注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

幼稚園の運動会のかけっこを年代別で紹介。園児が学ぶ事とは

幼稚園でも運動会が毎年行われますね。

小さい園児達が一生懸命かけっこしている姿はとてもかわいいものです。

年少さん、年中さん、年長さん一歳ずつしか違わないのにそれぞれの年代で特徴があるのも面白いですね。

幼稚園の運動会を通して小さい園児達が学ぶことがあるといいます。
詳しくみてみましょう。

またかっけこが毎年最下位という子供は、本当に足が遅いワケではないといいます。その理由も解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

猫が怖いのを克服するためにできる方法と猫の意外な特性とは

猫が怖いと感じるのを克服するためには、まず猫の習性やどうして猫が苦手なのかその原因を考えてみましょう...

幼稚園まで自転車で20分は遠い?許容範囲?自転車通園の注意点

家の近くに幼稚園がなく、さらに通園に使える車もない、通園バスもない場合、幼稚園まで自転車か徒歩で行く...

人見知りが激しい1歳児ママへ!人見知りの原因と克服方法

人見知りが激しいことが悩みというママもいます。どこかへ出掛けても、人見知りでギャン泣きしたり、マ...

8ヶ月の赤ちゃん。離乳食のお悩みと、手づかみのススメとは

8ヶ月だと1日2回食になってきますね。食べる子は食べますが、ほとんどの赤ちゃんは口に入れたド...

冬に半袖が子供には一番?子供を薄着にさせる効果と注意点

寒い冬の時期はついつい厚着になってしまうもの。子供に風邪を引かせてはいけないと、何枚も服を着させ...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。...

ハムスターにささみはよくない?ハムスターの食事の内容

ハムスターにささみをあげるのはよくない?それとも与えたほうが良い?ペレットタイプの餌以外に与...

約束を守らない夫に怒りを爆発させる前にイライラしない方法とは

約束を守らない夫にイライラするなら、約束をしなければいいんですよ。シンプルでしょ?どうして気...

赤ちゃんが泣き止む音って?泣いている赤ちゃんに聞かせたい音

泣いている赤ちゃんをなんとかして泣き止ませてあげたい、赤ちゃんが泣いた時に泣き止む方法を知りたいとい...

転勤族の子供はかわいそうというのはウソ?子供に与える影響とは

夫が転勤族だと、自分だけではなく子供にも負担がかかりますよね。「転勤することは子供にとってか...

友達と離れることが寂しいと感じたら?寂しい気持ちの対処法

友達と離れることが寂しい。たくさんおしゃべりして、たくさん笑ってたくさん泣いて…。そ...

離乳食後に果物を毎食あげるのはNG!果物を与える目安

離乳食後に果物をあげることが多いですが、適度な甘みもありおやつの代わりとしても適しています。...

教員採用試験の勉強法。社会人では?社会人から教員になる方法

大学時代に教員免許を取得していても、教員にならずに一般企業へ就職し社会人となった方も多いでしょう。...

スポンサーリンク

幼稚園の運動会のかけっこは年代で全然違うから面白いのです

幼稚園では、年少さん、年中さん、年長さんといますが、それぞれ全然違ってきます。

運動会の時にも、それぞれの特徴が出ていて、可愛くて微笑ましくなります。

年少さんの場合だと、運動会でかけっこをする時になって「よーい、どん」となってもなかなか走らなかったり違う方向に走るので、園によっては保護者の人や先生と走るところもあったりします。

走ってと言われて、みんなで一緒に遊びながら走ったりもします。

競争ではなく、みんなで楽しむといった感じです。

年中さん以降になってくると、マイペースにほのぼのとしている子もいれば、競争という意識が出てきて早く走ろうとする子もいて、それもまた見ていて可愛いです。

年長さんは、その組で対抗リレーがあったりするところもあり、組で協力して競争する事を覚えてきたりします。

もちろん年長さんになっても対抗意識がなくてマイペースな子もいます。

幼稚園の運動会のかけっこなどを通して学ぶことがあります

運動会の内容や、その目的は園によっても違ってくると思います。

運動会のかけっこなどをする事による学び

  • 運動
  • 友達との協力意識
  • 団体行動
  • 決まりを守る
  • 楽しみながら頑張る

楽しみながら身体をいっぱい動かしたり、お友達同士で協力して、仲間意識を高めたり、あきらめないで頑張ろうとする気持ちを育てたりなど、様々な効果があります。

楽しくやる事が大前提で、お遊戯をしたり、走ったり、みんなで力を合わせる事など、普段とはちょっと違った形で取り入れる事は大事な事です。

色々なルールを覚えて、順位関係なく、なかなか出来なくても、あきらめないでみんなで楽しく頑張ってみることが大切です。

上手にできたかとか、順位とか関係なく、終わった後に達成感と、楽しかったと思えるといいでしょう。

幼稚園の運動会のかけっこでいつもビリな理由を紹介します

いつもいつも、運動会のかけっこをする時には最下位な子がいます。

毎回最下位だと、足が遅い子なのかなって思われてしまうかもしれません。

しかし、いつも最下位の子でも、足が遅いというわけではないという場合もあるそうです。

そのかけっこのスタートからゴールまでの距離を走る体力がない子もいます。

よく、最初は普通に走っていても、途中からどんどん遅くなっていく子がいますが、走る気持ちがないのではなくて体力がなくて疲れてしまっているのかもしれません。

かけっこではやく走るコツ

  1. 腕の振り方
  2. もも上げ
  3. 最後まで走る体力

小さい頃に、充分に外で遊んでいなかったり、身体をたくさん動かしている事が少なければ、身体を動かす経験が少ないので上手く出来ないことが多いです。

その、単に経験不足なだけでも、運動神経が悪いと思われてしまったり、体力がおいつかなったりしてしまいます。

楽しく遊びに運動も取り入れるようになってくれば、身体を動かす事が経験として身に付くので体力もおいついてきます。

体格に大差はない幼稚園児。かけっこで差が出るのはナゼでしょう

見た目の体格や身長など、殆ど変わらない感じの子同士でも全然足の速さは違ってきます。

足の速い子

足が速い子は、弾む感じで、地面を軽く蹴って走るので、地面と足がついている時間が短くなります。足が地面との接触時間が少なく弾むように走るので、足を動かす回転率も高くなります。

足の遅い子

足の遅い子は、足の裏を全体的につけてしまい、地面との接触時間も多くなってしまいます。足を全体的にベタッと付けていると、足の回転も遅くなってしまいます。

足が速くなる方法

足の指を使用して、つま先から地面を蹴るようにする動きをします。

弾むように足の指で地面を蹴る感じの動きをする事によって、反動が出来て、前方に進んでいきます。

幼稚園の運動会のかけっこの練習で気を付けたいこととは

足が速くなりたくて、「練習したい」と言うようになる子もいるでしょう。

無理強いをせずに叱らずに、楽しくする事が大切です。

かけっこが速くなる練習方法

顔をしっかりと前に向けて背筋を真っすぐにして胸をはります。
頭頂部から足先まで、1本線になるようなイメージで、ヒザも真っすぐかチェックします。
ゆっくりと姿勢を意識しながら歩く練習をします。

また腕の振り方のポイントは、「肩を動かないようにする」「上半身を動かさないようにする」「腕を大きめに振る」「肘は大体90度位」など。

気をつけて走ったり歩いていても、無意識のうちに崩れてきたりして、自分でも気付かないことがありますので、動画などを撮ってチェックすると分かりやすいです。

また、上手になってきても分かるので達成感も出るでしょう。