注目キーワード
  1. 子育て
  2. 美容
  3. 出産

アメリカの赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識、驚きの事実とは

国が違えば常識も違います。
アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないといいますがその理由とは?

日本では信じられないことですが、お風呂の頻度や入れ方について詳しくご紹介します。
アメリカで子育てしたママさんはどうしていたのでしょう。体験談もお伝えします。

赤ちゃんを毎日お風呂に入れるのは日本だけ?海外のお風呂事情もみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後2ヶ月で体重6キロは平均?2ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

「うちの赤ちゃんは2ヶ月体重が6キロだけどこれって普通?」こんなふうに、生後2ヶ月の赤ちゃんがいるマ...

寝かしつけの方法は?9ヶ月の赤ちゃんの上手な寝かしつけ方法

生後9ヶ月頃の赤ちゃんは、夜泣きなどで夜に何度も目が冷めてしまったり、なかなかスムーズに寝てくれない...

ハムスターにキャベツの芯を与える場合に気をつけることとは

ハムスターはキャベツが好きと言いますが、どの部分を与えれば良いのか、そして量はどのくらいがいいのか悩...

犬との信頼関係が崩れるときとは?正しいしつけの方法

犬と信頼関係が崩れるのはどのようなときなのでしょうか?しつけのつもりが、犬との信頼関係を悪くしていた...

子供を叱る。そして激しく自己嫌悪。この悪循環を感じないためには

子供を叱るのはどうしてでしょう?世間のルールや常識を教えるためですよね?子どもは言わ...

産後、義母のことを苦手に感じるのは無神経さとガルガル期

産後、義母に対して苦手意識が…。私もそうです。悪気がないから、気持ちの持って行き場がありませ...

生後5ヶ月でミルクの量が減る原因と対策・離乳食と成長の目安

赤ちゃんが生後5ヶ月になると、今までよりもミルクの量が減るということがあります。赤ちゃんは大きくなっ...

出産を義母に連絡するタイミングは?義母と上手く付き合うコツ

出産を間近に控え色々と準備をしていく中、義母との関係について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。...

【スライムの作り方】片栗粉を使った安全な手作りスライム

独特の感触がクセになるスライム。子供の頃に遊んだという記憶がある方も多いと思います。この...

2歳児が保育園にストレスなく通うために!慣らし保育と対処法

最近は共働き世帯が増え、お子様が小さいうちから仕事をしている方も増えました。お子様が2歳児に...

冬に半袖が子供には一番?子供を薄着にさせる効果と注意点

寒い冬の時期はついつい厚着になってしまうもの。子供に風邪を引かせてはいけないと、何枚も服を着させ...

赤ちゃんはタオルが大好き!寝るときに役立つタオル活用方法

赤ちゃんが寝るときにはどんなものがあったら便利なのでしょうか?とくにおすすめなのがタオルです。寝かし...

音楽の才能の見極め方や子供の才能を伸ばすポイントとは

子供に音楽の才能があるかどうかを見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?子供に小さいうちから...

自由研究におすすめ!スライムの作り方とまとめ方のアイデア

小学生の自由研究に人気のスライムにはいろいろな作り方があります。学年に応じて、一般的な作り方を紹...

幼稚園のコップ袋は何枚必要なのか先輩ママの意見と必要なワケ

初めてのお子様の入園は用意する物がたくさんあって、本当に大変です。またどんな物をどれだけ準備した...

スポンサーリンク

アメリカでは赤ちゃんはお風呂に入れないのが常識?

日本では赤ちゃんの清潔を保つためにも、新生児のうちから毎日のように沐浴させるのが当たり前となっていますが、アメリカでは考え方が全く違います。

アメリカでは、生後1ヶ月まではお湯に浸からせずに、週3回ほど身体を拭くだけで済ませます。その後、1歳くらいまでの期間も、お風呂に入れるのはせいぜい週に3日くらいまでとされています。

アメリカは日本よりも乾燥している

水道から出る水も硬水なため、お風呂に入れすぎることで赤ちゃんの肌から必要な油分までも落とすことになるため、そのせいで肌トラブルを起こす原因となるのだとか。

赤ちゃんは代謝が良くて頻繁に汗をかくため、日本ではむしろ肌トラブルを防ぐ目的で、毎日のようにお風呂に入れるというのが常識ですが、国が違えば考え方も違ってくるものなのですね。

また、アメリカでは生後1日か2日で退院となるため、まだヘソの緒がついた状態のうちはお風呂に入ることが出来ません。

アメリカで驚いたことの一番は赤ちゃんのお風呂事情

アメリカでは、すでに赤ちゃんが生まれた直後から、日本の常識とは異なります。

日本では生まれてすぐに、赤ちゃんは身体をキレイにするために産湯に浸かりますが、アメリカでは身体を布で拭くだけなのです。どんなに頭や身体が汚れていたとしても拭くだけなんて、これはかなりの衝撃ですよね。

また出産に関わる入院期間はとても短く、せいぜい2日ほどです。日本では入院中に赤ちゃんをお風呂に入れる方法を教わる代わりに、アメリカではかなり簡易的に身体の拭き方を教えてもらうだけで終わりです。退院時にもヘソの緒がついたままなので、それが取れるまではお風呂にも入れられません。

ヘソの緒が取れたら、いわゆる沐浴を開始するのですが、ベビーバスをスタンバイするのは風呂場ではなく、キッチンでOKというお手軽さ。そちらの方が、腰にも負担がかからずに済むのでラクですよ。どちらかというと、こちらでのバスタイムは、リラックスタイムというよりも、単純に汚れを落とす作業という意味合いの方が大きいようです。

アメリカでは赤ちゃんでも一緒にお風呂には入らない

日本では新生児のほんの一時期をすぎると、やがて大人と一緒に浴槽に浸かるわけですが、アメリカでは赤ちゃんが支えなしでひとりで座れるようになるまでは、ベビーバスなどをバスタブに置いて、赤ちゃんのみ別でお風呂に入れます。

ひとりでしっかりと座れるようになってからも、バスタブに座らせた状態で10センチほどのお湯を張り、水遊びのような状態で親はバスタブの外側から手を伸ばして子供を洗います。この姿勢がけっこう辛いのですが、アメリカではどのご家庭でもこれが一般的なやり方のようです。

子供が小さいうちは、成長に合わせてお湯の高さを変えはするものの、まだまだ大人と一緒にお風呂に浸かることはありません。浅いお風呂で遊びながら洗うといった時期は、ひとりで入浴出来る年齢になるまでしばらく続きます。

また、日本だと赤ちゃんのうちから大人と一緒に入浴するのが普通のことですが、こちらでは家族や親戚ぐるみで温泉などに一緒に浸かるという文化があまりないため、あくまでも兄弟もしくは自分だけでお風呂に入れるようになるまでは、入浴=親が子供を洗ってあげることと考えられているようです。

アメリカで子育て中のママの体験談。赤ちゃんのお風呂について

アメリカのお風呂場には、バスタブはあれど洗い場がないというタイプがほとんどなため、新生児のうちはキッチンのシンクにベビーバスを置いて入浴させることになります。

ベビーバスに入れるお湯の温度は、いくら寒い時期であってもそれほど熱くは出来ないので、季節によっては赤ちゃんが風邪をひかないように、あらかじめ室温を高めに設定しなければなりません。そのため短時間とはいえ、あかちゃんをお風呂に入れたあとは、毎回汗だくになってしまいます。

また、こちらでの多くのご家庭では、なんとベビーバスを使わずにシンクに直接浅めにお湯を張って入浴させる「シンク入浴」というスタイルを取っているそうです。たしかに首が座った赤ちゃんであれば、シンクに座らせて洗うのにはちょうどよい高さかもしれませんが、日本人にとってはやはり、食べ物を扱う場所で身体を洗うことへの抵抗が拭えないのも事実です。

海外での赤ちゃんのお風呂の入れ方をみてみましょう

日本ではお風呂と言えば、ゆっくりと湯船に浸かってリラックスする場所といったイメージがありますが、外国ではそもそもバスタブにお湯を張って湯船に浸かるという習慣がない国も多いようです。お風呂=シャワーで簡単に済ますのが一般的であり、お風呂場にバスタブ自体がなく、シャワールームしかないというご家庭も多いのだとか。

もちろん、生まれたばかりの赤ちゃんをシャワーで洗うのは難しいため、生後まもなくはベビーバスを使います。日本で行われている沐浴と違う点は、身体全体をお湯に浸からせるのではなく、ベビーバスに張るお湯の量は少なめにして、しっかりと泡立たせた石けんの泡で身体を包み込んで洗うという国もあるようです。

外国で使われているベビーバスは、その多くがビニール製で、背もたれのよしかからせた状態で身体を洗います。小さめのベビープールといった感覚で、水遊びしながら楽しくお風呂に入れることが出来ますよ。