注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

レーヨン、ポリエステル、ナイロンそれぞれの特徴と洗濯方法

洗濯しようと思った洋服に「レーヨン、ポリエステル、ナイロン」という表示があったら、どうやって洗えばいいのか、それともクリーニングに出した方がいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

しかし、レーヨンの含有率によっては自分で洗濯することは可能です。

今回はレーヨン、ポリエステル、ナイロンそれぞれの生地の特徴、洗濯方法や注意点について説明します。レーヨン100%の場合は、自分で洗わないようにしましょう。

また、レーヨンが含まれている洋服は縮みやすい特徴を持っています。縮んだ場合の直し方についてもご紹介しますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の毛の切り方教えて!自分でカットする方法と必要な道具とは

髪の毛を自分できる『セルフカット』切り方のポイントとコツを知れば、自分で髪の毛をカットすることが...

油絵の風景画で気をつける事とは?初心者が上達するコツを紹介

初心者が油絵の風景画を描くときには、いったいどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?風景画と...

前髪がチリチリに傷む原因!ヘアアイロンの正しい使い方

ヘアアイロンを毎日のように使う方は、やはり髪の傷みが気になると思います。乾燥してツヤがなくなった...

前髪の分け目のくせの対処法でなりたい自分にイメチェンしよう

前髪が割れてしまうなど分け目のくせにお悩みの人もいますよね。では、前髪の分け目のくせをなんと...

体を洗わないと臭いするよね?水で流すだけじゃダメな理由とは

体を洗わない入浴法が話題になっていますが、石けんやボディーソープで身体を洗わないとどうなるのでしょう...

鏡と写真の顔違う!顔が違って見える理由と本物の自分の顔とは

「鏡で見る自分の顔と写真に写った自分の顔違うよね?」こんな疑問を抱いた事がある人もいますよね!鏡...

絵画の写真の上手な撮り方とは?コツと注意点を徹底解説

デジカメの性能もどんどん良くなっているので、自分の描いた絵画や美術館などに展示してある絵画の写真を撮...

オンとオフどちらも使える革靴とは?革靴の選び方

オンとオフに使える革靴が欲しい!しかし、どんなものを選んだらいいのでしょうか?そもそもオンと...

バーベキューの焼きそばは使い捨てのアルミ製品で片付け簡単

バーベキューに欠かせないメニューの一つに焼きそばがありますよね。大人も子供も大好きで、家で食べる...

電車の中での化粧がダメな理由が知りたい。日本と海外の違い

電車の中で化粧をするのはマナー違反になるのでしょうか。意見は賛否両論ありますが、 ダメな理由とは...

不安な気持ちを解消させるなら、音楽を聴いてみよう

日々の生活を送っていると、仕事や勉強、家事や育児、人間関係などさまざまな要因が重なって強いストレスを...

髪の毛の巻き方はコテの使い方次第でキレイなカールを作るコツ

髪の毛の巻き方はコテの持ち方や髪の毛のブロッキングなどコテの使い方次第で上手にできます。特に...

ダンスの苦手を克服するコツやうまくなるための練習方法とは

ダンスの苦手を克服したい人はどうしたらダンスが上手になれるのかと考えますよね。そもそもダンス...

彼女のプレゼント選びでアクセサリー以外で喜ばれる物を厳選

彼女へのプレゼントで真っ先に思い浮かべるのが「アクセサリー」ではないでしょうか。ただ、アクセサリーを...

車のレザーシートが車内で暑い時は要注意!予防法と対策について

車のシートが高級なレザーシートになっている場合、暑い日は火傷に注意が必要です。ちょっとぐらいの熱...

スポンサーリンク

レーヨン、ポリエステル、ナイロンそれぞれの生地の特徴について理解しましょう

まずは、レーヨン、ポリエステル、ナイロンの生地のそれぞれの特徴について説明をしていきます。
どの生地にもメリット、デメリットがあります。
それぞれの生地の特徴を知って、上手に毎日の中に取り入れましょう。

レーヨン

レーヨンの生地の場合は、吸水性・保湿性に優れている特徴を持っています。

染色し易い特徴もあるので、様々な色のレーヨン素材の生地があります。
他の繊維とも馴染みやすいので、他の繊維と混ぜ合わせたレーヨンの生地もあります。
そして、キレイなシルエットを表現することが出来るのがレーヨンの生地でもあります。
しかし、レーヨンの生地はシワになり易い特徴も持っています。
そして、水に濡れると縮んでしまう特徴もあるので、洗濯をするときには注意が必要です。

ポリエステル

ポリエステルの生地の場合は、美しい光沢感があるのが特徴です。

そして、ポリエステルの生地は強度があるため強い繊維と言われています。
洗っても干しても速乾性があるのですぐ乾き、シワになりにくいのでアイロンをかけることなく着ることが出来るものが多いです。
しかし、ポリエステルの生地は静電気を帯びやすい特徴を持っています。
そして、アイロンを当てるときには注意が必要です。

ナイロン

ナイロンの生地は軽い特徴を持っています。

摩擦に強く、ナイロンの生地は折り曲げてもシワになりにくいです。
速乾性もある生地なので、洗濯をしてもすぐに乾きます。
そして、カビや虫などに強い特徴も持っています。
しかし、ナイロンの生地は静電気を帯やすいのでホコリなどのゴミがつきやすい特徴を持っています。

レーヨン、ポリエステル、ナイロン素材の洋服の洗い方

レーヨンの含有率が高く高価な洋服の場合には、クリーニングに出した方が大切に長く着ることができます。

というのも、レーヨンは水が苦手な素材なので、自宅で自分で洗濯をするとレーヨンの生地が痛んでしまったり縮んでしまう可能性があります。
しかし、洋服にレーヨンが含まれていたとしても、洋服にレーヨンがどのくらい含まれているのかによって、自宅で自分で洗濯をすることが出来る洋服もあります。

洋服の中に含まれているレーヨンの比率が低い場合には、自宅で洗濯することが出来るのです。

そのため、含まれているレーヨンの比率が低い洋服の場合には、どのように自宅で洗濯を行ったらいいのかについて説明していきます。
含まれているレーヨンの比率が低い洋服の場合には、自宅で洗うことが出来ますが洗濯機は使用しません。
手洗いで洗っていきましょう!

レーヨンの含有率が低い洋服だったとしても、洗濯機で長い時間水に当てておくと生地を傷めてしまう原因になります。
そのため、レーヨンの含有率が低い洋服を自分で手洗いする場合には、なるべく時間をかけずに洗い終えるようにしましょう。

そのため洗面器などに溜めた水に洗濯洗剤を溶かして、レーヨンの含有率が低い洋服を手洗いしていきます。
レーヨンが含まれている生地をこすり洗いをしてしまうと生地を傷めてしまう原因になってしまうので、レーヨンが含まれている生地の洋服の場合には優しく押し洗いをして洗いあげるようにしましょう。
優しく手荒いすることができたら、洗面器にキレイな水を入れなおしてすすいでいきましょう。
十分にすすぐことが出来たら、タオルで水分を取って干すようにしましょう。
タオルで水分を取るときにも、レーヨンの生地をこすらないように注意しましょう。
軽く押さえるようにして、水分をとっていきます。

ポリエステルの洗濯は、シミや襟元など汚れに直接洗剤を付けてから洗濯するのが上手な洗い方です。ナイロンはあまり気にせず洗える素材ですが、洗濯表示を確認してネットを使うなどうまく洗い分けてください。

レーヨンが含まれている洋服を干す場合の注意点

レーヨンが含まれている素材の洋服を干すときには、注意が必要です。

レーヨン素材が含まれている洋服を他の洋服と同じ方法で干してしまうと、レーヨン素材の洋服には合わずに傷つけてしまう場合があるのです。
レーヨン素材の洋服を干すときには、陰干しで平干しするようにしましょう。
直射日光に当ててしまうと色あせを招いてしまいます。
そして、型崩れを防ぐためにも平干しするのがおすすめです。
もしも、レーヨン素材の洋服にアイロンをかけたい場合には、レーヨンの生地がしっかりと乾いてからアイロンをかけるようにしましょう。
そして、アイロンの温度は中温程度に設定し、スチーム機能を使わないでアイロンをかけます。
レーヨン素材の特徴である光沢を守るために、当て布をするのも忘れずに行いましょう。

レーヨン、ポリエステル、ナイロンの中には毛玉ができやすいものもあります

洋服の素材によって、毛玉の出来やすいものがあります。

レーヨン、ポリエステル、ナイロンの中で特に毛玉が出来やすいのが「レーヨン」です。

1シーズンだけ着ただけで、大量の毛玉が出来てしまうこともあります。
そのため、毛玉をつくらないようにレーヨン生地の場合には摩擦に注意する必要があります。
そして、レーヨンとポリエステルが混ぜ合わさった生地にも注意が必要です。

レーヨン素材とポリエステル素材が配合された生地の場合、細かな毛玉がつきやすくなる特徴があります。
簡単には取り除くことが出来ないような細かな毛玉が出来てしまうので注意しましょう。

縮んでしまったレーヨンを元に直す方法

レーヨン素材の洋服を間違った洗濯をしてしまったりして縮んでしまった場合には、レーヨンを元に戻す方法があるので試してみてください。

ひとつめの方法は、アイロンで伸ばす方法です。
レーヨンの生地にアイロンをかけることによって、縮んだ部分を少し伸ばすことが出来ます。
レーヨンの生地が破れない程度に引っ張りながら、アイロンをかけていくのがレーヨン生地を伸ばすコツです。

これで縮んだ部分を少し伸ばすことが出来ます。

ふたつめの方法は、ヘアーコンディショナーを使用する方法です。
使用するヘアーコンディショナーにシリコンが入っているものを使用します。
シリコンが入っているものであれば、ヘアーリンスでも構いません。
このヘアーコンディショナーやヘアーリンスの中に含まれたシリコンでレーヨンの生地をコーティングすることによって、縮んだ部分をまっすぐに伸ばします。
ヘアーコンディショナーボトルを7~9回ほど押して出したものを、水の張ったオケに溶かします。
そして、レーヨン素材のものをその中に入れます。
20分程度付け置きしたら軽くすすいで、アイロンで伸ばしましょう。