注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまうこともあるのです。

疑似冬眠から起こすためには温めとマッサージが重要なポイントに!また疑似冬眠は本来の冬眠とは異なるため、そのままにしておくのは危険です。

疑似冬眠から目覚めさせるためには、早期発見も重要な鍵となります。温めの方法や、絶対にやってはいけないことなどを紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えて...

チューリップの球根の掘り上げ・保存方法と植え付けの方法を解説

チューリップの花が終わった後は、球根を掘り上げて保存しておくことで、次のシーズンも綺麗な花を咲かせる...

好きな子に彼氏がいて嫉妬してしまう気持ちをどうにかしたい

好きな子に彼氏がいるのを知ってショック…。嫉妬する気持ちはどうやって抑えたらいいのでしょうか?...

浪人生がバイトをしても良いがそれは勉強時間を確保できる人のみ

浪人生が次の受験までにすべき事。それは勉強です。しかし生活費を稼ぐためなど、バイトをしたいという学生...

男性が結婚にメリットなしと感じる点と結婚で得られるメリット

男性の中には結婚すると自由も減るし、メリットどころかデメリットしかないと考える方もいると思います。...

社交ダンスはパートナーとの関係が重要!パートナーの選び方

社交ダンスを楽しむ人にとっては、パートナーとの関係は重要です。お互いに信頼し合える仲ならばダ...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

体重は軽いのに太ってるのはどうして?筋肉・脂肪・骨格について

体重は軽い。なのに太ってるのはどうして?同じ体重でも、スタイルがよく見える人と、残念な人がい...

眉毛の生え方が変!理想の眉毛になるための対処法とは

眉毛の生え方が変でなりたい眉毛にならないとお悩みの人もいますよね。では、眉毛の生え方が気にな...

顔の横幅を狭くするためにはマッサージが効果的!そのやり方とは

小顔に見せるためにはメイクを変える方法もありますが、顔の横幅が気になる人はそれ自体をなんとかしたいと...

シールの剥がし方!ガラスに貼られたシールを綺麗に剥がす方法

お子さんがいるご家庭では、子供がシールを貼ってしまう事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか...

彼女のお弁当、迷惑なんだよね。だってマズイから…ごめん

彼女がお弁当を作ってくれる!本来ならば、嬉しいことですが、その弁当、マズイんです…。そん...

髪がロングの人がカラーをした場合、ショートの人と違う点とは

髪がロングの人は美容室でカラーをする時に、ロング料金が設定されている場合がありますね。そこにはこ...

運転が下手で教習所が嫌になる前に出来ることや運転のコツを紹介

自動車の免許取得の為に教習所に通っている人もいるでしょうが、運転が下手過ぎると落ちこんでいませんか。...

一重男子を好きな女性の理由とスッキリイケメンになる方法とは

一重男子が好きだという女性が最近増えていますが、ただの一重男子ではなく女性が好きなスッキリイケメンに...

スポンサーリンク

ハムスターの擬似冬眠はマッサージが必要!そもそも疑似冬眠とは

ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせたい!
ここでは、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせる方法について紹介していきますが、その前に「疑似冬眠」とは何なのか、おさらいしていきましょう。

疑似冬眠とは

冬眠とは全く異なる現象のことを示します。
クマやヘビなど、動物の中には冬眠をして冬を越すものがいますが、自宅で飼われているハムスターは冬眠をしません。もしも、飼っているハムスターが、生きているのに冬眠したように眠って動かない状態になっているのであれば、それは「疑似冬眠」です。

疑似冬眠は、急激な温度変化によって起こります

ハムスターが元気に活動できる温度は18~26度程度。この温度を急激に下回ると、ハムスターの体温が急激に低下し人間で言う「山で遭難した時のような状況」に陥ります。
体力を温存するために眠くなってしまう、ドラマなどで見るあの状況です。

疑似冬眠は冬眠とは異なり、弱っている証拠になりますのでそのままにしておいてはいけません。
見つけたらすぐに「温める」「マッサージをする」などの対処をして、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせてあげましょう。

ハムスターが擬似冬眠?マッサージ前の確認事項

ハムスターがケージの中で硬くなって動かない状態になっているのを発見したら、マッサージに入る前に確認して欲しいことがあります。

それは、本当に疑似冬眠しているか(生きているか)ということです。

死後硬直を起こしているのか疑似冬眠をしているかを見分けるのは、非常に難しいとされていますが、もしもハムスターが死後硬直しているのであれば、マッサージをしても残念ながら意味がありません。
見分けができないときには、ひとまずマッサージをしてみても良いのですが、いろいろと手を施しても動き出してくれないとなるとショックは大きいです。

まずは、本当に疑似冬眠かどうかを見極めましょう。

小さいながらも、ハムスターが疑似冬眠している場合には呼吸があります

「お腹の上下」「鼻から出る息」を確認しましょう。小さく切ったティッシュペーパーを鼻先に置くとティッシュの揺れで確認がとれる場合もありますよ。

体の硬直具合も確かめてください。
疑似冬眠の場合には、死後硬直ほど体が硬くはならず、皮膚に柔らかさが残っています。手足を優しく動かしてみたり、皮膚をつまんでみたりしながら、確認しましょう。

擬似冬眠してしまったハムスターへのマッサージ方法

ハムスターの疑似冬眠を確認したら、早急に「温め」を開始します。

疑似冬眠確認後、まず始めにすることは室温を上げること

ハムスターが快適に過ごせる20度前後に室温を上げて、部屋全体を暖めてください。

次に、ハムスターを手のひらで包み込みます。
いきなりヒーターなどの高い温度で暖めてしまうと、急激な温度変化にハムスターが驚いてしまいますので、まずは人肌です。
手の中にハムスターを置いたら、背中を軽く擦ったり、撫でたりしてマッサージをします。30分から1時間を目安に、暖めてあげましょう。

手の中で暖めている最中にハムスターが目を冷ますかもしれませんが、次にヒーターやカイロを使って、間接的に暖めていきましょう。ハムスターは直接これらの上に置かないで、タオルで包んでから置くようにしましょう。
30分程度暖めれば、この頃にはハムスターの体力も徐々に回復してきます。

これらの対応は、ハムスターが疑似冬眠に入ってから1時間以内に行うことが大切だと言われています。
早期発見できなければ、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせることはまず難しいです。

ハムスターが擬似冬眠してしまった時、絶対にしてはいけないこと

ハムスターの疑似冬眠を発見した際の、誤った対処法について紹介します。

疑似冬眠を放置しない

「冬眠だから、春になれば目を冷ますだろう。」などと、考えてしまう方もいるようです。最初にも述べたように、自宅で飼っているハムスターが冬眠をすることはありません。そのままにしておくと、もう二度とハムスターは目を覚ましてくれないかもしれません。絶対に放置しないで下さい。早期発見、早期対処が大切ですよ。

ハムスターを直接温めない

ヒーター、カイロ、ストーブ、湯たんぽなど、ハムスターを温める機器類の上に、直接ハムスターを置くのはやめてください。
急な温度変化に弱いハムスターは、急激に温められると体に負担がかかり、体調不良になったり、最悪の場合にはそのまま永眠してしまうこともあるようです。

ハムスターが擬似冬眠から目覚めた後にしてあげる事

ハムスターが疑似冬眠から目覚めたら、すぐに栄養を与えます。
体力が弱っているハムスターは、脱水を起こしていたり空腹で体力が落ちていたりするので、温かい飲み物を用意して、体の中から暖めてあげましょう。

与えるのは、「温めたミルク」や「お湯に溶いたはちみつ」などがよいでしょう。
直接飲めないほど体力が落ちているときには、スポイトや脱脂綿などに含ませて、口元まで運んで上げると口に入れることができます。

飲み物を与えたら、温かいケージの中に戻して様子を観察します。
最低でも2~3日は様子を見て、元気に回復するのを見守りましょう。

疑似冬眠により体力が落ちていたり、体調不良を起こしている場合もありますので、疑似冬眠から目覚めたら一度動物病院を受診しておくと、より安心です。