注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

バレエを大人から始めます。教室の扉を開けてあなたもバレリーナ

バレエを大人から始める人、増えています。
その動機は様々で、美容やダイエット効果を期待する人もいれば、子供の頃の夢を叶えたいという人、子供が通っているから私も、などと様々な理由で教室に通っているようです。

大人のバレエ教室と銘打っているところもたくさんありますし、体験教室を実施しているところもたくさんあるでしょう。

今回は、バレエを始めたいと考え悩んでいるあなたに、一歩踏み出す勇気になればと思い、大人から始めるバレエについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼女が男友達と海に遊びに行く時の彼氏の本音や嫉妬の対処法

自分の彼女が友達と海に遊びに行く、その中に男友達もいると聞いたらどう感じますか?全然気にしな...

韓国で今話題の食べ物!現地でぜひ食べておきたい人気韓国グルメ

韓国への旅行は、観光やショッピングも定番ですが、美味しい食べ物を食べに行くのが一番の目的という方も多...

金魚が薬浴したあとの戻し方を解説!薬浴の期間や方法について

金魚が病気をしてしまったら、体調を回復させるためにも薬浴をすることがあります。金魚の元気を取り戻すた...

雪道をスタッドレスなし走行するテクニックと走行時の注意点

ノーマルタイヤで出かけ、次の日雪が降っていた!ということもよくあります。雪道をなんとかスタッ...

娘が父親似だと幸せになれるという言葉、素敵だと思いませんか

娘は父親似だと幸せになれる!という言い伝え。結局のところは男性を喜ばせるための褒め言葉で、根...

指のサイズの調べ方!彼女に内緒でサイズ調べる方法もご紹介

彼女に指輪をプレゼントする場合、どうしても必要なのが指のサイズです。サイズの調べ方は色々あります...

高校の同級生に会いたいけれど、連絡先がわからないならこの方法

あなたには高校の同級生でしばらく会っていない人の中に、「会いたい」と思う人はいますか?付き合...

問い合わせ電話をかける時のビジネスマナーとポイントを解説

ビジネスシーンでは、取引先などに問い合わせの電話をかけることもあります。この時、電話をかける時の...

涙袋の筋肉を鍛える方法!憧れの涙袋をGETしてモテ女子になる

涙袋がある女性に憧れている人もいますよね。「自分には涙袋がない」そんな人でも、涙袋の筋肉を鍛える事で...

ふんわり巻き髪を作るアイロンのやり方のコツ!初心者向け基本編

ヘアアイロンは使い慣れれば、短時間でしっかりとスタイルが決まり、とても便利なアイテムです。しかし、ヘ...

彼氏がピアスを嫌がる理由と納得させるコツや対処法とは

彼氏がピアスを嫌がるのはどうしてなのでしょう?彼女のピアスを嫌がる理由とは?では、そんな彼女...

シャワーのホースの交換方法!自分でもできる交換の手順

シャワーのホースが古くなってくると、亀裂を起こしたり、水漏れの原因になることもあります。ホースを...

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

ハムスターの巣箱は100均アイテムでも代用可能!巣箱の選び方

ハムスターの巣箱をペットショップで購入する前に、まずは100均を覗いてみませんか?ハムスター...

アラフォーの彼女と別れたい時の別れ方と注意点・恋愛傾向を解説

アラフォーの彼女と別れたいと考えるとき、彼女の年齢などを考えて別れを躊躇してしまうこともありますよね...

スポンサーリンク

バレエを大人からでも始めたい!でも教室に通う勇気がない…。

バレエを始めてみたいけど大人になった今からするのはちょっと…と悩んでいるあなた。せっかくの一度きりの人生ですからやりたいことはやらなきゃ損です。
ただ、そうは言っても大人になった自分にはやっぱり教室に通う勇気が出ないと踏みとどまってしまう場合もあると思います。

そんな場合には教室の「体験レッスン」や「カルチャーセンター」に行ってみてはいかがでしょうか。
バレエ教室の中には体験レッスンを設けている場合も少なくありません。
そうした教室を探し、まずは数日程度の体験を受けてみると良いでしょう。
体験であれば長期間通い続ける必要はありませんから、合わないと思ったら辞めればいいのです。
また、中には同じように大人になってからバレエを始めたいと思っている方も体験に来ているかもしれません。
そうした方と出会えれば、あなたの気持ちも前向きになるのではないでしょうか。

一方で、カルチャーセンターを利用するのもひとつの方法です。
カルチャーセンターは、公民館などで行われている習い事の講座で、主に大人を対象としていることが多いです。
また、行われている講座の種類は様々で、バレエのほか、ダンスやお料理、茶道や華道など様々な分野の講座があります。

こうしたカルチャーセンターでの講座は体験レッスン同様に、数回程度で終わる場合もありますので、まずは問い合わせてみると良いかもしれません。

バレエを大人から始める人、多くいらっしゃいます

バレエは子供がするもの?
バレエに対してそのようなイメージを持っているのであれば、一度そのイメージはなくしましょう。

バレエをやるのに年齢は関係ありません。
最近ではお店で大人用のウェアが売られていたり、大人用のバレエコンクールがあったりするほど、大人になってからバレエをする方が増えているのです。
そのため「身体が硬いから」とか「もういい大人だし」などと諦めてしまうのは勿体無いのです。
年齢に関わらず最初はみんな「初心者」できなくて当たり前なんです。

また、バレエ教室の中にはレベル毎にクラスを分けている教室もありますから、できなくても心配の必要はありません。
一方で、大人バレエを行っている教室ではレオタードやタイツなどの専用ウェアを着用しなくても良い場合もありますので、ジムに行くような気軽な格好でレッスンを受けることもできますので、安心です。

大人からバレエ教室に通うなら、まずは体験レッスンを

「バレエをしてしみようかしら」と気持ちに変化が起きたら、まずは体験レッスンを受けるようにしましょう。
バレエの体験レッスンはバレエ教室の多くで行われており、教室が自分に合うかを見極める大切なポイントともなります。

体験レッスンまでのおおまかな流れをご紹介します。

参考にしてみて下さいね。

体験レッスンの申し込みから当日までの流れ

申し込みの流れ

  1. 体験レッスンに行くための教室を2~3箇所選びます。
  2. 行きたい教室が決まったら、体験レッスンを行っているか確認しましょう。
  3. 体験レッスンを行っていれば日にちを話し合います。

またこの際には、料金や当日必要な持ち物、服装などの確認も忘れずに行って下さいね。
当日の流れ

  1. 教室に着いたら受付または先生に体験者であることを伝えます。
  2. 実際に体験をし、教室が自分に合うか確認します。
  3. 最後に教室の月謝や入会金等の費用を聞きます。
    月謝等は教室を選ぶ参考のひとつにもなるため、確認しておくのがオススメです。

また、教室は即決しないのが教室選びに失敗しないポイントです。
もしかすると、より良い教室と巡りあう可能性もありますので、必ず何箇所か受けてから自分に合う教室を選ぶようにしましょう。

バレエを大人から始めて得られる効果

バレエを大人から始める上では身体にとっても様々な良い効果を得ることもできます。
では、実際にはどのような効果を得られるのか?ご紹介していきます。

バレエを始めることで得られる効果

姿勢が良くなる

バレエを続けていると体幹は強くなり、自然と姿勢も良くなっていきます。
また、背中や腰や膝などが痛むのを防ぐこともできるため、身体を動かすことがラクに感じるはずです。

筋肉の強化ができる

バレエを行う上では、ジャンプや静止したりなど様々な動きがありますよね。
こうしたバレエ特有の動きは、筋力を高めることに繋がり、強い筋肉を得ることができます。

バランス感覚を養うことができる

バレエの動きの中には、つま先立ちや片足を後ろにあげる動きがありますが、このような動きはバランス感覚が無ければ行うことができませんよね。
バレエではこうした動きを繰り返し行うことでバランス感覚を養うことができ、怪我防止に効果があります。

このようにバレエを行うことは身体にとって様々な効果を得ることに繋がります。
また、大人になった今だからこそ、自分の好きなことで身体の健康を気遣えるのは良いことではないでしょうか。

バレエ教室に大人から通い始めても上達します

大人になった今からバレエをしても、上達することはないんじゃないか?と思っているのであれば、それは間違いです。

バレエに限らず言えることですが、上手くいかない場合に、ただただ「出来ないなぁ」と感じているだけではいつまで経っても上達することはありません。
何事も上達するためには気持ちの持ち方が大切です。
うまくできないのであれば「なぜ上手くいかないのか?」を考え「上手くいく動きをイメージする」ことが大切なのです。

上達しないのであれば、上達しない原因を考えそれを改善するようにしましょう。
それを続けていれば必ずいつか上達し、それが動きとして表れるはずです。

また、出来ないのであれば、先生に相談してみるのもひとつの方法です。
バレエのことを深く理解している先生だからこそ、それぞれの人に合った方法で教えてくれるでしょう。