注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまうこともあるのです。

疑似冬眠から起こすためには温めとマッサージが重要なポイントに!また疑似冬眠は本来の冬眠とは異なるため、そのままにしておくのは危険です。

疑似冬眠から目覚めさせるためには、早期発見も重要な鍵となります。温めの方法や、絶対にやってはいけないことなどを紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャワーのホースの交換方法!自分でもできる交換の手順

シャワーのホースが古くなってくると、亀裂を起こしたり、水漏れの原因になることもあります。ホースを...

女性が受け身なのはなぜ?それは『愛され女子』という優越感

女性が受け身なのは、生物学的にも仕方のないこと。愛されたいし、積極的にアプローチして欲しいし...

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければ...

鼻を小さく見せるメイク方法!すっきりとした鼻筋で美人顔

あなたは自分の顔の、どの部分を直したいと思いますか?自分の鼻にコンプレックスを持っている人も少な...

ピザとパスタならどっちが太る!?ピザVSパスタ

ピザとパスタではどっちが太るのでしょうか?ダイエット中に、ピザかパスタで迷ったときには食べたいほうを...

夜中の過食に後悔!翌日からできるダエイット中のリセット方法

ダイエットをしているのに、夜中に過食してしまうこともありますよね。後悔してもその時に時間を戻すことは...

尾ぐされ病治療方法・ベタの尾ぐされ病の知識を知って正しい治療

飼育しているベタの尾がボロボロになってきたときは、「尾ぐされ病」が疑われます。まだベタの飼育初心者の...

カラオケに行きたい男性にはどんな心理が隠れているのか徹底調査

付き合う前に好きな女性をカラオケに誘う男性が多いと言いますが、なぜカラオケなのか気になりますよね。...

車のレザーシートが車内で暑い時は要注意!予防法と対策について

車のシートが高級なレザーシートになっている場合、暑い日は火傷に注意が必要です。ちょっとぐらいの熱...

声の出し方がわからない!カラオケで上手く歌う方法とは

一人でいるときには声が出てるし、そんなに下手な気がしないのにカラオケになると声の出し方がわからなくな...

医者が患者に恋愛感情を抱くことはある?医者と患者の恋愛事情

医者と患者がお互いに恋愛感情を抱くことはあるのでしょうか。実際、患者さんがお医者さんに恋愛感情を抱い...

【ファンデーションの塗り方】崩れないリキッドファンデの使い方

普段リキッドファンデーションを愛用しているという方も多いと思います。しかし、慌ただしい朝には...

結婚式が中止になるのはどんなとき?天候で中止となることは

強風や大雨、大雪など台風のような天候が荒れているときに結婚式の中止となることはあるのでしょうか? ...

ベタの塩浴方法を解説!塩分濃度や塩浴方法・塩浴期間と注意点

飼育しているベタの体調が悪いときや元気がないときは、塩浴という方法で体調を回復させられることがありま...

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

スポンサーリンク

ハムスターの擬似冬眠はマッサージが必要!そもそも疑似冬眠とは

ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせたい!
ここでは、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせる方法について紹介していきますが、その前に「疑似冬眠」とは何なのか、おさらいしていきましょう。

疑似冬眠とは

冬眠とは全く異なる現象のことを示します。
クマやヘビなど、動物の中には冬眠をして冬を越すものがいますが、自宅で飼われているハムスターは冬眠をしません。もしも、飼っているハムスターが、生きているのに冬眠したように眠って動かない状態になっているのであれば、それは「疑似冬眠」です。

疑似冬眠は、急激な温度変化によって起こります

ハムスターが元気に活動できる温度は18~26度程度。この温度を急激に下回ると、ハムスターの体温が急激に低下し人間で言う「山で遭難した時のような状況」に陥ります。
体力を温存するために眠くなってしまう、ドラマなどで見るあの状況です。

疑似冬眠は冬眠とは異なり、弱っている証拠になりますのでそのままにしておいてはいけません。
見つけたらすぐに「温める」「マッサージをする」などの対処をして、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせてあげましょう。

ハムスターが擬似冬眠?マッサージ前の確認事項

ハムスターがケージの中で硬くなって動かない状態になっているのを発見したら、マッサージに入る前に確認して欲しいことがあります。

それは、本当に疑似冬眠しているか(生きているか)ということです。

死後硬直を起こしているのか疑似冬眠をしているかを見分けるのは、非常に難しいとされていますが、もしもハムスターが死後硬直しているのであれば、マッサージをしても残念ながら意味がありません。
見分けができないときには、ひとまずマッサージをしてみても良いのですが、いろいろと手を施しても動き出してくれないとなるとショックは大きいです。

まずは、本当に疑似冬眠かどうかを見極めましょう。

小さいながらも、ハムスターが疑似冬眠している場合には呼吸があります

「お腹の上下」「鼻から出る息」を確認しましょう。小さく切ったティッシュペーパーを鼻先に置くとティッシュの揺れで確認がとれる場合もありますよ。

体の硬直具合も確かめてください。
疑似冬眠の場合には、死後硬直ほど体が硬くはならず、皮膚に柔らかさが残っています。手足を優しく動かしてみたり、皮膚をつまんでみたりしながら、確認しましょう。

擬似冬眠してしまったハムスターへのマッサージ方法

ハムスターの疑似冬眠を確認したら、早急に「温め」を開始します。

疑似冬眠確認後、まず始めにすることは室温を上げること

ハムスターが快適に過ごせる20度前後に室温を上げて、部屋全体を暖めてください。

次に、ハムスターを手のひらで包み込みます。
いきなりヒーターなどの高い温度で暖めてしまうと、急激な温度変化にハムスターが驚いてしまいますので、まずは人肌です。
手の中にハムスターを置いたら、背中を軽く擦ったり、撫でたりしてマッサージをします。30分から1時間を目安に、暖めてあげましょう。

手の中で暖めている最中にハムスターが目を冷ますかもしれませんが、次にヒーターやカイロを使って、間接的に暖めていきましょう。ハムスターは直接これらの上に置かないで、タオルで包んでから置くようにしましょう。
30分程度暖めれば、この頃にはハムスターの体力も徐々に回復してきます。

これらの対応は、ハムスターが疑似冬眠に入ってから1時間以内に行うことが大切だと言われています。
早期発見できなければ、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせることはまず難しいです。

ハムスターが擬似冬眠してしまった時、絶対にしてはいけないこと

ハムスターの疑似冬眠を発見した際の、誤った対処法について紹介します。

疑似冬眠を放置しない

「冬眠だから、春になれば目を冷ますだろう。」などと、考えてしまう方もいるようです。最初にも述べたように、自宅で飼っているハムスターが冬眠をすることはありません。そのままにしておくと、もう二度とハムスターは目を覚ましてくれないかもしれません。絶対に放置しないで下さい。早期発見、早期対処が大切ですよ。

ハムスターを直接温めない

ヒーター、カイロ、ストーブ、湯たんぽなど、ハムスターを温める機器類の上に、直接ハムスターを置くのはやめてください。
急な温度変化に弱いハムスターは、急激に温められると体に負担がかかり、体調不良になったり、最悪の場合にはそのまま永眠してしまうこともあるようです。

ハムスターが擬似冬眠から目覚めた後にしてあげる事

ハムスターが疑似冬眠から目覚めたら、すぐに栄養を与えます。
体力が弱っているハムスターは、脱水を起こしていたり空腹で体力が落ちていたりするので、温かい飲み物を用意して、体の中から暖めてあげましょう。

与えるのは、「温めたミルク」や「お湯に溶いたはちみつ」などがよいでしょう。
直接飲めないほど体力が落ちているときには、スポイトや脱脂綿などに含ませて、口元まで運んで上げると口に入れることができます。

飲み物を与えたら、温かいケージの中に戻して様子を観察します。
最低でも2~3日は様子を見て、元気に回復するのを見守りましょう。

疑似冬眠により体力が落ちていたり、体調不良を起こしている場合もありますので、疑似冬眠から目覚めたら一度動物病院を受診しておくと、より安心です。