモントカゲモドキの餌の多くには、カルシウムがあまり含まれておらず、代わりにリンが多めに含まれています。
しかし、このリンはカルシウムの吸収を邪魔するので、ただ餌を与えているだけではクル病という病気を引き起こすことが考えられます。

クル病は体の至る部分の骨が変形してしまう病気で、一度発症すると残念ながら完治することはありません。

カルシウム不足にならないために、餌にカルシウムパウダーを振りかけて与えるなどして、積極的に摂取させてあげましょう。

誤飲に注意

ケージ内に砂利を敷く場合、餌と一緒にこの砂利を誤飲してしまうことがあります。
サイズの大きな砂利だと、誤飲したときに腸に詰まってしまう危険性が高くなります。

もし砂利を敷く必要があるなら、万が一のことを考えて小さめの砂利にしましょう。