注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

カナヘビのエサは何が最適?赤ちゃんカナヘビの飼育方法

カナヘビのエサで一般的なのはコオロギですよね。しかし赤ちゃんカナヘビになると、餌にも注意をしなければいけません。

赤ちゃんが食べられる餌のポイントは、生きている虫という点では大人のカナヘビと変わりがありませんが、さらに赤ちゃんカナヘビが口に入れられる大きさが重要となります。
成長したコオロギは、替えて赤ちゃんカナヘビを怖がらせてしまうこともありますよ。

またエサ以外にも、赤ちゃんカナヘビを飼育する上での注意点があります。水分にも気をつけて、カナヘビを成長させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

レーヨン、ポリエステル、ナイロンそれぞれの特徴と洗濯方法

洗濯しようと思った洋服に「レーヨン、ポリエステル、ナイロン」という表示があったら、どうやって洗えばい...

居酒屋でのバイトは女性の場合はホールが多い。身に付くスキル

バイトを始めようと思った時に思う浮かぶのは、フェミレス・コンビニ・カフェ・居酒屋など色々あると思いま...

体の柔軟性について。 柔らかい事のメリットは沢山。意外な効果も

前屈すると床に手が届かない、背中に回した手がくっつかないなど体が硬いと感じている方は多いのではないで...

彼女がデートに誘ってこない明確な理由をお教えいたします!

彼女からデートを誘ってこないことに、不満のあなた。 女の子は、男性にリードして欲しい生き物です...

前髪を巻くのにとれる方へ!前髪を1日キープする方法

せっかく時間を掛けて前髪をセットしたのに、気が付くとぺったりとしていたり、逆にボワボワに膨らんでいた...

女声の出し方とは?男性も女性っぽい声が出せるようになる方法

男性が女声を出すにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?出し方のコツやポイントとは? ...

浪人生経験者が思う友達問題…大学入学後の友人関係について

浪人をして大学に入った方の多くが心配することの一つに、「大学に行ってから友達ができるのだろうか…」と...

ライブへの差し入れで食べ物は喜ばれる?渡す場合の注意点とは

お気に入りのバンドマンのライブを何回も見に行くと、次は何か差し入れしたいと思いますよね。 でも...

乾杯の挨拶は面白い方が盛り上がる!笑いが取れるオススメ音頭

乾杯の挨拶は面白い方が飲み会は盛り上がりますよね。 しかし、いざ挨拶を任されたらどんな挨拶をし...

好きな人が留学!連絡がきた時・連絡をする時の連絡のとり方

片思い中の好きな人が留学してしまうことになったら、しばらくの間会うことができずに寂しい思いをしてしま...

初対面の男性と車はNGな理由と初デートで気をつけたいこと

初対面の男性と車に乗るのはやめた方がいいという意見が多いですが、いざドライブに誘われると悩んでしまい...

顔の体操は大事!高齢者向けの簡単な顔や口の体操のやり方を紹介

高齢者になっていくと、人と接する機会が減り話しをする時間も短くなってしまいます。 ですので顔や体を...

韓国人男性はメイクや美容に意識が高い!メンズメイクの基本

韓国人男性の歌手を見て感じることは、「バッチリメイクしているなぁ」そう感じる人も多いのではないでしょ...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。 それから改定されたりしながら、今中学生は...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。 特に...

スポンサーリンク

赤ちゃんカナヘビのエサは大人のエサとは違います

カナヘビのエサは生きた虫ですが、赤ちゃんの場合は口が小さいので、やはり口に入る大きさの虫でなければ食べられません。
では、具体的にどのような虫がよいのか紹介します。

  • アブラムシ(ヨモギの葉や茎によく住み着いている)
  • クモ(草薮や家の周りなどで小型の個体を探しましょう)
  • ダンゴムシ(植木鉢や石などの下、湿った草薮にいる。小さい個体を選びましょう)
  • ワラジムシ(植木鉢や石などの下、日陰の壁面など、湿った場所にいる。小さい個体を選びましょう)
    これらの虫は身近な自然界にいますので、探してみて下さい。
    また、ダンゴムシやワラジムシは、比較的容易に飼育できます。土と枯葉を入れて常時湿らせた容器に入れておくと繁殖もしますので、小さい個体も容易に手に入り大変便利です。
    また、爬虫類専門のペットショップなどでは、2~3mm程度の小さなコオロギが販売されていますので、自分での採取が難しい場合は購入するのもよいでしょう。

エサの虫の用意ができましたら、与えてみましょう。
エサの逃げ足が速いと捕まえられないので、赤ちゃんカナヘビの見えやすい位置におき、追いかけることができる環境を作りましょう。

カナヘビの赤ちゃんがエサを食べない場合について

カナヘビの赤ちゃんは、産まれてから2~3日の間は、卵の栄養が残っているのでエサを食べなくても大丈夫です。
しかし、2~3日を過ぎてもエサを食べないというのでは問題になってきます。
ここでまず、エサを食べないからと手に乗せてたり触ったりしないように気をつけて下さい。赤ちゃんカナヘビの身体の水分を奪い弱らせてしまいます。
成虫のコオロギやダンゴムシ等では大きすぎて、食べるどころか怯えてしまう場合があります。
ですから、前項で紹介した小型の虫を、平らで追いかけやすく、赤ちゃんカナヘビから見えやすい適度な距離に置いてあげましょう。

それでも、どうしてもエサを食べてくれないという場合は、本来あるべき環境での生存本能を頼りに、自然界へ戻すというのもひとつの手段です。

カナヘビの赤ちゃんの飼育にはエサ同様に水分も重要です

カナヘビの赤ちゃんには、水分が大変重要で欠かせません。
赤ちゃんのうちは、受け皿に水を入れて与えても、ほとんど飲むことはありません。身体に付いた水を舐める程度なのです。
ですから、身体が乾燥してしまうと非常に危険です。
毎日2回以上は霧吹きで敷材をしっかりと湿らせてあげましょう。
水苔を入れるのも保湿対策に有効です。水苔は、よく湿らせてからケージに入れましょう。
赤ちゃんのうちは直接お水を飲むことはほとんどないとはいえ、受け皿にお水を入れたものは用意してあげて下さい。ただし、受け皿の大きさに注意して下さい。大人用の大きなもだと溺れてしまうことがありますので、赤ちゃんカナヘビが入っても溺れない、入っても出られる大きさのものを選んであげて下さい。使わなくなった小さな小皿などでもよいでしょう。
とにかく、乾燥は生命にかかわる事なので、毎日2回以上の霧吹きを忘れないで下さいね。

カナヘビのエサの栄養を上げる工夫について

カナヘビのエサは虫だけですが、エサ用として販売されている虫は、栄養が偏っている場合もあります。
栄養の偏りが心配な場合は、カルシウム剤やビタミン剤の粉末をエサにふりかけて栄養を補うダスティングを行うのもよいでしょう。
特に、カルシウムが不足しがちなので、カルシウム剤のダスティングは是非行ってあげて下さい。
ダスティングの他に、ガットローディングという方法もあります。これは、エサになる虫に事前に栄養のあるエサを食べさせておくという方法です。
空腹の虫よりも、お腹いっぱいの虫の方が栄養があるのは確かでしょう。エサの虫も良い環境にいると、より良いという事ですね。

まだある!カナヘビ赤ちゃんの飼育注意点

カナヘビの赤ちゃんには保湿が欠かせませんが、温度管理も大切です。
暑すぎると代謝があがりすぎて体力を消耗し、寒いと消化器官が動かなくなり栄養が吸収できなくなってしまいます。
飼育ケース内の温度は大人と同じ25度程度に保ちましょう。
しかし、通常の環境では、常に25度程度に保つことは難しいです。朝晩の冷え込みや冬場の対策として、パネルヒーターを使用すると良いでしょう。
飼育ケースに毛布をかけることは、あまりお勧めできません。
湿り気は必要ですが通気性も大切なので、毛布をかけると通気性が失われて熱がこもってしまいます。
冷気の遮断のために毛布を一部にあてる程度にして、パネルヒーターで温めてあげるようにしましょう。
あと大切なのは日光浴です。
本来は自然の中で生活している生き物で、病気の対策など健康維持のために、短時間でも自然光で日光浴をさせてあげて下さい。
時間帯は、できれば午前中からお昼にかけてがよいでしょう。
ただし、長時間の日光浴は熱射病の危険がありますので、カナヘビの様子をみて日陰の方に逃げいているようなら戻してあげましょう。
目安としては10分程度ですが、気温や日差しの強さにもよりますので、カナヘビの様子を見ながら対処してあげて下さいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/yomimanabi.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686