注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので注意が必要です。
デートでシャツを着る時こそ、おしゃれにかっこよく着こなして、彼女に好印象を与えましょう。

定番の白シャツを着こなすポイントや、おしゃれ度がアップする着こなし方をご紹介します。

男性はダボッとしたシャツを選びがちですが、購入する際は必ず試着して、ジャストフィットする物を選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

飲食店で店員がおしゃべりしていて楽しそう!これってアリですか

飲食店で食事をする時に、店員同士がおしゃべりしていて楽しそう。仕事をしっかりするならまだしも、こ...

電車の中での化粧がダメな理由が知りたい。日本と海外の違い

電車の中で化粧をするのはマナー違反になるのでしょうか。意見は賛否両論ありますが、 ダメな理由とは...

バレエを大人から始めます。教室の扉を開けてあなたもバレリーナ

バレエを大人から始める人、増えています。その動機は様々で、美容やダイエット効果を期待する人もいれ...

50代後半の男性へゴルフウェアをプレゼントする場合の選び方

50代後半でゴルフが趣味の男性だとかなりの腕前だと想像できますよね。もし自分の父親や上司がそ...

都内で博物館デート!カップルにオススメな写真も撮れるスポット

デートがマンネリになってきた?何か新しいデートスポットはない?と思っていませんか?都内でデー...

【距離を置く】と連絡をするときのメールの内容や書き方とは

男性が彼女に距離を置くと連絡するときにはどんな内容のメールをしたらいいのでしょうか?相手を傷...

ウサギの平均寿命と老衰で現れる体の変化。高齢ウサギの飼い方

ウサギが高齢になってくると、若い頃と違って、体にもいろいろな変化があります。年令とともに老衰の症状も...

アラフォーの彼女と別れたい時の別れ方と注意点・恋愛傾向を解説

アラフォーの彼女と別れたいと考えるとき、彼女の年齢などを考えて別れを躊躇してしまうこともありますよね...

好きな子に彼氏がいて嫉妬してしまう気持ちをどうにかしたい

好きな子に彼氏がいるのを知ってショック…。嫉妬する気持ちはどうやって抑えたらいいのでしょうか?...

体育でダンスが必修になったのはなぜ?現場で起こる問題点

中学校の体育でダンスが必修科目になったのが、平成20年。それから改定されたりしながら、今中学生は...

鼻を高く見せるためのメイク方法を習得して美人顔に変身しよう

キレイな人は皆鼻筋がすーっと通っていますよね。でも、団子鼻だと整形するしかないと諦めてしまう人も多い...

目を大きくする方法、自力整形なしで目を大きくする方法

目を大きくする方法の一つで整形という手もありますが、怖くていまいち一歩踏み出せないという方も多いので...

告白の返事を保留。食事に行った後告白したら返事は保留に

告白の返事を保留に…。関係を発展させたいから告白したのに、保留って!「二人きりで食事...

警察と検察の気になる仲、両者の仕事の役割を解説

刑事ドラマなどを見ていると、警察と検察の仲が悪いと感じてしまうこともあります。テレビの影響で、実際に...

居酒屋でのバイトは女性の場合はホールが多い。身に付くスキル

バイトを始めようと思った時に思う浮かぶのは、フェミレス・コンビニ・カフェ・居酒屋など色々あると思いま...

スポンサーリンク

男性が定番の白シャツをおしゃれに着こなすポイント

白シャツはどんなアイテムとも組み合わせられるファッションの定番です。顔を明るく見せてくれ、白い色が清潔感を出してくれるので1枚あると重宝しますよね。
白シャツは最も無難なアイテムでもあるため、何も考えずに着るとつまらなくなってしまったり失敗してしまうこともあります。

白シャツをオシャレに着こなすのはなかなか難しくもあります。

迷ったときは定番のブルージーンズに合わせるコーディネートです。白シャツとジーンズだけではシンプルすぎて無難になりすぎてしまいますので、全体のバランスを考えて着崩してみたり小物などをプラスすると良いでしょう。
例えばジャストサイズの白シャツにキレイなブルージーンズなら、キャップやメガネをプラスします。ジーンズの裾をロールアップしてソックスの柄を見せたり、春夏なら素足にスニーカーも良いです。
革靴を持ってきてキチンとした感じを出すのもステキです。ベレー帽を合わせたり、カーディガンを羽織っても良いでしょう。

白シャツを着るときは無難になりすぎないことに気をつけましょう。シンプルなので小物で遊ぶことができます。どんな小物を合わせるかによって、さりげなく自分の個性をアピールすることができますよ。

男性が白シャツをおしゃれに着こなすためには素材感も大切

白シャツと言っても、素材によっては印象がかなり違ってきます。もともと白シャツはスーツやジャケットに合わせるインナーとして作られたため、その素材もスーツやジャケットに合ったものから作られていました。
今では白シャツもいろいろな素材で作られていて、素材によって季節感を出したり、合わせるアイテムで全体の印象を変えることができます。

白シャツには主に、綿、麻、ポリエステルの素材が使われています。それぞれに特徴があり、印象も変わってきます。

綿素材は一番多く使われているので、持っている人も多いのではないでしょうか。天然繊維の綿は丈夫な素材で扱いも簡単なので日常着にも適しています。肌触りが良く、保温性にも優れているので、季節を問わずに着ることができます。

麻素材は通気性がよく、汗をかいてもサラッとしているのが特徴です。麻の白シャツは夏場に大活躍します。シワになりやすい面がありますが、シワも麻ならではの良さがあります。最初のうちはパリッと固くゴワゴワした感じがありますが、そのうち柔らかくなり肌に馴染んでくるのも魅力です。

ポリエステル製の白シャツはビジネス用のYシャツやフォーマル用として多く使われています。ポリエステルは吸水性が低いので汗をかいてもすぐに乾き、シワになりにくいのが特徴です。

シャツの着方でおしゃれ度アップ!男性におすすめのシャツの着こなし方

白シャツはシンプルな分、着方によって印象を変えることができます。

ボタンを全て閉じるとキチンとした感じが出ます。堅い印象になりますので、キレイめにコーディネートしたいときや上品さを出したいときにおすすめです。

ちょっと着崩したいときは胸のボタンを外したり、袖をまくってみてください。袖をまくっただけで、こなれた感じを出すことができます。
白シャツを羽織る着こなしは多くの人がやっているコーディネートではないでしょうか。中に着るTシャツで個性を出すことができます。白シャツならどんな色とも合わせることができるので、中に持ってくるTシャツも選ばずに合わせることができます。

白シャツの上にトップスを重ね着するのも良いです。セーターやカーディガン、トレーナー、ベストなど、持ってくるアイテムによっても印象がかなり違ってきます。ただセーターを1枚着るよりも中に白シャツを着て襟を見せるとアクセントになりますし、裾からシャツを出すと着崩した感じが出て軽く見せることができます。

シャツを選ぶ時は襟のデザインもチェックしよう

白シャツを選ぶポイントには襟のデザインもあります。

襟のタイプにはボタンダウンとワイドカラーの2種類があり、襟のないタイプもあります。

  • ボタンダウン
    襟先にボタンがついていて、襟と身頃をボタンでとめることができます。シャツが広がることがないため、だらしなく着崩れすることがありません。
  • ワイドカラー
    襟の開きが大きいシャツです。首元のボタンを開けたときにキレイに広がります。襟の角度が少し狭めのものはセミワイドカラーになります。
  • スタンドカラー
    立ち襟のシャツです。通常の三角形の襟ではなく、首元にぐるっと巻き付くように襟があります。
  • ノーカラー
    襟がないシャツです。首元がスッキリして見え、襟があるタイプよりも個性的になります。
  • バンドカラー
    襟が無いのでノーカラーとよく似ていますが、襟元に細い帯がついています。ほんの少しだけ襟元が立っていますが、スタンドカラーよりはノーカラーに近いです。

男性がシャツを選ぶ時は、ジャストサイズを選ぶとおしゃれ感が増す

白シャツを選ぶときはサイズ感を重視して選んでください

身幅が大きいシャツだとだぶついて見えてしまい、上にセーターなどを重ね着したときやアウターを合わせたときに着心地が悪くなります。寸胴に見えてしまったり、ルーズな印象を与えてしまいます。

白シャツはジャストサイズのものを選ぶのがポイント

身幅は適度に身体にフィットし、袖周りもゆるくなりすぎないものがベストになります。肩幅にも注意してください。肩幅が合っていないと身幅などが丁度良くてもサイズが合っていない感じが出てしまいます。着丈はお尻に半分くらいかかる程度の長さがキレイに見えます。

白シャツのシルエットにはボックス型とスリム型の2タイプがあります。

ボックス型はシャツの裾がまっすぐ直線になっていて、ウエストが絞られていない形になっています。
一方のスリム型は胸周りや袖周りが細めでウエストが絞られている形で、裾もまっすぐではなく丸みのあるカットになっています。

白シャツをキレイに着こなしたい場合はスリム型で体にフィットしたものを選ぶと良いでしょう。あまりピチピチになりすぎないように気をつけてください。体の線にキレイにフィットしているとスタイリッシュに見えます。

白シャツと言ってもデザインや素材によっていろいろな種類があり、それぞれ印象が異なります。自分の好みに合わせて選び、着こなしを工夫して楽しんでみてくださいね。