注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

地震の液状化現象を再現する実験。自由研究のまとめ方

夏休みや冬休みの自由研究に地震を題材にした自由研究をしたいという方はいませんか?日本は地震大国とも言われますので、地震は他人事ではありません。
そこで、地震に強い条件のわかる、地震によって液状化が起きるメカニズムを調べる実験をご紹介します。
実験自体はそれほど難しい実験ではありません。少し簡単過ぎるという場合には、地震を発生させる状態を作るモーターを自作する、という手順を加えるのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セルフで前髪をカットする方法と、失敗した時の対処法とは

セルフで前髪をカットするなら、美容室へ行ってカットしてもらった前髪をキープするくらいの頻度で、カット...

好きな人が留学!告白した方がいい?遠距離片思いを実らせる方法

好きな人が留学することになったら、告白した方が良いのか考えてしまいますよね。自分の気持ちを伝えたいけ...

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので...

体重が減ったのに見た目が変わらない!筋肉とダイエットの関係

頑張ってダイエットをして体重は減ったのに見た目がほとんど変わらないという人もいるでしょう。体重計に乗...

居酒屋でのバイトは女性の場合はホールが多い。身に付くスキル

バイトを始めようと思った時に思う浮かぶのは、フェミレス・コンビニ・カフェ・居酒屋など色々あると思いま...

才能や努力よりも運で決まる!?人生の成功について

才能と努力と運。何かを成し遂げたいのなら、努力は必須!と、根性論を振りかざしてみても、違...

友達からの恋愛相談がしつこい時の対策と解決へのヒント

女友達が集まると、決まって話題になるのが恋愛相談です。話題としては盛り上がるのですが、会うた...

猫のネズミ捕りの罠にかかった時の粘着シートの取り方と予防方法

家に仕掛けてあるネズミ捕りの罠に猫がかかってしまうと、猫の体が粘着シートでベタベタになってしまいます...

別れの手紙を彼氏へ渡す効果と手紙を書く時に注意したいこと

LINEやメールが主な連絡手段の中、別れる時こそ彼氏へ手紙を送るのはどうでしょうか。特に復縁...

陶器の人形を処分する方法は?感謝の気持ちを持つことが一番大切

押し入れに眠っている陶器の人形を処分したいけど、人形をそのままゴミに出すのは良くないのでは…と悩んで...

目が細いイケメン男子が人気の理由とさらにモテる方法とは

目が細いイケメン男子はどこかミステリアスなイメージなのが魅力的ですよね。イケメンというと大き...

眉毛の剃り跡の消し方とは?剃り跡を綺麗に隠そう!

眉毛が濃い人の悩み、それが眉毛の剃り跡です。剃った後の青い眉毛がどうしても目立ち、どう隠せばいい...

趣味にかけるお金の月平均は?30代既婚男性の趣味のお金の相場

30代の既婚男性は、一ヶ月にいくらのお金を趣味に使用しているのでしょうか。30代の既婚男性の中には、...

浪人生経験者が思う友達問題…大学入学後の友人関係について

浪人をして大学に入った方の多くが心配することの一つに、「大学に行ってから友達ができるのだろうか…」と...

ピアスホールがが安定しない期間が半年!安定までにかかる期間

半年たってもピアスホールが安定しないことに頭を悩ませている人もいますよね。せっかくピアスを開けたので...

スポンサーリンク

自由研究に地震で起きる液状化現象を実験する方法

私達が暮らす日本列島は、大きな4枚のプレートが集まった上にちょうど乗っかっている形です。

そのプレートは世界的に見ても活発的にぶつかり合い、深く沈み込んでいるサブダクションゾーンと言われ、日本はその真上にある状態です。

日本が「地震大国」などと嬉しくない表現をされるのは、そのためです。

いつ地震が来ても正しく対処できるように、自由研究のテーマに地震を選択する人もいるでしょう。

自由研究では、研究の成果を得た後に研究成果を発表する必要があります

発表を見てくれている人にもわかりやすく地震の研究が伝わるように、自由研究では地震によって起こる「液状化現象」を再現してみることがおすすめです。

ニュースで、地震が起きた後に液状化現象と言って固い地面が水のように液体状態になることを見た人は多いでしょう。

この現象を液状化現象と言います。

透明な容器を使って液状化現象を再現する

液状化現象をわかりやすく再現するためには、透明なプラスチック製の容器を使います。地面の状態を再現するため、この容器の中に「砂」を入れます。

さらに、砂の表面ギリギリまで水を入れます。

さらに地震の揺れを再現するために、容器の下に丸い鉛筆やサインペンを線路のように並べ、容器を横に揺らします。

しばらく揺らすと、水が砂の表面を超えてきます。

揺さぶられることで、砂の砂の間にあった隙間がなくなり、砂が沈み水が表面に出るという現象が液状化現象です。

地震の液状化を再現した実験の結果のまとめ方

液状化現象を再現することで、なぜこのような現象が起こるのかが理解できます。

実験では、あらゆる条件で繰り返し実験してデータを取ることで、より詳細で内容の濃い実験になります。

実験で液状化現象を再現したら、様々な条件でデータを取る

容器の中に入れた砂の他にも、園芸用の土や細かい石を使うなど材料を変えて実験してみると、比較データが取れます。

同じ揺らし方で液状化現象が起こるまでかかった時間や、容器の側面から見て砂や水の変化に違いがあったか、また揺れの強さを変えたらどうなるかなどをバリエーションを考えて詳しく観察しましょう。

地震の振動をモーターを使って行う方法

地震による液状化現象を再現するために、”揺れ”は必須です。

実験でモーターを使って振動させるメリット

揺れは手で揺らす手動の方法でも良いですが、モーターを使えば安定した揺れを再現出来るので、より詳細な実験データが取れます。

モーターには回転軸が付いていますが、この回転軸を少しずらすことで振動させることが出来ます。

モーターを用意したら、回転軸にプーリーを取り付けます。
さらにその上からペンチを使って針金をぐるっと巻き付けます。

適度な大きさのベニヤ板を用意し、モーターを金具を使って固定します。

ベニヤ板を組み合わせて箱状にしたら、取り付けたモーターと電池ボックスをビニールコードで配線し、電池をセットすれば完了です。

自由研究でもっと簡単に地震を実験する方法

液状化現象は、実際に経験したことがある人以外は目にする機会がありませんよね。

固いコンクリートの地面が、地震であっという間に液体になるなんてなかなか考えにくいことです。

自由研究で、液状化現象をミニチュア化で再現することで、「なるほど」としっかり理解することが出来るので、自由研究のテーマに液状化現象を選ぶのはおすすめです。

ペットボトルを使って簡単に液状化現象を再現する実験方法

液状化現象を再現する方法には、500ミリのペットボトルを使うと、もっと簡単に出来ます。

500mlのペットボトルは2本用意しましょう。

一本には、300ml程度の水を入れておきます。

もう一本のペットボトルには、砂を半分の位置まで入れたら水を砂の上にくる位置まで入れます。さらに残りの砂を水が見えなくなるまで入れて、砂の表面が乾いた状態にしましょう。

この状態で、割り箸を1膳用意し、砂の入ったペットボトルの中に止まる位置まで差し込みます。

半量で水を入れた部分で割り箸が固定された状態です。

一度割り箸を抜き、土が付いたり水で濡れてささった位置に目印をマジックなどで書いたら、元の状態に戻します。

割り箸を手で固定した状態で、ペットボトルを置いた床やテーブルを叩いて振動させると、割り箸がさらに下に沈み込みます。

これが液状化現象です。

沈み込んだ位置を割り箸で確認し、最初の状態からどれだか沈んだかをマジックで書き、実験データとしましょう。

自由研究でわかること

地震が頻繁に起こる日本では、地震に対する備えをしておくことが大切です。

自由研究で液状化現象の仕組みを知ってなぜ起こるのかを理解する

地震が起こった時に室内にいると、その建物の耐震性も気になりますが、外に居た場合も液状化現象などで地盤が緩むことがあるので、油断はできません。

特に、実験で液状化現象を再現してみると、土よりも砂の地面の方が液状化現象が起こりやすいということが分かります。

そのため、日本中どこでも液状化現象が起こるのではなく、おもに地面が砂で地盤が緩いところや地下水位が高いところで起こりやすいのです。

液状化現象を再現することで、なぜこの現象が起こるのかということを目で見て理解することが出来ます。

地震大国日本で暮らす私達にとっては、地震のメカニズムを知っておくのはとても重要なことと言えるでしょう。