注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。

小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいいものです。

年少さん、年中さん、年長さん一歳ずつしか違わないのにそれぞれの年代で特徴があるのも面白いですね。

幼稚園の運動会を通して小さい園児達が学ぶことがあるといいます。
詳しくみてみましょう。

またかっけこが毎年最下位という子供は、本当に足が遅いワケではないといいます。その理由も解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

未婚で出産したら子供の戸籍はどうなる?未婚の母が知るべきこと

未婚で子供を出産した場合、生まれた子供の戸籍はどのようになるのか不安に感じますよね。未婚で出産をする...

ジュニアテニスが上達する練習方法とは大切なのは「意識」

ジュニアテニスはどんな練習方法を率先して行えばいいのでしょうか?どんな練習であっても、本人の意識が低...

子猫が鳴き声でクルクルいうときの気持ちや意味をご紹介

子猫の鳴き声「クルクル」にはどんな気持ちが隠されているのでしょうか?子猫がクルクルと鳴くのは...

保育園の服装について!1歳ならこんな洋服!着替えもチェック

1歳くらいになって歩きはじめる頃、保育園にはどんな服装で行ったらいいのか悩んでいませんか?た...

ボウリングの練習頻度の重要性とどこででもできる練習方法とは

ボウリングを本格的にはじめようとしたら週にどのくらい練習すればいいのでしょうか?では、ボウリ...

教育実習先からの電話を折り返しする時の注意点とマナー

教育実習先から電話がかかってきたのに、充電が切れていた、電波が届かなかったなどの理由で、電話を取るこ...

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

教育実習のための面接の質問内容や持ち物と挨拶や心構えとは

教育実習を学校に受け入れてもらうためには、事前に受け入れのための面接のアポ取りや学校面接があります。...

教習所の技能が下手すぎて卒業できるか不安な方へアドバイス

教習所では学科と技能教習を受けますが、学科はよくても技能が下手すぎて困っているという方も多いようです...

犬はドライブが大好き!愛犬とドライブを楽しむ時の注意点

あなたの愛犬はドライブが好きですか?車で走行中、よく犬を乗せた車を見かけますが、どの犬も本当にド...

カレーのお肉「牛肉」を柔らかくするコツと選び方で絶品カレーに

カレーに使うお肉と言えば、やっぱり人気なのが牛肉ですよね!では、牛肉のカレーをするならどんな...

子供を叱る。そして激しく自己嫌悪。この悪循環を感じないためには

子供を叱るのはどうしてでしょう?世間のルールや常識を教えるためですよね?子どもは言わ...

生後1ヶ月の外出・車で外出はOK?リスクや注意点を理解しよう

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて、車で外出することはOKなのでしょうか。赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎると外...

スポンサーリンク

幼稚園の運動会のかけっこは年代で全然違うから面白いのです

幼稚園では、年少さん、年中さん、年長さんといますが、それぞれ全然違ってきます。

運動会の時にも、それぞれの特徴が出ていて、可愛くて微笑ましくなります。

年少さんの場合だと、運動会でかけっこをする時になって「よーい、どん」となってもなかなか走らなかったり違う方向に走るので、園によっては保護者の人や先生と走るところもあったりします。

走ってと言われて、みんなで一緒に遊びながら走ったりもします。

競争ではなく、みんなで楽しむといった感じです。

年中さん以降になってくると、マイペースにほのぼのとしている子もいれば、競争という意識が出てきて早く走ろうとする子もいて、それもまた見ていて可愛いです。

年長さんは、その組で対抗リレーがあったりするところもあり、組で協力して競争する事を覚えてきたりします。

もちろん年長さんになっても対抗意識がなくてマイペースな子もいます。

幼稚園の運動会のかけっこなどを通して学ぶことがあります

運動会の内容や、その目的は園によっても違ってくると思います。

運動会のかけっこなどをする事による学び

  • 運動
  • 友達との協力意識
  • 団体行動
  • 決まりを守る
  • 楽しみながら頑張る

楽しみながら身体をいっぱい動かしたり、お友達同士で協力して、仲間意識を高めたり、あきらめないで頑張ろうとする気持ちを育てたりなど、様々な効果があります。

楽しくやる事が大前提で、お遊戯をしたり、走ったり、みんなで力を合わせる事など、普段とはちょっと違った形で取り入れる事は大事な事です。

色々なルールを覚えて、順位関係なく、なかなか出来なくても、あきらめないでみんなで楽しく頑張ってみることが大切です。

上手にできたかとか、順位とか関係なく、終わった後に達成感と、楽しかったと思えるといいでしょう。

幼稚園の運動会のかけっこでいつもビリな理由を紹介します

いつもいつも、運動会のかけっこをする時には最下位な子がいます。

毎回最下位だと、足が遅い子なのかなって思われてしまうかもしれません。

しかし、いつも最下位の子でも、足が遅いというわけではないという場合もあるそうです。

そのかけっこのスタートからゴールまでの距離を走る体力がない子もいます。

よく、最初は普通に走っていても、途中からどんどん遅くなっていく子がいますが、走る気持ちがないのではなくて体力がなくて疲れてしまっているのかもしれません。

かけっこではやく走るコツ

  1. 腕の振り方
  2. もも上げ
  3. 最後まで走る体力

小さい頃に、充分に外で遊んでいなかったり、身体をたくさん動かしている事が少なければ、身体を動かす経験が少ないので上手く出来ないことが多いです。

その、単に経験不足なだけでも、運動神経が悪いと思われてしまったり、体力がおいつかなったりしてしまいます。

楽しく遊びに運動も取り入れるようになってくれば、身体を動かす事が経験として身に付くので体力もおいついてきます。

体格に大差はない幼稚園児。かけっこで差が出るのはナゼでしょう

見た目の体格や身長など、殆ど変わらない感じの子同士でも全然足の速さは違ってきます。

足の速い子

足が速い子は、弾む感じで、地面を軽く蹴って走るので、地面と足がついている時間が短くなります。足が地面との接触時間が少なく弾むように走るので、足を動かす回転率も高くなります。

足の遅い子

足の遅い子は、足の裏を全体的につけてしまい、地面との接触時間も多くなってしまいます。足を全体的にベタッと付けていると、足の回転も遅くなってしまいます。

足が速くなる方法

足の指を使用して、つま先から地面を蹴るようにする動きをします。

弾むように足の指で地面を蹴る感じの動きをする事によって、反動が出来て、前方に進んでいきます。

幼稚園の運動会のかけっこの練習で気を付けたいこととは

足が速くなりたくて、「練習したい」と言うようになる子もいるでしょう。

無理強いをせずに叱らずに、楽しくする事が大切です。

かけっこが速くなる練習方法

顔をしっかりと前に向けて背筋を真っすぐにして胸をはります。
頭頂部から足先まで、1本線になるようなイメージで、ヒザも真っすぐかチェックします。
ゆっくりと姿勢を意識しながら歩く練習をします。

また腕の振り方のポイントは、「肩を動かないようにする」「上半身を動かさないようにする」「腕を大きめに振る」「肘は大体90度位」など。

気をつけて走ったり歩いていても、無意識のうちに崩れてきたりして、自分でも気付かないことがありますので、動画などを撮ってチェックすると分かりやすいです。

また、上手になってきても分かるので達成感も出るでしょう。