注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ハムスターが擬似冬眠してしまったら温めとマッサージが必要

ハムスターの擬似冬眠を知っていますか?ハムスターを飼育には温度が重要。寒すぎると疑似冬眠をしてしまうこともあるのです。

疑似冬眠から起こすためには温めとマッサージが重要なポイントに!また疑似冬眠は本来の冬眠とは異なるため、そのままにしておくのは危険です。

疑似冬眠から目覚めさせるためには、早期発見も重要な鍵となります。温めの方法や、絶対にやってはいけないことなどを紹介しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

デートの帰り際に手を振る男性心理につてい

デートの帰り際に手を振るのって好意のあらわれでしょうか?帰り際ということは、デートの余韻を残...

元カノの存在に今カノが勝手に修羅場ってる!彼氏がすべきことは

元カノの存在に今カノが嫉妬して勝手に修羅場ッてる!男性からすると、元カノに嫉妬されても…とい...

彼女の留学が決まったらコレをプレゼントしよう役立つプレゼント

彼女が留学するときにはどんなものをプレゼントしたらいいのでしょうか?彼女自身が留学で使うもの...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

外国人風二重の作り方!メイクで作るくっきり立体的な目元

外国人のようなくっきりとした二重は目元が印象的で吸い込まれそうな瞳です。私達日本人からすると、キ...

友達からメールの返信ない時に考えられる理由と不安をなくす方法

友達にメールを送ったのにずっと返信ないときは、なぜ返信してくれないのか不安になりますよね。友達に何か...

ホログラムネイルの落とし方のオススメのコツや注意点とケア方法

ホログラムのネイルって普通のネイルの落とし方では、簡単に落ちないですよね。では、そんな頑固な...

背筋トレーニングのやり方! 1人でもできる効果的な方法

背筋を鍛える方法としては、うつ伏せになった自分の足を誰かに押さえてもらってトレーニングするという方法...

夫が大好き!だけど子なしで心が揺らいだときの対処方法

夫のことは大好きだけれど、このまま子なしでいいのでしょうか?と悩んでしまう40代。自分達で子...

ハイライトはセルフでの入れ方をマスターすれば簡単にできます

美容室でカラーリングする時、ハイライトを入れてもらうと印象が変わりますよね。しかし、毎月美容...

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると...

緑の下地の使い方とは?上手く使いこなせばカバー力がアップ

緑の下地の使い方を間違えてしまうと、カバーするどころか顔色が悪く見えてしまう原因に!?緑の下...

中国の結婚式はいくらご祝儀が必要?日本とは違う中国の風習

中国の結婚式と聞いてピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。中国の結婚式は日本とは違うため、...

突然メールが来なくなるのはなぜ?理由についてをご紹介

突然メールが来なくなることは、よくあります。一番多い理由は単純に、あなたへの興味を失ったから。...

スポンサーリンク

ハムスターの擬似冬眠はマッサージが必要!そもそも疑似冬眠とは

ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせたい!
ここでは、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせる方法について紹介していきますが、その前に「疑似冬眠」とは何なのか、おさらいしていきましょう。

疑似冬眠とは

冬眠とは全く異なる現象のことを示します。
クマやヘビなど、動物の中には冬眠をして冬を越すものがいますが、自宅で飼われているハムスターは冬眠をしません。もしも、飼っているハムスターが、生きているのに冬眠したように眠って動かない状態になっているのであれば、それは「疑似冬眠」です。

疑似冬眠は、急激な温度変化によって起こります

ハムスターが元気に活動できる温度は18~26度程度。この温度を急激に下回ると、ハムスターの体温が急激に低下し人間で言う「山で遭難した時のような状況」に陥ります。
体力を温存するために眠くなってしまう、ドラマなどで見るあの状況です。

疑似冬眠は冬眠とは異なり、弱っている証拠になりますのでそのままにしておいてはいけません。
見つけたらすぐに「温める」「マッサージをする」などの対処をして、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせてあげましょう。

ハムスターが擬似冬眠?マッサージ前の確認事項

ハムスターがケージの中で硬くなって動かない状態になっているのを発見したら、マッサージに入る前に確認して欲しいことがあります。

それは、本当に疑似冬眠しているか(生きているか)ということです。

死後硬直を起こしているのか疑似冬眠をしているかを見分けるのは、非常に難しいとされていますが、もしもハムスターが死後硬直しているのであれば、マッサージをしても残念ながら意味がありません。
見分けができないときには、ひとまずマッサージをしてみても良いのですが、いろいろと手を施しても動き出してくれないとなるとショックは大きいです。

まずは、本当に疑似冬眠かどうかを見極めましょう。

小さいながらも、ハムスターが疑似冬眠している場合には呼吸があります

「お腹の上下」「鼻から出る息」を確認しましょう。小さく切ったティッシュペーパーを鼻先に置くとティッシュの揺れで確認がとれる場合もありますよ。

体の硬直具合も確かめてください。
疑似冬眠の場合には、死後硬直ほど体が硬くはならず、皮膚に柔らかさが残っています。手足を優しく動かしてみたり、皮膚をつまんでみたりしながら、確認しましょう。

擬似冬眠してしまったハムスターへのマッサージ方法

ハムスターの疑似冬眠を確認したら、早急に「温め」を開始します。

疑似冬眠確認後、まず始めにすることは室温を上げること

ハムスターが快適に過ごせる20度前後に室温を上げて、部屋全体を暖めてください。

次に、ハムスターを手のひらで包み込みます。
いきなりヒーターなどの高い温度で暖めてしまうと、急激な温度変化にハムスターが驚いてしまいますので、まずは人肌です。
手の中にハムスターを置いたら、背中を軽く擦ったり、撫でたりしてマッサージをします。30分から1時間を目安に、暖めてあげましょう。

手の中で暖めている最中にハムスターが目を冷ますかもしれませんが、次にヒーターやカイロを使って、間接的に暖めていきましょう。ハムスターは直接これらの上に置かないで、タオルで包んでから置くようにしましょう。
30分程度暖めれば、この頃にはハムスターの体力も徐々に回復してきます。

これらの対応は、ハムスターが疑似冬眠に入ってから1時間以内に行うことが大切だと言われています。
早期発見できなければ、ハムスターを疑似冬眠から目覚めさせることはまず難しいです。

ハムスターが擬似冬眠してしまった時、絶対にしてはいけないこと

ハムスターの疑似冬眠を発見した際の、誤った対処法について紹介します。

疑似冬眠を放置しない

「冬眠だから、春になれば目を冷ますだろう。」などと、考えてしまう方もいるようです。最初にも述べたように、自宅で飼っているハムスターが冬眠をすることはありません。そのままにしておくと、もう二度とハムスターは目を覚ましてくれないかもしれません。絶対に放置しないで下さい。早期発見、早期対処が大切ですよ。

ハムスターを直接温めない

ヒーター、カイロ、ストーブ、湯たんぽなど、ハムスターを温める機器類の上に、直接ハムスターを置くのはやめてください。
急な温度変化に弱いハムスターは、急激に温められると体に負担がかかり、体調不良になったり、最悪の場合にはそのまま永眠してしまうこともあるようです。

ハムスターが擬似冬眠から目覚めた後にしてあげる事

ハムスターが疑似冬眠から目覚めたら、すぐに栄養を与えます。
体力が弱っているハムスターは、脱水を起こしていたり空腹で体力が落ちていたりするので、温かい飲み物を用意して、体の中から暖めてあげましょう。

与えるのは、「温めたミルク」や「お湯に溶いたはちみつ」などがよいでしょう。
直接飲めないほど体力が落ちているときには、スポイトや脱脂綿などに含ませて、口元まで運んで上げると口に入れることができます。

飲み物を与えたら、温かいケージの中に戻して様子を観察します。
最低でも2~3日は様子を見て、元気に回復するのを見守りましょう。

疑似冬眠により体力が落ちていたり、体調不良を起こしている場合もありますので、疑似冬眠から目覚めたら一度動物病院を受診しておくと、より安心です。