注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこは横抱きか縦抱きか。そのコツや注意点

赤ちゃんが3ヶ月ころになると、ママも赤ちゃんも少し落ち着いてきた頃でしょうか。

赤ちゃんの抱き方には横抱き、縦抱きがありますが抱き方のコツや注意点を紹介します。
また赤ちゃんを抱っこして出かける機会も増えてくるでしょう。

3ヶ月ころに使える抱っこヒモのタイプもみていきましょう。

また抱っこしたら赤ちゃんが暴れることもあります。そこにはこんな原因がありますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

昼寝の時間が30分!赤ちゃんのお昼寝が短い理由と寝かせる方法

「赤ちゃんが昼寝をしている間に家事を済ませたいけど、お昼寝をしても30分で起きてしまうという」という...

着ぐるみの中身のヒミツ。小さいマスコットの正体とその気持ち

ショーや各種イベントで人気物のマスコットやゆるキャラ達ですが中には身長が低いマスコットもいますね。...

神社でお賽銭を入れないのはアリかナシか。大切なのは気持ち

神社にお参りに行った時にお賽銭を入れると思いますが、金額に決まりはあるのでしょうか。大切なの...

サークルの合宿に行きたくない時に使える口実や言い訳

サークルの合宿は夏休みの季節に行われることが多いですが、集団行動が苦手、サークルに馴染めてなくて行き...

娘と父親がお風呂に入る!一緒に入るのを卒業する時期の目安

娘さんとのコミュニケーション取りたい、娘が一緒に風呂に入りたいと言うなど、娘さんと一緒にお風呂に入っ...

幼稚園の先生の本音を調査!実は保護者に言いたい5つのこと

幼稚園の先生は、登園してくる子供に対していつも一生懸命です。子供に優しく、時には厳しく叱って...

幼稚園に途中入園する時のママ友の作り方!好印象を与える方法

これまで通っていた幼稚園から別の幼稚園に転園する・途中から幼稚園に入園するという途中入園の場合、ママ...

キッチン扉を簡単DIY!カッティングシートを上手に使うコツ

カッティングシートは簡単にイメージチェンジができるDIY初心者にもおすすめのアイテムです。キッチ...

一人暮らしでホームシック!新社会人は環境の変化が半端ない!

一人暮らしをはじめてホームシックを感じるのは仕方ありません。それが社会人であってもです。...

バスのベビーカーでの乗り降りのコツやマナーと注意点とは

バスにベビーカーも一緒に乗り降りすることは、周りへの迷惑を考えたり、赤ちゃんのことも気にしながら、お...

新生児のバスタオルは大人と同じはNGな理由と必要枚数

新生児の赤ちゃんが使うバスタオルは、大人と同じバスタオルはやめた方がいいそうです。では、どう...

窓が閉まらないときの修理費用やポイントと考えられる原因とは

車の窓が閉まらないときはすぐに修理をしなければならないのでしょうか?では、窓が閉まらないとき...

新生児の沐浴は毎日必要か?沐浴で赤ちゃんのお肌を清潔に保とう

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ首が座っていませんよね。沐浴をさせるときなどはちょっと緊張してしまうか...

犬はドライブが大好き!愛犬とドライブを楽しむ時の注意点

あなたの愛犬はドライブが好きですか?車で走行中、よく犬を乗せた車を見かけますが、どの犬も本当にド...

忙しい朝はおにぎりで決まり!子供が喜ぶおにぎりレシピをご紹介

朝ごはんを子供にしっかり食べてほしいと思っても時間がなかったり、食欲がなかったりとなかなか思い通りに...

スポンサーリンク

3ヶ月の赤ちゃんの抱っこ、横抱きのコツをみていきましょう

抱っこは、お母さんが赤ちゃんとスキンシップをとる上で欠かせないことですが、抱っこの方法を間違えてしまうと、お母さんへの負担が大きくなってしまいます。

また生後3ヶ月までの赤ちゃんは首がすわっていないため、抱っこの仕方にはより注意しなければいけません。

そこで、今回は横抱きする際のコツと注意点についてご紹介します。

横抱きの注意点

  1. 赤ちゃんの首の下に片手を入れます。
  2. 頭と首をしっかりと支えながら、もう片方の手を股の間から入れお尻を支えます。
  3. 優しく抱き上げ自分の体に抱き寄せます。
  4. 抱き寄せたら、お尻を支えていた手の位置を背中にずらしお尻は腕で支えます。
  5. 次に、首を支えていた手の位置を背中へずらし、自分の肘を曲げた箇所に赤ちゃんの頭と首を乗せ支えます。

先述したように、生後3ヶ月頃までの赤ちゃんは首がすわっておらず、とてもデリケートです。
そのため、頭と首をしっかりと支え抱くように注意しましょう。

3ヶ月の赤ちゃんを縦抱っこする時の抱き方と注意点

上記でもご紹介したように、生後3ヶ月の赤ちゃんは首がすわっておらず危険です。

そのため、抱っこする際には、赤ちゃんを安定させられる安全な抱き方で抱っこしなければいけません。

首がすわるまでは「横抱き」がオススメですが、正しいやり方で抱っこするのであれば「縦抱き」も可能です。
また、縦抱きは赤ちゃんを泣き止ませる上でも効果があると言われています。

そこで、縦抱きの方法と注意点についてご紹介します。

赤ちゃんの縦抱きの注意点

  1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせます。
  2. 寝かせた状態で、脇の下から手を入れ首の後ろを支えます。
  3. 首の後ろに入れた手をゆっくりと起こし、頭を起こします。
  4. 空いている片方の手で赤ちゃんのお尻を支え、体を優しく抱き上げます。
  5. 抱き上げた後、赤ちゃんの顔が自分の肩の上に来るようにしましょう。

縦抱きで抱っこをする際には、赤ちゃんが呼吸できなくならないように、呼吸には注意しましょう。

また、赤ちゃんの機嫌が悪いときには無理に抱っこするのは避けましょう。

3ヶ月の赤ちゃんに使える抱っこ紐のご紹介

生後3ヶ月になると、抱っこも少しずつ安定してくる頃だと思います。

また、この頃になると抱っこ紐を使えるようになる赤ちゃんもいるため、抱っこ紐を便利に活用することでお母さんも少し楽になるのではないでしょうか。

生後3ヶ月頃から使える抱っこ紐は2種類あります。

1つめは「専用タイプ」です。

専用タイプは、抱っこ専用のもので下記の4つの抱っこをすることができます。
ただし、このタイプではおんぶはできませんので注意しましょう。

  • 背負い抱っこ
  • 横抱き
  • 縦抱き
  • 腰抱っこ

2つめは「兼用タイプ」です。

兼用タイプは、抱っことおんぶもできるものです。

上記の4つの抱っこの他におんぶをするこもできるため、使うシーンや赤ちゃんの成長に合わせて様々な使い分けをすることができます。

ですが、その反面パーツの脱着が多いため作業に慣れる必要があります。

生後3ヶ月の赤ちゃんの抱っこなど知っておきたいこと

生後3ヶ月の赤ちゃんの様子

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、首が徐所にすわってきて完全にすわるまであと一歩のところです。

また、胴体の筋肉もつきはじめる頃で、寝かせていても上以外の方向を向こうと一生懸命動くようになります。

赤ちゃんは機嫌が良い状態にあると声を出すと思います。
声を出す以外にも、周りの世界に興味を持ち始めおもちゃを持たせると振り回したりもするようになります。

一方で、この頃から赤ちゃんは寝てばかりではなく、起きている時間も長くなります。

そのため、1日に30分程度は抱っこをしたり、ベビーカーを使い散歩させたりして赤ちゃんに刺激を与えるようにしましょう。

ですが、生後3ヶ月頃の赤ちゃんはまだウイルスに対しての免疫がしっかりとしていないため、人ごみなどは避けなければいけません。

赤ちゃんを抱っこしたら暴れるのはこんなことが原因かも

赤ちゃんが暴れる原因

赤ちゃんは暑くて暴れている

赤ちゃんの頃は、自分で体温調節をうまくすることができません。

そのため、体を冷やさないようにと服を重ね着させて布団をしっかりとかけるなどの対処をする方も多いと思います。

ですが、赤ちゃんにとってはそれが暑いと感じているのかもしれません。
そんなときに、抱っこをされればもっと暑く感じてしまいます。

そんなことが原因で暴れている可能性があります。
大切に考える気持ちは分かりますが、赤ちゃんの気持ちになって考えてあげましょう。

抱っこの姿勢が気に入らず暴れている

横抱きして暴れるなら、縦抱きに変えてみましょう。
抱き方を変えた途端落ち着いた、なんてこともあるかもしれません。

また、抱っこするだけでなく、抱っこしながら歩くと赤ちゃんは落ち着くと言われています。
抱っこの仕方を変えても暴れるのであれば抱っこしながら歩いてみるのも良いでしょう。