注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

バスの中で赤ちゃんが泣く理由と対処法!事前に準備したいグッズ

赤ちゃんとのお出掛けでママの一番の悩みは、「バスや電車などの中で赤ちゃんが泣いたらどうしよう…」ということではないでしょうか?
大勢の人がいる中でギャン泣きされると、周りの人への迷惑が気になってママも泣きたくなってしまいます。
バスの中で赤ちゃんが泣く理由や、ギャン泣きした赤ちゃんの対処法などをご紹介します。
せっかくのお出掛けを楽しい時間にして下さいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

うさぎを抱っこすると暴れる時のしつけ方法・抱っこの時の注意点

うさぎを抱っこすると嫌がって暴れることがあります。可愛いうさぎのことをどうにか抱っこしたいと思う飼い...

保育園にお弁当箱にご飯だけ入れて持参する場合の容器や注意点

保育園の給食で、パンやご飯などの主食だけを持参してくださいという場合があります。お弁当箱にご飯だ...

子供の留守番は何歳からなら大丈夫?留守番をさせる時の注意点

子供を留守番させるのは何歳からならOKなのでしょうか?お留守番させる時間にもよりますが、だいたい4年...

子供の寝かしつけ方法!生後6ヶ月で1人寝出来るようになるコツ

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけにはどのような方法があるのでしょう?では、生後6ヶ月の赤ちゃ...

家族が不仲だとどんな子供に育つ?与える悪影響とは

家族が不仲。居心地の悪い家庭内の空気を感じながら育つと、子供はどのように成長してしまうのでし...

パンやケーキを包丁で切るときのコツやポイント

パンやケーキを包丁で切るときにはどのようなコツが必要なのでしょうか?いつも使っている包丁でパンやケー...

姑に会いたくない!孫孫ウルサイ!なんのために出産したのか

姑には会いたくないけど、孫を姑に合わせなきゃ…。このモヤモヤものすごくわかります!お...

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由と寝かしつけのコツや注意点

赤ちゃんが寝る前に暴れるとお母さんはどうしたらいいのか不安になりますよね。では、赤ちゃんが寝...

跳び箱の練習場所が自宅でできるコツや飛べるようになるポイント

跳び箱の練習は、場所や跳び箱がなくても基礎となる練習や必要な練習をすることができます。では、...

大学病院の医師は忙しい!医師が求める理想の女性像と恋愛傾向

大学病院の医師は忙しいという話を聞くこともありますが、実際にはどのような仕事をしてどのような一日を過...

昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を卒業して寝かせるコツとは

赤ちゃんの昼寝の寝かしつけで抱っこ紐を使うお母さんは多いでしょうが、赤ちゃんが成長してくると抱っこ紐...

産後の手伝い。義母からの申し出の断り方と心構えとは

産後のお手伝いをすると、張り切っている義母。気持ちはありがたいけれど、正直結構です。「気...

生後4ヶ月の体重増加が少ないときの考えられる原因や対処法とは

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重の増加が少ないとお母さんは不安になってしまいますよね。では、生後4...

ゼミの面接にはどんな服装か悩んでいるあなたへ!面接のコツ

大学生の多くがゼミに入ることになると思います。バイトの面接は受けたことがあっても、ゼミの面接って...

赤ちゃんの世話をテレビを見てしない旦那にイライラ!解決法とは

赤ちゃんの面倒もみないでテレビやゲームに夢中な旦那にイライラしていませんか?出かける支度で忙...

スポンサーリンク

バスの中で泣く赤ちゃんの原因を考える

ここ数年テレビやニュースなどで育児を頑張っているママが取り上げられているのを目にすることが多くなり、子供の泣き声に対して嫌な顔をする人は減ってきたように感じられます。
子供が泣いていたら泣き止ませようとしてくれるなど温かく見守ってくれる人も増えてきて、ママにとっては嬉しいことです。

しかし、温かく見守ってくれる人が増えたと言っても電車やバスの中で赤ちゃんが泣いてしまうと「早く泣き止ませてよ」などと心の中で思っている乗客もいるかもしれないので、ママが周りの人に気をつかってしまうのは変わりはありません。

公共の場で赤ちゃんが泣いてしまった時は、どうすればよいのでしょうか?
まずは赤ちゃんが泣いている理由を考えましょう。

赤ちゃんはお腹が空いていたりオムツが汚れて気持ちが悪かったり、不安になったり甘えたくなると泣いてしまうことがほとんどです。
また、知らない人がたくさんいたり見慣れない風景に不安になってしまい、泣き出してしまう子もいます。

泣いている原因を考えて解決してあげると、泣き止んでくれることがあります。

バスで泣く赤ちゃんを泣き止ませる方法は?

バスで泣いてしまった赤ちゃんを泣き止ませる方法とは、どんなものがあるのでしょうか?
子育て中のママには必見ですね!

赤ちゃんと一緒にお出かけをしてバスに乗ると、毎度泣いてしまうので困っているというママも多くいます。

バスに乗って席に座ると泣き出く赤ちゃん

座られるのが嫌なので、抱っこ紐などで赤ちゃんの様子を見ながら立ちましょう。

立っているのが好きな赤ちゃんはつり革などをつかまろうとして遊んだり、立っている状態で景色を見るのが好きな赤ちゃんもいるので、ママは大変かと思いますが立っていることで泣いてしまうのを避けることができます。

運転手さんの後ろ側の席や、運転手さんの横に位置する席に座ってフロントガラスからの景色を見せてあげると、なかなかの迫力があるので赤ちゃんも喜びます。
この席は人気があるので、座れないこともあります。
そのときは前列で立ってあげると景色が見えるのでぐずることは少ないです。

立って乗るときは安全を確保して乗るようにしましょう。

バスの中で泣く赤ちゃんへは事前にこんな準備を

バスの中で泣いてしまう赤ちゃんには、事前に準備しておくと泣き止ませることができます。

赤ちゃんの好きなおやつや飲みものを準備しておくとお腹が空いたり喉が乾いたりして泣いてしまった時にすぐに対応することができるので準備しておきましょう。

また、赤ちゃんのお気に入りの絵本やおもちゃを用意しておくとバスに乗っていることが飽きてしまって泣くことを回避できます。
絵本を読んであげるといつの間にか寝ている…なんてこともあるので、用意しておくと良いですね。

また、バスや電車に乗る時は抱っこ紐を使ったりして赤ちゃんを抱っこしてあげましょう。
ママと体を密着させることで安心することができます。
抱っこするとママの心音も聞こえるので、そのまま眠ってしまうこともよくあります。

ベビーカーは場所を取ったり人とぶつかってしまう可能性もあるので、抱っこ紐を使うほうがママも赤ちゃんも安心できるのでオススメです。

バスで泣く赤ちゃんをなだめながら周りのお客さんへ伝える

赤ちゃんや2歳頃までの子供が泣いた時に「静かにして」や「周りの迷惑になるから」と注意をしても、小さい子供は言葉の意味もわかりませんし、静かにしてくれることもありません。

赤ちゃんが泣いてしまった時は、家で泣いたときのようにあやしてあげてください。
それでも泣き止まない場合は、お腹が空いていたりオムツが汚れて気持ち悪かったりすることも考えられます。
時間に余裕がある場合は一度近くの駅で下車してミルクをあげたりオムツを替えたりしてあげましょう。

しかし、時間に余裕が無い時もありますよね。
その時は泣き止まなくてもあやしてあげてください。
一生懸命泣いている赤ちゃんをあやしているママを、車中の他の人も子供がうるさいなんて言いませんよ。
赤ちゃんは泣くことが仕事だと理解している人たちはたくさんいます。

子供に「○○駅で降りるからね、もう少し我慢してね」と話しかけながら、周囲の人にもさりげなく降車駅を伝えて安心感を与えると良いですね。

赤ちゃんと一緒にバスに乗る時の注意点

赤ちゃんと一緒にお出かけをするのはママの楽しみですよね。
バスに乗る時の注意点をまとめました。

バス運賃は事前に準備

事前に調べて金額ピッタリ用意してポケットなど出しやすいところに入れておきましょう。
赤ちゃんを抱っこしながら荷物も持ちながらお金を財布から出してピッタリなかった時は両替をしなくてはいけません。
後ろに人が待っていると急がなきゃ!と焦ってしまいます。
焦ってお金を財布から出そうとして小銭をばらまいてしまうということも考えられるので、お金は予め用意しておきましょう。

バスでは抱っこ紐

バスの中でのベビーカーは通路を歩く人の邪魔になってしまったり、ベビーカーをたたまないと乗降できない場合もあります。
なので、ベビーカーを使うよりは抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこするほうが安心ですね。

気持ちに余裕を持って赤ちゃんとのお出かけを楽しんでください。