注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

趣味にかけるお金の月平均は?30代既婚男性の趣味のお金の相場

30代の既婚男性は、一ヶ月にいくらのお金を趣味に使用しているのでしょうか。30代の既婚男性の中には、自分のお小遣いの中から趣味のお金を捻出している人もたくさんいます。

ここでは、30代既婚男性が一ヶ月に使う趣味のお金の金額についてお伝えします。

また、お小遣いの相場や、趣味に使うお金の考え方についてもお伝えしますので、そちらも併せて参考にしてみましょう。

趣味を楽しむことは、生活にメリハリができるなどのメリットもあります。

ですが、趣味にかかるお金のせいで家計を圧迫することがないように、考えながら趣味を楽しむようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

韓国で今話題の食べ物!現地でぜひ食べておきたい人気韓国グルメ

韓国への旅行は、観光やショッピングも定番ですが、美味しい食べ物を食べに行くのが一番の目的という方も多...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

医者の彼が彼女に求めるものとは?本命彼女になるための指南書

お医者さんの男性は、女性にとてもモテる職業です。女性の中には、外見はタイプじゃないけど、お医者さんと...

彼氏と元彼、どっちが好きなの?両方好き?揺れる気持を見つめて

新しい恋を始めたのに元彼のことが気になる。忘れられない。思い出しちゃう!揺れ動く今カレと元カ...

男性必見!定番シャツをおしゃれに着こなすポイント

男性が私服でよく着るシャツは、着こなし方やシャツの選び方次第で、おしゃれにもダサくも見えてしまうので...

スカートを履く女性の心理、初デートなら脈ありかもしれない

女性によっては、普段スカートを全く履かないという方もいます。それが普段はパンツスタイルなのに、初...

マジックテープの財布はダサい?女性ウケが悪いのはこんな財布

マジックテープの財布がダサいという話が巷でささやかれているようですが、女性たちは自分の彼氏がマジック...

鏡とカメラの自分の顔が違うのはどうして?本当の自分の顔とは

「鏡に写った自分の顔と、カメラで写した自分の顔が違う」と違和感を感じている人もいますよね。鏡の中の自...

2週間で2キロ太った!普段と同じ生活をしているのに太る原因

たった2週間で2キロも太ったら焦りますよね。しかも、いつもどおりの生活をしているのに体重が増えてしま...

電話に出ない時の言い訳!彼氏と電話したくない時の上手な言い訳

彼氏から電話がかかってきても、なんだか電話をしたくない気分のときもありますよね。出ない時に使える上手...

別れの手紙を彼氏へ渡す効果と手紙を書く時に注意したいこと

LINEやメールが主な連絡手段の中、別れる時こそ彼氏へ手紙を送るのはどうでしょうか。特に復縁...

指輪をつける指の位置はバランスとデザインを考えて決めよう!

指輪の重ね付けっておしゃれで素敵ですよね。でも、自分もやってみたいとは思ってもつける指の位置...

車を購入した場合の頭金などの入金の時期について徹底解説!

車を購入する場合、ローンを組む人もいれば全額現金で支払う人もいるでしょう。そこで気になるのが...

ピザとパスタならどっちが太る!?ピザVSパスタ

ピザとパスタではどっちが太るのでしょうか?ダイエット中に、ピザかパスタで迷ったときには食べたいほうを...

スポンサーリンク

30代の既婚者が趣味に使うお金の月の平均金額

独身のうちは今よりも趣味により多くのお金を使うことができたのに、結婚してからはなかなか趣味にお金をかけられなくなったと感じている方も多いのではないでしょうか?ライフスタイルの変化に応じて、お金の使い道が変化してくるのは当然のことですが、できればもう少し趣味にお金を注ぎ込みたいと思いつつも、現実にはこれ以上は厳しいというご家庭が大半でしょう。

既婚男性の多くはお給料の中から毎月お小遣いとして妻から貰っている(という言い方は変ですが)方が多いでしょうが、中にはその都度必要な分だけ貰うという方もいます。趣味にかけるお金に関しては、お小遣いの中からやりくりしている方も少なくないと思います。

30代の既婚男性が趣味にかけるお金は、平均で月に1万円から2万円という方が多いようです。
これに対して30代の独身男性では、月に2万円か3万円近く趣味にお金を使うという方が最も多いようです。

30代の既婚男性は月のお小遣いの中から趣味のお金を捻出するのが大変

私の友人などの旦那さんのお小遣いを聞いてみると、平均額は、おおよそ35,000円です。これは、その他の各世代と比較しても一番少ない感じもしますが、その背景には住宅ローンや子供の教育にかかる資金などを考慮した結果、お父さんのお小遣いが少なくなってしまったというものだと考えられます。

しかも、このお小遣いの中には、平日の昼食代も含まれているため、中には節約のために昼食を抜いたり、パンやおにぎりなどの軽食で済ますという、涙ぐましい努力をされているという話も珍しくはありません。

お小遣いの使い道として挙げられるのが、タバコなどの嗜好品や飲み会などが多く、その中から趣味にかけるお金を捻出するのは、なかなか大変なようです。お金のかかるスポーツが趣味だという方にとっては、月のお小遣いの中から道具を揃えたりするだけでも、余計に他の部分を削る必要がでてくるので、思うように趣味に費やせないという現実もあるようです。

趣味のお金?必要経費?お金の使い方を考えてみよう

同じお金をかけるにしても、ただの「趣味」なのか「必要経費」なのかを分けて考える必要があります。

たとえば、おなじ「英会話」でも、自分が海外旅行に行くことを目的として通う分には「趣味」の一環とも言えますが、仕事上で必要に迫られてだと、その費用は「必要経費」だと言えるでしょう。同様に、自分磨きに関する部分の習い事は「趣味」だと捉えられますが、自分のスキルアップを目的に資格取得を目指すために、講座に通ったり参考書を購入することは、「必要経費」としてカウントできるのではないでしょうか?

このことを踏まえて、奥さんにもお小遣いの範囲からではなく家計から出して貰えるように、上手く説得することは可能だと思いますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか?その際は、キチンと必要性を理解して貰えるように、順序立てて話すことが大切です。

趣味のお金で月の生活を圧迫しないようにすることが大切

いつまでも独身の頃と同じように、好きなだけ趣味にお金をかけるというわけにもいきませんよね。ですが、時には日頃のストレス発散のためにも、趣味にもお金をかけたいものです。趣味を楽しむことで生活にもメリハリが生まれ、それを糧にして仕事を頑張れるという方も少なくありませんが、やはり収支のバランスを考えないと、大きく家計を圧迫する恐れがありますので、注意が必要です。

「自分が稼いだお金をどう使おうが勝手だ!」という考え方の人もいますが、それでは家計は回りません。しっかりと収支のバランスを考え、そのうえで趣味に使える金額をキチンと決めて、その中で最大限楽しむことができるように、お金の使い方を見直す必要があります。

将来のことを考えて貯蓄をしつつ、家計を圧迫しない程度に趣味にお金を費やす程度であれば、誰も文句は言えませんよね。あれもこれもではなく、自分にとってここはお金を使っても良い、ここは節約したほうが良いというポイントを見極められる、バランス感覚を養いましょう。

趣味にお金をかけられない!月のお小遣いの中で楽しめる趣味

これ以上趣味にはお金をかけられないという方向けには、あまりお金をかけなくても楽しめる趣味も数多くあります。

サッカー経験者に人気なのが、フットサルです。フットサルは1チーム5人で行われる室内制サッカーです。季節や天候に左右されず、少ない人数でプレーできるので、女性や子供にも気軽に楽しめるという点が魅力でしょう。

ランニングやジョギングといった、運動不足解消にも役立つ趣味でしたら、汗を流しながらリフレッシュもできるので、より長く続けられるでしょう。

インドア派のあなたには、イラストや切り絵もオススメです。好きなマンガやアニメのキャラクターを書いてもよし、カッター片手に集中して机に向かうのもよし。静か趣味に没頭できるタイプの方にオススメです。

さまざまな趣味の中から気になったものを試してみて、お金はかけなくても自分が熱中できる趣味が見つかると良いですね。