注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

ウエストのゴムの直し方とゴム通し口が見当たらない場合の対処法

パジャマやルームウェアなど、履いているうちにウエストのゴムがゆるくなってきたという経験は皆さんあると思います。よく着るものはどうしてもゴムが伸びやすくなってしまいます。
そこで、ウエストのゴムの基本的な直し方や、ゴム通し口がない場合のゴム交換の方法をご紹介します。
ゴム通し口が見当たらない場合には、ゴムの交換を諦めてしまう方もいると思います。そんな時にも、この直し方なら目立たずに直すことができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長子と末っ子は離婚しやすいってホント?その理由とは

長子と末っ子は結婚しても離婚しやすい?長子と末っ子は、なんとなく相性が良さそうな感じがしますが実際に...

気になるコンビニ店員に連絡先を渡して失敗しないためのコツとは

いつも立ち寄るコンビニに新しくバイトの女の子が入って、もしその子に一目惚れしてしまったら、なんとか連...

【ファンデーションの塗り方】崩れないリキッドファンデの使い方

普段リキッドファンデーションを愛用しているという方も多いと思います。しかし、慌ただしい朝には...

元彼を思い出す時のスピリチュアルな引き寄せ・気づき・学びとは

元彼を思い出すと元彼も私を思い出しているって、スピリチュアル的には言うけど、その意味を具体的に知りた...

前髪はドライヤーで!その巻き方とコツさえわかれば簡単です

前髪のブローってなかなか決まらないですよね。しかも朝の時間のない時だとついイラッとしてしまいませんか...

【髪の毛を巻く方法】コテなしでも簡単にできちゃう方法を解説

おしゃれに敏感な女子なら、コテを使ってゆるふわ巻き髪にしたいですよね。でも毎日コテを使うとな...

顔の輪郭のニキビの原因と改善のためのスキンケアや予防習慣

顔の輪郭にニキビができてしまうととても気になってしまいます。嫌な大人ニキビを改善するためには、どうし...

秘書検定の面接で服装や身だしなみの基本や合格するコツとは

秘書検定の面接では、服装や身だしなみについても気をつけなくてはなりません。基本はスーツで受け...

マニキュアのホログラムの完璧な落とし方とは?一工夫してみよう

マニキュアでラメやホログラムを使うと、とてもかわいくなりますよね。でも、落とす時にはそれだけ...

新卒基本給15万の会社に入社する時のチェック項目と生活実態

新卒で基本給15万が多いか少ないかの判断は難しく、決して余裕がある金額ではありませんが、地方では基本...

キムチを食べ過ぎたあとの臭いはどうしたら消せる?対処方法とは

キムチを食べ過ぎてしまったときには臭いをどのようにして消したらいいのでしょうか?キムチを食べると...

金魚の水槽のフィルター交換方法とは?頻度ややり方を紹介

金魚の水槽のフィルター交換はどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか?フィルターが汚れてきたときが交...

化粧のやり方で50代に大切なのはハリとツヤ感!大人美人メイク

50代になると肌の乾燥が気になったり、メイクのノリが良くないと感じたり、いろいろと肌トラブルが増えて...

洗濯物の干し方とは?靴下の正しい干し方を紹介します

洗濯物の干し方はそれぞれの家庭のやり方がありますよね。とくに靴下は干し方に違いが出るもののひとつでは...

絵画を購入するときのポイント 初心者の買い方レッスン

絵画の購入を考えているけれど、初心者はどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?そのときの気...

スポンサーリンク

ウエストにゴム通し口のあるゴムの直し方

ウエスト部分にゴム通し口がある場合には、ゴムの付け替えは簡単です。

古いゴムを取って、新しいゴムを通すだけなので、裁縫が苦手な方でも、手先が不器用な方でも、大丈夫ですよ。

まずは、用意するものを紹介します。

【必要なもの】

  • 新しいゴム
  • クリップ
  • 安全ピン
  • ハサミ

ゴムには複数の太さがあるので、交換するゴムと同じ太さのものを選んで購入してください。
ゴムが太すぎると通し口に入らなかったり、細すぎるとゴムが折れて肌に食い込んでしまったりと、不都合が生じることがありますよ。

新しいゴムを適当な長さに切ったら、片方の端にクリップ、もう片方に安全ピンを通しておいてください。
ここまで準備ができれば、もうゴム替えはほぼ終わったも同然です。

ウエストの古いゴムを切って新しいゴムにお直し

それでは、さっそくゴムを交換する手順を紹介します。

  1. 古いゴムを通し口から出します。
  2. ゴムが長いほうが作業しやすいので、ウエスト部分をギュッと縮めて、ゴムが出来るだけ長く出てくるように引っ張り出しておいて下さい。
  3. 古いゴムを、ハサミで切ります。この時、切ったゴムが通し口の中に戻らないように、注意してください。
  4. 安全ピンを付けた新しいゴムの端と、古いゴムの端をくっつけて、安全ピンで固定します。
  5. 何も付けていない側の古いゴムをゆっくり引っ張って外すと、新しいゴムが通し口に通ります。
  6. 新しいゴムがねじれないように確かめながら、古いゴムを抜ききって下さい。
  7. 新しいゴムがウエストを一周したら、安全ピンとクリップを外し、ゴムの端同士を重ねて、輪になるように縫い付けたら完成です。
古いゴムを抜ききってから、新しいゴムを通そうとすると、ゴム通しが無いと大変ですが、古いゴムを抜く力を使って新しいゴムを通すので、この方法だととても簡単に作業が出来ますよね。

ゴムの交換口が見当たらない時の交換方法

ゴムの通し口がわかる衣類だと、ゴムの付替えは簡単にできますが、通し口が見当たらない衣類の場合には、そう簡単にはいきませんね。ゴムの通し口が見当たらない衣類の場合には、ゴムの通し口を見つけて、縫い目を一度ほどいてからゴムの交換をする必要があります。

裁縫経験のある方であればスムーズに作業出来るのですが、経験の無い方は、誤って生地切ってしまう可能性もあるので、慎重に行いましょう。
糸をほどく時につかう「リッパー」という専用の道具があれば、作業もスムーズですので、リッパーを用意しておくことをおすすめします。

ゴムが入っているウエスト部分をよく見てみて下さい。
おそらく、脇腹の位置かおへその位置に、縦の縫い目が見つかると思います。
この部分を開くと、ゴムが見えますので、ニッパーをつかって、縫い目をほどいていきましょう。

注意するポイントは、2つあります。

  • 糸と一緒に生地をひっかけてしまわないこと
  • ほどきすぎて、表面の縫い目までほつれてしまうことがないようにすること

この2点に注意しながら、糸をほどいて、ゴムを出しましょう。
ゴムがウエスト部分から出てきたら、あとは先程紹介した手順に添って、新しいゴムに交換をしてください。

ゴムが部分的にあるウエストゴムの直し方

ウエスト部分をゴムが一周しているタイプの衣類は、これまで紹介した方法でゴム直しが可能です。

しかし、デニム生地のパンツの中には、お腹の部分にゴムが無く、脇腹から背中に掛けてゴムが入っているといった、複雑な作りをしているものもありますね。

これらのゴム直しには、一般的なゴムを使うのは難しいので、「ボタンホールゴム」を使うのがおすすめです。
ゴムにボタンホールの穴が開いているので、通し口にゴムを通したら、ゴムの両端をボタンで留めて固定できるのです。

このボタンホールゴムは、部分的に入っているウエストゴムを直すときにも便利ですが、サイズの変動が激しいキッズ服やマタニティ服にも便利に活用できます。
ゴムを長めに切っておけば、成長とともにボタンホールの位置を緩めて、ゴムの強さを自由自在に調整することができます。

大きめサイズで購入した洋服や、お下がりなど、今すぐ着せたいけどサイズが…という時には便利なゴムなので、興味のある方は一度使ってみて下さい。

お直し用のウエストゴムの選び方

ウエストのゴムの直し方は、理解していただけましたか?
部分的なゴムが取り付けられている衣類は、少し交換に手間がかかるものの、その他のゴムの交換は、簡単に手直しが出来ることがおわかりいただけたのではないかと思います。

ゴムを直すだけで、伸び切った衣類も新品の様に新しい気持ちで身につけることが出来るので、自分で直す技を身につけておきたいですね。

ウエストに入れるゴムの選び方について

ゴムの長さの選び方についてですが、ウエストのサイズから2割程度差し引いた長さが適正な長さの基準になります。ウエストが60cmの方であれば、48cmになります。
ルームウェアやパジャマなど、あまりウエストをきつく締めたくないタイプの衣類の時には、ウエストサイズから1割を差し引いた長さにするとちょうど良いでしょう。(60cmの方は54cmです。)

ゴムにはいろいろな強度のものがあるので、伸縮性の強いタイプのものは運動用、ソフトタイプのものはルームウェア用など、用途や好みによって使い分けるのがおすすめです。