注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

握力が低下してしまう原因とは?握力をアップさせる方法

子どもの握力が低下してしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?握力が弱いことで、ケガをしやすくなったり、運動が苦手と思う原因になってしまうかもしれません。

私達の子どもの頃と比べて生活が便利になった事や、外で遊ぶことが少なくなった事などの原因を紹介します。

子どもの握力をアップさせるにはどんな方法があるのでしょうか?家で簡単に出来る方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お箸の持ち方の練習方法!子供へ教えるポイントとお箸の選び方

子供がスプーンやフォークを使えるようになると、次はお箸の練習ですよね。教えるのにはどのくらいの時...

赤ちゃんの入浴方法、沐浴を卒業し一緒に入浴する時のポイント

沐浴を卒業した赤ちゃんと始めて一緒に入浴する時、どんな方法が一番効率的でスムーズに入浴できるのか知り...

ピアノを上達させたい!子供が上達しないとイライラする時には

ピアノを習えば、子供はスラスラピアノを演奏できるようになると思っていたのに、いつまでたっても上達しな...

お寿司のネタの美味しい切り方!初心者向けお寿司の作り方入門

お寿司は外で食べるものというイメージがありますよね。家族で行く回転寿司は、美味しいスイーツのメニ...

車のブレーキパッドを交換するタイミングと費用の目安

車検の際に「ブレーキパッドの交換時期ですね」と言われることがあります。ブレーキパットの交換につい...

マグマグのストローにカビが生えた時の洗い方とカビの予防方法

赤ちゃんが使うマグマグのストローはとてもカビが生えやすいです。毎日きちんと洗っていても、気がついたら...

実家のご飯で食べたいものって?おふくろの味選手権!

実家のご飯で食べたいものはなんですか?おふくろの味、無性に食べたくなるあの味のことです!...

生後5ヶ月でミルクの量が減る原因と対策・離乳食と成長の目安

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、今までよりもミルクの量が減るということがあります。赤ちゃんは大きくなっ...

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

新生児が寝ないことにイライラする!そんなママに伝えたいこと

生まれたばかりの新生児、赤ちゃんは泣くのが仕事だと言うけど、いつまでも寝ないとママもイライラする日々...

意地とプライドの違いとは?プライドの高い人との付き合い方

意地とプライドにはどのような違いがあるのでしょうか?自分では自覚がなくとも維持を張っていたり、プライ...

寝かしつけの方法は?9ヶ月の赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、夜泣きなどで夜に何度も目が冷めてしまったり、なかなかスムーズに寝てくれない...

新生児のリビングの寝床のオススメや作り方と便利アイテムとは

新生児の赤ちゃんを家に迎えるためには、リビングにも赤ちゃんの寝床スペースを準備しなければなりませんよ...

学校用務員になるための資格や求められるものと面接のコツ

学校の用務員になるためには必要な資格はあるのでしょうか?どんな資格が有利なのでしょう?では、...

生後5ヶ月の寝かしつけで時間がかからずに寝る方法とは

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とはどのくらいになるのでしょうか?生後5ヶ月の赤ちゃんになると...

スポンサーリンク

握力の低下は生活の変化が原因

子どもの握力が低下しています。その原因の1つに生活の変化があります。生活が便利になり自動車などが普及したため、子供は歩く機会も少なくなりました。

近年では生活道路で遊ぶことが難しくなったので、学校から帰宅しても体を動かす場所も減り、外で遊ぶことも段々少なくなったため、身体活動が低くなってしまっているのです。そして家電製品が普及したことで家事手伝いなどで体を動かすことも少なくなりました。

荷物を運んだり公園で遊ぶ、雑巾を絞るなど日々の暮らしの中で握力を使うことはたくさんありますが、その機会が徐々に失われ握力を日常で使う事が減ってきているのです。保護者の中には危険が伴う遊びをさせない、洋服が汚れるのを嫌う事で外で遊ばせないなど、そういった行為が多くなったのも原因の1つになります。そしてゲーム機の普及により室内遊びが増え、公園では球技が禁止の所も多くなりました。

子どもの体力づくりや握力をつける事にも繋がりますので、家庭では積極的に子供にお手伝いをさせるようにしましょう。

握力の低下を防ぐことでケガ予防に

共働きの家庭も増えたせいもあり、子どもを取り巻く環境が変化し、子どもを外遊びやスポーツなど運動をさせる機会が少なくなりました。

住まいの状況も変わりつつあります。蛇口を開け締めをすることもなくなって来ているため、握力を使う機会も少なくなってきています。そのため握力が低い子どもが多くなりました。握力低下でどのようなことが起きてしまうのでしょうか。

小学生になると体育の授業で行うことは、鉄棒や跳び箱、マット運動などがあります。しかし握力がないと運動に支障がでてきてしまいます。

そして握力がないと、転んだ時にすぐに体をさせることが出来ずに大きなケガに繋がることもあります。

握力の低下は日々の運動で予防できます

小学生になると毎年体力テストというものがあります。子供の握力の結果が低く、あまり思わしくない事はありませんか?

子供の握力の鍛え方について紹介します。

うんてい、ジャングルジム遊びで握力をつける

小さなころからジャングルジムやうんていで遊んでいると、握力が自然に身につきます。落ちないように必死でぶら下がるので遊びながら握力をつけることができます。うんていは高さがあるので年齢が小さいうちはジャングルジムで遊ばせるようにしましょう。鉄棒や室内ジャングルジムなどは小さな年齢でも遊ぶことが出来るので積極的に遊ばせ握力を鍛えましょう。

グーパー運動も握力に効果的

お風呂の中で腕を伸ばしグーパー運動をします。肩まで両手を上げてまっすぐ前に伸ばします。始めは10回程度から、お風呂の中で毎日の日課にしましょう。

肩もみで握力を鍛える

手を動かす方法として家の人の肩を揉む方法もあります。指や手を動かすので握力がついてきます。肩もみをするとお小遣いを貰えるようにすると子供のモチベーションも上がりますよ。

使わないことが握力の低下原因、指や手を使う方法

小学生になると自分のことは自分でやらないといけなくなります。ランドセルを背負って学校に行き、給食当番や掃除当番など色々やることになります。掃除当番に当たると雑巾を絞らないといけません。そのため握力が必要になってきます。自分のことは自分でしっかり出来る子に育てるために日頃から握力を鍛えるようにしましょう。

握力が低下してしまう原因は指や手を動かす機会が少ないため

自宅でもできる握力の鍛え方を教えます。

輪ゴム

第一関節まで親指から小指まで輪ゴムの中に入れて指をひっかける。輪ゴムを落とさずに出来るだけ開く。20~30回繰り返す。小学生でも楽しく握力を鍛えることができます。

新聞紙

家にあるもので簡単に握力を鍛えることができます。新聞紙1日分を小さく握りつぶしていきます。1日分を握りつぶすことが出来ない場合は枚数を減らし始めましょう。握り潰す時に素手で握るとインクがついてしまうので、軍手をはいて握りつぶし握力を鍛えましょう。

鍛え方次第ではすぐに効果が現れます。お金をかけずに自宅であるもので握力を鍛えることができるので親子で握力アップの練習をしましょう。

握力低下の原因は握り方がわからない為?役立つアイテム

子供の体力測定の結果が思わしくないと、親としてはどうにかしてあげたい気持ちになります。特に男の子の保護者はそう思うことが多いのではありませんか?

握力をつけるためには役に立つアイテムとしてハンドグリップがあります。ハンドグリップは握力の50%~60%の強さのハンドグリップを選ぶようにしましょう。

練習方法は1回に5~6秒握ることを10回繰り返します。毎日続けることをおすすめしますが、毎日は大変な場合は1日おきに握る練習をしましょう。練習のしすぎは筋肉を痛めてしまいます。毎日コツコツ続けることをおすすめします。

使い始めは握ることも大変です。しかし毎日続けることでしっかり握れるようになります。握力がついてきたらグリップの強さを変えましょう。