注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ブリーダーの崩壊とは?猫の多頭飼育による崩壊とその実態

猫のブリーダーの崩壊。あなたもニュースで目にしたこともあるのではないでしょうか。最初は計画的に繁殖を行っていても、気がつけば家を猫に占領されてしまうほどに…。まさに猫屋敷です。
近隣住民も被害を受けるこの猫ブリーダーの崩壊ですが、なぜこういった事態に陥ってしまうのでしょうか。その原因とは?
なぜ猫のブリーダーは崩壊してしまのかについて詳しくご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

逆立ちのコツやポイントとは?壁を上手く使って練習しよう

逆立ちが出来ない、難しいのは何が原因なのでしょうか?逆立ちがなかなか出来ない・・そんなときにはこ...

警察官になる勉強はいつからするべきか目安と効率良い方法とは

警察官を目指すなら、試験に向けた勉強はいつから始めるのがいいのでしょうか?では、警察官採用試...

日曜日が仕事でも保育園に預ける方法やダメなときの対処法とは

日曜日が仕事だと保育園に預けたいけど、なかなか難しい現状が多いですよね。基本的には保育園は日...

バドミントンを子供の初心者に指導する際に心掛けたいこと

バドミントン初心者の子供にどう指導するべきか、コーチとして一番悩むところでしょう。バドミント...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

赤ちゃんの動きが激しい原因!赤ちゃんの脳は動くことで発達する

赤ちゃんが手足をバタバタ動かして激しい動きをしている時、一体どうしてしまったのかと心配になるママもい...

哺乳瓶を嫌がる完母の赤ちゃん・嫌がる理由と飲まないときの対策

完母で母乳を飲んでいた赤ちゃんの中には、哺乳瓶でミルクなどを飲ませようとすると嫌がって飲まない赤ちゃ...

11ヶ月の離乳食は手づかみで食べれるものに挑戦してみよう

11ヶ月にもなると、離乳食は手づかみで食べられるものが良いと言われていますよね。手づかみで食...

ピアノは才能?努力?努力をする才能が一番必要かもしれない

子供の習い事でも人気の高いピアノですが、才能がなければ努力をしても上手くはならないのではと親は悩んで...

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

新生児の沐浴は毎日したいもの!その理由と沐浴のやり方と道具

新生児の赤ちゃんは汗をかいたり、母乳やミルクがついていたり、お尻がキレイに拭き取れていない場合があり...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

ブリーダーが崩壊するのはなぜ?猫が増えすぎてしまう原因

平成の時代に入ると、猫や犬等ペットを飼うということが時代のブームになり、一軒家の家庭にはほぼペットがいる…という光景がたくさん見られました。
そうなると自然とお金を目当てにブリーダーが増えるのも致し方ない自然の現象にも思いますが、全てのブリーダーが動物達に同じような感情で対応しているかというとそうとは限りません。
勿論、育てるからにはそのペットが不幸にならぬよう去勢手術を早急に行ってきちんと管理しているブリーダーがほとんどですが、中にはそういった行為を行わずたくさん繁殖させてしまい、ペットの多頭飼育から飼育放棄に陥っているケースは少なくないのです。
今回は、基本的には室内で飼われている猫の多頭飼育で環境崩壊してしまっているブリーダーについて紹介していきたいと思います。
そもそもなぜ、多頭飼育から環境崩壊してしまうような現状に陥ってしまうのかお伝えしたいと思います。

未熟なブリーダー

本来のブリーダーを仕事にしている人は、専門的な知識や飼育環境、計画的な動物への対応が備わっている人が生業としているのですが、自宅でも簡単に始められるというところからも専門知識も持たないまま、ブリーダーを職業としてしまう人が増えているのです。いわゆる「未熟なブリーダー」は、様々な壁にぶち当たります。
まずは、「頭数が増える」ということです。
これは何よりも問題とされており、頭数管理をせず避妊去勢手術を怠った結果多頭飼育という現状に繋がるのです。

ブリーダーだけじゃない、猫の多頭飼育によって家が崩壊する事例も

「多頭飼育」を捉えた時に感じるのが、一般のペット愛好家です。
勿論、ブリーダーでの多頭飼育も問題にはなっていますが、最近テレビなどでも見かけるのは個人のペット愛好家での多頭飼育の現状です。
姿が可愛い、野良猫じゃ可哀想…などの安易な理由から最初は1~2匹の猫を飼いだします。その後避妊去勢手術を行わない、行っていても更に野良猫を保護する…などの行為を繰り返すことで頭数は増える一方ですよね。猫は一度の出産で数頭生まれますので、数はあっという間に増えます。
経費(生活費)はかさみ、家自体が猫に占領され、食事面、衛生面の管理が追いつかず崩壊してしまうのです。

本来ブリーダーは専門知識が豊富なため崩壊することはない

話しは戻しますが、本来のブリーダーのあるべき姿というのはどういったものなのか簡単に紹介していきたいと思います。

多頭飼育、飼育環境の崩壊は無いのが本来のブリーダーの姿

まず、保護した猫産まれてきた子猫を病院に連れていき健康管理を行います。
基本的には、飼育できる頭数を明確に定めています。
その後、保護した猫はある程度の大人であれば病院の判断に伴い避妊去勢手術を行います。子猫も同様です。その後はその頭数をキッチリ管理し、健康管理、衛生面の管理を行い新たな飼い主に引き渡した後計画的にまた新しい猫を受け入れるといった流れになっています。
とっても簡単にお伝えしましたが、言いたいことは「利益や感情だけに流されず1つの命として責任をもった飼育をしていく」というのがブリーダーに求められる本来の姿なのです。

猫のブリーダーはピンキリ、劣悪な環境で繁殖させ崩壊してしまうブリーダーは多い

ブリーダーの本来の姿を紹介しましたが、悪徳なブリーダー業者はたくさんいるので注意しなくてはいけません。

どんなところで悪徳なブリーダーと言われるのか?

1番の悪徳業者は「金銭目的だけのブリーダー」です。
正直このタイプのブリーダーは猫を1つの大切な命という扱いよりは「商品」としか見ていない点がほとんどです。
そのため、売れれば良い…、売れれば自分の懐が満足する…そんな意識しか無いため、日頃の管理はとてもずさんでおり飼育環境も劣悪といっても過言ではないでしょう。
そんなブリーダーの事を「繁殖屋」と呼んでいます。
正直、皆さんの身近な存在でもあるペットショップも繁殖屋の管理のもと、出生している可能性は非常に高いというのが現状です。
ですので、後に飼うことになるであろう飼い主の気持ちも、猫の健康管理も全く考えていないのが悪徳繁殖屋の手口なのです。
結局、お金目当てだけの悪徳繁殖屋はたくさんの猫を次々に迎え入れることで、より管理が行き届かずブリーダー崩壊という現実に直面するのです。

猫のブリーダーになるからには命を扱っているという責任をもつ必要がある

では、最後にここまでのまとめを書かせて頂きます。
みなさんもおわかりかと思いますが、猫のブリーダーのあるべき姿、求められることは命を預かっているという責任を持つという事です。

例えば今現在猫のブリーダーが夢、目標だと思っている人には以下の事を注意しながら(条件が満たされているならば)猫を迎え入れても良いのではないかと思います。

  1. 繁殖する猫の特色や血統についての知識をもつ。
  2. 猫のトイレ砂のゴミ管理をしっかり行えるスペースがある。
  3. ネコ専用の部屋、環境を整えてあげることができる。
  4. 万が一、多頭飼育の状況に陥ってしまいそうになっても経済的に支えていける。

こんなところでしょうか。
もっと詳しく言えばまだまだ出てきますが、何よりも大切なのは「大切に育ててあげる」という命に対しての責任です。